すべての人への慈悲

すべての人への209の慈悲 14年2001月XNUMX日、喪の日にアメリカやその他の国の教会に集まった人々は、慰め、励まし、希望の言葉を聞くようになりました。 しかし、保守的なキリスト教の教会指導者の多くは-悲嘆の国に希望を与えるという意図に反して-絶望、落胆、恐怖を煽ったメッセージを無意識のうちに広めました。 それは、攻撃で愛する人を失った人々、まだキリストに告白していない親戚や友人たちに言うことです。 多くの原理主義者と福音主義のクリスチャンは、イエスキリストを告白せずに死んだ人は、キリストについて聞いたことがないという理由だけで、死後地獄に行き、そこに言い表せないほどの苦しみを被ると確信しています-同じクリスチャンが皮肉にも愛と恵みと慈悲の神として語る神の手から。 「神はあなたを愛している」と私たちクリスチャンの何人かは言うように見えますが、その後、小さな活字が現れます:「死の前に基本的な祈りを言わなければ、私の慈悲深い主と救い主は永遠にあなたを拷問します。」

良い知らせ

イエス・キリストの福音は良い知らせです (ギリシャ語euangélion=幸せな顧客、救いのメッセージ)、「良い」に重点を置きます。 絶対に誰にとっても、それはすべてのメッセージの中で最も幸せです。 それは死の前にキリストと知り合った少数の人にとって良い知らせだけではありません。 それはすべての被造物にとって朗報です。例外なく、すべての人々にとって、キリストについて聞いたことなく死んでしまった人々でさえです。

イエス・キリストはクリスチャンの罪だけでなく全世界の罪のための和解の提供です (1ヨハネ2,2)。 作成者は彼の作成の調停者でもあります (コロサイ人1,15-20)。 人々が死ぬ前にこの真実を学ぶかどうかは、その真実の内容に依存しません。 それはイエス・キリストのみに依存し、人間の行動や人間の反応には依存しません。

イエスはこう言われます。 (ジョン3,16、すべての引用はルター翻訳、標準版を改訂)。 世界を愛したのは神であり、息子を授けたのは神です。 そして彼は彼が愛したもの、つまり世界を償還するためにそれを与えました。 神が遣わされた御子を信じる者は、永遠のいのちを迎えます (より良い:«次の時代の人生へ»)。

音節がない場合、この信念は肉体的な死の前に来なければならないことがここに書かれています。 いいえ:詩は、信者は「失われていない」と言い、信者でさえ死ぬので、「失われた」と「死ぬ」が同じものではないことは明らかです。 信仰は人々が失われるのを防ぎますが、死ぬのを防ぎません。 ギリシャのアポルミ語から翻訳されたイエスのここでの喪失は、肉体的な死ではなく精神的な死を意味します。 それは、最後の消滅、根絶、痕跡のない消滅に関係しています。 イエスを信じる人は誰でもそのような取り返しのつかない終わりを見つけることはありませんが、人生に入るでしょう (そえ)これからの時代 (イオン)。

地球上を歩くように、次の時代の生活のために、帝国の生活のために、彼らの生涯にまだ入る人もいます。 しかし、それらは「世界」のごく少数を表しているにすぎません (コスモス)神は息子を彼らを救うために送ったほど愛していた 残りはどうですか? この節は、神が信じることなしに肉体的に死んだ人々を救うことができない、または救うことはないと述べていません。

肉体的な死は神を妨害し、誰かを救ったり、イエス・キリストを信じさせたりする可能性はすべて人間の解釈です。 聖書にはそのようなものはありません。 むしろ、私たちは言われています:男は死に、そして裁きが来る (ヘブライ9,27)。 裁判官は、人間の罪のために亡くなった虐殺された神の子羊であるイエス以外の神に感謝することを私たちは常に思い出したいと思います。 それはすべてを変えます。

作成者および調整者

神は死者ではなく、命を救うことができるという見方はどこから来るのでしょうか? 彼は死を克服しましたね? 彼は死からよみがえりましたね。 神は世界を憎まない。 彼は彼女を愛している。 彼は地獄のために人を作成しませんでした。 キリストはその時に世界を救うために来ました、それを裁くためではありません (ヨハネ3,17)。

攻撃後の日曜日の16月XNUMX日、キリスト教の教師は彼の日曜日の学校のクラスにこう言いました。 二元論 (善と悪は、宇宙においてXNUMXつの等しく強い力であるという考え)は異端です。 彼が二元論を神に移していること、完全な憎しみ-完全な愛の緊張を抱いて具体化した神を仮定していることを彼は気づかなかったのですか?

