神は私たちを祝福されました!

527神は私たちを祝福しました 今月は退職するので、この手紙はGCIの従業員としての私の最後の毎月の手紙です。 私の信仰共同体の会長としての在任期間を考えると、神が私たちに与えてくださった多くの祝福が思い浮かびます。 これらの祝福のXNUMXつは、「Grace Communion International」という名前に関係しています。 コミュニティとしての根本的な変化を美しく表現しています。 恵みによって (恵み)私たちは国際的な恵みに基づいた信仰の共同体です (聖体拝領)父、子、聖霊のコミュニティに参加しています。 私たちの三位一体の神が私たちにこの素晴らしい変化の中で、またそれを通して大きな祝福をもたらしてくださったことを疑ったことはありません。 親愛なるメンバー、GCI / WKGの友人や従業員、この旅行での忠誠に感謝します。 あなたの人生は私たちの変化の証拠です。

私が考えることができるもう一つの祝福は私達の長年のメンバーの多くがについて報告できるものです。 私達は何年もの間、神の真理をもっと私達に明らかにするために私達の奉仕の中でしばしば祈ってきました。 神はこの祈りに答えました - 劇的な方法で! 彼は私たちの心と心を開き、すべての人類への彼の愛の深い深さを理解しました。 彼は私たちに彼がいつも私たちと一緒であり、彼の恵みによって私たちの永遠の未来が安全であることを私たちに示しました。

多くの人が私たちの教会での恵みについての説教を何年も聞いていなかったと私に話しました。 この赤字を克服するために1995年に始めてくれた神に感謝します。 残念ながら、一部のメンバーは、神の恵みに対する私たちの新たな強調に否定的な反応を示し、「すべてのイエスは何のためにあるのですか?」と質問しました。 当時の私たちの答え (今日のように)は次のとおりです。「私たちは、私たちを生み出した人、私たちのために来た人、私たちのために死んで立ち上がった人、そして私たちを救った人について良い知らせを伝えます!」

聖書によると、私たちの復活した主であるイエス・キリストは、私たちの大祭司として天国にいて、栄光の彼の帰りを待っています。 約束どおり、彼は私たちのためにサイトを準備しています。 «あなたの心を怖がらせないでください! 神を信じて、私を信じて! 父の家にはアパートがたくさんあります。 もしそうでなければ、私はあなたに言っただろう:私はあなたのために場所を準備するつもりですか? そして、私があなたのために場所を準備するとき、私も戻ってあなたを連れて行き、あなたも私がいる場所に行きたいと思います。 そして、どこへ行っても、あなたは方法を知っています» (ジョン14,1:4)。 この場所は、神との永遠のいのちの贈り物であり、イエスが行った、そして行うことのすべてによって可能になった贈り物です。 この贈り物の性質は、聖霊によってパウロに明らかにされました。 もし彼らがそれらを認識していたら、彼らは栄光の主を十字架につけなかっただろうから。 代わりに、書かれているとおりに話します (イザヤ64,3:XNUMX):「目も耳も聞こえず、人間の心にも神が彼を愛する人々のために備えてくださったものはありません。」 なぜなら、御霊は神の深さを含むすべてのものを探究するからです» (1コリント2,7:10)。 イエスの私たちの救いの神秘を明らかにしてくださった神に感謝します-誕生、生、死、復活、昇天、そして私たちの主の約束された帰還によって確保された救い。 これらすべては恵みによって行われます-神の恵みはイエスの内外で、聖霊を通して私たちに与えられます。

GCIでの雇用はまもなく終了しますが、私はコミュニティとのつながりを保ちます。 私は引き続き、米国と英国のGCI理事会およびグレイス聖体拝領セミナーの理事会に参加します (GCS)自分の教会で働き、説教をする。 バーミー・ディゾン牧師は毎月説教をしてもいいかと私に尋ねました。 私は彼と冗談を言って、これらの仕事のどれも引退のようには聞こえません。 私たちが知っているように、私たちの働きは通常の仕事ではありません-それは召命であり、生き方です。 神が私に力を与えてくださる限り、私は主の名において他の人に仕えることを止めません。

過去数十年を振り返ると、GCIの素晴らしい思い出と、家族と関係のある多くの祝福があります。 タミーと私は、XNUMX人の子供が成長し、大学を卒業し、良い仕事を見つけ、幸せに結婚するのを祝福されています。 これらのマイルストーンのお祝いは非常に圧倒的であり、到達することを期待していませんでした。 ご存知のように、私たちのコミュニティは以前、そのようなことをする時間はないことを教えていました-イエスはすぐに戻り、再来する前に中東の「安全な場所」に連れて行かれます。 幸い、神には他の計画がありましたが、私たち全員のために用意されている安全な場所があります。それは神の永遠の王国です。

私が1995年に私たちの宗派の会長を務め始めたとき、私は人々にイエスキリストがすべてにおいて優先事項であることを意識させることに焦点を当てました。「彼は体の頭であり、教会です。 彼は初めであり、死者からの長子なので、すべての中で最初になる» (コロサイ1,18)。 GCI会長として23年以上退職しましたが、私の焦点は今も、そしてこれからもです。 神の恵みによって、私は人々をイエスに向けるのをやめません! 彼は生きており、彼が生きているので私たちも生きています。

愛によって運ばれる、

ジョセフ・トカッハ
最高経営責任者(CEO)
グレースコミュニティーインターナショナル