イエスは言った、「私は真実だ」

406イエスは私が真実だと言ったあなたはあなたが知っている誰かを説明し、正しい言葉を見つけるのに苦労したことがありますか? これはすでに私に起こっており、他の人にも起こっていることを私は知っています。 私たちは皆、言葉で説明するのが難しい友人や知人がいます。 イエスはそれで何の問題もありませんでした。 「あなたは誰ですか?」という質問があっても、彼は常に明確で正確でした。 答える。 私は特に、ヨハネによる福音書の中で彼が次のように述べている一節が好きです。 私を通して以外はだれも父のもとに来ません」(ヨハネ1章4,6).

この声明は、イエスを他の信仰のすべての指導者から区別しています。 他の指導者たちは言った:「私は真実を探している」または「私は真実を教えている」または「私は真実を示している」または「私は真実の預言者です」。 イエスが来て言われます:«私は真実です。 真実は原則でも漠然とした考えでもありません。 真実は人であり、私はその人です»

ここで私たちは重要なポイントに到達します。 このような主張は、私たちに決定を下すことを強制します。私たちがイエスを信じるならば、私たちは彼が言うすべてを信じる必要があります。 私たちが彼を信じていないのであれば、すべてが無価値であり、それから私たちは彼が言った他のことを信じていません。 軽蔑はありません。 イエスは真実であり真実を話すか、あるいは両方とも間違っています。

それは素晴らしいことです。彼が真実であることを知っているのです。 真実を知るということは、彼が次に言うことを信頼できることを意味します。「あなたは真実を知り、真実はあなたを解放するでしょう」(ジョン 8,32)。 パウロはガラテヤ人への手紙でこれを思い出させます。「キリストは私たちを自由に自由にさせてくれました!」 (ギャル。 5,1).

キリストを知ることは、真理が彼のうちにあり、私たちが自由であることを知ることを意味します。 私たちの罪の裁きから解放され、彼がこの地上での彼の人生の毎日彼が彼の仲間の男性に示したのと同じ過激な愛を持つ他の人を愛するのを自由にしています。 私達は彼の主権の支配をいつでもそして創造を通して自由に信じています。 私たちは真理を知っているので、それを信頼し、キリストの模範に従って生きることができます。

ジョセフ・トカッハ


PDFファイルイエスは言った、「私は真実だ」