働く忍耐力を持って

忍耐強い408 「忍耐は美徳である」ということわざは誰でも知っています。 聖書にはありませんが、聖書には忍耐について多くのことを述べています。 パウロはそれを聖霊の実と呼んでいます (ガラテア5,22)。 彼はまた私たちに苦痛に耐えることを勧めます (ローマ12,12)、私たちがまだ持っていないものを辛抱強く待っています (ローマ8,25)忍耐強く互いに愛をこめて (エペソ人への手紙4,2:XNUMX)そして、良いことをすることに飽きない。 (ガラテア6,9)。 聖書はまた「主を待つこと」を警告しています (詩編27,14)しかし、残念ながら、この患者の待機は、受動的な待機として誤解されています。

地域の牧師の一人が会議に出席しました。そこでは、教会のリーダーたちが更新や使命についての議論に次のように答えました。 これらの指導者たちは、神が彼らに見知らぬ人に近づく方法を示すのを待つことによって彼らが忍耐強いと信じていたと確信しています。 新しい信者にとってより便利になるように礼拝の日や時間を変えるために主からのしるしを待っている他の会衆があります。 地方の牧師は、はしごに最後に尋ねたのは「主がするのを何を待っているのですか」と言った。 それから彼は彼らに彼はすでに神がおそらく彼らが彼のすでに活発な仕事に参加するのを待っていると説明した 彼が終わったとき、様々な側面から「アーメン」が聞こえた。

私たちが難しい選択をした場合、私たちはみんな、他の人に示すことができるという神からのしるしを受け取りたいと思っています。 これは神が通常私たちと一緒に働く方法ではありません。 代わりに、彼は「私に従ってください」とだけ言って、詳細を理解せずに一歩前進するように私たちに勧めます。 イエスの使徒たちは、聖霊降臨の前と後の両方で、救世主が彼らを導いた場所を理解するのに苦労したことを覚えておく必要があります。 しかし、イエスは完璧な教師であり指導者でしたが、彼らは完全な弟子や弟子ではありませんでした。 イエスが何を言っているのか、イエスが私たちを導いてくださっている場所を理解するのに苦労することはよくあります。 この恐怖はしばしば私たちを無作為に駆り立て、それを私たちは誤って忍耐と、つまり「主を待つこと」と同一視します。

私たちは自分たちの間違いや先の道についての明確さの欠如を恐れる必要はありません。 イエスの最初の弟子たちは多くの過ちを犯しましたが、主は彼らに彼の働きに加わる新しい機会を与え続けました。 イエスは今日も同じように働き、私たちが経験するすべての「成功」は私たちの仕事ではなく彼の仕事の結果であることを思い出させます。

神の意図を完全に理解できなくても心配する必要はありません。 不確実な時には、私たちは辛抱強くならなければなりません、そしてある場合には、これは私たちが次のステップに進むことができる前に神の介入を待たなければならないことを意味します。 どんな状況でも、私たちはいつもイエスの弟子であり、イエスの言うことを聞き従うように召されています。 この旅行では、私たちのトレーニングは祈りと聖書の朗読だけではないことを忘れないでください。 実用化は大きな部分を占めます-私たちは希望と信念をもって前進します (祈りと言葉を伴う)、たとえ主がどこを導いておられるかははっきりしていません。

神は自分の教会が健康であること、そしてそれによって成長をもたらすことを望んでいます。 彼は私達が私達の家で奉仕するために福音に基づいたステップを踏むために私達が世界のための彼の使命に加わることを望んでいます。 そうすれば間違いを犯します。 場合によっては、教会の見知らぬ人に福音を伝えようとする私たちの努力はそれほど成功しないでしょう。 しかし、私たちは間違いから学びます。 新約聖書初期の教会のように、私たちが彼らに任せ、​​必要ならば悔い改めるならば、私たちの主は私たちの過ちを優しく用います。 彼は私たちを強化し発展させ、キリストの像に似せるように私たちを形作ります。 この理解のおかげで、即時の結果の欠如を失敗とは見なしません。 特にそのような努力が、良いたよりを伝え、分かち合うことによって人々をイエスに導くことに向けられているとき、神は私たちの努力を彼自身の時代においてそして彼自身の方法において実を結ぶことができるし、またもたらすでしょう。 私たちが最初に目にした果物は私たち自身の生活に影響を与えるでしょう。

使命と奉仕における本当の「成功」は、一方向のみから生じます。祈りと聖書の言葉を伴ったイエスへの忠実さによって、聖霊が私たちを真実に導きます。 私たちはこの真実をすぐに学ぶわけではなく、私たちの怠慢が私たちを遅くする可能性があることを覚えておいてください。 怠慢は真実への恐怖によるのだろうか。 イエスは彼の死と復活を弟子たちに繰り返し発表し、時にはこの真理への恐れが彼らの行動能力を麻痺させました。 これは最近のケースです。

イエスの見知らぬ人への取り組みへの関与について話すとき、私たちは恐怖の反応にすばやく対処しています。 しかし、私たちは恐れる必要はありません。「あなたの中にいる人は、世界にいる人よりも大きいからです」 (1ヨハネ4,4)。 私たちの恐れは、イエスと彼の言葉に対する私たちの信頼によって消えます。 信仰は恐怖の敵です。 それがイエスが言われた理由です:「恐れずに、ただ信じなさい!」 (マーク5,36)。

イエスの使命と信仰の働きに積極的に携われば、私たちだけではありません。 イエスがずっと前にガリラヤの山で行ったように、すべての被造物の主は私たちと共におられます (マタイ28,16)弟子たちに約束した。 彼が天国に昇る少し前に、彼は彼らに指示を与えました、それは一般的に宣教師命令と呼ばれます:«そしてイエスは現れて彼らに言った:天と地のすべての権威が私に与えられました。 ですから、すべての国の弟子たちに行ってください。父と子と聖霊の名によって彼らにバプテスマを施し、私があなたに命じたすべてを守るように教えてください。 そして見よ、私は世界の終わりまで毎日あなたと一緒にいます» (マタイ28,18-20)。

ここで最後の節に注目しましょう。 イエスは、彼は「天と地のすべての権威」を持っていると言って始め、次の保証の言葉で締めくくっています。 これらの声明は、イエスが私たちに言われたこと、つまりすべての国を弟子にすることにおいて、大きな慰め、大きな信頼、そして大きな自由の源となるはずです。 私たちは率直にこれを行います-私たちはすべての力と権威を持つ人の仕事に参加していることに注意してください。 そして彼はいつも私たちと一緒にいることを知っているので、私たちは自信を持ってそれを行います。 これらの考えを念頭に置いて-忍耐を怠惰な待機とみなすのではなく、私たちは主の働きに積極的に参加している間、主を辛抱強く待ちます。 このようにして、我慢強く説明できることに参加します。 これが彼のやり方である-遍在する彼の王国の実を結ぶ忠実さの道であるので、イエスは私たちにこれを行うように命じます。 だから忍耐を持って仕事を始めましょう。

ジョセフ・トカッハ


PDFファイル働く忍耐力を持って