神は絶対に義であり、すべての罪人は裁かれ、非難されますが、福音、良い知らせは、キリストの神が私たちのためにこの罪とこの刑を受け入れたという神秘に私たちを導きます! 確かに、地獄は現実でひどいです。 しかし、イエスが人類に代わって苦しめられたのは、まさにこのひどい地獄であり、神を信じない者のために残されたものでした (2コリント5,21:27,46;マタイ3,13;ガラテヤXNUMX)。

すべての人々は罪で罰せられました (ローマ6,23)しかし、神は私たちにキリストの永遠のいのちを与えてくださいます (同じ節)。 したがって、それは恵みと呼ばれます。 前の章で、パウロは次のように述べています。«しかし、贈り物は罪のようではありません。 というのは、多くの人がXNUMXつの罪で死んだとき、それは「みんな」、つまりみんな、みんなです。 アダムの罪を負わない人はいません]一人のイエス・キリストの恵みによって、神の恵みと多くの人に与えられた恵みと贈り物はどれほどです。 (ローマ5,15)。

ポールは言う:私たちの罰と同じくらい難しい、そしてそれは非常に難しい (評決は地獄にあります)、それで彼女は恵みとキリストの恵みの贈り物から撤退します。 言い換えれば、キリストにおける和解の神の言葉は、アダムにおける彼の非難の言葉よりも比類なく大きく、一方はもう一方に完全に溺れています («さらにいくらか»)。 したがって、パウロは2コリント5,19:5,15で私たちに語ることができます:キリスト«[神]は世界[すべての人]を「ローマXNUMXから」多くの人と和解させ、彼らの罪を数えませんでした。 。»

キリストへの信仰を告白せずに亡くなった友人や愛する人たちに話を戻しましょう。福音は彼らに希望や愛する人たちの運命についての励ましを与えますか? 実際、ヨハネの福音書では、イエスは口頭でスピーチの中で次のように語っています。 (ヨハネ12,32)。 これは福音の真実、朗報です。 イエスはスケジュールを立てませんでしたが、彼は死ぬ前に彼と知り合うことができた少数の人だけでなく、絶対にすべての人を描きたいと述べました。

パウロが神が「喜ばせた」とコロサイの町のクリスチャンに手紙を書いたのも不思議ではありません。十字架上の血» (コロサイ1,20)。 それは朗報です。 そして、イエスが言われるように、それは選ばれた限られたグループのためだけでなく、全世界にとって良い知らせです。

パウロは読者にこのイエス、つまり死からよみがえられた神の息子であることを知らせたいのですが、いくつかの新しい神学的アイデアを備えた興味深い興味深い新しい創始者ではありません。 パウロは彼らに、イエスは他のすべてのものの創造者であり維持者であると言います (16-17節)そしてそれ以上に:世界の歴史の始まり以来失敗したことのために絶対にすべてのものを取り戻すことが神の方法であること (20節)! キリストにおいて-パウロは言う-神はイスラエルに対してなされたすべての約束を果たすために究極のステップを踏み出す-いつか彼は純粋な慈悲の行為においてすべての罪を許し、包括的かつ普遍的に、そしてすべてを新しくすることを約束する (使徒行伝13,32:33〜3,20、21:43,19〜21,5、イザヤ8,19:21、牧師XNUMX:XNUMX、ローマXNUMX:XNUMX〜XNUMXを参照)。

