私たちは「安い恵み」を説いていますか。

320私たちは安い恵みを説く

おそらくあなたは、恵みが「無制限ではない」または「それが要求する」と存在すると言われたことをすでに聞いたことがあるでしょう。 神の愛とゆるしを強調する人々は、彼らを「安っぽい恵み」と非難する人々と出会うことがあります。 これは、私の良き友人でありGCIの牧師であるTim Brasselに起こったことです。 彼は「安っぽい恵み」を説教したとして非難された。 私は彼がそれにどう反応したかが好きです。 彼の答えは「いいえ、私は安っぽい恵みを説教しているわけではありませんが、はるかに優れています:自由な恵みです!」

チープグレースという用語は、神学者のディートリッヒボンホッファーが彼の本「Nachgabe」で使用し、人気を博したことに由来しています。 彼はそれを使って、神がキリストに改心して新しい人生を送るとき、人は当然の恵みを受けることを強調しました。 しかし、連続した人生がなければ、神の膨満感は彼に届かず、その人は「安っぽい恵み」だけを経験します。

主権救済論争

必要な救いはイエスの受け入れだけですか、それとも従うことの問題ですか? 残念なことに、Bonhoefferは恵みについて教えています (安価な猶予という用語の使用を含む)、そしてしばしば救いと従うことについての彼の説明を誤解し、誤用しました。 これはとりわけ、主権救済論争として知られるようになった数十年にわたる議論に関連しています。

この論争の主役である有名なXNUMX点のカルバン主義者は、キリストへの信仰の個人的な告白だけが救いに必要であると主張する人々は「安っぽい恵み」を主張する罪があると一貫して主張していますだろう。 彼の推論によると、それは救い、信条のために必要です (イエスを救い主として受け入れる)そしてある程度は良い働き (主としてのイエスに従う)。

この議論には双方が良い議論をしている。 私の意見では、両当事者の見解には避けられたかもしれない間違いがあります。 それはまず第一にイエスと父との関係であり、私たち人間が神に向かって行動する方法ではありません。 この観点から、イエス様が主であり救い主であることは明らかです。 双方がイエス様の父との関係にもっと密接に関わることが聖霊によって導かれるのは、恵みの贈り物以上のものであると気付くでしょう。

キリストと三位一体に焦点を当てたこの視点では、どちらの側も良い作品を贖われるものとは見なしません。 (または不必要なものとして)、しかし私たちはその中でキリストを歩むために作成された (エフェソス2,10)。 彼らはまた、私たちが私たちの仕事のためではなく、何のメリットもなく救われているのを見るでしょう (私たちの個人的な信条を含む)、しかし私たちに代わってイエスの働きと信仰を通して (エフェソス2,8-9;ガラテヤ2,20)。 それから彼らはあなたが何かを追加したり保持したりすることによって、あなたが保存するためにできることは何もないと結論するかもしれません。 偉大な説教者のチャールズスポルジョンは、「贖いの服にピンを刺さなければならないなら、完全にそれを台無しにするだろう」と明らかにしました。

イエスの働きは私たちに彼のすべてを受け入れる恵みを与えます

恵みに関するこのシリーズで議論したように、私たちはイエスの働きにもっと集中すべきです 私たちの行動のように信頼(彼の忠実さ)救いは私たちの働きによってではなく神の恵みによってのみもたらされると教えても、福音を軽視することはありません。 カールバースは次のように書いています。「あなたがすることを行うことによって誰も救われることはできませんが、神を行うことによってすべての人を救うことができます。」

聖書は、イエスを信じる人は誰でも「永遠の命を持っている」と教えています (ジョン3,16:36; 5,24;)そして「救われた」 (ローマ10,9)。 イエスに私たちの新しい人生を送ることによってイエスに従うことを勧める節があります。 神に近づき、贖い主としてのイエスと主としてのイエスを隔てる神の恵みを得ようとする試みはすべて誤解されます。 イエスは、救い主であり主である、完全に分割されていない現実です。 彼は救い主としての主であり、主としての救い主です。 この現実をXNUMXつのカテゴリーに分けようとすることは、役に立ちませんし、役に立ちません。 その場合、XNUMXつのクラスに分かれてそれぞれのメンバーを導き、だれがクリスチャンであり、だれがクリスチャンではないかを判断するキリスト教を作成します。 加えて、私たちは私たちの私を私から何をすべきかから分離する傾向があります。

