真の崇拝

560真の崇拝 イエスの時代のユダヤ人とサマリア人の間の主な論争は、神が崇拝されるべき場所でした。 サマリア人はエルサレムの神殿に出資しなくなったため、ガリジム山はエルサレムではなく神の崇拝にふさわしい場所であるという見方をしました。 寺院を建てるとき、一部のサマリア人はユダヤ人が寺院を再建するのを手伝うことを申し出ました、そしてセルバベルは突然彼らを拒否しました。 サマリア人はペルシャの王に不平を言って対応し、働きをやめました (Esra [スペース]] 4)。 ユダヤ人がエルサレムの城壁を再建したとき、サマリアの知事はユダヤ人に対して軍事行動を起こすと脅迫しました。 最後に、サマリア人は紀元前128年にユダヤ人がガリジム山に独自の寺院を建設しました。 BCが破壊されました。 あなたの二つの宗教の基礎はモーセの律法でしたが、それらは苦い敵でした。

サマリアのイエス

ほとんどのユダヤ人はサマリアを避けましたが、イエスは弟子たちとともにこの国に行きました。 彼は疲れていたので、シチャーの町の近くの噴水に腰を下ろし、弟子たちをその町に食べ物を買いに送りました。 (ジョン4,3:8)。 サマリアの女性がやってきて、イエスが彼女に話しかけました。 彼がサマリア人の女性と話していたことに彼女は驚いた、そして彼の弟子たちは彼が女性と話していたことに (V. 9および27)。 イエスはのどが渇いていましたが、水を引くために何も持っていませんでした-しかし彼女はそうしました。 その女性は、ユダヤ人が実際にサマリア人女性の水タンクから飲むつもりであることに感動しました。 彼らの儀式によれば、ほとんどのユダヤ人はそのような船を不潔であると見ました。 「イエスは彼女に答えて言った、もしあなたが神の贈り物を認識し、あなたに言っている彼が誰であるかを教えてください。 (ヨハネ4,10)。

イエスはしゃれを使いました。 「生きている水」という表現は、通常、流れる水を意味します。 女性はシカールの唯一の水が井戸の水であり、近くに流れる水がないことを非常によく知っていました。 それで彼女はイエスに彼が何について話しているのか尋ねました。 「イエスは答えて彼女に言った、この水を飲む人はだれでも再び喉が渇くでしょう。 しかし、私が彼に与える水を飲む人は、永遠に喉が渇くことは決してありませんが、私が彼に与える水は、彼の中で永遠の命に膨らむ水の源になります» (ジョン4,13:14)。

女性は信仰の敵の霊的な真実を受け入れる用意ができていましたか? 彼女はユダヤ人の水を飲むでしょうか? 彼女はそのような情報源で決して渇きがなく、もう一生懸命働く必要がないことを理解できました。 イエスは、彼が語った真実を理解することができず、女性の根本的な問題に目を向けました。 彼は彼女が夫に電話して彼と一緒に戻ってくることを提案した。 彼は彼女には夫がいないことをすでに知っていましたが、おそらく彼の精神的な権威のしるしとして、彼女はまだ尋ねました。

真の崇拝

彼女がイエスが預言者であることを知った今、サマリア人はサマリア人とユダヤ人の間で古くからの論争を引き起こしました、そしてそれは神を崇拝するための正しい場所でした。 「私たちの父親たちはこの山で崇拝しました、そしてあなたはエルサレムが崇拝する場所であると言います」 (ヨハネ4,20)。

「イエスは彼女に言った:私を信じなさい、女性、あなたはこの山でもエルサレムでも父を崇拝しない時が近づいています。 何を崇拝しているのか分からない。 しかし、私たちは何を崇拝しているのか知っています。 救いはユダヤ人から来ているからです。 しかし、その時が来て、真の崇拝者が霊と真理で父を崇拝するようになりました。 父親もそのような崇拝者を望んでいるからです。 神は霊であり、神を崇拝する者は精神と真実で彼を崇拝しなければなりません» (ジョン4,21:24)。

イエスは急に主題を変えましたか? いいえ、必ずしもそうとは限りません。 ヨハネの福音書は、「私があなたに話しかけた言葉は霊であり、命です」というさらなる指針を与えてくれます。 (ヨハネ6,63)。 «私は道と真実と人生です» (ヨハネ14,6)。 イエスはこの奇妙なサマリア人の女性に偉大な霊的真理を明らかにされました。

しかし、女性はそれをどうするべきかよくわからず、次のように言いました。 彼が来るとき、彼は私たちにすべてを教えてくれます。 イエスは彼女に言われました:あなたに話しかけるのは私です» (Vv。25-26)。

彼の自己開示«It's me» (救世主)-非常に珍しいです。 イエスははっきりと気分が良く、率直に話し、彼が彼女に言ったことが正しいことを確認することができました。 女性は水差しを残して家に帰り、イエスのことをみんなに話しました。 そして彼女は人々にそれを自分でチェックするように説得しました、そして彼らの多くは信じるようになりました。 「しかし、この街のサマリア人の多くは、私がしたことすべてを私に言ったと証言した女性の言葉のために彼を信じていました。 サマリア人が彼のところにやって来たとき、彼らは彼に一緒にいるように頼みました。 そして彼はそこに二日間滞在した。 そして、彼の言葉のためにもっと多くの人が信じていました» (Vv。39-41)。

今日の礼拝

神は霊であり、神との関係は霊的です。 私たちの礼拝の焦点は、イエスと彼との関係にあります。 彼は私たちが永遠の命のために必要とする生きた水の源です。 私たちがそれらを必要とすることを私たちの同意が必要であり、彼に私たちの渇きを癒すように頼みます。 別の言い方をすれば、黙示録のメタファーでは、私たちは貧しく、盲目で裸であり、霊的な富、視力、衣服をイエスに求めていることを認めなければなりません。

必要なものをイエスと共に求めるとき、あなたは霊と真理の中で祈ります。 神への真の献身と礼拝は、外見ではなく、イエス・キリストに対するあなたの態度によって特徴付けられ、イエスの言葉を聞いて、彼を通してあなたの霊的な父に来ることを意味します。

ジョセフ・トカッハ