神の王国(パート3)

これまでのところ、このシリーズの文脈において、私たちはイエスがどのように神の国の中心となっているのか、そして現在どのように存在しているのかを見てきました。 この部分では、これがどのようにして信者に大きな希望の源を与えるかを見るでしょう。

ローマ人のパウロの心強い言葉を見てみましょう。
今回の苦しみは私たちに明らかにされる栄光に反するものではないと私は確信しているからです。 [...]創造は一過性の対象となります-その意志なしではなく、それを提出したものを通して-しかし希望をもって; 創造もまた、神の子供たちの素晴らしい自由への無常の束縛から解放されます。 [...]救われたからですが、希望に応じて。 しかし、あなたが見る希望は希望ではありません。 どうしてあなたはあなたが見るものを期待できるのですか? 見えないものを望めば根気よく待つ (ローマ8:18、20-21、24-25)。

他の場所では、ジョンは次のように書いています。
親愛なる皆さん、私たちはすでに神の子供ですが、私たちがどうなるかはまだ明らかにされていません。 しかし、それが明らかになれば、私たちは彼のようになるでしょう。 私たちが彼と同じように見えるからです。 そして、彼にそのような希望を抱いているすべての人は、彼が純粋であるのと同じように、彼自身を浄化します (1ジョン3、2-3)。

神の国に関するメッセージは本質的に希望のメッセージです。 自分自身と神の創造全体の両方の面で。 幸い、この現在の邪悪な世界の時代に私たちが経験している痛み、苦しみ、恐怖は終わります。 悪は神の国で未来を持たない (啓示21、4)。 イエス・キリストご自身は最初の言葉だけでなく、最後の言葉も表します。 または私たちが口語で言うように、彼は最後の言葉を持っています。 したがって、すべてがどのように終了するかについて心配する必要はありません。 私たちはそれを知っています。 その上に構築できます。 神はすべてのことを正しく行い、賜物を謙虚に受け取る準備ができているすべての人はそれについて知っており、いつかそれを体験するでしょう。 私たちが言うように、すべてがXNUMXつの屋根の下にあります。 新しい天と地はイエス・キリストと共に彼らの上昇した創造主、主そして贖い主として来るでしょう。 神の本来の目的が達成されます。 彼の栄光は全世界を彼の光、彼の人生、彼の愛と完璧な善さで満たします。

そして私たちは正当化され、あるいは正当に考えられ、そしてその希望に基づいて築き、生きることにだまされないでしょう。 私たちはキリストのすべての悪に対する勝利の望みとすべてをやり直すための彼の力で私たちの生活を生きることによってすでにそれから一部利益を得ることができます。 私たちが神の王国が完全に満たされた形でやってくることを望んで行動するとき、それは私たちの日常生活、私たちの個人的そして私たちの社会的精神に影響を与えます。 それは私たちが生きている神への希望による逆境、誘惑、苦しみそして迫害さえもどう扱うかに影響します。 私たちの希望は私たちに他人を連れて行くように促します、それで彼らもまた私たちには帰らない希望を与えますが、神の純粋な御業を。 ですから、イエスの福音は、ただ彼が告げるメッセージではなく、彼が誰であり、彼が成し遂げたこと、そして彼の王国において、彼の究極の目的の実現において成し遂げたいと願う人物の啓示です。 本格的な福音書には、イエスの不屈の帰還への言及と彼の王国の完成が含まれています。

希望はあるが予測不可能

しかし、来るべき神の国へのそのような希望は、私たちが安全で完全な終わりへの道を予測できることを意味するものではありません。 終わりに近づいているこの世界の時間に神がどのように影響を与えるかは、ほとんど予測できません。 これは、全能者の知恵が私たちの知恵をはるかに超えているためです。 もし彼が彼の偉大な慈悲から何かをしたいのなら、それが何であれ、それはすべての時間と空間を考慮に入れます。 これは理解できません。 神はそれを望んでも私たちにそれを説明することができませんでした。 しかし、イエス・キリストの言葉や行いに反映されている以上の説明は不要であることも事実です。 彼は同じままです-昨日、今日そして永遠に (ヘブライ13、8)。

それはイエスの本性の中で明らかにされたように、神は今日同じように働く。 ある日、私たちは振り返って明らかにこれを見るでしょう。 全能者がすることはすべて、私たちがイエスの地上での生活について聞いて見たことと一致しています。 ある日、私たちは振り返って言うでしょう。ああ、今、私は、三位一体の神がこれをした時、あるいは彼がその性質に従って行動したことを理解します。 彼の作品は紛れもなくそのすべての面でイエスの手書きを反映しています。 私は知っているべきだった。 私はそれを想像することができました。 私はそれを推測したかもしれません。 これはイエスの典型的なことです。 それは死から復活、そして昇天まですべてを導きます。

