神のために、またはイエスに生きる

神のためにまたはイエスに住むために580 今日の説教について、「私は神のために生きているのか、それともイエスの中に住んでいるのか」と自問します。 これらの言葉への答えは私の人生を変えました、そしてそれはあなたの人生も変えることができます。 私が神のために完全に合法的に生きようとするのか、それとも神の無条件の恵みをイエスからの不当な贈り物として受け入れるのかが問題です。 はっきり言って、私はイエスと共に、そしてイエスを通して生きています。 この一つの説教で恵みのすべての側面を説教することは不可能です。 だから私はメッセージの核心に行きます:

«彼はすでに、イエス・キリストを通して私たちが自分の子供になるべきだと決心しました。 これが彼の計画であり、それが彼がそれを気に入った方法でした。 これらすべては、私たちが神の愛する息子を通して経験した、神の栄光ある、ふさわしくない親切を称賛するために使われるべきです。 キリストと共に私たちは生き返ります-恵みによってあなたは救われます-; そして彼は私たちを私たちと一緒に育て、キリスト・イエスの天国に私たちを確立しました» (エフェソス2,5:6はすべての希望)。

私のパフォーマンスはカウントされません

神が古い契約でイスラエルに与えられた最大の賜物は、モーセを通して人々に律法を与えることでした。 しかし、イエス以外の誰もこの律法を完全に守ることができませんでした。 神はいつもご自分の民との愛の関係に関心を持っていましたが、残念ながら、古い契約のほんの数人だけがこれを経験し、理解していました。

ですから、新しい契約は、イエスが人々に与えた完全な変化です。 イエスは彼の教会に神への無制限のアクセスを与えます。 彼の恵みのおかげで、私はイエス・キリストを通して、イエス・キリストと、そしてイエス・キリストの中で生きている関係に住んでいます。 彼は天国を去り、神と人として地上で生まれ、私たちの間に住んでいました。 彼の生涯の間、彼は法律を完全に履行し、彼の死と復活で古い契約を終わらせるまで、一点も見逃しませんでした。

イエスは私の人生で最高の人です。 私は彼を私の最大の贈り物として、主として受け入れました。そして、私はもはや古い契約の戒めと禁止に苦しむ必要がなくなったことに感謝しています。

私たちのほとんどは、合法的に生きることについて、意識的または無意識的にこれを経験しました。 私も、文字通りの無条件の従順は、神を喜ばせるための私の献身の表れであると信じていました。 私は古い契約の規則に従って自分の人生を生きようとしました。 そしてさらに、全能の神が彼の恵みを通して私に示されるまで、神のためにすべてをするために:「義人は一人もいません」-私たちの最大の贈り物であるイエスを除いて! 重要なのはイエスが私のために成し遂げたことであるため、すべてのトリミングを使った私自身のパフォーマンスは、イエスにとって決して十分ではありませんでした。 私はイエスに住むという彼の恵みの賜物を受け取りました。 イエスを信じることでさえ、神からの贈り物です。 私は信仰を受け入れることができ、それを通して、神の恵みの最大の賜物であるイエスも受け入れることができます。

イエスに住むことは大きな結果の決定です

自分次第だと気づきました。 どうすればイエスを信じることができますか? 私の信念が私の行動を決定するので、私は彼に耳を傾け、彼の言うことをすることを選ぶことができます。 いずれにせよ、それは私に影響を及ぼします:

«でも、以前のあなたの人生はどうでしたか? あなたは神に背き、神について何も知りたくありませんでした。 彼の目にはあなたは死んでいました。あなたはこの世界で通例のように生き、天と地の間で力を行使するサタンに屈しました。 彼の悪霊は今でも神に背くすべての人々の生活を支配しています。 私たちも自分たちの生活を決めたいと思っていた頃、彼らのものでした。 私たちは古代の自然の情熱と誘惑に屈し、他のすべての人々と同じように、神の怒りにさらされてきました»(エペソ2,1:3、すべての人への希望)。

これは私に示しています。古い契約の戒めを守ることは、神との個人的な関係を正確に作り出すことにはなりません。 むしろ、私の態度は私自身の貢献に基づいていたので、彼らは私を彼から引き離しました。 罪に対する罰は同じままでした:死と彼は私を絶望的な立場に置きました。 希望の言葉が続きます:

«しかし、神の憐れみは素晴らしいです。 私たちの罪のために、私たちは神の目に死んでいましたが、神は私たちをとても愛しておられたので、キリストと共に私たちに新しい命を与えてくださいました。 常に覚えておいてください:あなたはこの救いを神の恵みだけに負っています。 彼は私たちをキリストと共に死からよみがえらせました、そして私たちのキリストとの関係はすでに私たちに天の世界での私たちの場所を与えてくれました。 このように、神はイエス・キリストにおいて私たちに示された愛の中で、彼の恵みの圧倒的な大きさを常に示したいと願っておられます。 彼の不当な親切によってのみ、あなたは死から救われました。 それはあなたがイエス・キリストを信じているからです。 それは神からの贈り物であり、あなた自身の仕事ではありません。 人は自分の業績を通じて何も貢献することはできません。 だから誰も彼らの善行を想像することはできません» (エフェソス2,4:9はすべての希望)。

