マスターにあなたの最悪の事態を与える

あなたは「マスターに最善を尽くしなさい。彼の愛に値するものは他にない」と言うことで始まる古い賛美歌を知っているかもしれません。 それは素晴らしい思い出であり重要なものです。 神は私たちが彼に与えることができるように最善を尽くします。 しかし、私たちがそれについて考えるとき、神は私たちの最善を望んでいるだけでなく - 最悪のことをするように私たちにも求めています。

1に。 ピーター5,7は言われます:あなたの心配すべては彼に投げます。 彼はあなたを気にかけているからです。 イエスは、私たちがいつも最善の形であるとは限らないことを知っています。 私たちが何年もクリスチャンであったとしても、私たちはまだ心配や問題を抱えています。 まだ間違いを犯しています。 私達はまだ罪を犯しています。 私たちがマスターにあなたのベストを捧げるような歌を歌っても、私たちはついに私たちに最悪の事態を神に与えます。

私たちは皆、ローマ人への手紙の第7章にある使徒パウロの言葉と一致させることができます。私には、つまり自分の肉には、何も良いものがないことを知っているからです。 やりたいのですが、うまくできません。 私が欲しいので、私はしません。 しかし、私が望まない悪、私はそうします。 でも私がやりたくないことはやるのではなく、私に宿る罪 (ローマ7,18:20)。

私たちは皆、神のために最善を尽くしたいのですが、結局私たちは彼に最悪の事態をもたらします。 そして、それがまさにポイントです。 神は私たちの罪と失敗を知っており、イエス・キリストのすべてを赦してくださいました。 彼は、彼が私たちを愛し、私たちを気にかけていることを私たちに知ってほしいと思っています。 イエスは私たちに言われます:面倒で重荷を負っているあなた方すべて、私に来てください。 リフレッシュしたい (マタイ11,28)。 あなたの心配事を神に与えなさい-あなたはそれらを必要としません。 恐れを神に与えなさい。 彼にあなたの恐れ、あなたの怒り、あなたの憎しみ、あなたの苦味、あなたの失望、あなたの罪さえも与えてください。 私たちはこれらのものの重荷を負う必要はありません、そして神は私たちがそれらを保つことを望んでいません。 彼を私たちから連れ去りたいので、私たちは彼らを神に与えなければなりません、そして彼は彼らを適切に処分することができる唯一の人です。 神に悪い習慣をすべて与えなさい。 彼にあなたのすべての恨み、あなたの不道徳な考え、すべての中毒性の行動を与えてください。 彼にあなたのすべての罪とあなたのすべての罪を与えなさい。

なぜ? 神はすでにそれを払っておられるからです。 それは彼のものですし、ところで、それらを保持するのは私たちにとって良くありません。 だから私たちは最悪の事態をやめてすべてを神に引き渡さなければなりません。 あなたの罪悪感をすべて神に、私たちが神の御心に従って運んではいけない否定的なことをすべて与えなさい。 彼はあなたを愛しています、そしてあなたの手からそれを取り除きたいのです。 彼にすべてのものを手に入れさせる。
あなたはそれを後悔しないでしょう。

ジョセフ・トカッハ


PDFファイルマスターにあなたの最悪の事態を与える