恵みは罪に耐えますか

604恵みの罪に耐える 恵みに生きることは罪を拒絶することであり、それを容認したり受け入れたりすることではありません。 神は罪に反対です-彼はそれを憎みます。 彼は私たちを罪深い状態に置くことを拒否し、息子と私たちを彼女とその影響から解放するために送りました。

姦淫を犯した女性とイエスが話されたとき、彼は彼女にこう言った:「私もあなたを裁くつもりはない、とイエスは答えた。 行くことはできますが、もう罪を犯さないでください!» (ヨハネ8,11すべての希望)。 イエスの声明は、罪に対する侮辱を示し、罪を贖う愛と向き合う恵みを伝えています。 イエスが私たちの救い主になりたいという罪の寛容としての意欲を見るのは、悲劇的な間違いでしょう。 神の子は、罪の欺瞞的で破壊的な力に完全に寛容でなかったからこそ、私たちの一人になりました。 私たちの罪を受け入れるのではなく、彼は自分の罪を引き受け、神の裁きを受けました。 彼の自己犠牲、罰、罪が私たちをもたらす死によってキャンセルされました。

私たちが住んでいる堕落した世界を見回すとき、そして私たち自身の人生を見るとき、神が罪をお許しになるのは明らかです。 しかし、聖書は明らかに神は罪を憎んでいると述べています。 どうして? 私たちに与えられたダメージのため。 罪は私たちを傷つけます-それは神とのそして他の人との私たちの関係を傷つけます。 それは、私たちが真実であり、愛する人であるという充実感の中で生きることを妨げます。 イエスの内外で取り除かれた私たちの罪に対処する際、神は私たちをすべての罪の奴隷化から解放するわけではありません。 しかし、それは彼の恵みが私たちが罪を犯し続けることを可能にするという意味ではありません。 神の恵みは彼の罪に対する受動的な寛容ではありません。

クリスチャンとして、私たちは恵みの下に住んでいます-イエスの犠牲のための究極の罪の罰から解放されました。 私たちはキリストと共に働く者として、人々に希望と神を彼らの愛情のある寛容な父として明確に描写する方法で恵みを教え、賛美します。 しかし、このメッセージには警告が付いています-使徒パウロの質問を思い出してください。 あなたを振り向かせたいのは、まさにこの優しさだと思いませんか?» (ローマ2,4のすべての希望)。 彼はまた、「これについて何を言いたいのか? 恵みがいっそう強力になるように、私たちは罪に固執しませんか? それは遠いです! 私たちは罪で死にました。 どうやってそこに住むことができますか?» (ローマ6,1-2)。

神の愛の真理は、私たちが自分の罪にとどまりたがるように励ましてはなりません。 恵みとは、罪の罪と恥から私たちを解放するだけでなく、そのゆがみ、奴隷化する力からも解放するためのイエスの神の備えです。 イエスが言われたように:「罪を犯した人は罪の奴隷です」 (ヨハネ8,34)。 パウロは警告しました:「あなたは知らないのですか? あなたが彼に従うしもべに自分を従わせる者は誰でも、あなたは彼のしもべであり、あなたは彼に従う-あなたは罪の死のしもべとして、または正義に従う従者のどちらかとして» (ローマ6,16)。 罪は私たちを悪の影響に奴隷にするので、深刻な問題です。

罪とその結果についてのこの理解は、人々を非難する言葉を蓄積することにはなりません。 代わりに、パウロが述べたように、私たちの言葉は次のようにする必要があります。 あなたが言うすべてが良いと役立つはずです。 みんなにぴったりの言葉を見つけるように努力しましょう» (コロサイ人4,6すべての希望)。 私たちの言葉は希望を伝え、キリストにおける罪の神の赦しとすべての悪に対する彼の勝利の両方を伝えるべきです。 もう一方について話さずに一方からのみ、恵みのメッセージの歪みがあります。 パウロが指摘しているように、神はその恵みの中で私たちを悪に奴隷化することは決してありません:「しかし神に感謝します:あなたは罪の奴隷でしたが、今では与えられた教えの形に従順になったのです」 (ローマ6,17)。

神の恵みの真理を理解するにつれて、神が罪を憎む理由がますます理解されます。 それは彼の創造物を傷つけ、傷つけます。 それは他者との正しい関係を破壊し、神を傷つけ、神との信頼関係を損なう神についての嘘で神の性格を中傷します。 愛する人の罪を見たらどうしますか 私たちは彼を判断しませんが、私たちは彼とおそらく他の人に害を及ぼす罪深い行動を憎みます。 私たちの愛するイエス様が彼のために犠牲にされた命によって彼の罪から解放されることを願って祈っています。

スティーブンのストーニング

パウロは、人の人生において神の愛が行うことの強力な例です。 パウロは回心する前にクリスチャンを激しく迫害しました。 ステファヌスが殉教したとき、彼はそこに立っていました (使徒7,54:60)。 聖書は彼の態度について述べています:「サウルは彼の死に満足していた」 (使徒8,1)。 彼は過去の恐ろしい罪に対して受けた途方もない恵みを知っていたので、恵みはパウロの人生において大きな問題であり続けました。 彼はイエスに仕えるという彼の使命を果たしました。「しかし、コースを終えて主イエスから受け取ったオフィスで神の恵みの福音を証言するだけの場合、私は自分の人生に注意を払いません」 (使徒20,24)。
パウロの著作では、聖霊の霊感の下で彼が教えたものに、恵みと真実との関係が見られます。 また、神はパウロを、クリスチャンを迫害した悪質な法律家から、イエスの謙虚な僕へと根本的に変えたのもわかります。 彼を自分の子供として受け入れたとき、彼は自分の罪と神の憐れみを知っていました。 パウロは、犠牲にかかわらず、神の恵みを受け入れ、すべての生涯を説教に捧げました。

パウロの例に倣って、仲間の人間との会話は、すべての罪人に対する神の驚くべき恵みに基づいているべきです。 私たちの言葉は、私たちが神の堅固な教えの中で罪から独立した生活を送っていることを証明するはずです。 «神から生まれた者は罪を犯しません。 なぜなら、神の子供たちは神にとどまり、罪を犯すことはできないからです。 彼らは神から生まれたからです» (1ヨハネ3,9)。

神の善に反抗する代わりに生きる人々に出会った場合は、柔和に扱う必要があります。することができ、柔和で手に負えないことを非難します。 おそらく、神は彼らが悔い改めて真実を知るのを助けるでしょう» (2ティム2,24:25)。

ポールのように、あなたの仲間の人間はイエスとの真の出会いを必要としています。 あなたの行動がイエス・キリストの性質に対応するような出会いに仕えることができます。

ジョセフ・トカッハ