神と彼の民との関係

410神と彼の民との関係 男性が古代の部族社会で子供を養子にしたいと思ったとき、彼は簡単な式典で次の言葉を言いました:«私は彼の父親になり、彼は私の息子になります。 »結婚式の際にも同様のフレーズが使われました。«彼女は私の妻であり、私は彼女の夫です»。 目撃者の面前で、証人同士の関係が報告され、これらの言葉を通じて公式に有効であると宣言されました。

家族のように

神が古代イスラエルとの関係を表現したかったとき、彼は時々同じような言葉を使いました:「私はイスラエルの父であり、エフライムは私の最初の息子です」 (エレミヤ31,9)。 このため、彼は親子の関係のような関係を表す言葉を使いました。 神はまた、結婚を使用して関係を説明します:「あなたを作った人はあなたの夫です...彼は女性のようにあなたに彼を呼びました」 (イザヤ54,5:6)。 «私は永遠にあなたと関わりたいです» (ホセア2,21)。

関係ははるかに頻繁に定式化されます:「あなたは私の国民であるべきであり、私はあなたの神になりたいのです。」 古代イスラエルでは、「人々」という言葉は彼らの間に強い関係があったことを意味しました。 ラットがナオミに言ったとき:「あなたの人々は私の人々です」 (ルット1,16)、彼女は新しく永続的な関係を結ぶことを約束しました。 その際、彼女はどこに所属するかを説明しました。 疑わしいときの確認神が「あなたは私の民です」と言われるとき、彼は強調します (Rutのように)所属よりも強い関係。 «私はあなたに縛られています、あなたは私にとって家族のようです»。 神はこれを、以前にまとめられたすべての聖書よりも、預言者の書物でより頻繁に述べています。

なぜこれがこんなに頻繁に繰り返されるのですか? イスラエルの忠誠心の欠如が関係に疑問を投げかけたのです。 イスラエルは神との契約を無視し、他の神を崇拝していました。 それゆえ、神はアッシリアの北部の部族が征服されることを許され、人々は連れ去られました。 旧約聖書の預言者のほとんどは、ユダの国の征服とバビロニア人による奴隷制への移行の直前に住んでいました。

人々は疑問に思いました。 すべて終わった? 神は私たちを拒否しましたか? 預言者たちは自信をもって繰り返しました:いいえ、神は私たちをあきらめませんでした。 私たちは今も彼の民であり、彼は私たちの神です。 預言者たちは国家の回復を予測しました。人々は国に戻り、そして最も重要なことは、神に戻ることです。 「あなたは私の民となり、私はあなたの神になる」という未来の形がよく使われます。 神はそれらを拒否しませんでした。 彼は関係を回復します。 彼はこれを行い、それは以前よりも良くなるでしょう。

預言者イザヤのメッセージ

「私は子供を育てて世話をし、私を通して彼らはそれを作りましたが、彼らは私から背を向けました」とイザヤを通して神は言います。 「彼らは主から立ち返り、イスラエルの聖なる者を拒絶し、彼を捨てた」 (イザヤ1,2:4とXNUMX;新しい生命)。 その結果、人々は捕らえられました。 «それが理由もなく私の人々が引っ越さなければならない理由です» (イザヤ5,13;新しい生命)。

関係が終わったようです。 「あなたはあなたの民、ヤコブの家を拒否しました」とイザヤ書第2,6章XNUMX節で読みました。 しかし、これは永遠に当てはまるわけではありません。「ザイオンに住んでいる私の人々、恐れることはありません...少しだけ長いので、私の不名誉は終わります。」 (10,24-25)。 «イスラエル、私はあなたを忘れません!» (44,21)。 「主は彼の民を慰め、彼の貧しい人々に思いやりを持っているからです。」 (49,13)。

