一枚ずつ

私が神に心を捧げることを考えるとき、それは簡単すぎるように聞こえます、そして時々私達はそれよりも簡単にすることができると思います。 私たちは「主よ、私はあなたに私の心を与えます」と言います、そして私たちはそれが必要なすべてであると思います。

«それから彼は全焼のいけにえを虐殺した。 アーロンの息子たちは彼に血を持ってきて、彼はそれを祭壇のいたるところにまき散らした。 そして彼らは全焼のいけにえを少しずつ彼と頭に持ってきて、彼はそれを祭壇の上で煙の中に上げさせました» (創世記3:9,12-13)。
この聖句は、神が私たちにも望んでおられる悔い改めと平行していることを示したいと思います。

私たちが主に言うとき、ここに私の心があります。それは私たちが主の前にそれを投げているようなものです。 それはそれが意味する方法ではありません。 私たちがこのようにそれをするとき、私たちの悔い改めは非常にぼやけており、私たちは意識的に罪深い行為から背を向けていません。 グリルに肉を投げるだけではありません。さもないと、均一に揚げられません。 それは私たちの罪深い心と同じです、私たちは何から背を向けるべきかをはっきりと見なければなりません。

彼らは彼に頭を含めて一つずつ全焼のいけにえを与え、彼は祭壇の各部分を焼いた。 アーロンのXNUMX人の息子が彼に少しずつ申し出を提示したという事実に焦点を当てたいと思います。 彼らはそこに獣全体を投げたのではなく、祭壇に特定の部分を置きました。

アーロンのXNUMX人の息子が父親に少しずつ犠牲を捧げたことに注意してください。 彼らは単に屠殺された動物を祭壇全体に置いただけではありませんでした。 私達は私達の心で、私達の犠牲で同じことをしなければなりません。 「主よ、ここに私の心があります」と言う代わりに、私たちは私たちの心を汚すものを神に与えるべきです。 主よ、私はあなたに私のうわさ話をします、私はあなたに私の心の中で私の欲望を与えます、私はあなたに私の疑いを残します。 私たちがこのように心を神に捧げ始めるとき、神はそれを犠牲として受け入れます。 それから私たちの生活のすべての悪いことは祭壇の灰に変わり、それは御霊の風が吹き飛ばされます。

フレイザーマードック