罪と絶望ではない?

罪を犯し、絶望しないように マーティン・ルターが彼の友人フィリップ・メランチソンへの手紙の中で彼に次のように警告しているのは非常に驚くべきことである。死と世界を克服しました。

一見したところ、この電話は信じられないようです。 ルターの思い出を理解するために、我々は文脈をより詳しく見る必要があります。 ルターは罪人を望ましいとは言いません。 それどころか、彼は私達がまだ罪を犯しているという事実に言及していました、しかし彼は私達が神が私達から彼の恵みを撤回するのを恐れなければならないので私達を落胆させないことを望みました。 私たちがキリストの中にいるときに私たちがしたことが何であれ、恵みは常に罪よりも強力です。 たとえ一日に10.000回罪を犯したとしても、私たちの罪は神の圧倒的な憐れみに直面しても無力です。

これは、私たちが義に生きているかどうかが問題ではないと言っているのではありません。 パウロは彼に何が起こるかすぐにわかり、質問に答えました。 恵みがいっそう強力になるように、私たちは罪に固執しませんか? 次のように答えた:それは遠いです! 死んだ後、どのように罪の中に生きたいですか?» (ローマ6,1-2)。

イエス・キリストの足跡をたどって、私たちはキリストの模範に従って、神と私たちの隣人を愛するよう求められます。 私たちがこの世に住んでいる限り、私たちは罪を犯すという問題を抱えて生きなければなりません。 このような状況では、私たちは神の忠実さに対する自信を失うことを恐れてあまりにも圧倒されるべきではありません。 代わりに、私たちは自分の罪を神に告白し、神の恵みをさらに信頼します。 カール・バースはかつてこのように言いました。

すべてのクリスチャンは罪が悪いことを知っています。 しかし、多くの信者は、彼らが罪を犯したときにそれにどう対処するかを思い出す必要があります。 答えは何ですか? 神に縛られることなくあなたの罪を告白し、心から許しを求めなさい。 恵みの王座に自信を持って参加し、あなたに彼の恵みを与えるために大胆に彼を信頼してください。

ジョセフ・トカッハ


PDFファイル罪と絶望ではない?