マタイ5:マウントでの説教(パート1)

クリスチャン以外の人でも、山上の垂訓を聞いたことがあります。 クリスチャンは多くの説教を聞きますが、理解するのが難しく、したがって人生で適切に使うことができない部分があります。

John Stottはこう言います。
「山上の説教はおそらくイエスの教えの中で最もよく知られている部分ですが、おそらくあまり理解されておらず、確かに最も従うものではありません。」 (山上の説教のメッセージ、pulsmedien Worms 2010、11ページ)。 山上の説教をもう一度調べてみましょう。 多分私達は新しい宝物を見つけ、古いものを再び思い出すでしょう。

atitu

「彼がその人たちを見たとき、彼は山を登って座った。 彼の弟子たちは彼のところにやって来ました。 そして彼は口を開け、彼女に教え、そして言った» (マタイ5,1-2)。 多くの場合そうであるように、群集はおそらく続いています。 説教は弟子たちだけのためではありませんでした。 そこでイエスは弟子たちに自分の教えを世界中に広めるように指示し、マタイはXNUMX億人以上が読めるように書き留めました。 彼の教えは、彼らに耳を傾ける気がある人を対象としています。

«そこに霊的に貧しい人々が祝福されています。 彼らは天国なので» (V. 3)。 「精神的に貧しい」とはどういう意味ですか? 自信が低く、霊的なことにほとんど興味がない? 必ずしもそうではありません。 多くのユダヤ人は自分たちを「貧しい人々」と呼んでいます。 ですから、イエスは忠実な人を意味したのかもしれません。 しかし、「精神的に貧しい」ことは、より多くを示唆しています。 貧しい人々は、必要最低限​​のものを欠いていることを知っています。 霊的に貧しい人々は彼らが神を必要としていることを知っています。 彼らは自分の人生の欠如を感じています。 彼らは自分を神に仕えることで神に好意を与えるとは考えていません。 イエスは、そのような人々に天国が与えられると言われています。 それは、天国が与えられる謙虚な、中毒です。 あなたは神の憐れみを信頼するだけです。

«そこに苦しむ人々は幸いです。 彼らは慰められるべきだから» (V. 4)。 「祝福された」という言葉は「幸せ」を意味することもあるため、この発言にはある種の皮肉が含まれています。 悲しいことは幸せだとイエスは言います、少なくともそれは彼らのニーズが永続的ではないことを知るように彼らを慰めるからです。 すべてが矯正されます。 山上の垂訓は戒めではないことに注意してください。イエスは苦しみが霊的に有益であるとは言われていません。 多くの人々がこの世界ですでに苦しんでおり、イエスは彼らを慰めるべきだと言っています-おそらく天国が来るときです。

«幸運な人は恵まれています。 彼らは土壌を所有するからです» (V. 5)。 古代の社会では、国はしばしば柔和から離れました。 しかし、それを行う神の方法もそれを修正します。

「空腹で正義を渇望する人々は幸いです。 彼らはいっぱいでなければならないので» (V. 6)。 正義と正義を切望する人 (ギリシャ語は両方を意味します)彼らが要求するように保存されます。 悪に苦しみ、物事を正されたい人は、報われるべきです。 この時代、神の民は不正に苦しんでいます。 私たちは正義を切望しています。 イエスは私たちの希望が無駄にならないことを私たちに保証します。

«慈悲深い人は祝福される。 彼らは慈悲を持っているからです» (V. 7)。 審判の日に慈悲が必要です。 イエスは、これが私たちが現時点で思いやりのあるべき理由であると言います。 これは、正義を求めて他人をだます人や慈悲を求める人の行動に反していますが、自分自身に執拗です。 良い人生を送りたいなら、それに応じて行動しなければなりません。

«心の清い人は幸いです。 彼らは神を見ることになるからです» (V. 9)。 純粋な心はただ一つの欲望を持っています。 一人で神を求める人は必ず神を見つけるでしょう。 私たちの欲望は報われるでしょう。

«平和なものは祝福されています。 彼らは神の子供と呼ばれるからです» (V. 9)。 貧しい人々は強制的に彼らの権利を行使しないでしょう。 神の子供たちは神に依存しています。 私たちは怒りや不和ではなく、慈悲と思いやりを示すべきです。 私たちは不正に行動することによって正義の領域に住むことはできません。 私たちは神の国で平和を望んでいるので、平和な方法でお互いを扱うべきです。

