救いとは何ですか?

293あれは何ですか なぜ私は生きているのですか私の人生には目的がありますか? 私が死ぬとどうなりますか? 誰もがおそらく以前に自問したことのある基本的な質問。 ここで回答する質問、表示する必要のある回答:はい、人生には意味があります。 はい、死後の人生があります。 死より安全なものはありません。 ある日、愛する人が亡くなったという恐ろしいニュースを受け取ります。 突然、私たちも明日、来年、または半世紀で死ななければならないことを思い出します。 死ぬことへの恐れが、征服者のポンセ・デ・レオンの何人かを駆り立てて、伝説的な若者の泉を探しました。 しかし、刈り取り人は背を向けることはできません。 死は誰にでもやってくる。 

今日、多くの人が科学技術的な寿命の延長と改善を望んでいます。 科学者が老化を遅らせるか、あるいは停止させる可能性さえある生物学的メカニズムを発見することに成功した時のなんてセンセーションです! それは世界史上最大かつ最も熱心に歓迎されるニュースです。

しかし私たちの超技術的な世界でも、ほとんどの人はこれが達成不可能な夢であることを認識しています。 多くの人が死後も生き続けるという希望にしがみついています。 多分あなたはそれらの希望のうちの一人です。 人類が本当に大きな運命を持っていたらそれは素晴らしいことではないでしょうか? 永遠の命を含む運命? この希望は神の救いの計画にあります。

実際、神は人々に永遠の命を与えることを意図しています。 嘘をつかない神、使徒パウロは書いて、永遠の命の希望を約束しました... (タイツ1:2)。

他の所で彼は神がすべての人々が救われて真実を知るように望んでいると書いています (1テモテ2、4、セットからの翻訳)。 イエス・キリストによって説教された救いの福音を通して、神の癒しの恵みがすべての人に現れました (タイツ2:11)。

死刑宣告

罪はエデンの園で世界にやって来ました。 アダムとエバは罪を犯し、彼らの子孫は彼らにそれをしました。 ローマ人の3では、パウロはすべての人間は罪深いと宣言しています。

  • 公平な人はいない (10節)
  • 神について尋ねる人はいません (11節)
  • 善い人はいない (12節)
  • 神への恐れはありません (18節)。

...彼らはすべて罪人であり、神と一緒に持つべき栄光に欠けているとポールは述べています (23節)。 嫉妬、殺人、性的不道徳、暴力など、私たちが罪を克服できないことに起因する悪を挙げています。 (ローマ1:29-31)。

使徒ペテロはこれらの人間の弱さを魂と戦う肉欲として語っています (ペテロ第一1:2); パウロはそれらを罪深い情熱として語っています (ローマ7:5)。 人間はこの世界の本質に従って生き、肉体と感覚の意志を満たすように努めていると彼は言う (エフェソス2:2-3)。 最高の人間の行動と思考でさえ、聖書の正義と呼ばれるものに対して正義を行いません。

神の律法は罪を定義します

罪の意味、神の意志に反することの意味は、神の律法の背景に対してのみ定義できます。 神の法則は神の性格を反映しています。 それは罪のない人間の行動の規範を設定します。 ...罪の報酬は死であるとパウロは書いています (ローマ6:23)。 罪を伴うこの死刑は、最初の両親であるアダムとイブから始まりました。 パウロは私たちにこう語っています:...人が罪を犯し、アダムが死を犯したのと同じように、死はすべての人に伝わりました。 (ローマ5:12)。

神だけが私たちを救うことができます

売られた、罪に対する罰は死です、そして私たちは皆罪を犯したからです。 私たち自身では、特定の死を免れるために何もすることはできません。 私たちは神と共に行動することはできません。 私たちは彼に申し出ることができるものは何もない。 良い作品でさえ私たちの共通の運命から私たちを救うことはできません。 自分の力でできることは、霊的不完全性を変えることはできません。

デリケートな状況ですが、一方で、私たちには確かな希望があります。 パウロはローマ人に、人類は彼らの意志なしに非永続性にさらされているが、それを希望にさらした者を通して (ローマ8:20)。

神は私たちを自分たちから救ってくださいます。 なんて良いニュースでしょう。 パウロは次のように付け加えています。...創造のためにも、神の子供たちの栄光ある自由への非永続性の束縛から解放されます。 (21節)。 さて、救いの神の約束を詳しく見てみましょう。