クリスチャンだけ

「しかし、救いはクリスチャンだけを対象としている」と原理主義者たちは怒鳴る。 はい、そうです。 しかし、「クリスチャン」とは誰か? それは、標準化された悔い改めと回心の祈りをオウムする人々だけですか? それはただ浸水によって洗礼を受けただけですか? 彼らは「真の教会」に属している人々だけですか? 合法的に叙階された司祭を通して赦免を受ける人だけ? 罪をやめた人だけ? (あなたはそれをしましたか?私はしませんでした。)死ぬ前にイエスを知る人だけですか? それとも、イエス様ご自身-釘を刺した手で神が裁かれました-最終的に、イエスが慈悲を示す人々の輪に属する決定を下しますか? そして、彼がそこにいると、誰がいつ誰かを信じさせようと、または私たちは真の宗教のオールラウンドな擁護者に会うかどうかに関係なく、誰が死を克服し、誰が望む永遠の命を与えることができるかを決定します、代わりにこの決定?
ある時点で、すべてのクリスチャンはクリスチャンになりました。つまり、聖霊によって信じられるようになりました。 しかし原理主義的な立場は、神が死んだ後、神に人を信じさせることは不可能であるように思われます。 しかし、待ってください-イエスは死者をよみがえらせます。 そして彼は、私たちの罪だけでなく、全世界の罪のために、和解の犠牲者です (1ヨハネ2,2)。

大きなギャップ

「しかし、ラザロのたとえ」と主張する人もいる。 「アブラハムは彼の側と金持ちの側の間に巨大で乗り越えられないギャップがあると言っていませんか?」 (ルカ16,19:31を参照。)

イエスはこのたとえ話が死後の生の写真的描写として理解されることを望まれませんでした。 何人のクリスチャンが天国をイエスが見られない場所「アブラハムの胸」と表現するでしょうか? このたとえ話は、復活後の人生の肖像画ではなく、11,32世紀の特権ユダヤ教階級へのメッセージです。 イエスが記された以上のことを読む前に、パウロがローマXNUMXで書いたものと比較してみましょう。

たとえ話の金持ちはまだ悔い改めません。 彼はまだ自分自身をラザロよりもランクが高く、高いと考えています。 彼はまだ彼に仕えるためにそこにいる誰かだけをラザロに見ています。 おそらく、そのギャップを乗り越えられないものにしたのは、恣意的な宇宙の必要性ではなく、金持ちの永続的な不信であったと想定するのが妥当です。 覚えておいてください:イエスご自身、そして彼だけが、私たちの罪深い状態から神との和解への、それ以外の克服できないギャップを埋めます。 イエスはこの点、たとえ話、この救いは彼への信仰によってのみもたらされるというこの声明を強調します。「モーセと預言者の言うことを聞かなければ、誰かが死からよみがえっても説得されません」 (ルカ16,31)。

神の目的は、人々を救いに導くことであり、拷問することではありません。 イエスは和解者であり、それを信じるかどうかにかかわらず、彼は素晴らしい仕事をします。 彼は世界の救世主です (ヨハネ3,17)、世界の一部の救世主ではありません。 «神は世界を愛したので» (詩16)-そして千人に一人ではありません。 神には道があり、神の道は私たちの道よりも高いです。

山上の説教で、イエスはこう言われます:「敵を愛せ」 (マタイ5,43)。 彼は敵を愛していたと考えて間違いありません。 それとも、イエスが敵を憎んでいて、敵を愛するように私たちに要求し、彼の憎しみが地獄があるという説明を提供すると信じるべきでしょうか? それは非常に厄介です。 イエスは私たちに敵もいるので、私たちに敵を愛するように求めます。 «父よ、彼らを許してください。 彼らが何をしているか知らないからです!» 彼を十字架につけた人々のための彼のとりなしでした (ルカ23,34)。

確かに、彼らのことを知った後でさえイエスの恵みを拒絶する人々は、最終的に彼らの愚かさの実を得るでしょう。 子羊の食事に来ることを拒否する人にとって、極度の暗闇以外の場所はありません (イエスが神からの疎外の状態、神からの距離を説明している絵の表現の22,13つ。マタイ25,30:XNUMX、XNUMX:XNUMXを参照)。