預言者は大規模な本国送還について語りました:「主はヤコブを憐れんでイスラエルを再び選び、彼女を彼女の国に置くであろう」 (14,1)。 «私は北に向かって言いたいのですが、ここにそれを与えてください!そして南には言いたくないです! 息子を遠くから連れてきて、娘を地球の端から連れてきてください» (43,6)。 «私の人々は平和な氾濫原、安全なアパート、誇りに思った静けさに住んでいます» (32,18)。 「主なる神がすべての顔から涙をぬぐわれる…その時それは言われるだろう:見よ、これは私たちの神であり、私たちが彼が私たちを助けてくださることを望んでいた」 (25,8-9)。 そして神は彼らに言われた:「あなたは私の民です」 (51,16)。 «あなたは私の人々、間違っていない息子です» (63,8)。

イスラエルだけでなく、すべての人に朗報があります。「外国人が参加し、ヤコブの家に愛着を示す」 (14,1)。 「主に立ち向かった見知らぬ人は言うべきではありません。主は私を彼の民から離れさせてくださいます」 (56,3)。 「主ゼボースはこの山のすべての人々のために豊かな食事を作ってくれるだろう」 (25,6)。 彼らは言うだろう:「これが主である…彼の救いを喜んで幸せにしよう」 (25,9)。

預言者エレミヤのメッセージ

エレミヤは家族の写真を組み合わせています。 しかし、イスラエルの家は私に忠実ではありませんでした。女性が恋人に忠実でなかったように、主は言われました» (エレミヤ3,19-20)。 「私があなたの主であるかどうかにかかわらず、あなたは私の契約をすぐに守りませんでした」 (31,32)。 初めに、エレミヤは関係が終わるであろうと予測しました:「あなたは主に属していません! 彼らは私を軽蔑していると主は言う、イスラエルの家とユダの家» (5,10-11)。 «姦通罪でイスラエルを罰し、彼女を解放し、彼女に離婚の手紙を渡しました» (3,8)。 ただし、これは永続的な拒否ではありません。 «エフライムは私の愛する息子と愛する子供ではありませんか? 私が彼を脅すときはいつでも、私は彼を思い出さなければならないからです。 したがって、私の心は彼に憐れみを持つために私を壊します、と主は言われます» (31,20)。 「あなたは、どれくらいあなたは道を外れるつもりですか、背教者の娘ですか?」 (31,22)。 彼はそれを回復することを約束しました:「私は彼らを送ったどこにいても、すべての国から私の群れの残党を集めたいです」 (23,3)。 「時が来ていると私はイスラエルとユダの人々の運命を変えると主は言われます」と主は言います (30,3)。 «ほら、北の国から連れてきて、地球の果てから集めたい» (31,8)。 «私は彼らの不法行為を許し、彼らの罪を決して覚えたくない» (31,34)。 「イスラエルとユダは寡婦になることはなく、彼らの神、主の主に見捨てられてはならない」 (51,5)。 彼らが忠実になるように神が彼らを変えてくださることは非常に重要です。「戻って来て、子供たちを遠ざけ、私はあなたの不従順からあなたを癒します」 (3,22)。 「私は彼らに心を与え、彼らが私が主であることを私に認識させる」 (24,7)。

«私は彼女の法律を彼女の心に入れ、彼女の心に書きたいです» (31,33)。 「私は彼らにすべて同じ意味と同じ変化を与えたいです。そして、彼らが私を離れないことを私の心に恐れを入れたいです。」 (32,39-40)。 神は彼らとの新しい契約の結論に相当する彼らの関係の更新を約束します:「彼らは私の民であり、私は彼らの神になりたい」 (24,7; 30,22; 31,33; 32,38)。 «私はイスラエルのすべての世代の神になりたいです、そして彼らは私の民となるべきです» (31,1)。 «イスラエルの家とユダの家と新しい契約を結びたい» (31,31)。 «私はあなたと永遠の契約を結びたい、あなたに良いことを手放してほしくない» (32,40)。

ジェレミアは異邦人も所属することを知りました:「私がイスラエルの人々に与えた遺産に触れる私のすべての悪い隣人たちに対して:見よ、彼らを彼らの土地から引き裂き、ユダの家を彼らの真ん中から引き裂きます。 ...そして、彼らが私の人々から私の名前で誓うことを学ぶとき、それは起こります:主が生きているように! ...彼らは私の人々の真ん中に住んでいる必要があります» (12,14-16)。

