神は私たちと共におられます

508神は私たちと一緒にクリスマスシーズンは私たちのすぐ後ろです。 霧のように、クリスマスの兆候はすべて私たちの新聞、テレビ、店の窓、通りや家の中に消えます。

「クリスマスは年に回しか行われない」という格言を聞いたことがあるでしょう。 クリスマスの物語は、イスラエルの人々にしたように、時々来るだけではない神からの良い知らせです。 それは、常に存在する「私たちと一緒の神」であるインマヌエルの物語です。

人生の嵐が四方八方から私たちに降りかかるとき、神が私たちと共におられることを理解するのは難しいです。 イエスが弟子たちと一緒に船に乗っていたときのように、私たちは神が眠っているような気がするかもしれません。 そして、見よ、湖に猛烈な嵐が起こり、ボートも波に覆われた。 しかし、彼は眠りました。 そして彼らは彼に近づき、彼を起こして言った、「主よ、助けてください、私たちは滅びています!」 (マシュー 8,23-25)。

イエスの誕生が予告された時、それは嵐の状況でした。 エルサレムは攻撃されていました:«それはダビデの家に発表されました:アラム人はエフライムに宿営しました。 それから彼の心と彼の民の心は風の前に森の木々が震えるように震えました[嵐]»(イザヤ 7,2)。 神はアハズ王とその民がどれほど恐ろしいかを見ました。 それで彼はイザヤを遣わして、敵が成功しないので恐れないように王に告げました。 このような状況にある私たちのほとんどのように、アハズ王は信じていませんでした。 神は再びイザヤに別のメッセージを送られました。「あなたの神、主に(約束どおりにあなたの敵を滅ぼすことを証明するために)しるしを求めなさい。 (イザヤ 7,10-11)。 王様は、しるしを求めて神様を試すのが恥ずかしいと感じました。 ですから、神はイザヤを通してこう言われました。「それゆえ、主ご自身があなたにしるしをお与えになります。見よ、処女は子供と共にいて、息子を産むでしょう。 7,14)。 神が彼らを救い出されることを証明するために、神はキリストの誕生のしるしを与えられました。それはインマヌエルと呼ばれるでしょう。

クリスマスの物語は、神が私たちと共におられることを私たちに毎日思い出させるはずです。 たとえあなたがあなたの仕事を失ったとしても、たとえあなたがあなたのコースで失敗したとしても、たとえあなたの仕事を失ったとしても、たとえあなたの配偶者があなたを離れたとしても

あなたの状況がどのように死んでいるかは関係ありません。神はあなたの中に住んでおり、神はあなたの死んだ状況に命をもたらします。 「あなたはそれを信じますか?」 イエスが十字架につけられて天国に戻る直前に、彼の弟子たちは、もはや彼らと共にいないので、とても心配になりました。 イエスは彼らに言われました:

「しかし、私があなたにこれを話したので、あなたの心は悲しみに満ちています。 しかし、私はあなたに真実を伝えています:私が去ることはあなたにとって良いことです。 私が去らなければ、慰め者はあなたのところに来ないからです。 しかし、私が行くとき、私は彼をあなたに送ります»(ジョン16,6 -8日)。 その慰め者はあなたの内に宿る聖霊です。 「イエスを死からよみがえらせた方の霊があなたの内に宿るなら、キリストを死からよみがえらせた方も、あなたの内に宿る霊を通してあなたの死体に命を与えるでしょう」(ローマ人 8,11).

神はいつもあなたと共におられます。 あなたが今日そして永遠にイエスの臨在を経験してくださいますように

タカラニムセクワ


PDFファイル神は私たちと共におられます