イエスを救いの業から引き離すことはビジネスに基づいています 正当化と聖化を分離する(相互の達成に基づく)救済の視点。 すべての点で完全に優雅な救いは、新しい生き方につながる神との関係についてです。 神の救いの恵みは、聖霊、私たちのための正当化と聖化を通して、イエスご自身を作ることによって私たちに正当化と聖化を与えます (1コリント1,30)。

救い主自身が贈り物です。 聖霊を通してイエスと統合され、私たちはすべてのものに参加します。 新約聖書は私たちをキリストの「新生物」と呼ぶことでこれを要約しています (2コリント5,17)。 恵みが安く提示できるものは何もない。なぜなら、イエスにも、私たちがイエスと共有する人生にも、安くはないからだ。 実際、彼との関係は反省を引き起こし、古い自己を置き去りにして新しい生き方を始めます。 愛の神は、彼が愛する人々の完成を切望し、それに応じてイエスのためにそれを準備しました。 愛は完璧です、さもなければそれは愛ではないでしょう。 カルヴァンはかつて「私たちのすべての救いはキリストにおいて完全なものです」と言っていました。

恵みと作品の誤解

私たちの関係と理解の正しい性質、および良い仕事をすることに焦点が当てられていますが、私たちの救いを確実にするために良い仕事を通して継続的な参加が必要であると誤って信じている人もいます。 彼らは信仰だけで神の恵みに集中することは罪の許しであることを懸念しています (パート2で取り上げたトピック)。 この概念について不注意なのは、恵みは罪の結果を見落とすだけではないということです。 また、この誤った考え方は、恵みが取引の対象であるかのように、イエスご自身の恵みを秘密にしています (相互交換)それはキリストを巻き込まずに個々の行動に分けることができます。 実際には、善行に重点が置かれているため、イエスが私たちを救うために必要なすべてのことを行ったとはもはや信じられなくなっています。 誤ってイエスが私たちの救いの働きを始めただけであると誤って主張されており、私たちの行動を通して何らかの方法でそれを確実にするのは私たち次第です。

神の恵みを自由に受け入れたクリスチャンは、これが彼らに罪の許しを与えたとは信じていません-全く逆です。 パウロは恵みについて説教しすぎて「罪が広まる」と非難されました。 しかし、この告発は彼にメッセージの変更を促すものではありませんでした。 その代わり、彼は彼の検察官が彼のメッセージを歪曲したと非難し、恵みが規則に例外を作るのに適していないことを明らかにするためにあらゆる努力をしました。 パウロは彼のミニストリーの目標は「信仰の従順を確立すること」であると書いています。 (ローマ1,5; 16,26)。

救いは恵みによってのみ可能です。それは、初めから終わりまでのキリストの働きです。

私たちは、私たちを裁くためではなく、私たちを救うために彼の御子を聖霊の力で送って下さった神に感謝します。 私たちは、良い業績への貢献が私たちに正義または神聖をもたらすことができないことを理解しました。 もしそうなら、私たちは償還者を必要としないでしょう。 信仰による従順に従うか、従順を伴う信仰に従うかにかかわらず、私たちの贖い主であるイエスへの依存を過小評価してはなりません。 彼はすべての罪を裁きそして非難し、永遠に私たちを赦しました - 私たちが彼を信じて信頼するならば私たちが受け取る贈り物です。

最初から最後まで私たちの救いを成し遂げるのは、イエス自身の信仰と働き-彼の忠実さです。 彼は正義を伝えます (私たちの正当化)私たちと聖霊を通して彼は私たちに彼の聖なる生活の中でシェアを与えます (私たちの聖化)。 私たちはこれらXNUMXつの贈り物を、イエスに信頼を置くことによって、同じ方法で受け取ります。 キリストが私たちのためにしてくださったこと、聖霊は私たちが理解し、それに応じて生きるのを助けます。 私たちの信念はそれに焦点を当てています (フィリピ1,6:XNUMXで言うように)「あなたの中で良い働きを始めた人は、彼もそれを完成させるでしょう」。 イエスが彼にされたことに誰かが関わっていないなら、彼の信仰の告白には実質がありません。 彼らは神の恵みを受け入れる代わりに、それを主張することによってそれに反対します。 確かに私たちはこの間違いを避けたいと思っていますし、私たちの仕事が何らかの形で私たちの救いに貢献しているという誤解に陥ってはなりません。

ジョセフ・トカッハ


PDFファイル私たちは「安っぽい恵み」を説きますか?