預言者エゼキエルも同様のメッセージを持っています

預言者エゼキエルはまた、結婚と同様に神とイスラエルとの関係についても説明しています。 それから私はあなたの上にコートを広げて、あなたの裸を覆いました。 そして私はあなたにそれを誓い、あなたと契約を結びました、と主神は言います、あなたは私のものである必要があります» (エゼキエル16,8)。 別の例えでは、神は自分を羊飼いだと説明しています。「羊飼いが群れから失われた羊を探すとき、私は自分の羊を見つけて、散らばっているすべての場所から彼らを救いたいのです」 (34,12-13)。 このアナロジーによると、彼は関係についての言葉を修正します:「あなたは私の群れであり、私の牧草地の群れであり、そして私はあなたの神になります」 (34,31)。 彼は人々が亡命から戻り、神が彼らの心を変えるであろうと予測している:«私は彼らに別の心を与え、彼らに新しい精神を与えたい、そして私は彼らの体から石の心を取り出し、彼らに肉の心を与えたいので、私の戒めの中でそれらを歩き、私の命令を守り、その後行いなさい。 そして、彼らは私の国民であるべきであり、私は彼らの神になりたいのです» (11,19-20)。 関係はまた、契約としても説明されています。 (16,60)。 彼はまた彼らの中に住むでしょう:「私は彼らの中に住み、彼らの神となり、彼らは私の民となる」 (37,27)。 «ここで私はイスラエル人の間で永遠に生きたいです。 そしてイスラエルの家はもはや私の聖なる名を冒とくすべきではない» (43,7)。

小さな預言者たちのメッセージ

預言者ホセアはまた、関係の途絶についても述べています。 (ホセア1,9)。 彼は通常の結婚の言葉の代わりに、「彼女は私の妻ではなく、私は彼女の夫ではありません!」という離婚の言葉を使います。 (2,4)。 しかし、イザヤとエレミヤですでに起こったように、これは誇張です。 ホセアは関係が終わっていないことをすぐに付け加えます:「それから、主はあなたは私を呼ぶでしょう」私の夫「...私は永遠にあなたに従事します」 (2,18&21)。 「私はロルハマ(愛されていない人)に憐れみを感じたい、そしてロ・アミー(私の民ではない)に言いたい:」あなたは私の民であり、「彼らは言うでしょう:あなたは私の神です。」 (2,25)。 「それが私が彼女の背教を再び癒したい方法です。 私は彼女を愛したいと思います。 私の怒りは彼らから背を向けるべきです» (14,5)。

預言者ジョエルは同様の言葉を見つけます。「主は彼の国のために嫉妬し、彼の民を救います。」 (ジョエル2,18)。 «私の人々はもはや恥に置かれるべきではありません» (2,26)。 預言者アモスはまたこう書いている:「わたしは自分の民イスラエルの監禁を変えたい」 (9,14)。

「彼は再び私たちを憐れんでください」と預言者ミカは書きました。 「あなたは以前に私たちの先祖たちに誓ったように、あなたはヤコブに忠実であり続け、アブラハムに憐れみを示します。」 (水7,19-20)。 預言者ゼカリヤは良い要約を提供します:«喜んで、幸せになれ、あなたは娘シオン! 見よ、私は来て、あなたと一緒に暮らす、と主は言われる» (ゼカリヤ2,14)。 「見よ、わたしはその土地から日の出に逆らって、その土地から太陽に逆らってわたしの民を贖い、エルサレムに住まわせるために彼らを家に連れ帰ります。 そして、彼らは私の民となり、私は忠実さと義において彼らの神となるでしょう» (8,7-8)。

旧約聖書の最後の本で、預言者マラキはこう書いています。提供しています» (Times 3,17)。

マイケル・モリソン


PDFファイル神と彼の民との関係