福音 - 神の国へのあなたの招待

神の国への492の招待状

誰もが正しいことと悪いことについての考えを持っています、そして誰もが自分の考えに従ってさえすでに何か間違ったことをしています。 「誤りを犯すことは人間です」とよく知られたことわざは述べています。 誰もが友人をがっかりさせ、約束を破り、誰かの感情を傷つけたことがある。 誰もが罪悪感を知っています。

したがって、人々は神とは何の関係もありたくないのです。 彼らは明確な良心をもって神の前に立つことができないことを知っているので、彼らは裁きの日を望んでいません。 彼らは彼に従わなければならないことを知っていますが、従わなかったことも知っています。 あなたは恥じて罪悪感を覚えます。 彼らの借金はどのようにして償還されますか? 心を清めるには? 「許しは神である」とキーワードを締めくくる。 許すのは神ご自身です。

多くの人がこのことを知っていますが、彼らは神が彼らの罪を赦すのに十分神であることを信じていません。 彼らはまだ有罪を感じています。 彼らはまだ神の登場と裁きの日を恐れています。

しかし、神はイエス・キリストの前に現れたことがあります。 彼は非難するのではなく、救うために来ました。 彼は許しのメッセージを持ってきて、私たちが許されることを保証するために十字架で死んだ。

イエスのメッセージ、十字架のメッセージは、罪悪感を感じる人にとっては朗報です。 イエス、神、そして一体となった人は私たちの罰を受けました。 イエス・キリストの福音を信じるのに十分謙虚であるすべての人々は赦されます。 私たちはこの良い知らせが必要です。 キリストの福音は心の安らぎ、幸せ、そして個人的な勝利をもたらします。

真の福音、良い知らせは、キリストが説教した福音です。 同じ福音が使徒たちによっても説教されました:十字架にかけられたイエス・キリスト (1コリント2,2:XNUMX)、クリスチャンのイエス・キリスト、栄光の希望 (コロサイ1,27)、死からの復活、人類への希望と救いのメッセージ。 これがイエス様が宣べ伝えた神の国の福音です。

すべての人に朗報

「しかし、ヨハネが捕らえられた後、イエスはガリラヤに来て、神の福音を説き、次のように言った:時が来て、神の国が来た。 悔い改め[悔い改めて引き返す]し、福音を信じてください» (マルコ1,14:15)。 イエスがもたらしたこの福音は「良いたより」であり、人生を変え、変える力強い「メッセージ」です。 福音は回心し、回心するだけでなく、最終的にそれに反対するすべての人を混乱させます。 福音は「それを信じるすべての人を幸せにする神の力」です (ローマ1,16)。 福音は完全に異なるレベルで生きるという神の私たちへの招待です。 良い知らせは、キリストが戻ったときに完全に私たちが所有するであろう遺産が私たちを待っているということです。 それはまた、すでに私たちに属することができる、活力を与える精神的な現実への招待でもあります。 パウロは福音を「エヴァン」キリストのゲリウムと呼んでいます (1コリント9,12)。

「神の福音」 (ローマ15,16)と「平和の福音」 (エフェソス6,15)。 イエスを起点として、彼は神の国についてのユダヤ人の見解を再定義し始め、キリストの最初の到来の普遍的な意味に焦点を当てます。 パウロが教える、ユダヤとガリラヤのほこりっぽい通りを歩いたイエスは、今や神の右に座り、「すべての力と力の頭」である「立ち上がったキリスト」です。 (コロサイ2,10)。 パウロによると、イエス・キリストの死と復活は福音書で「最初に」来ます。 それらは神の計画の重要な出来事です (1コリント15,1:11)。 福音は貧しい人々や抑圧された人々に朗報です。歴史にはXNUMXつの目標があります。 結局、法律は権力ではなく勝利するでしょう。

突き刺さった手は装甲拳を打ち破りました。 悪の王国は、イエス・キリストの王国、クリスチャンがすでに部分的に経験していることの順序への道を譲ります。

パウロは、福音のこの側面を巨人に強調しました。«光の中で聖人の相続にふさわしくしてくださった父に喜びをもって感謝します。 彼は私たちを闇の力から救い、私たちを彼の愛する息子の王国に移しました。そこで私たちは贖い、すなわち罪の赦しを持っています» (コロサイ1,12:14とXNUMX)。

すべてのクリスチャンにとって、福音は現在の現実であり、将来の希望でした。 復活したキリスト、主は時間と空間を超え、ここで起こるすべてがクリスチャンのチャンピオンです。 天に昇った者は遍在する力の源です (Eph3,20-21)。

良いニュースは、イエス・キリストが彼の地上の生活のあらゆる障害を克服したことです。 十字架の道は、神の国への困難な、しかし勝利の道です。 ですから、パウロは一言で福音を要約することができます。「十字架にかけられたイエスキリスト以外、あなたの中で何も知らない方がいいと思ったからです」 (1コリント2,2)。