イエスは私たちを神と和解させます

神の救いの計画は、人類が造られる前から確立されていました。 世界の初めから、神の子であるイエス・キリストは犠牲の子羊として選ばれました (啓示13:8)。 ピーターはクリスチャンが世界が築かれる前に選ばれたキリストの高価な血で贖われると宣言します (1ペテロ1:18-20)

神は、罪の捧げ物を提供するという神の決定を、神が私たちの主であるイエス・キリストの中で実行した永遠の目的であると説明しています (エフェソス3:11)。 これからの時代に、神は私たちにキリスト・イエスにあって、その恵みを通して恵みの豊かさをあらわにしたかったのです (エフェソス2:7)。

ナザレのイエス、受肉した神が来て私たちの間に住んでいた (ヨハネ1:14)。 彼は人類を引き受け、私たちのニーズと心配を共有しました。 彼は私たちのように試されましたが、罪のないままでした (ヘブライ4:15)。 彼は完璧で罪のない人でしたが、私たちの罪のために彼の人生を犠牲にしました。

イエス様が私たちの霊的注意を十字架に置いたことを学びます (コロサイ2:13から14)。 私たちが生きられるように、彼は私たちの罪の記述を贖いました。 イエスは私たちを救うために死にました!
イエスを遣わしたことに対する神の動機は、クリスチャンの世界で最も有名な聖書の一節に簡潔に表されています。神は、自分を信じたすべての人が失われるのではなく、永遠の命になるように、彼が生まれたばかりの息子に与えた世界を愛したからです持っている (ヨハネ3:16)。

イエスの行いは私たちを救います

神は彼を介して世界を救うためにイエスを世界に送りました (ヨハネ3:17)。 私たちの救いはイエスを通してのみ可能です。 ...他に救いはありません。また、私たちが救われる人に天国の下で他の名前が与えられることもありません。 (使徒4:12)。

神の救いの計画において、私たちは正当化され、神と和解しなければなりません。 正当化は単なる罪の赦しをはるかに超える (ただし、含まれています)。 神は私たちを罪から救い、聖霊の力によって、私たちは彼を信頼し、彼に従い、彼を愛することができます。
イエスの犠牲は、人の罪を贖い、死刑を廃止する神の恵みの表現です。 パウロは、人の正義はすべての人々のための正当化であると書いています (神の恵みから)命につながる (ローマ5:18)。

イエスの犠牲と神の恵みがなければ、私たちは罪の束縛にとどまります。 私たちは皆罪人であり、死刑に直面しています。 罪は私たちを神から引き離します。 彼女は神と私たちの間に、神の恵みによって取り壊されるべき壁を作ります。

罪はどのように非難されますか

神の救いの計画は罪が非難されることを要求しています。 私たちは読む:罪深い肉の形で彼の息子を送ることによって... [神]肉の罪を非難 (ローマ8:3)。 このダムにはいくつかの側面があります。 それはすべて、私たちの避けられない罪、永遠の死への刑から始まりました。 この死刑判決は、罪の申し出によってのみ非難または覆されます。 これはイエスの死を引き起こしました。

パウロはエペソ人に、彼らが罪で死んだとき、彼らはキリストと共に生き返ったと書いています (エフェソス2:5)。 それからコアセンテンス、それを通して私たちが救いを達成する方法が明らかになります:...あなたは恵みによって救われました...; 救いは恵みだけから来ます。

私たちはかつて、罪を通して、死んだのと同じくらい善良でしたが、まだ肉体で生きていました。 神によって正当化された者は、依然として肉体的な死の対象となりますが、潜在的にはすでに永遠のものです。

パウロはエペソ人への手紙2章8で私たちに語っています。恵みによって、あなたはあなたからではなく、信仰によって救われたからです。神の賜物は...神と和解することを意味します。 罪は私たちと神の間に疎外感を生み出します。 正当化はこの疎外感を取り除き、私たちを神との密接な関係に導きます。 そうすれば、私たちは罪の恐ろしい結果から救われます。 私たちは投獄されている世界から救われます。 私たちは...神の自然の中で共有し、...世界の悪質な欲望から逃れた (ペテロ第二2:1)。

