公平ではありません!

387それは公平ではありません イエスは剣も槍も着ていませんでした。 彼の後ろに軍はいなかった。 彼の唯一の武器は彼の口であり、そして彼を問題にさせたのは彼のメッセージでした。 彼は人々をとても怒らせたので彼らは彼を殺したがっていた。 彼のメッセージは間違っているだけでなく危険であると認識されていました。 彼女は破壊的でした。 彼女はユダヤ教の社会秩序を乱すと脅した。 しかし、宗教当局が彼らの無記名を殺したほど怒らせることができるメッセージは何か?

マタイ9:13には、宗教当局を困らせるような考えがありました。「私は義人ではなく、罪人を呼ぶようになりました」。 イエスは罪人のために良い知らせを持っていましたが、自分を善と見なした人々の多くは、イエスが悪い知らせを説教していたことを知りました。 イエスは売春婦や徴税人を神の国に招待しましたが、善良な人たちはそれを好まなかったのです。 「それは不公平だ」と彼らは言うかもしれない。 «私たちはそのような良い努力をしました、なぜ彼らは努力せずに帝国に来ることができるのですか? 罪人が外にとどまる必要がないなら、それは不公平です!»

公正以上

その代わりに、神は公正以上のものです。 彼の恵みは私たちが稼ぐことができるものをはるかに超えています。 私たちはそれに値するものではありませんが、神は寛大で、憐れみに満ち、思いやりがあり、愛に満ちています。 そのようなメッセージは、宗教当局や、あなたがもっと試みようとすればするほど、あなたはより多くを得ると言う人々を邪魔します。 あなたがより良く走れば、あなたはより良い報酬を得るでしょう。 宗教当局がこの種のメッセージを好むのは、人々がやる気を起こさせ、正しい行動を起こし、正しい生活を送るための動機付けを容易にするからです。 しかし、イエス様はこう言われています。

あなたが自分自身に深い穴を掘ったならば、あなたがそれを何度も何度もやっていたならば、あなたが最悪の罪人であったならば、あなたは救われるために穴から逃げ出す必要はありません。 神はただイエス様のためにあなたを許します。 あなたはそれを稼ぐ必要はありません、神はただそれをします。 あなたはそれを信じるだけです。 あなたはただ神を信頼しなければならない、彼の言葉で彼を取りなさい:あなたの百万ドルの借金はあなたを許される。

この種のメッセージは明らかに悪いと感じる人もいます。 「ほら、ピットから出ようと一生懸命頑張った」と彼らは言うかもしれない、そして「私はもうほとんど出ていない。 そして、あなたは彼らがまったく努力をする必要なしにピットからまっすぐに引き出されると私に言いますか? それは不公平です!»

いいえ、恵みは「公正」ではなく、恵みであり、私たちにはふさわしくない贈り物です。 神は彼が寛大になりたいと思う人に寛大になることができます、そして良いニュースは彼がすべての人に彼の寛大さを提供することです。 それは、それが誰にとってもあるという意味で公平ですが、これは彼がいくつかに大きな借金を負い、他には小さな借金をすることを意味します-要件は異なりますが、誰にとっても同じ取り決め

公正で不公平についてのたとえ話

ぶどう畑の労働者たちのたとえはマタイ20にあります。 同意したものを正確に受け取った人もいれば、それ以上を受け取った人もいます。 今、一日中働いていた男性は言った:「これは不当です。 私たちは一日中働いていたので、あまり働いていない人と同じ額を支払うのは公平ではありません» (v。12を参照)。 しかし、一日中働いていた男性は、彼らが働き始める前に彼らが同意したものを正確に受け取りました (V. 4)。 他の人が正しい以上のものを受け取ったので、彼らはただ不平を言いました。

ブドウ園の領主は何と言ったのですか? «自分のしたいことで自分がやりたいことをする力がありませんか? 私はとても親切なので、ひどく見えますか?» (V. 15)。 ブドウ園の領主は、彼らに公正な毎日の公演のために公正な日給を与えると言ったが、それでも労働者たちは不満を言った。 なんで? 彼らは他人と自分自身を比較し、あまり好まれなかったからです。 彼らは希望を持っていて、彼らに失望しました。

しかし、ぶどう畑の領主は彼らの一人に言った:「私はあなたに間違っているのではありません。 それが不公平だと思う場合、問題はあなたが実際に受け取ったものではなく、あなたの期待にあります。 後で到着した人にあまりお金を払わなかったら、私があなたに与えたものに完全に満足するでしょう。 問題はあなたの期待であり、私がしたことではありません。 私が他の誰かにとってとても良かったからといってあなたは私を悪いと非難します» (v。13-15を参照)。

あなたはそれにどう反応しますか? あなたの上司が最新の同僚にボーナスを与えたが、古い忠実な従業員には与えなかった場合、どう思いますか? 士気にはあまり向かないのでは? しかし、イエスはここで給料の増加について話していません-このたとえ話で神の王国について話している (V. 1)。 たとえ話はイエスの働きで起こった何かを反映しています。神は特に大きな努力をしなかった人々に救いを与えました、そして宗教当局は言った:«これは不公平です。 あなたは彼らにそんなに寛大であってはなりません。 私たちは努力しましたが、彼らはほとんど何もしませんでした» そしてイエスは答えた:「私は義人ではなく罪人に良いたよりをもたらします。」 彼の教えは、善であるという通常の動機を損なうと脅した。

これは私たちとどのような関係がありますか?

私たちは一日中働いてその日の負荷と熱を運んだ後に良い報酬を得たと信じたいかもしれません。 持っていません。 あなたが教会にどれくらいの間住んでいたか、あるいはあなたがどれだけ多くの犠牲を払ったかは関係ありません。 それは神が私たちにお与えになることと比べて何もないです。 パウロは私たち全員よりも多くのことを成し遂げました。 彼は私たちが理解しているよりも福音のためにもっと多くの犠牲を払ってきました、しかし彼はそれをすべてキリストに対する喪失として数えました。 それは何もありませんでした。

私たちが教会で過ごした時間は神のためではありません。 私たちが行った仕事は、彼ができることに何の反対もしません。 たとえたとえたとえ別のたとえが言うように、私たちは役に立たない召使いです (17、10) イエスは私たちの一生を買ってくださいました。 彼はあらゆる考えと行為に対して公正な主張をしている。 私たちが彼にそれ以上のものを与えることはできません-彼が命じるすべてをやったとしても。

実際、私たちは1時間しか働かず、一日分の賃金をもらった労働者のようです。 我々はかろうじて始め、実際に何か役に立つことをしたかのように給料をもらった。 それは公平ですか? たぶん私たちは質問をするべきではありません。 判断が失敗した場合、セカンドオピニオンを探すべきではありません。

私たちは自分自身を長く懸命に働いた人々と見なしていますか? 我々は我々が我々が得た以上に値すると思いますか? それとも、私たちは自分がどれほど長く働いたとしても、ふさわしくない贈り物を受け取る人として自分自身を見ていますか? これは思考の糧です。

ジョセフ・トカッハ


PDFファイル公平ではありません!