なぜ神はクリスチャンを苦しませるのですか。

271なぜクリスチャンは苦しみますか? イエス・キリストのしもべとして、わたしたちは人々がさまざまな種類の苦しみを経験するときに人々を慰めるよう求められることがよくあります。 苦しんでいる時には、私たちは食料、避難所または衣類を寄付するように頼まれます。 しかし、苦しみの時には、身体的な助けを求めることに加えて、なぜ神がクリスチャンが苦しむことを許されるのかを説明するよう求められることがあります。 これは答えるのが難しい質問です、特にそれが肉体的、感情的または財政的苦痛の時に尋ねられるならば。 時には、神の性格が問われるような方法で質問がなされます。

工業化された西洋文化におけるクリスチャンの苦しみのイメージは、世界のより貧弱な経済地域におけるクリスチャンの苦しみのイメージとは非常に異なることがよくあります。 クリスチャンとして苦しんでいるという点で私たちの期待は何ですか? 一部のクリスチャンは、一度クリスチャンになれば、もはや自分たちの生活の中で苦しむべきではないと教えています。 彼らは、苦しみは信仰の欠如を通してクリスチャンによって引き起こされると教えられています。

ヘブライ11章は、信仰の章と呼ばれることがよくあります。 特定の人々の信頼を称賛します。 ヘブライ人11にリストされている人々の中には、迫害、虐待、拷問、殴打、殺された困窮している人々がいます (ヘブライ11:35-38)。 彼らが信仰の章に記載されているように、彼らの苦しみは信頼の欠如が原因ではなかったことは明らかです。

苦しみは罪の結果です。 しかし、すべての苦しみがクリスチャンの人生における罪の直接の結果であるとは限りません。 イエスは地上での働きの最中に、盲目で生まれた男に出くわしました。 弟子たちはイエスに、男を盲目にする原因となった罪の起源を特定するように求めました。 弟子たちは、その苦しみは男の罪、またはおそらく両親の罪によって引き起こされたと思いました。 失明を引き起こした罪を特定するように求められたとき、イエスは答えました:彼は罪を犯したことも、両親を犯したこともありません。 しかし、神の働きは彼に明らかにされるべきです」 (ジョン9,1:4)。 時には、神はクリスチャンの生活の中で苦しんでいるイエス・キリストの福音を示す機会を与えることを許されます。

世紀に生きたクリスチャンは確かに苦しむことなくクリスチャンの生活を期待していませんでした。 使徒ペテロはキリストの兄弟姉妹に以下を書きました (1.Pet.4,12-16):愛する者、あなたの間に生じた火のテストを驚かせてはいけません。 しかし、あなたがキリストの苦しみを分かち合う範囲で喜んでください。そうすれば、あなたは彼の栄光の啓示においても喜ぶことができます。 キリストの御名によって悪意を抱かれるとき、あなたは祝福されます! 神の栄光の精神はあなたにかかっているからです。 彼らと一緒に彼は冒とくされますが、あなたと一緒に美化されます。 したがって、殺人者、泥棒、または悪意のある者として、または彼が奇妙なものに混じり合っているために、あなた方が苦しむことはありません。 しかし、彼がクリスチャンとして苦しんでいるなら、彼は恥ずべきではなく、この問題で神を賛美すべきです!

苦しみはクリスチャンの生活の中で予想外のことではありません

神はいつも私たちの生活から苦しみを取り除かれません。 使徒パウロは苦しみました。 彼はこの苦しみを取り除くように3回神に求めました。 しかし、苦しみは神が使徒パウロを宣教のために準備するために用いた道具であったため、神は苦しみを取り除かれませんでした (2コリント12,7:10)。 神はいつも私たちの苦しみを取り除くわけではありませんが、神は私たちの苦しみを通して私たちを慰め、強めたと知っています (フィリピ4:13)。

時には神だけが私たちの苦しみの理由を知っています。 神は私たちに彼の意図を明らかにするかどうかに関係なく、私たちの苦しみの意図を持っています。 神は苦しみを自分の善と栄光のために用いられることを知っています (ローマ8,28)。 神のしもべである私たちは、なぜ神が特定の状況で苦しみを許されるのかという質問に答えることはできませんが、神は崇高であり、すべての状況を完全に支配していることを知っています (Dan。4,25)。 そしてこの神は愛によって動機づけられます (ヨハネ第一1:4,16)。

私たちは神が無条件の愛で私たちを愛してくださることを知っています (ヨハネ第一1:4,19)そして神は決して私たちをあきらめたり、私たちから離れたりしない (ヘブ13,5b)。 苦しんでいる兄弟姉妹に仕えている間、私たちは彼らの裁判で世話をすることによって彼らに真の思いやりとサポートを示すことができます。 使徒パウロはコリントの教会に苦しみの時にお互いを慰めるように思い起こさせました。

彼は書いた (2 Cor。1,3、7):私たちの主イエス・キリストの神と父、慈悲の父、すべての慰めの神に感謝しなさい。私たち自身が神によって慰められている慰めを通して。 キリストの苦しみが私たちの上に自由に注がれるように、私たちの慰めはキリストを通して流れます。
 
私たちが苦しんでいるのなら、それはあなたの安らぎと救いのためです。 私たちが慰められているなら、それはあなたの慰めとあなたの救いのためです。 あなたのための私達の希望は確かです、なぜなら私達はあなたが苦しみを分かち合うのと同じくらい多くを慰めることを知っているからです。

詩篇はすべての被災者にとって良い情報源です。 彼らは私たちの試験についての悲しみ、欲求不満と質問を表現するからです。 詩篇が示すように、私たちは苦しみの原因を知ることはできませんが、慰めの源は知っています。 すべての苦しみに対する慰めの源は、私たちの主イエス・キリストです。 私たちが苦しんでいる人々に仕えるとき、主が私たちを強くしてくださいますように。 私たちすべてが苦しみの時に私たちの主イエス・キリストに慰めを求めましょう、そして私たちは彼が宇宙からすべての苦しみを永久に取り除く日まで彼にとどまります (改訂21,4)。

David Larry著


PDFファイルなぜ神はクリスチャンが苦しむことを許されるのですか?