私は戻ってきて永遠にいるよ!

360が戻ってきて滞在 «私が行ってあなたのための場所を準備することは事実ですが、私が戻ってきてあなたを私に連れて行って、あなたが私がいる場所にいることも事実です (ヨハネ14,3)。

近い将来に何かが欲しくなりましたか? すべてのクリスチャンは、XNUMX世紀のクリスチャンであっても、キリストの復活を切望していましたが、当時、その時代には単純なアラム語の祈りである「マラナタ」、つまりドイツ語で「私たちの主よ、来てください!」

クリスチャンはイエスの帰りを待ち望んでいました。 彼は彼が戻ってきて、ここに場所を準備するためにとどまることを約束します、そして、我々は皆彼がいる所になるでしょう。 彼は帰りに備えて出発した。 これが去る理由でした。 時々私たちが愛する人たちによって訪問されてから行く準備をするとき、私たちは彼らがとどまることを願っています。 しかし、私たちは彼らに去る理由があり、イエスには理由があることを知っています。

すべてのクリスチャンがそうであるように、イエスは彼の帰りの日を熱心に待っていると確信しています。 実際、すべての被造物はため息をつき、神の子供たちが彼らの相続物を手に入れる日を待ち望んでいます (ローマ8:18-22)。 そして多分それはイエスにとっても帰宅することを意味します!

上記の聖句の中で、「私があなたを連れて行き、あなたが私がいる場所にいるようにします」と書いてあります。 それは大きな約束ではありませんか? この驚くべき約束は聖書の中でもっと頻繁に繰り返されています。 初期のクリスチャン教会に手紙を書いたパウロは、テサロニケ第一1:4でこう語っています。「主ご自身が、命令の呼びかけ、大天使の声、そして神のラッパの音で天から降りてくるからです!」 しかし、私の質問は次のとおりです。彼は戻ってきて、今回滞在しますか?

使徒ヨハネは黙示録21:3-4の預言書に次のように報告しています。     
「それから私は王位から大声で言うのを聞いた:男性の間の神の天幕を見よ! そして彼は彼らと共に住み、彼らは彼の民となり、神ご自身が彼らと共に彼らの神となる。 そして彼は彼女の目からすべての涙を拭き取り、死はもはやありません、そして悲しみ、叫び、または痛みはありません。 最初が過ぎたからです»

私にとっては、これは恒久的な合意のように思えます。 イエスは永遠にとどまるために戻ってきます!

この素晴らしいイベントを楽しみにしているので、焦ることは簡単です。 私たち人間はただ待つのが好きではありません。 ご存知のように、私たちは動揺し、怒鳴り、しばしば圧倒されます。 代わりに、先ほど触れた短いアラム語の祈りを「マラナタ」と言った方がいいでしょう。「主イエスキリスト、来てください!」 アーメン。

祈り:

主よ、私たちはあなたの復帰を切望しており、あなたが今度滞在して私たちと一緒にいることを嬉しく思います! アーメン

クリフニール