イエス様が聖霊について言われたこと

383イエスが聖霊について語ったこと

私は時々、聖霊様、そして父と子が三者のうちの三人のうちの一人である神を理解するのが難しいと思う信者たちと話すことがあります。 私はたいてい聖書の例を用いて、父と子を人として識別する資質と行動を示し、そして聖霊は人と同じように説明されることを示します。 それから私は聖書の中の聖霊を参照するために使用される多くのタイトルを挙げます。 そして最後に、私はイエス様が聖霊について教えられたことについてお話します。 この手紙では、私は彼の教えに焦点を当てます。

ヨハネの福音書では、イエスはXNUMXつの方法で聖霊について語っています。聖霊、真実の霊、パラクレトス (擁護者、カウンセラー、ヘルパー、慰める人とのさまざまな聖書翻訳で再現されたギリシャ語の単語)。 聖書は、イエスが聖霊を単に力の源として見ていなかったことを示しています。 paraklētosという言葉は「待機する人」を意味し、ギリシャの文学では一般的に、問題の中で誰かを代理し擁護する人と呼ばれています。 ヨハネの著書では、イエスは自分をパラクリトスと呼び、同じ言葉を使って聖霊を表しています。

彼の処刑の前夜、イエスは弟子たちに彼らを残しておくと言った (ヨハネ13,33)しかし、それらを「孤児として」残さないことを約束しました (ヨハネ14,18)。 彼の代わりに、彼は父親に「別の掛け布団[パラクルトス]」を送ってくれるよう頼み、彼らは一緒にいると約束した。 (ヨハネ14,16)。 「別の」と言って、イエスはそれが最初の (彼自身)そして来たる者は、彼自身と同じように、ただの力ではなく、三位一体の神聖な人物になるでしょう。 イエスはパラクリトスとして彼らに仕えました-彼の前で (激しい嵐の真っ只中でさえ)、弟子たちはすべての人類の利益のために彼の奉仕に加わるために彼らの「快適ゾーン」を去る勇気と強さを見つけました。 さて、イエス様はさようならを言っていて、当然ながら彼らは深く心配していました。 それまで、イエスは弟子たちのパラクレットでした (1ヨハネ2,1:XNUMXを参照してください。イエスは「擁護者」と呼ばれています[パラクルトス])。 それから (特にペンテコステ後)聖霊は彼らの擁護者になるでしょう-彼らの常に存在するアドバイザー、慰める人、ヘルパー、そして先生。 イエスが弟子たちに約束したことと、父が送ったのは、ただの力ではなく、三位一体の三人目でした。

私たちは聖書のいたるところに聖霊の個人的な働きを見ます。創世記1章では、それは水の上に浮かびます。 ルカの福音書で:彼はメアリーに影を落とした。 彼は1つの福音書で56回、使徒行伝で57回、使徒パウロの手紙で112回言及されています。 これらの聖典では、聖霊の働きを人として多くの点で認識しています。慰める、教える、導く、警告する。 無力な祈りのサポートとしての贈り物の選択と贈与。 養子として私たちを確認し、アバとして神を呼び出すために私たちを解放します (父)イエスのように。 イエスの導きに従ってください。しかし、真理の霊が来ると、彼はあなたをすべての真理に導きます。 彼は自分のことを話さないからです。 しかし、彼が聞くこと、彼が話すこと、そして将来のことは彼はあなたに発表するでしょう。 彼は私を賛美します。 彼はそれを私のものから取り出してあなたに宣言するからです。 父親が持っているものはすべて私のものです。 それが私が言った理由です:彼はそれを私のものから取り出してあなたに説教します (ジョン16,13:15)。
父と息子との交わりにおいて、聖霊には特別な役割があります。 彼は自分のことを話すのではなく、人々をイエスに向け、それから彼らを父に連れて行きます。 御霊を行う代わりに、聖霊は息子の言うとおりに父親の意志を引き受けます。 一つの統一された三位一体の神の神の御心は御言葉を通して父から来ます (イエス)そして聖霊によって実行されます。 私たちは今、聖霊、私たちのパラクレトスの働きにおける神の個人的な存在を通して、喜びと助けを経験することができます。 私たちの奉仕と崇拝は三位一体の神に属しており、XNUMX人の神聖な人物であり、存在し、行動し、進んで、そして目指しています。 聖霊と彼の働きに感謝します。

ジョセフ・トカッハ

前任者
グレースコミュニティーインターナショナル


 

聖書の中の聖霊の称号

聖霊 (詩編51,13:1,13;エフェソスXNUMX)

アドバイスと強さの精神 (イザヤ11,2)

裁きの精神 (イザヤ4,4)

知識の精神と主への恐れ (イザヤ11,2)

恵みと祈りの精神 (ゼカリヤ12,10)

最高の力 (ルカ1,35)

神の精神 (1コリント3,16)

キリストの霊 (ローマ8,9)

神の永遠の霊 (ヘブライ9,14)

真実の精神 (ヨハネ16,13)

恵みの精神 (ヘブライ10,29)

栄光の精神 (ペテロ第一1:4,14)

人生の精神 (ローマ8,2)

知恵と啓示の精神 (エフェソス1,17)

掛け布団 (ヨハネ14,26)

約束の精神 (使徒1,4-5)

幼年期の精神[採用] (ローマ8,15)

神聖さの精神 (ローマ1,4)

信仰の精神 (2コリント4,13)