神の王国パート1

502リッチゴッド1常に、神の国はキリスト教の教えの大部分の中心にありました。 これは特に20に当てはまります。 世紀論争が起こりました。 聖書資料の幅と複雑さ、およびそれと重複する多くの神学的トピックのために、合意を達成するのは困難です。 学者や牧師を導き、それらを最も多様な結論に導く霊的態度にも大きな違いがあります。

この6シリーズでは、私たちの信仰を強化するために神の王国に関する中心的な質問に取り組みます。 そうすることで、私たちがグレース・コミュニオン・インターナショナルで公言し、聖書に基づいたイエス・キリストに焦点を当てた信仰と同じ歴史的に証明された従来のクリスチャン信仰を共有する他の人々の知識と見方を引き出すつもりです。です。 彼は私たちを三一の神、父、子、そして聖霊への崇拝において導いてくれる人です。 この信仰中心の化身と三位一体は、すべての信頼性とともに、神の国の邪魔になるかもしれないどんな質問にも直接答えることができないでしょう。 しかし、それは聖書的に忠実な理解を私たちに可能にするしっかりした基礎と信頼できるガイドを提供するでしょう。

過去100年間、信仰の重要な問題について私たちと同じ基本的な神学的考え方を共有する聖書学者の間で合意が高まっています。 それは、聖書の啓示の真実性と信頼性、聖書の解釈への健全なアプローチ、そしてキリストの神性、神の三位一体、恵みの働きの中心的な重要性などの質問に関するキリスト教の理解(教義)の基礎についてですキリストに記されているように、神の力は聖霊の力によって成就され、神の贖いの業は歴史の文脈の中で成就され、神から与えられた目標である終わりをもって完了することができます。

多くの学者の教義から実りあるものを引き出すことができれば、人の顧問が神の国に関する無数の聖書の証言を(首尾一貫した)首尾一貫した全体にまとめるのに特に役立つようです:聖書研究の観点から書いているジョージ・ラッド、トーマス・F・トーランスは、彼の貢献によって神学的観点を代表しています。 もちろん、これらの人の学者は他の多くの人から学び、彼らの思考の中でそれらを参照しています。 あなたは広範な聖書的および神学的研究資料を見てきました。

そうすることで、彼らは、すでに上で述べた基本的、聖書的、神学的な前提に対応し、神の国に関して最も決定的で、理解可能で、包括的な議論を反映する聖書に重点を置きました。 私としては、私たちの成長と信仰の理解を促進する、彼らの結果の最も重要な側面に取り組みます。

イエス・キリストの中心的意味

ラッドとトーランスはどちらも、聖書の啓示が間違いなく神の国をイエス・キリストの人と救いと同一視していることを非常に明確にしています。 これは彼自身がそれを具体化し、それをもたらします。 どうして? 彼はすべての被造物の王だからです。 神と被造物の間の仲介者としての彼の精神的な働きにおいて、彼の王権は司祭と予言的な要素と組み合わされています。 神の国は、イエス・キリストと共に、そしてイエス・キリストを通して本当に存在します。 彼はどこにいても支配しているからです。 神の国は彼の王国です。 イエスは私たちに次のように告げています。2,29-30)。

別の時に、イエスは神の国が彼のものであると宣言します。 彼は言い​​ます:「私の王国はこの世界のものではありません」(ヨハネ1章8,36)。 このように、神の国は、イエスが誰であるか、そして彼のすべての救いの業が何であるかと切り離して理解することはできません。 人とイエス・キリストの働きに基づいて神の国を解釈しない、聖書の解釈や聖書釈義の神学的概要は、キリスト教の教えの中心から離れます。 それは必然的に、このキリスト教信仰の生活の中心から機能するものとは異なる結論に達するでしょう。

その生活の中心から始めて、どうすれば神の国が何であるかを理解することを学ぶことができるでしょうか。 まず第一に、神の王国の到来を宣言し、この事実を彼の教えの包括的なテーマにしているのはイエス自身であることに注意する必要があります(マーク 1,15)。 イエスと共に王国の本当の存在が始まります。 彼はこの点についてのメッセージをもたらすだけではありません。 神の国は、イエスがどこにいても体験することができます。 彼は王だからです。 神の国は、イエス王の生きた存在と行動の中に本当に存在しています。

この出発点から始めて、イエスが言って行うことすべてが彼の王国の性格を伝えています。 彼が私たちに与えたい王国は、その性格において彼自身と同一です。 彼は私達にそれ自身の性格と運命を体現する帝国へのある種の帝国を運びます。 したがって、私たちの神の国の概念は、イエスが誰であるかと一致していなければなりません。 あなたはそれをすべての面に反映させなければなりません。 この王国が主であることを私たちが理解するように、彼らは私たちをすべての感覚で私たちに向けさせ、思い出させるような方法で運ばれるべきです。 それは彼のもので、どこにでも彼の署名があります。 その結果、いくつかの解釈が示唆するように、天の領域や空間的または地理的な場所ではなく、神の国は主にキリストの統治または統治についてのものであるということになります。 キリストの支配が彼の意志と運命に従って働いているところはどこにでも、神の国があります。