イエスへの信仰は、私が不当に受け取った神からの贈り物であることを私は見ました。 私はアイデンティティによって罪人であり、罪を犯していたので、私は完全に死んでいました。 しかし、私はイエスを贖い主、救い主、そして主として受け入れることを許されたので、彼と一緒に十字架につけられました。 私がこれまでに告発し、犯すであろう私の罪はすべて、彼を通して許されます。 それがさわやかでクリアなメッセージです。 死はもはや私に権利がありません。 私はイエスに全く新しいアイデンティティを持っています。 法人のトニは、お分かりのように、年齢に関係なく、元気に歩き回っていても、今も死んでも死んでいます。

恵みに生きる-イエスに生きる

私はイエスと一緒に、イエスを通して、そしてイエスの中に住んでいます。

「私は法律によって死刑を宣告されたからです。 ですから今、私は神のために生きるために法に死んでいます。 私の古い人生は十字架上のキリストと共に死にました。 だから私はもう生きていませんが、キリストは私のうちに住んでいます! 私は、私を愛し、私のために命を与えてくださった神の子イエス・キリストを信じて、この地球で一過性の生活を送っています。 私はこの不当な神の賜物を拒否しません-それでも法律の要求を守りたいクリスチャンとは対照的です。 もし私たちが律法に従うことによって神に受け入れられることができれば、キリストは死ぬ必要はなかっただろうからです» (ガラテヤ2,19:21すべての人に希望)。

恵みによって私は救われ、恵みによって神は私を育てられ、私はキリスト・イエスと共に天国に据えられました。 私が三位一体の神に愛され、そこに住んでいることを除いて、私が自慢できることは何もありません。 私の人生はイエスのおかげです。 彼は私の人生が彼の成功で戴冠するために必要なすべてをしました。 私が言うかどうか、私は神のために生きているのか、それともイエスが私の人生であるのか、それが大きな違いを生むことにますます気づきます。 聖なる神と一つになることは、私の人生を根本的に変えます。なぜなら、私はもはや私の人生を決定するのではなく、イエスを私を通して生きさせてくれるからです。 私はこれを次の節で強調します。

「あなたが神の神殿であり、神の霊があなたの中に宿っていることを知らないのですか?」 (1コリント3,16)。

私は今、父、子、聖霊の住まいです。それは新しい契約の特権です。 これは、私がそれを知っているか、無意識のままであるかにかかわらず当てはまります。私が寝ているか働いているかにかかわらず、イエスは私のうちに住んでいます。 スノーシューハイキングで素晴らしい創造を体験するとき、神は私の中にいて、一瞬一瞬を宝物にします。 イエス様が私を導き、プレゼントをくれる自由なスペースは常にあります。 私は動いている神の神殿であり、イエスとの最も親密な関係を楽しむことが許されています。

彼は私の中に住んでいるので、私は神のビジョンに合わないことを恐れる必要はありません。 私が彼の正当な息子に堕ちたとしても、彼は私を助けてくれるでしょう。 しかし、これは私だけに当てはまるわけではありません。 イエスはサタンとの戦いを戦い、私たちと共にそして私たちのために勝ちました。 サタンとの戦いの後、彼は振り回すときのように、比喩的に私の肩からおがくずを拭き取ります。 彼は私たちの罪悪感を一度に完済しました、そして彼の犠牲はすべての人々が彼と和解して生きるのに十分です。

«私はつるです、あなたは枝です。 私の中に残っている人と彼の中にいる私は、多くの実を結びます。 私なしでは何もできないからです» (ヨハネ15,5)。

私はブドウの木のようにイエスとつながっているかもしれません。 彼を通して私は私が生きるために必要なすべてを手に入れます。 さらに、イエスは私を裏返しに知っていて、どこで助けが必要かを知っているので、私の人生のすべての質問についてイエスと話すことができます。 彼は私の考えに何の心配もなく、私の失敗について私を判断しません。 私は彼に罪悪感を告白します。彼の友人と兄弟が私を呼んでいるので、私の死にもかかわらず私は罪を犯しません。 私は彼が彼女を許したことを知っています。 罪人としての私のアイデンティティは古い話ですが、今では私は新しい生き物であり、イエスに住んでいます。 このように生きることは、分離するハンディキャップがなくなったので、本当に楽しいです。

文の後半は、イエスなしでは何もできないことを示しています。 私はイエスなしでは生きられません。 私は神が彼の言うことを聞くか、聞くように彼が皆を呼ぶことを信じます。 これがいつどのように起こるかは彼の権限にあります。 イエスは私に、私の良い言葉のすべて、そして私の最高の作品でさえ、私を生かしておくのにまったく何の役にも立たないと説明しています。 彼は私に、一人で、または私の愛する隣人を通して私に言いたいことに注意を払うように命じます。 彼はこの目的のために私の隣人をくれました。

当時エルサレムからエマオに走った弟子たちと比較します。 彼らは以前、イエスのはりつけのために困難な日々を経験し、帰り道でお互いに話し合っていました。 見知らぬ人、それはイエスであり、彼らと一緒に走り、聖書に彼について書かれていることを説明しました。 しかし、それは彼らを賢くしませんでした。 彼らはパンを壊している間だけ家で彼を認識しました。 この事件を通して、彼らはイエスへの洞察を得ました。 それは鱗のように彼らの目から落ちました。 イエスは生きておられます-彼は救い主です。 今日でもそのような目を見張るものはありますか? 私はそう思う。

「神のために、またはイエスの中に生きる」という説教は難しいと感じるかもしれません。 そうすれば、これについてイエスと話し合う良い機会が得られます。 彼は親密な会話が大好きで、人生が彼の最大の奇跡のXNUMXつであることを喜んでお見せします。 彼はあなたの人生を恵みで満たします。 あなたの中のイエスはあなたの最大の贈り物です。

ToniPüntenerによって