目に見えない可視性

見えない178 「見えなければ、信じられない」と説明すると面白い。 人々は神が存在するか、神が恵みと憐れみにすべての人を包含していると人々が疑うとき、それがしばしば言われると私は聞きます。 犯罪を起こさないために、私たちは磁気も電気も見ていませんが、それらの影響からそれらが存在することを知っています。 同じことが風、重力、音、さらには思考にも当てはまります。 このようにして、いわゆる「イメージレスナレッジ」を体験します。 「見えない可視性」などの知識を指摘したい。

私たちの視力に頼るだけで、何年もの間何が空にあるのかを推測することしかできませんでした。 望遠鏡の助けを借りて (ハッブル望遠鏡など)今日、私たちはより多くを知っています。 かつて私たちには「見えなかった」ものが今は見えています。 しかし、存在するすべてが見えるわけではありません。 暗黒物質 B.光や熱を放出しません。 望遠鏡では見えません。 しかし、科学者たちは、その重力効果を発見したため、暗黒物質が存在することを知っています。 クォークは、原子の核に陽子と中性子を形成する小さな推測粒子です。 グルオンでは、クォークも中間子などのよりエキゾチックなハドロンを形成します。 これらの原子の構成要素はどれも観察されていませんが、科学者はそれらの効果を実証しました。

ヨハネ1,18の聖書に書かれているように、神を見ることができる顕微鏡や望遠鏡はありません。神は目に見えません。 しかし、父親をよく知っている彼の一人息子は、神が誰であるかを私たちに示しました。» 肉体的な援助では、神の存在を「証明」する方法はありません。 しかし、私たちは神が無条件ですべてを包含する愛の影響を経験したために神が存在すると信じています。 もちろん、この愛はイエス・キリストで明らかにされた最も個人的な、強烈で具体的なものです。 イエスには、彼の使徒たちが何を結論付けたのかがわかります。神は愛です。 それ自体では見ることができない愛は、神の性質、動機、目的です。 TF Torranceが言うように:

«神の愛である神の愛以外に行動の理由がない、神の愛の絶え間ない絶え間ない流出は、人に関係なく、彼らの反応に関係なく注がれる» (キリスト教神学と科学文化、p。84)。

神は、私たちが誰であるか、そして私たちがすることではなく、彼が誰であるかのゆえに愛しています。 そして、この愛は神の恵みによって私たちに明らかにされています。

愛や恵みなどの見えないものを完全に説明することはできませんが、目に見えるものが部分的に存在しているので、それが存在することはわかっています。 注、「部分的に」という言葉を使用します。 私たちは、目に見えるものが目に見えないことを説明するという考えの罠に陥りたくありません。 神学と科学を研究したTFトーランスは、その逆が真であることを発見しました。 目に見えないは目に見えるを説明します。 これを説明するために、彼はぶどう畑の労働者のたとえを使います (マタイ20,1:16)ブドウ畑の所有者は、畑で働くために終日労働者を雇います。 一日の終わりに、すべての労働者は同じ賃金を得ます。たとえ何人かが一日中頑張っていて、他の人が数時間しか働いていなかったとしても。 ほとんどの労働者にとって、これは不公平に思えます。時間しか働いていない人が、XNUMX日中働いている人と同じ賃金を手に入れるにはどうすればよいでしょうか。

トーランスは、原理主義者と自由主義者は、賃金と正義についてではなく、神の無条件で寛大で強力な恵みについてではなく、イエスのたとえ話の要点を逃していると指摘しています。 この恵みは、私たちが働いた期間、私たちが信じた期間、どれだけ勉強したか、どれだけ従順であったかに基づいていません。 神の恵みは完全に神が誰であるかに基づいています。 このたとえ話で、イエスは神の恵みの「見えない」性質を「見える」ようにします。 神の王国は私たちが稼ぐ量ではなく、神の寛大な寛大さです。

イエスのたとえ話は、神がすべての人に神のすばらしい恵みを提供されると語っています。 そして、誰もが同じ方法で贈り物を提供されていますが、すぐにこの現実の中で優雅に暮らすことを選び、まだその選択をしていない人たちより長くそれを楽しむ機会があります。 恵みの贈り物は皆のためです。 個人がそれに対して行うことは非常に異なります。 私たちが神の恵みに生きるとき、目に見えないものが見えてきました。

神の恵みの不可視性は、彼らを同じように現実のものにします。 神は私たちに自分を与えてくださったので、私たちは彼を知り、愛し、許しを受け、父、息子、聖霊としての関係を築くことができます。 私たちは信仰に生きており、見ているのではありません。 私たちは、私たちの人生、思考、行動において彼の意志を体験しました。 私たちは、神が愛であることを知っています。なぜなら、神が私たちにそれを「明らかに」したイエスキリストの中にいるのは私たちだからです。 ちょうどジョン1,18のように (新ジュネーブ訳)と書かれています:
«誰も神を見たことがありません。 一人息子がそれを私たちに明らかにしました、彼自身は神であり、父親のそばに座っています。» 私たちは、神の恵みのすばらしい贈り物を私たちに与えるために、私たちが神の許しと愛の意図を経験するときに、神の恵みの力を感じます。 パウロがピリピ人への手紙のように2,13 (新ジュネーブ訳)は次のように表現しています:「神自身があなたの中で働いており、あなたを準備するだけでなく、彼が好きなことをすることを可能にします。」

彼の恵みに生きる

ジョセフ・トカッハ
グレースコミュニティーインターナショナル会長


PDFファイル目に見えない可視性