イエスの地上の生活の中でさえ、彼がかつて言ったことは、彼を扱った人々には予測不可能でした。 弟子たちが彼についていくのは困難でした。 私たちは過去にさかのぼる判決を認められていますが、イエスの治世はまだ本格的です。 (それも必要ありません)。 しかし、神は、その性質上、三位一体の神として、神の聖なる愛の性格に一致することを確信しています。

悪は完全に予測不可能で気まぐれであり、いかなる規則にも従わないことに注意するのも良いかもしれません。 それは少なくとも部分的にそれを構成するものです。 そして、終わりに近づいているこの地上の時代に私たちが持っている私たちの経験は、悪が特定の持続可能性によって特徴付けられる限り、まさにそのような特徴を持っています。 しかし、神は混沌とした気まぐれな悪の危険に対抗し、いわば一種の強制労働として、最終的にそれを彼の奉仕に投入します。 全能者は贖いに任せることができるものだけを許します。なぜなら、最終的には新しい天と新しい地球の創造によって、死を克服するキリストの復活の力のおかげで、すべてが彼の支配の対象となるからです。

私たちの希望は、神の性質、神が追求している善に基づいており、いつどのように行動するかを予測できることではありません。 それはキリストのまさしくその救いであり、勝利を約束するものであり、それは未来の神の王国を信じ、その希望を抱く人々に忍耐、忍耐、苦しみ、そして平和をもたらします。 終わりは簡単ではなく、私たちの手にもありません。 それは私たちのためにキリストの準備ができているので、この近世において心配する必要はありません。 はい、私たちは時々悲しいですが、希望がないわけではありません。 はい、私たちは時々苦しみますが、私たちの全能の神がすべてを監督し、完全に贖われることができないことは何も起こさないという信頼できる希望の中で。 基本的に、救いはイエス・キリストの形と働きですでに経験することができます。 すべての涙を拭き取ります (啓示7:17; 21、4)。

王国は神の贈り物と彼の働きです

私たちが新約聖書を読み、それに並行して、旧約聖書がそれにつながる場合、神の国は彼自身のものであり、彼の賜物であり、彼の業績であり、私たちのものではないことが明らかになります! アブラハムは、建築者と製作者が神である都市を待っていました (ヘブライ11、10)。 何よりもまず、それは化身の永遠の神の息子に属しています。 イエスは彼らを私の王国と見なします (ヨハネ18:36)。 彼はこれを彼の仕事、彼の業績として語っています。 彼はそれをもたらします。 彼はそれを保持します。 彼が戻ったとき、彼は救いの仕事を完全に完了するでしょう。 彼が王であり、彼の仕事が王国にその本質、その意味、その現実を与えるとき、それはどうしてそうではないでしょうか! 王国は神の働きであり、人類への贈り物です。 本来、贈り物は受け取ることしかできません。 受信者はそれを獲得することも生産することもできません。 それで私たちの役割は何ですか? この言葉の選択でさえ、少し大胆に思えます。 私たちは実際に神の国を実現することに関与していません。 しかし、それは確かに私たちに与えられています。 私たちは彼の王国を熟考し、今でも彼の完成を願って生きているとき、私たちはキリストの主権の成果の何かを経験します。 しかし、新約聖書のどこにも、私たちが王国を築き上げたり、創造したり、生み出したりすることは書かれていません。 残念ながら、そのような言葉遣いは、一部のキリスト教信仰界でますます人気が高まっています。 そのような誤解は心配そうに誤解を招きます。 神の国は私たちがしていることではありません。私たちは全能者が彼の完全な王国を少しずつ実現するのを助けません。 しかし、彼の希望を実行したり、彼の夢を実現させたりするのは私たちではありません!

神が私たちに依存していることを人々に示唆することによって人々に何かをさせた場合、この種の動機は通常、短時間で使い果たされ、しばしば燃え尽きたり失望したりします。 しかし、キリストと彼の王国のそのような描写の最も有害で危険な側面は、それが私たちとの神の関係を完全に逆転させることです。 したがって、全能者は私たちに依存していると見なされます。 彼が私たちよりも忠実であることができなかったという含意は、暗闇の中で共鳴します。 私たちは神の理想を実現するための主要な主体になります。 それから彼は単に彼の王国を可能にし、そして私たち自身の努力がそれを実現することを可能にする限り、彼ができる限り私たちを助けます。 この風刺画によると、神への真の主権や恵みはありません。 それは、プライドを鼓舞したり、失望をもたらしたり、キリスト教の信仰を放棄する可能性さえももたらす仕事の正義につながるだけです。

どのような動機や倫理的信念が誰かにそうするように促すかもしれないにもかかわらず、神の国は決してプロジェクトまたは人間の働きとして描写されてはなりません。 このような見当違いのアプローチは、私たちの神との関係の本質をゆがめ、キリストの完成した働きの大きさを誤って表します。 なぜなら、神が私たちより忠実であることができないのであれば、本当に恵みを償うことはできません。 私たちは自助の形に戻ることはできません。 それには希望がないからです。

博士から。 ゲイリーデッド


PDFファイル 神の国 (テール3)