そのような神との関係にある人々のうち、パウロはこう言います。私たちは信仰によって義となったので、私たちは主との間に神との平和を保っているのです。
イエス・キリスト... (ローマ5:1)。

それでクリスチャンは今や恵みの下に住んでいますが、まだ罪から安全ではありませんが、聖霊による悔い改めにつながっています。 ジョンは書いています:しかし、私たちが自分の罪を告白するならば、彼は忠実であり、彼が私たちの罪を赦し、すべての不正から私たちを清めるだけです。 (ヨハネ第一1:1)。

クリスチャンとして、私たちはもはや習慣的に罪深い態度を持つことはありません。 むしろ、私たちは私たちの生活の中で神の精神の実を結ぶでしょう (ガラテヤ人への手紙5:22-23)。

パウロはこう書いています:私たちは彼の作品であり、良い働きのためにキリスト・イエスによって造られました... (エフェソス2:1 0)。 私たちは良い仕事を通して正当化を得ることができません。 人は正当化される...律法の働きによってではなく、キリストを信じることによって (ガラテヤ人への手紙2:16)。

私たちは正義を行います...法の働きなしに、信仰によってのみ (ローマ3:28)。 しかし、私たちが神の道を行くならば、私たちは彼を喜ばせようとするでしょう。 私たちは私たちの仕事によって救われませんが、神は私たちが良い仕事をすることができるように私たちに救いを与えてくださいました。

私たちは神の憐れみを得ることはできません。 彼は私たちにそれを渡します。 救いは、悔い改めや宗教的な働きを通して私たちができることではありません。 神の恵みと恵みは、いつも値するものではありません。

パウロは正当化は神の親切と人々への愛から来ると書いています (タイツ3:4)。 私たちが行った正義の働きではなく、彼の憐れみのために (5節)。

神の子になる

神が私たちを召され、信仰と信頼をもって私たちがその召命に従っていったら、神は私たちを自分の子供にしてくださいます。 ここで、パウロは養子縁組を例として神の恵みの行為を説明します。 (ローマ8:15)。 このようにして、私たちは神の子供、つまり相続人、つまり神の相続人とキリストの共同相続人になります (詩16-17)。

恵みを受ける前、私たちは世界の力の束縛にありました (ガラテヤ人への手紙4:3)。 イエスは私たちを贖って子供時代を迎えられるように (5節)。 パウロは言う:あなたは今子供なので...あなたはもはや奴隷ではなく子供です。 しかし子供なら、神を介した相続 (詩6-7)。 それは驚くべき約束です。 私たちは神の養子になり、永遠の命を受け継ぐことができます。 ローマ人への手紙8:15とガラテヤ人への手紙4:5で子供時代を表すギリシャ語の単語はフオテシアです。 パウロはローマ法の慣習を反映する特別な方法でこの用語を使用します。 彼の読者が住んでいたローマの世界では、子供の養子縁組は、ローマの支配下にある人々の間では必ずしもそうではないという特別な意味を持っていました。

ローマとギリシャの世界では、養子縁組は社会的上流階級で一般的なやり方でした。 養子は家族によって個別に選択された。 法的権利は子供に譲渡されました。 それは相続人として使用されました。

ある人がローマの家族に養子にされた場合、新しい家族の関係は法的拘束力がありました。 採用は義務を伴うだけでなく、与えられた家族の権利をも伴う。 子供のところでの仮定は非常に最終的なものであり、新しい家族への移行は非常に拘束力のあるものであるため、養子縁組は生物学的子供のように扱われた。 神は永遠であるので、ローマのクリスチャンは、パウロがここで彼らに伝えたいと望んでいたことを確実に理解していました。

神は私たちを意図的かつ個別に採用することを選択します。 イエスは、私たちがこれを通して得た神とのこの新しい関係を、別のシンボルで表現しています。ニコデムスとの会話の中で、彼は私たちが再び生まれなければならないと言います。 (ヨハネ3:3)。

これは私たちを神の子供にします。 ジョンは私たちにこう言います:私たちが神の子供と呼ばれるべきであり、私たちもそうであることを父が私たちに示した愛を見てください! それが世界が私たちを知らない理由です。 彼女は彼を知らないからです。 親愛なる皆さん、私たちはすでに神の子供です。 しかし、私たちがどうなるかはまだ明らかにされていません。 しかし、それが明らかになると、私たちはそのようになることを私たちは知っています。 私たちは彼をそのまま見るからです (1ヨハネ3:1-2)。