«正義のために迫害されている人々は幸いです。 彼らは天国なので» (V. 10)。 正しく振る舞う人々は、善良で苦しむことがあります。 穏やかな人々は搾取されることを好みます。 彼らの良い例が悪い人をさらに悪く見えるようにするので、良いことをする人にさえ怒る人もいます。 時々、義人は不当に権限を与えた社会的慣習とルールを弱めることによって被抑圧者を助けることに成功します。 私たちは迫害されることを求めていませんが、義人はしばしば悪者に迫害されます。 元気になるとイエスは言います。 ちょっと待って。 天国はそれを経験する人のものです。

次に、イエスは弟子たちに直接向きを変え、二人称の「あなた」という言葉を使って二人に話しかけます。 幸せで自信を持ってください。 あなたは天国で豊かに報われるでしょう。 彼らはあなたの前にいた預言者たちも迫害したからです» (Vv。11-12)。

この節には「わたしのために」という重要な箇所があります。 イエスは、弟子たちが彼らの良いライフスタイルのためだけでなく、イエスとのつながりのためにも迫害されることを期待しています。 したがって、あなたがフォローされているときは幸せで自信を持ってください-少なくともあなたの行動は気づかれるのに十分でなければなりません。 あなたはこの世界に変化をもたらし、それが報われると確信することができます。

違いを生む

イエスはまた、自分の信者が世界にどのように影響を与えるかを説明するために、いくつかの短い比喩的なフレーズを使用しました。 塩がもう塩を加えられていない場合、何を塩に入れるべきですか? それを捨てて、人々にそれを押しつぶすこと以上に役に立ちません» (V. 13)。

塩がその風味を失うならば、その味がそれにその価値を与えるのでそれは役に立たないでしょう。 塩は、他のものとは違う味がするからといって、とてもおいしいです。 同様に、イエスの弟子たちは世界に散らばっています - しかし、彼らが世界と等しいのであれば、彼らは役に立ちません。

«あなたは世界の光です。 山の上にある街は隠せない。 ライトを点灯してブッシェルの下に置くのではなく、ローソク足の上に置きます。 家にいるすべての人にぴったりです» (Vv。14-15)。 弟子たちは隠れるべきではありません-彼らは目に見えるべきです。 あなたの例はあなたのメッセージの一部です。

«そうすれば、あなたの光が人々の前で輝くようにして、彼らがあなたの良い働きを見て、あなたの天の父をたたえることができるようにしてください» (V. 16)。 その後、イエスは彼らの作品のために見られることを望んでいるとパリサイ人を非難しました (山
6,1)。
良い作品はすでに見られるべきですが、私たち自身のためではなく、神の栄光のためです。

より良い正義

弟子たちはどのように生きるべきですか。 イエスはそれについて21から48の節で語っています。 それは警告から始まります。私の言うことが聞こえたら、私が聖書を分割しようとしているのかどうか疑問に思うかもしれません。 私はしません。 私は聖書が私に何を要求しているかを正確に教え、教えています。 私が言おうとしていることはあなたを驚かせるでしょう、しかし、どうか私を誤解しないでください。

「私が法律や預言者たちを解散するようになったとは思わないでしょう。 私は解散するのではなく、達成するために来ました» (V. 17)。 多くの人々はここで律法に焦点を当て、それがイエスが旧約の律法を取り除きたいかどうかの問題であると思います。 これは、イエス・キリストが彼の使命の一部として、それを不必要にするいくつかの法律を満たしたことに誰もが同意するので、詩を解釈することを非常に難しくします。 影響を受ける法律の数について議論するかもしれませんが、イエスが少なくともそれらのいくつかを廃止するようになったことに誰もが同意します。
 
イエスは法律について話さない (複数!)しかし、法律について (単数形!)-それは、聖書の最初のXNUMX冊である律法についてです。 彼はまた、聖書の別の主要なセクションである預言者についても話します。 この聖句は、個々の法律についてではなく、旧約聖書全体として書かれています。 イエスは聖書を廃止するためではなく、それを成就するために来られました。

もちろん、服従は役割を果たしました、しかしそれはそれ以上でした。 神は彼の子供たちが規則に従う以上のことをすることを望んでいます。 イエスがトーラーを成就したとき、それはただ従順の問題ではありませんでした。 彼は律法が今までに示唆したことすべてを終えた。 彼はイスラエルが国家としてすることができなかったことをしました。

それからイエスは言われました:「本当に、私はあなたに言います:天と地が過ぎるまで、すべてのことが起こるまで、最小の手紙はケーキの上のアイシングさえ通過しません」 (V. 18)。 しかし、クリスチャンは子供たちに割礼を受けさせる必要はなく、葉小屋を建てたり、タッセルに青い糸をつけたりする必要もありません。 私たちはこれらの法律を守る必要がないことに誰もが同意します。 では、どの法律も破られることはないとイエスが言ったとき、イエスはどういう意味ですか? 実際にこれらの法律が消滅したのではないでしょうか。

