神の愛の中で生きる

537は神の愛に生きるローマ人への手紙の中で、パウロは修辞的な質問をします。 苦難か恐れか迫害か空腹か裸か危険か剣か?」 (ローマ人 8,35).

次の節で読むことができるように、ここではっきりと示されているキリストの愛から私たちを切り離すことはできません。高いものも低いものも、他のどんな生き物も、私たちの主であるキリスト・イエスにある神の愛から私たちを引き離すことはできません」(ローマ人 8,38-39)。

神はいつも私たちを愛しておられるので、私たちは神の愛から切り離すことはできません。 彼は私たちが良いことをしているのか悪いことをしているのか、勝っているのか負けているのか、あるいは時代が良いのか悪いのかを愛してくれます。 信じられないかもしれませんが、彼は私たちを愛しています! 彼は私たちのために死ぬために彼の息子、イエス・キリストを送りました。 イエス・キリストは私たちがまだ罪人であったときに私たちのために死にました(ローマ人 5,8)。 誰かのために死ぬことほど大きな愛はありません5,13)。 ですから、神は私たちを愛しておられます。 それは確かだ。 何があっても、神は私たちを愛しておられます。

私たちクリスチャンにとって、おそらくもっと重要な問題は、状況が厳しくなったときに私たちが神を愛するかどうかです。 クリスチャンは試練や苦しみに対して免疫があると仮定することに騙されないようにしましょう。 私たちが聖人であろうと罪人であろうと、人生に悪いことがあります。 神は私たちにクリスチャンの生活に何の問題もないと約束したことはありません。 私たちは良い時にも悪い時にも神を愛しますか。

私たちの聖書の祖先でさえそれについて考えています。 彼らが達した結論を見てみましょう:

ハバクク書:「イチジクの木はそこでは成長せず、ブドウの木には植物がありません。 オリーブの木は何も生産せず、畑は食物を生産しません。 羊は囲いから引き裂かれ、厩舎には牛がいなくなります。 しかし、私は主を喜ばせ、私の救いを神に幸せにしたいと思っています»(ハバクク書 3,17-18)。

ミカ:«私の敵、私を幸せにしないでください! 私も横になったらまた起きます。 そして、私が暗闇の中に座っていても、主は私の光です»(私 7,8).

仕事:«そして彼の妻は彼に言った:あなたはまだあなたの信心深さに固執していますか? 神にノーと言って死ぬ! しかし彼は彼女に言った、「あなたは愚かな女性が話すように話します。 私たちは神から善を受け取り、悪も受け入れるべきではありませんか? このすべてにおいて、ヨブは唇で罪を犯しませんでした»(ヨブ 2,9-10)。

Schadrach、Meschach、Abed-Negoの例が一番好きです。 彼らが生きたまま火刑に処せられると脅されたとき、彼らは神が彼らを救うことができることを知っていたと言いました。 しかし、彼がそれをしないことを選択した場合、彼女はそれで大丈夫です。(ダニエル 3,16-18)。 彼らは、神がどのように決心したとしても、神を愛し、賛美するでしょう。

神を愛し、賛美することは、良い時も悪い時も、あるいは私たちが勝つか負けるかという問題ではありません。 何が起ころうとも、それは彼を愛し彼を信頼することです。 結局、これは彼が私たちに与えてくれる一種の愛です。 神の愛に固執しなさい。

バーバラ・ダールグレン