すべての人への慈悲

ローマ人への手紙で (11,32)パウロは驚くべき声明を発表しました。 実際、最初のギリシャ語は、すべてではなく、すべての人を指しています。 すべてが罪人であり、すべてキリストに憐れみを示しています。 彼らがそれを受け入れるかどうか; 彼らが死の前に知るかどうか。

この啓示について、パウロが次の節で言うことよりも、「神の知恵と知識の両方の、富の深みとは何でしょう。 彼の料理と彼の探検を超えた道はどれほどわかりにくいのでしょう。 「主の意味を誰が認めたのか、または彼のカウンセラーであったのか」。 または「神が彼に報酬を与えるべきだと前もって誰かに彼に何かを与えましたか?」 なぜなら、彼から、そして彼を通して、そして彼に至るまでがすべてです。 永遠に彼に栄光を! アーメン» (詩33-36)。

そうです、彼のやり方は計り知れないので、私たちクリスチャンの多くは福音がそれほど良いものであると信じることができません。 そして私達の何人かは神の考えをとてもよく知っているように思われるので、死にクリスチャンではない人は誰でもまっすぐ地獄に向かっているということを私達はただ知っている。 一方、パウロは、説明できないほどの神の恵みの範囲は、私たちには単純に不可解であることを明らかにしたいのです。それは、キリストにおいて自らを明らかにする謎です。キリストにおいて、神は人間の知識の範囲を超えた何かをしました。

エフェソスのクリスチャンへの手紙の中で、パウロは神が最初からこれを意図していたと語っています (エフェソス1,9:10)。 イスラエルとダビデの選挙のために、連邦の決定のためにアブラハムを召集した根本的な理由でした (3,5-6)。 神はまた「見知らぬ人」と非イスラエル人を救う (2,12)。 彼は邪悪な者をも救います (ローマ5,6)。 彼は文字通りみんなを自分に引き寄せます (ヨハネ12,32)。 世界の歴史を通じて、神の息子は「バックグラウンド」で働き、すべてのものを神と和解させる彼の贖いの働きをします (コロサイ人1,15-20)。 神の恵みには、独自の論理があります。これは、宗教的な人々にとっては非論理的な論理です。

救いへの唯一の方法

要するに、イエスは救いへの唯一の道であり、彼は絶対にすべての人を自分に引き寄せます-彼自身のやり方で、彼の時代に。 人間の知性をつかむことができないという事実を明らかにすることは役に立ちます:ポールが言うように、パウロが彼によって作成されず、彼の中に存在しないものは何もないので、キリストよりも宇宙のどこにもありません (コロサイ人1,15-17)。 最終的に彼を拒否する人々は、彼の愛情にも関わらずそうします。 イエスは彼らを拒否しません (彼はそうしません-彼は彼らを愛し、彼らのために死に、そして彼らを許しました)しかし、彼らは彼を拒否します。

CSルイスは次のように述べています。 地獄にいる人たちは自分たちでこの運命を選択しました。 この個人的な決断がなければ、地獄はあり得ません。 真剣にそして永久に喜びのために努力する魂はそれを見逃しません。 誰でも検索して見つけます。 ノックする人が開かれます» (大離婚、第9章)。 (1)

地獄の英雄?

私クリスチャンとして、11の意味についてそう思います。 燃えている世界貿易センターから人々を救おうとして彼らの命を犠牲にした9月の英雄的な消防士と警官の説教を聞いてください。 クリスチャンがこれらの救助者をヒーローと呼んで彼らの犠牲を称賛することはどのように同意するのでしょうか。しかし彼らが死ぬ前に自分自身をキリストに告白しなかったら、彼らは今地獄で苦しめられるでしょう?

