神との同棲

神との394同棲 紀元2世紀、マルシオンは旧約聖書の提案を行いました。 (AT)廃止する。 彼は新約聖書の彼自身のバージョンを持っていました (NT)ルカの福音書といくつかのパウロの手紙の助けを借りて編集しましたが、ATの神には大きな意味がないと信じていたため、OTからすべての引用を削除しました。 彼はイスラエルの部族の神でした。 マルシオンはこの見方を広めたとして教会共同体から追放されました。 初期の教会はその後、XNUMXつの福音書とすべてのポーリンの手紙からなる独自の聖典の聖典を集め始めました。 教会はまた、聖書の一部としてOTを守り、その内容がイエスがだれであるか、そしてイエスが私たちの救いのために何をしたかを理解するのに役立つと固く信じていました。

多くの人にとって、旧約聖書はかなり紛らわしい - NTとは違って。 長い歴史と多くの戦争は、イエスや私たちの時代のクリスチャンの生活とはあまり関係がないようです。 一方ではOTで守られるべき戒めや法令が​​あり、他方ではイエスとポールはそれから完全に逸脱しているようです。 一方で我々は古代のユダヤ教について読み、そして他方でそれはキリスト教についてである。

他のコミュニティよりもOTを重要視する信仰のコミュニティがあります。 彼らは安息日を「七日目」として維持し、イスラエルの食事療法を観察し、ユダヤ人の毎年恒例のお祭りを祝います。 他のクリスチャンは旧約聖書をまったく読んでおらず、冒頭で述べたマルシオンに対応しています。 一部のクリスチャンは反ユダヤ主義ですらあります。 不幸なことに、国家社会主義者がドイツを支配したとき、この態度は教会によって支持されました。 これは、ATとユダヤ人への嫌悪感でも示されました。

それにもかかわらず、旧約聖書にはイエス・キリストについての声明が含まれています (ヨハネ5,39:24,27;ルカXNUMX)そして彼らが私たちに伝えなければならないことを聞くのはよくできています。 彼らはまた、人間の存在のより高い目的が何であるか、そしてイエスが私たちを救うようになった理由を示しています。 旧約聖書と新約聖書は、神が私たちと一緒に暮らしたいと望んでいることを証明しています。 エデンの庭から新しいエルサレムまで-神の目標は、私たちが彼と調和して生きることです。

エデンの園で

創世記1は、全能の神が単に物事に名前を付けることによって宇宙をどのように作成したかを説明しています。 神は言われました:「それは起こり、それは起こりました」。 彼は命令を出しました、そしてそれはちょうど起こりました。 対照的に、創世記2章の第1章は、手を汚した神について語っています。 彼は自分の創造物に入り、地球から人を作り、庭に木を植え、その人の仲間をデザインしました。

写しのどれも、私たちに何が起こっているのかの完全な絵を与えていませんが、全く同じ神の異なる側面が見られることができます。 彼は自分の言葉ですべてを実行する力を持っていましたが、彼は人々の創造に個人的に介入することにしました。 彼はアダムと話をし、動物を彼に連れて行き、彼が彼の周りに仲間を持つことが彼にとって喜びであるようにすべてを手配しました。

創世記3章の第1章では悲劇的な進展について報告していますが、それはまた、人々に対する神の切望をより多く示しています。 人々が初めて罪を犯した後、神はいつものように庭を通って行きました (創世記1)。 全能の神は人間の形を取り、あなたは彼の足音を聞くことができました。 彼が望めばどこからともなく現れたかもしれないが、彼は男性と女性に人間的な方法で会うことを選んだ。 明らかに、彼女は驚きませんでした。 神は何度も彼らと一緒に庭を歩き、彼らに語られました。

これまでのところ、彼らは恐れを知りませんでした、しかし今彼女は恐れを克服しました、そして、彼らは隠しました。 彼らは神との関係を避けましたが、神はそうしませんでした。 彼は怒って引退したかもしれないが、彼は自分の生き物をあきらめなかった。 激しい雷鳴や、神の怒りの表現はありませんでした。

神は男と女に何が起こったのかを尋ね、彼らは答えました。 次に彼は、彼らが彼らの行動から今どのような結果をもたらさなければならないかを彼らに説明しました。 それから彼は服の世話をしました (創世記1:3,21)そして、彼らが永遠に疎外感と恥の状態に留まる必要がないことを確認しました (創世記1-3,22)。 モーセの最初の本は、カイン、ノア、アブラム、ハガル、アビメレクなどとの神の会話について語っています。 神がアブラハムに対して下された約束は私たちにとって特に重要です。「私とあなたとあなたの子孫との間に、それが永遠の契約であるという性別から性別への私の契約を確立したいのです」 (創世記1-17,1)。 神は彼が彼の人々と恒久的な関係を持つことを約束しました。

人の選挙

多くの人が、エジプトからイスラエルの民の脱出の物語の基本を知っています。モーセと呼ばれる神がエジプトに疫病をもたらし、イスラエルを紅海からシナイ山に導き、そこで十戒を与えました。 神がこれをすべて成された理由を私たちはしばしば見落とします。 神はモーセに言われました:「私はあなたを私の民に連れて行き、私はあなたの神になります」 (創世記2)。 神は個人的な関係を築きたかったのです。 その時、「あなたは私の妻になり、私はあなたの夫になります」という言葉で結婚などの個人的な契約が結ばれました。 採用 (通常は相続の目的で)「あなたは私の息子になり、私はあなたの父親になります」という言葉で封印されました。 モーセがファラオに話しかけたとき、彼は神がこう言っていると引用しました:「イスラエルは私の最初の息子です。 そして私は息子に私に仕えるために行くようにあなたに命じます」 (創世記2-4,22)。 イスラエルの人々は彼の子供たちでした-彼の家族-嘔吐を装備しました。

神は彼の人々に彼らに直接アクセスを許可する契約を提供しました (出エジプト記2:19,5-6)-しかし人々はモーセに尋ねました:«私たちに話してください、私たちは聞きたいです。 しかし、神に話させないでください。さもなければ、死ぬ可能性があります» (創世記2)。 アダムとイブのように、彼女は恐れに打ちのめされました。 モーセは神からより多くの指示を得るために山に登りました (創世記2)。 それから幕屋にはいろいろな章、その備品、礼拝の規則があります。 これらすべての詳細について、全体の目的を見落としてはなりません。「彼らは私がその中に住む聖域にならなければなりません」 (創世記2)。

エデンの園、アブラハムへの約束、奴隷制からの民の選出、そして永遠に、神はその民との交わりの中で生きたいと願っています。 幕屋は、神が住み、民にアクセスする場所でした。 神はモーセに言われました:「私はイスラエル人の中に住み、彼らの神となります。彼らが私を彼らをエジプトの地から導き出した彼らの神、主であることを彼らが知って、私が彼らの中に住むようにするためです。」 (創世記2-29,45)。

神がヨシュアに導きを与えたとき、彼はモーセに自分に何を言うべきかを告げました。 (創世記5:31,6-8)。 この約束は今日私たちにも適用されます (ヘブライ13,5)。 これが、神が最初から人々を創造し、イエスを私たちの救いに送った理由です。私たちは神の民です。 彼は私たちと一緒に暮らしたいと思っています。    

マイケル・モリソン


PDFファイル神との同棲