大きな逆転

イエスがガリラヤに現れて真剣に福音を宣べ伝えたとき、彼は答えを待ちました。 彼はまた、今日私たちからの回答を期待しています。 しかし、王国に入るためのイエスの招待は、空白の中で開催されませんでした。 イエスの神の国への呼びかけには、ローマの支配下で苦しんでいる国を立ち上がらせ、注目させる印象的なしるしと不思議が伴いました。 これが、イエスが神の王国の意味を明確にしなければならなかった理由のXNUMXつです。 イエスの時代のユダヤ人たちは、ダビデとソロモンの時代の栄光を彼らの国に回復させる指導者を待っていました。 それでも、オックスフォードの学者であるNTライトが書いているように、イエスのメッセージは「二重に革命的」でした。 最初に、彼はユダヤ人の超国家がローマのヨークを捨てて、それをまったく異なるものに変えるという一般的な期待を受け入れました。 彼は政治的解放への広範な希望を霊的救いのメッセージに変えました:福音!

「神の王国が来たと彼は言ったようですが、それはあなたがそれがそうであると想像したものではありません。」 イエスは彼の良いたよりの結果を人々に衝撃を与えました。 «しかし、最初の人が最後になり、最後が最初になります» (マタイ19,30)。

「歯の涙と歯ぎしりがあるだろう」と彼は仲間のユダヤ人に言った、「アブラハム、アイザック、ヤコブ、そして神の国ですべての預言者を見れば、あなたは追い出されるでしょう」 (ルカ13,28)。

素晴らしい秘跡が皆のためにありました (ルカ14,16-24)。 異邦人は神の国にも招待されました。 そして、秒単位は、同様に革命的でした。

このナザレの預言者は、ハンセン病者や不自由者から貪欲な徴税人まで、そして時には憎まれたローマの抑圧者たちにとってさえ、無法のための十分な時間を持っているようでした。 イエスがもたらした良い知らせは、忠実な弟子たちの期待も含めて、すべての期待に矛盾していた (ルカ9,51-56)。 イエスは何度も何度も、将来彼らが期待する王国はすでに彼の作品にダイナミックに存在していると言われました。 特に劇的なエピソードの後、彼は言った:「もし私が神の指を通して悪霊を追い出すなら、神の国はあなたに来た」 (ルカ11,20)。 つまり、イエス様の働きを見た人たちは、未来の現在を体験しました。 イエスは少なくともXNUMXつの方法で人気の期待を裏返しました。

  • イエスは神の王国は純粋な贈り物であるという良い知らせを教えました-すでに癒しをもたらした神の主権。 これがイエスが「主の慈悲の年」を始めた方法です (ルカ4,19:61,1;イザヤ2:XNUMX)。 しかし、勤勉で重荷のある貧しい人々と乞食、非行な子供たち、そして悔い改めた徴税人、悔い改めた売春婦、そして社会の部外者たちは帝国に「認められた」。 黒い羊と霊的に失われた羊のために、彼は彼自身を彼らの羊飼いと宣言しました。
  • イエスの良いたよりは、真の悔い改めを通して神に立ち返る準備ができていた人々のためにもありました。 これらの罪深く悔い改めた罪人は、さまよっている息子と娘の地平線を探し、彼らが「まだ遠い」ときに彼らを見る寛大な父を神に見つけるでしょう。 (ルカ15,20)。 福音の良い知らせとは、心をこめて言ったすべての人が「神は罪人に憐れみ深くなる」ということです。 (ルカ18,13)そして神は同情的な耳を見つけるだろうと心から思っています。 常に。 «尋ねれば、それはあなたに与えられます。 求めるとあなたは見つけるでしょう。 ノックすると、それがあなたに開かれます» (ルカ11,9)。 世界の道を信じて背を向けた人々にとって、これは彼らが聞くことができる最高のニュースでした。
  • イエスの福音はまた、たとえそれが反対に見えたとしても、イエスがもたらした王国の勝利を止めることができないことを意味しました。 この帝国は苦い、無慈悲な抵抗に直面するでしょう、しかし結局それは超自然的な力と栄光で勝利するでしょう。

キリストは弟子たちにこう言った。「しかし、人の子が彼の栄光とすべての天使と一緒に来ると、彼は栄光の王座に座り、すべての民が彼の前に集まる。 そして彼は羊飼いが羊を山羊から分離するようにそれらを分離します» (マタイ25,31-32)。

ですから、イエスの良いたよりは、「すでに」と「まだ」の間で動的な緊張を抱いていました。 王国の福音書は、すでに存在していた神の治世に言及しました-「盲人を見て、足の不自由な人を歩くと、ハンセン病者は純粋になり、耳が聞こえない、死者は立ち上がる、そして福音は貧しい人々に伝えられる」 (マタイ11,5)。