福音書は、事前にキリストに告白せずに世界貿易センターで命を失ったすべての人に希望があると説明しています。 彼らが死後に出会うのは復活した主であり、彼は裁判官であり、彼の手に釘の穴があり、彼のところに来た彼のすべての生き物を受け入れ、受け入れる準備ができています。 彼らが生まれる前に彼は彼らを許しました (エフェソス1,4、ローマ人5,6および10)。 この部分は、今信じている私たちのためにも行われます。 イエスの前に来る人々が王位の前に冠を置き、彼の贈り物を受け入れるために残された唯一のもの。 一部ではない場合があります。 おそらく、彼らは自己愛と他者への憎しみに根ざしているので、復活した主を彼らの大敵と見るでしょう。 彼は彼女の大敵ではないので、それは恥ずべき以上のものです、それは宇宙の大惨事です。 とにかく、彼は彼女を愛しているからです。 彼は彼女を鶏のように腕に抱きしめたいと思っているからです。

しかし、私たちがローマの14,11とPhilippの2,10を信じるならば、そのテロ攻撃で死んだ大多数の人々は彼らの両親の腕の中の子供たちのように、喜んでイエスの腕の中に急ぐでしょう。

イエスは救われる

「イエスは救う」、クリスチャンはポスターとステッカーに書き込みます。 そうです。 彼はそれをやっています。 そして彼は救いの初心者であり、達成者であり、彼は死者を含むすべての創造物、すべての生き物の起源と目標です。 神は彼の息子を世に送り出して世を裁かなかったとイエスは言われました。 世界を救うために送った (ジョン3,16:17)。

何と言っても、神は例外なくすべての人を救われたい (1テモテ2,4:2、3,9ピーターXNUMX:XNUMX)、少数だけではありません。 そして、あなたがまだ知る必要があること-彼は決してあきらめません。 彼は愛することを決して止めません。 彼は彼がそうであったものであり続けることは決してありません。 メッシュから落ちる人はいません。 誰も地獄に行かされなかった。 誰かが地獄に行く場合-永遠の領域の小さく、無意味で暗いどこにも角がない-それは彼らが頑固に神が彼らのために持っている恵みを受け入れることを拒否しているからです。 神が彼を憎んでいるからではありません (彼はしません)。 神が復讐するからではない (そうではありません)。 それは彼が1)神の国を憎み、彼の恵みを拒絶し、2)神が彼に他の人の喜びを台無しにしてほしくないからです。

ポジティブメッセージ

福音は絶対に誰にとっても希望のメッセージです。 クリスチャンの説教者は、人々をキリストに改心させるために地獄の脅威に取り組む必要はありません。 あなたは単に真実を宣言することができます、良い知らせ:«神はあなたを愛しています。 彼はあなたに腹を立てていません。 イエスはあなたが罪人であるのであなたのために死にました、そして神はあなたをとても愛していて、彼はあなたを破壊するすべてからあなたを救いました。 では、なぜ、危険で、残酷で、予測不可能で、容赦のない世界が他にないかのように生活を続けたいのですか? 神様の愛を体験し、神様の祝福を味わってみませんか? あなたはすでに彼に属しています。 彼はすでにあなたの罪を償いました。 彼はあなたの悲しみを喜びに変えます。 彼はあなたが知らない内なる平安をあなたに与えるでしょう。 それはあなたの人生に意味と方向性をもたらします。 それはあなたの関係を改善するのに役立ちます。 彼はあなたに休息を与えるでしょう。 彼を信頼しなさい。 彼はあなたを待っています。»

メッセージは私たちの外に噴出するほど良いです。 ローマ5,10:11で、パウロは次のように書いています。「私たちがまだ敵であったときに、息子の死によって神と和解したなら、私たちの後の彼の命によってどれだけ救われるでしょうか。現在、調整されています。 それだけでなく、私たちはまた、主イエス・キリストを通して神を自慢しています。

究極の希望! 究極の恵み! キリストの死を通して、神は敵を和解させ、キリストの生涯によって彼らを救います。 私達が私達の主イエス・キリストを通して神を自慢することができるのも不思議ではありません。 彼らはあたかも神のテーブルの上に居場所がないように生き続ける必要はありません。 彼はすでにそれらを調整しました、彼らは家に帰ることができます、彼らは家に帰ることができます。

キリストは罪人を救います。 それは本当に良い知らせです。 これまでに人間に聞こえる最高のもの。

J. Michael Feazell著


PDFファイルすべての人への慈悲