死亡から不死へ

ですから、私たちはすでに神の子供たちですが、まだ賛美されていません。 私たちの永遠の命を達成したいのであれば、私たちの現在のからだを変える必要があります。 肉体的で腐敗している体の体は、永遠で不滅の体と取り替えられなければなりません。

1コリント15章でパウロはこう書いています:しかし誰かが尋ねることができます:どのようにして死者は復活し、どのような体で彼らは来るのでしょうか? (35節)。 私たちの現在の体は肉体であり、ほこりです (42節から49節)。 肉と血は霊的で永遠である神の国を継承できない (50節)。 この腐敗は無秩序を引き付けなければならず、そしてこの人間は不死を引き付けなければならないので (53節)。

この最後の変容は、イエスが復活する復活まで起こりません。 パウロは次のように説明します。私たちは、救い主である主イエス・キリストが私たちの無駄な体を変え、栄光の体となることを待っています。 (フィリピ3:20から21)。 神を信頼し従うクリスチャンは、天国ですでに公民権を持っています。 しかし、キリストが再び来たときだけ実現しました
これは決定的に。 その時初めてクリスチャンは不死と神の国の充実を受け継ぎます。

神が私たちに光の中で聖徒を受け継ぐようにさせてくださったことにどれほど感謝することができますか (コロサイ1:12)。 神は私たちを闇の力から救い、私たちを彼の愛する息子の王国に入れました (13節)。

新しい生き物

神の王国に迎え入れられた人々は、彼らが神を信頼し従え続ける限り、聖徒の相続を享受します。 私たちは神の恵みによって救われるので、癒しは完成し、彼の見解で完成します。

パウロは説明します:誰かがキリストの中にいるなら、彼は新しい生き物です。 古いものは過ぎ去った、見よ、新しいものは (2コリント5:17 :)。 神は私たちと私たちの心に
精神を与えられた誓約 (2コリント1:22 :)。 改心した献身的な人はすでに新しい生き物です。

恵みの下にいる者はすでに神の子です。 神は彼の名前を信じる人々に神の子供になる力を与えます (ヨハネ1:12)。

パウロは神の賜物と召しを取り返しのつかないものとして説明しています (ローマ11:29、群集翻訳)。 したがって、彼は次のようにも言うことができます。...あなたの中で良い仕事を始めた彼も、キリスト・イエスの日までそれを終えると確信しています。 (フィリピ1:6)。

神が恵みを与えられた人が時折つまずくことがあります。神は彼に忠実であり続けます。 放蕩息子の話 (ルカ15)は、神が選ばれ、召されたのは、失敗があったとしても、子供たちのままであることを示しています。 神は、闘争者たちが中に入って彼に戻ることを期待しています。 彼は人々を判断したくありません、彼らを救いたいと思っています。

聖書の放蕩息子は本当に自意識を持っていました。 彼は言った:私の父はパンを豊富に持っている何日労働者を持っています、そして私はここで飢えで甘やかしています! (ルカ15:17)。 ポイントは明らかです。 放蕩息子が彼の行動の愚かさを理解したとき、彼は悔い改めて戻りました。 彼の父親は彼を許した。 イエスが言うように:しかし、彼がまだ遠くにいたとき、彼の父親は彼を見て、彼はうめきました。 彼は走り回って首の周りに落ち、キスをした (ルカ15:20)。 物語は彼の子供たちへの神の忠実さを示しています。

息子は謙虚さと信頼を示し、悔い改めました。 彼は言った:父よ、私はあなたとあなたの前に天国に対して罪を犯しました。 私はもはやあなたの息子と呼ばれる価値はありません (ルカ15:21)。

しかし、父親はそれについて知りたくなく、帰国した男のために宴会を企画しました。 彼は私の息子は死んでいて、生き返ったと言った。 彼は道に迷って見つけた (32節)。