これにはXNUMXつの基本的な考慮事項があります。 まず、これらの法律が消えていないことがわかります。 彼らはまだトーラーにリストされていますが、それは私たちが彼らに従う必要があるという意味ではありません。 そうですが、イエス様がここで言われたかったようには見えません。 第二に、クリスチャンはこれらの法律を守り、キリストを信じていると言えるでしょう。 私たちは割礼の法則を心に留めています (ローマ2,29)そして私たちは信仰を通してすべての儀式法を守ります。 それも正しいですが、イエスがここで言われたとおりではありません。

第三に、1。すべてが満たされる前に廃止される法律はありません。2。少なくとも一部の法律が無効になることに全員が同意します。 したがって、3。はすべてが満たされていると結論付けます。 イエスは彼の使命を果たし、古い契約の法則はもはや有効ではありません。 しかし、なぜイエスは「天と地が過ぎ去るまで」と言わなければならないのですか?

彼は彼が言ったことの確実性を強調するためにそれを単に言ったか。 そのうちの17つだけが関連しているのに、なぜ「to」という単語を20回使用したのですか。 分からない しかし、クリスチャンが守らなくてはならない旧約聖書の法律がたくさんあることは知っています。XNUMX節からXNUMX節までは、どの法律が影響を受けているかを教えてくれません。 特定の法律が私たちに適しているために詩だけを引用する場合、それらの詩を誤用します。 これはすべての法律に適用されるわけではないため、すべての法律が永久に有効であることを教えてくれません。

これらの戒め - 彼らは何ですか?

イエスは続けます。「これらの最も小さい戒めのXNUMXつを失い、天国で最小のものと呼ばれる方法を人々に教えます。 しかし、それをし、それを教える人は誰でも、天国で育ちます» (V. 19)。 「これらの」戒めとは何ですか? イエスはモーセの律法の戒めについて言及しているのでしょうか? 19節が「それゆえに」という言葉で始まるという事実に気づく必要があります。 (「今」の代わりに)。

18と19の間には論理的な関係があります。 それは、法律が残るということを意味していますか、これらの戒めは教えられるべきですか? それはイエスが律法について話すことを含みます。 しかし、律法には時代遅れで、もはや法として教えられるべきではないという戒めがあります。 ですから、イエス様は旧約聖書のすべての律法を教えることについて話すことはできませんでした。 それは新約聖書の他の部分とは対照的です。

18節と19節の間の論理的なつながりは異なり、「すべてが起こるまで」、終わりの部分により重点を置いている可能性が非常に高いです。 この考慮事項は、次のことを意味します。法律全体は、すべてが起こるまで「とどまる」ため、 (イエスはすべてを成就したので)、これらの法律を教える必要があります (私たちが後で読むイエスの法則)彼が批判した古い法則の代わりに。 あなたが説教と新約聖書の文脈でそれを見るとき、これはより理にかなっています。 イエスの戒めは教えられるべきです (マタイ7,24; 28,20)。 イエスはその理由を説明します。「私があなたに言うのは、あなたの義が書記者やパリサイ人のそれよりも良くなければ、あなたは天国に来ないでしょう」 (V. 20)。

パリサイ人は厳格な従順で知られていました。 彼らは彼らのハーブとスパイスさえも搾り出しました。 しかし、真の正義は人の性格であり、心の問題であり、特定の規則の遵守ではありません。 イエス様は私たちのこれらの律法への従順がより良いものでなければならないとは言っていませんが、従順はより良い法律へのものでなければなりません。

しかし、私たちは本来あるべきほど公正ではありません。 私たち全員は憐れみを必要とし、私たちの義のゆえに天の国に来ませんが、イエスが詩3-10で言われたように別の方法で来ます。 パウロはそれを義の賜物、信仰による正当化、イエスの完全な義と呼んでいます。そこでは、私たちは信仰によって団結したときに私たちが参加するのです。 しかし、イエスはここですべてを説明するのではありません。

要するに、イエス様が旧約聖書の聖書を廃止するようになったとは思わないでください。 彼は聖文が予言していたことをやるようになった。 イエスが彼にさせられたことをすべて成し遂げるまで、すべての法律は効力を保ちました。 彼は今、私たちに生きて教えるための新たな基準を与えています。

マイケル・モリソン


PDFファイル マシュー5:山上の垂訓 (テール1)