まず第一に、彼の王国は救い主としての彼の運命と関連していなければならず、それゆえ彼の化身、犠牲、十字架刑、復活、昇天、そして再臨を通して彼の救いに結び付けられなければなりません。 これは、王としての彼の治世が、彼が一度に預言者であり聖職者であった啓示者および調停者としての彼の仕事から切り離されたとは理解できないことを意味します。 モーセ、アロン、そしてダビデで具体化されているように、これら三つの旧約聖書の機能はすべて、彼の中で独自に関連付けられ、実現されています。

彼の支配と彼の意志は彼の創造、彼の帽子と善をお勧めする運命、すなわち彼の忠誠心、交わりと参加に彼を含め、彼のはりつけを通して私たちを神と和解させる運命に左右される。 究極的には、私たちが彼の帽子の下に行くなら、私たちは彼の治世を分かち合い、彼の王国への参加を楽しみます。 そして彼の治世は神の愛の特徴を持っており、それはキリストの中で、そして私たちの内で働く聖霊の信頼の上にそれを私たちにもたらしてくれます。 彼女が自分自身をイエスに具体化されているのを見て、神への愛と慈善の中で、これは彼の王国への私たちの参加です。 神の国は、イエス・キリストのおかげで、そしてまた主の霊の中で互いの間でも、共同体、人々、神と契約している教会の中に現れています。

しかし、私たちがキリストの中で共有するような共同体で経験されるそのような愛は、常にキリストを通して行使されるので、贖い、生きる神とその支配に対する生きた信頼(信仰)から生まれます。 したがって、イエス・キリストへの信仰は、彼の王国への統合と不可分に結びついています。 これは、イエスが近づくと神の国も近づくと宣言しただけでなく、信仰と自信を求めたからです。 ですから、私たちは次のように読みました。「しかし、ヨハネが投獄された後、イエスはガリラヤに来て、神の福音を宣べ伝え、こう言われました。 悔い改めて福音を信じなさい!」 (マーカス 1,14-15)。 神の国への信仰は、イエス・キリストへの信仰と密接に関連しています。 信仰をもって彼を信頼するということは、彼の統治または統治、彼の共同体構築の王国に頼ることを意味します。

イエスを愛し、彼と共に父を愛するということは、彼の王国に現れるすべての現れを愛し信頼することです。

イエス・キリストの高貴な支配

イエスは全宇宙のすべての王の支配的な王です。 宇宙全体の単一のコーナーがその償還力から免れることはありません。 そして彼は、天と地のすべての力が彼に与えられたと宣言します(マタイ28,18)、つまり、すべての作成にわたって。 使徒パウロが説明するように、すべては彼を通して、そして彼のために創造されました(コロサイ人への手紙 1,16).

イスラエルに対する神の約束がもう一度響くならば、イエス・キリストは「王の王であり、すべての主の主」です(詩篇13)。6,1-3; 1テモテへの手紙 6,15; 改訂19,16)。 彼はまさに彼にふさわしい支配の力を持っています。 彼はすべてが創造された人であり、彼の力と彼の命を与えることによってすべてを受け取る人です(ヘブライ人 1,2-3; コロサイの信徒への手紙 1,17).

宇宙の主であるこのイエスが、創造においても救済のかけがえのない賜物においても、平等でも対抗者でもないことを知っていることは明らかなはずです。 生命を創り出し、与える力も意志も持たない仲間の戦士、ふりをする者、そして侮辱者がいましたが、イエス様は自分の支配に抵抗した敵をすべて膝のところに連れて行って落としました。 彼の父の仲介者が肉体を造ったように、神の子は聖霊のおかげで、彼のよく造られた創造とすべての生き物のための全能の運命の邪魔になるすべてに反対します。 彼が彼の善い創造を脅かしたり破壊したり、そして彼の素晴らしい目標から逸脱したりするすべてのそれらの力に反対する限りにおいて、彼は彼の愛をこの創造にもたらします。 もし彼らを破壊したい人たちと戦わなければ、彼は愛に縛られる主人にはならないでしょう。 このイエスは、彼の天のお父様と聖霊様と共に、彼との、そして互いの、そして創造との人生と愛に基づく交わりに基づく関係を破壊、歪めそして破壊するすべての悪に執拗に反対します。 彼の最初の究極の目的が達成されるためには、彼の支配と権利に抵抗するすべての軍隊が彼を悔い改めにさらすか、または無効にしなければなりません。 悪は神の国に未来を持たない。

イエスは、新約聖書の証人によって描かれているように、自分自身を、すべての悪とすべての敵から自分の民を解放する贖いをもたらす勝利者として見ています。 彼は囚人を解放します(ルーク 4,18; 2. コリンチャンス 2,14)。 彼は私たちを闇の王国から光の王国に移します(コロサイ人への手紙 1,13)。 彼は「私たちの罪のために自分自身をあきらめました...私たちの父なる神の意志に従って、この現在の邪悪な世界から私たちを救うためです」(ガラテヤ人への手紙 1,4)。 まさにこの意味で、イエスは「[...]世界を征服した」(ヨハネ1章6,33)。 そしてそれで彼は「すべてを新しくする!」 (黙示録21,5; マタイ19,28)。 彼の支配の宇宙的範囲と彼の支配下でのすべての悪の征服は、私たちの想像を超えて、彼の恵みに支えられた王室の支配の奇跡を証明しています。

Gary Deddoによって


PDFファイル神の国(パート1)