もし神が私たちを救われるなら、私たちは永遠に彼の子供たちです。 私たちが完全に復活のときに彼と団結するまで、彼は私たちと働き続けます。

永遠の命の贈り物

彼の恵みによって、神は私たちに最も高価で最大の約束を与えてくれます (ペテロ第二2:1)。 それらを介して私たちは...神の自然の中でシェアを得ます。 神の恵みの秘密は
イエス・キリストの死からの復活による生きた希望 (ペテロ第二1:1)。 この希望は、天国で私たちのために残されている、永遠の遺産です (4節)。 現在、私たちはまだ信仰を通して神の力から救われています...最後の瞬間に明らかになる準備ができている至福へ (5節)。

神の救いの計画は、イエスの再臨と死者の復活によって最終的に実現されます。 次に、前述の人間から不死者への変化が起こります。 使徒ヨハネは言っています:しかし、私たちは知っています:それが明らかになれば、私たちは彼のようになるでしょう。 彼と同じように会えるからです (ヨハネ第一1:3)。

キリストの復活は、神が私たちへの死者からの復活の約束を贖うことを確実にします。 ほら、秘密を教えて、ポールは書いている。 私たち全員が眠りにつくわけではありませんが、私たち全員が変わります。 そして突然、一瞬で...死者は不滅になり、私たちは変わります (1コリント15:51:52)。 これは、最後のトランペットの音で、イエスが戻る直前に起こります (啓示11:15)。

イエスは、自分を信じる人はだれでも永遠の命を得ることを約束しています。 私は最終日に彼を育てます、彼は約束します (ヨハネ6:40)。

使徒パウロは次のように説明しています:イエスが死んで復活したと私たちが信じるなら、神はまた、イエスによって眠りについた人々をイエスを通して導きます (1テサロニケ4:14)。 再びキリストの再臨の時が意味されます。 パウロは続けます:彼自身、主、命令が鳴るとき...天から降りてください...そして最初にキリストで死んだ死者は復活します (16節)。 そうすれば、キリストの帰りでまだ生きている人々は、空に浮かぶ雲の上で、主に向かって彼らに追いつくでしょう。 だから私たちはいつも主と共にいる (17節)。

パウロはクリスチャンに尋ねます:だから、これらの言葉でお互いを慰めます (18節)。 そして正当な理由があります。 復活は恵みを受けている人が不死を達成する時です。

報いはイエス様から来る

パウロの言葉はすでに引用されています:神の癒しの恵みがすべての人に現れたので (タイツ2:11)。 この救いは、偉大な神と私たちの救い主イエス・キリストの栄光が現れたときに贖われる至福の希望です (13節)。

復活はまだ未来です。 うまくいけば、ポールがしたように、私たちはそれを待ちます。 彼の人生の終わりに向かって彼は言った:...私の死の時が来た (テモテ第一2:4)。 彼は自分が神に忠実であることを知っていました。 私は良い戦いをしました、私は走りを終えました、私は信仰を抱きました...  (7節)。 彼は彼の報酬を楽しみにしていました:...これからは正義の冠が私のために用意されています。正義の裁判官である主はその日に私だけでなく彼の外見を愛するすべての人に私に与えてくれます (8節)。

その時、パウロは言います、イエスは私たちの無駄な体を変えます...彼は彼の美化された体になるでしょう (フィリピ3:21)。 キリストを死からよみがえらせ、あなたの内に住む彼の霊を通してあなたの死すべき体を生き返らせる神によって達成された変容 (ローマ8:11)。

私たちの人生の意味

もし私たちが神の子供であるなら、私たちは私たちの人生を完全にイエス・キリストに集中させます。 私たちのスタンスは、私がキリストを勝ち取るために、彼の過去の人生は汚物であると考えていたと述べたポールのそれでなければなりません...私は彼と彼の復活の力を知りたいです (ピリピ3:8、10)。

パウロはまだこの目標を達成していないことを知っていました。 私は背後にあるものを忘れて、そこにあるものに手を伸ばし、事前設定された目標、キリストイエスの神の天の召しの賞を追い求めます (詩13-14)。

この勝利賞は永遠の命です。 神を父として受け入れ、彼を愛し、彼を信頼し、彼の道を行く者は、神の栄光の中で永遠に生きます (1ピーター5:1 0)。 黙示録21:6-7で、神は私たちの運命を教えてくれます。私は生きている水の源から喉の渇きに無料で与えます。 打ち勝つ彼はすべてを継承し、私は彼の神になり、彼は私の息子になります。

世界の神の教会のパンフレット1993


PDFファイル救いとは何ですか?