しかし、帝国はその完全な実現がまだ差し迫っていたという意味で「まだ」そこにはありませんでした。 福音を理解することは、このXNUMXつの側面を理解することを意味します。一方では、すでに国民に住んでいる王の約束の存在と、他方では劇的な復帰です。

あなたの救いの朗報

宣教師のパウロは、小さなユダヤからXNUMX世紀半ばの高度に耕作されたギリシャローマ世界へと広がる、福音のXNUMX番目の偉大な運動の引き金を引いた。 改宗したクリスチャン迫害者であるパウロは、日常生活のプリズムを通して、まばゆいばかりの福音を導きます。 栄光のキリストをたたえながら、福音の実際の結果にも関心を持っています。 狂信的な抵抗にもかかわらず、パウロは他のクリスチャンにイエスの生、死、復活の息をのむような意味を伝えます。彼の顔の前に自分を神聖で非の打ち所のない、そして完璧なものの前に置きます。 あなただけが信仰に残り、創設され、堅固であり、あなたが聞いた、そして天国にいるすべての生き物に伝えられている福音の希望から離れないなら。 私、ポールは彼のしもべとなりました» (コロサイ1,21:23とXNUMX)。 仲直り。 完璧な。 グレース。 償還。 赦し。 そして将来だけでなく、今ここにも。 これがパウロの福音です。

復活、SynopticsとJohnが読者を駆り立てたクライマックス (ヨハネ20,31)クリスチャンの日常生活のために福音の内なる力を解放します。 キリストの復活は福音を確認します。

したがって、パウロが教えるように、遠いユダヤでのこれらの出来事はすべての人々に希望を与えます。 というのも、ユダヤ人を最初に信じ、ギリシャ人も信じるすべての人を祝福するのは神の力だからです。 それは、信仰への信仰から来る神の前に適用される義を明らかにするからです。 (ローマ1,16-17)。

ここと今の未来を生きるための呼びかけ

使徒ヨハネは福音に別の側面を加えます。 それはイエスがどのように「彼が愛した弟子」であったかを示しています (ヨハネ19,26)彼は、羊飼いの心を持った男であり、心配事や恐れを持つ人々への深い愛を抱いた教会の指導者であることを思い出しました。

«この本には書かれていないが、イエスが弟子たちの前に示した他の多くのしるしがありました。 しかし、これらは、イエスが神の御子であるキリストであると信じることができるように、そして信仰によって彼の名のもとで人生を持つことができるように書かれています» (ジョン20,30:31)。

ヨハネの福音の発表は、「信仰を通して生きることができるように」という注目すべき声明の中心にあります。 ヨハネは福音の別の側面を奇跡的に伝えます:個人的に親密な瞬間のイエス・キリスト。 ヨハネは、救世主の存在に仕える、個人の生きた説明をします。

ヨハネの福音書では、強力な説教者であるキリストに出会います (ジョン7,37:46)。 私たちはイエスが温かく親切であるのを見ます。 彼の招待状「来て見て!」から (ジョン1,39)疑わしいトーマスが彼の手にある柱頭に指を置くという挑戦まで (ヨハネ20,27)、肉となって私たちの間に住んでいた肖像画は忘れられない (ヨハネ1,14)。

人々はイエスをとても歓迎し、心地よく感じたので、彼と活発に交流しました (ヨハネ6,58)。 彼らは彼の隣に横たわっていて、同じ皿から食べていました (ジョン13,23:26)。 彼らは彼をとても深く愛していたので、彼を見た途端、岸まで泳ぎ、自分で揚げた魚を食べました。 (ジョン21,7:14)。

ヨハネの福音書は、彼の模範であるイエスキリストの周りに福音がどれだけ広がっているか、そして私たちが彼を通して受け取る永遠の命を思い出させます (ヨハネ10,10)。

福音を伝えるだけでは十分ではないことを思い出させます。 私たちもそれを生きなければなりません。 使徒ヨハン・ネスは私たちを励まします:私たちの例は、神の国の良いたよりを私たちと共有するように他の人を説得するのに役立ちます。 これは井戸でイエス・キリストに会ったサマリア人の女性に起こったことです (ジョン4,27-30)、およびマリアフォンマグダラ (ジョン20,10:18)。

ラザロの墓で泣いた人、弟子たちの足を洗った謙虚なしもべは、今日住んでいます。 彼は私達に聖霊の留置を通して私達の存在を与えます:

«私を愛する人は誰でも私の言葉を守ります。 そして私の父は彼を愛し、私たちは彼のところに来て彼と一緒に暮らします...あなたの心は恐れたり恐れたりしません» (ヨハネ14,23:27とXNUMX)。

イエスは今日、聖霊を通して積極的に民を導いておられます。 彼の招待は相変わらず個人的で励みになっています。 (ヨハネ1,39)。

ニール・アール


PDFファイル福音 - 神の国へのあなたの招待