アドベント:昨日、今日そして永遠にイエス

171イエス昨日今日の永遠 時々、私たちは非常に熱心に神の息子の化身のクリスマスのお祝いに行くので、アドベントに後部座席、つまりキリスト教会の年が始まる時期をとらせます。 アドベントの29つの日曜日は、今年XNUMX月XNUMX日に始まり、イエス・キリストの誕生の饗宴であるクリスマスを告げます。 「アドベント」という用語はラテン語のアドベントスに由来し、「来る」または「到着する」のようなものを意味します。 アドベントでは、イエスのXNUMXつの「到来」が祝われます (通常は逆順):未来 (イエスの帰還)、現在 (聖霊の中で)そして過去 (イエスの受肉/誕生)。

私たちは、これがXNUMX回来ることがどのように関連しているかを考えると、Adventの意味をさらによく理解しています。 ヘブライ人への手紙の著者はそれを次のように述べています:「イエス・キリストは昨日と今日そして永遠に同じ」 (ヘブライ13,8)。 イエスは人間が肉を作ったように来た (昨日)、彼は現在聖霊を通して私たちの中に住んでいます (今日)そして王の王とすべての領主の王として戻る (永遠に)。 これを見る別の方法は、神の国についてです。 イエスの受肉は神の王国を人類にもたらした (昨日); 彼自身が忠実な人にその王国に参加して参加するように誘います (今日); そして彼が戻るとき、彼はすべての人類に既存の神の王国を明らかにします (永遠に)。

イエスはいくつかのたとえ話を使って、これから確立しようとしている王国を説明しました。目に見えずに静かに成長する種のたとえ話 (マーク4,26-29)、それはマスタードシードに由来します。マスタードシードは小さな種子から出て、大きな灌木に成長します (Mark 4,30-32)、そして生地全体を発酵させたパン種 (マタイ13,33)。 これらのたとえ話は、神の国がイエスの化身によって地上にもたらされ、今日でも本当にそして真に続いていることを示しています。 イエスはまた言われました:「もし私が神の霊を通して悪霊を追い出すなら、彼がしたことは、神の国があなたに来た」 (マタイ12,28、ルカ11,20)。 神の王国が存在すると彼は言った、そしてこれの証拠は彼の悪魔の悪魔払いと教会による他の良い作品に文書化されています。
 
神の力は、神の国の現実に生きる信​​者たちによって絶えず明らかにされています。 イエス・キリストは教会の頭です。それは昨日でした。今日であり、永遠に続きます。 神の国がイエスの霊的働きにあったように、それは今彼の教会の霊的働きにあります (まだ完璧にはなっていませんが)。 王であるイエスが私たちの中にいます たとえ彼の帝国がまだ完全に有効でなくても、彼の霊的な力は私たちの中に宿ります。 マーティン・ルターは、長い鎖ではあるが、イエスがサタンを縛られたという比較をしました:«[...]彼は[鎖]で邪悪な犬以上のことはできません。 彼は吠えたり、前後に走ったり、鎖を破ったりするかもしれません。»

神の国はそのすべての完全さで実現するでしょう-それは私たちが望んでいる「永遠」です。 イエス様を私たちの生き方にいかに反映させようとしても、今ここで全世界を変えることはできないことを私たちは知っています。 イエスだけがこれを行うことができます、そして彼は彼の帰りにすべての栄光でそれをするでしょう。 神の国がすでに現実であるならば、それは将来完全に完全に現実になるだけです。 それが今日でも大部分隠されているならば、それはイエスの帰りに完全に明らかにされるでしょう。

パウロは将来の意味で神の王国についてよく語りました。 彼は私たちが「神の国を継承する」ことを妨げる可能性のあるすべてのものについて警告しました (1コリント人6,9-10および15,50;ガラテヤ人5,21;エフェソス人5,5)。 彼の言葉の選択からしばしば見られるように、彼は常に神の国が世界の終わりに実現されるであろうと信じていました (1テス2,12、2、1,5テス4,11、2、コロサイ4,2、18、XNUMXテモテXNUMX、XNUMX、XNUMX)。 しかし彼はまた、イエスがどこにいても、彼の王国は「この現在、邪悪な世界」と呼ばれているように、すでに存在していることも知っていました。 イエスは私たちの今ここに住んでいるので、神の国はすでに存在しており、パウロによると私たちはすでに天国で公民権を持っています (フィリピアン3,20)。

アドベントはまた、私たちの救いに関しても語られています。新約聖書は、過去、現在、未来というXNUMXつの時制で言及しています。 すでに起こっている私たちの救いは過去を表しています。 それはイエスが最初に来られたとき、彼の生、死、復活、そして昇天によってもたらされました。 神の王国での働きにおいて、イエスが私たちの内に住み、私たちに挑戦している今、私たちは現在を体験しています 参加する。 未来は、イエスがすべての人が見に戻って神がすべておられるとき、私たちに来る救いが完全に満たされることを意味します。

興味深いことに、聖書はイエスの初出と来るべきすべてについてイエスの見え方を強調しています。 「昨日」と「永遠」の間では、イエスの現在の到来は、彼がXNUMX世紀に住んでいた人々とは異なり、歩き回っているのを見る限り見えません。 しかし、私たちは今、キリストの大使なので (2コリント5,20)、私たちはキリストと彼の王国の現実を支持するように呼ばれます。 イエスは見えないかもしれませんが、私たちは彼が私たちと一緒にいて、私たちを離れたり、私たちを失望させたりしないことを知っています。 私たちの仲間の人間は私たちの中で彼を認識することができます。 聖霊の実に私たちを貫く余地を与え、イエスの新しい戒めを愛し合うことによって、王国の栄光を断片化するように求められます (ジョン13,34:35)。
 
アドベントの焦点がイエスが昨日、今日、そして永遠にいることであると理解すれば、主の到着の前にある伝統的なXNUMX本のキャンドルのモチーフをよりよく理解できるようになります。希望、平和、喜び、そして愛。 預言者たちが語った救世主であるイエスは、神の民に力を与えた希望の真の実体です。 彼は戦士や従順な王としてではなく、神の計画が平和をもたらすことであることを示す平和の王子として来ました。 喜びのモチーフは、私たちの救い主の誕生と復帰の喜びの期待を示しています。 神がすべてについているのは愛です。 愛している彼は昨日私たちを愛しました (世界が創設される前)そしてそうし続けます (個人的に、そして慣れ親しんだ方法で)今日も永遠にも。

私は、アドベントの季節がイエスの希望、平和、そして喜びで満たされること、そしてあなたが聖霊によって日々あなたを愛していることを思い出されることを祈ります。

昨日、今日そして永遠にイエスを信頼する

ジョセフ・トカッハ

前任者
グレースコミュニティーインターナショナル


PDFファイルアドベント:昨日、今日そして永遠にイエス