慈悲に基づいて設立

157は恵みの上に設立されました すべての道は神に通じますか? すべての宗教は同じテーマの変種であると信じている人もいます。 一見すると、それはそうです。 ヒンズー教は、信仰者と非人格的な神との一致を約束します。 涅槃に入ることは多くの再生の間によい仕事を必要とします。 同じく涅槃を約束する仏教は、4つの高貴な真理と多くの再生を通して8倍の道を保つことを要求します。

イスラム教は楽園を約束します - 官能的な満足と喜びに満ちた永遠の命。 そこに着くためには、信者は信仰条項とイスラームの五本の柱を守らなければなりません。 良い生活を送って伝統に固執することは、ユダヤ人を救世主と共に永遠の命に導きます。 これらのどれもトレーラーの救助を救うことができません。 次のような場合には常に大きな利益があります。ルールに従うことができれば、あなたはあなたの報酬を得るでしょう。 善行に対する報酬や正しい生き方を含めずに、死後に良い結果を保証できるのは「宗教」が1つだけです。 キリスト教は、神の恵みを通して救いを約束し提供する唯一の宗教です。 イエスは、この世の罪のために死んだ神の子としての彼の信仰を除いて、救済のための条件を何も定めていない唯一の人です。

そして、私たちは「キリストにおけるアイデンティティ」の十字架のクロスバーの中心に来ます。 贖いの業であり、人の業に取って代わるキリストの業は恵みであり、その中心は私たちの信仰です。 神の恵みは贈り物として、特別な恩恵として私たちに与えられ、私たちがしたことに対する報酬としてではありません。 私たちは、キリストイエスを通して私たちのために行ったすべてのことから明らかなように、私たちに対する神の恵みと善の信じられないほどの豊かさの例です (エフェソス2)。

しかし、それは簡単すぎるように思えるかもしれません。 私たちはいつも「キャッチは何ですか」を知りたいですか? 「他に何かする必要はないの?」 過去2.000年の間に、恵みは誤解され、誤用され、多くの人がそれに恵みを加えてきました。 恵みによる救いは真実であるには余りにも良いという疑念や疑いをかきたてているために、法律は成長します。 それは、[キリスト教]の初めに登場しました。 パウロはこの問題についてガラテヤ人にいくつかのアドバイスをしました。 «肉の中で尊敬されることを望むすべての人は、キリストの十字架のために迫害されないようにするために、割礼を受ける必要があります[それだけで救われる]» (ガラテア6,12)。

救い主イエスを信じる者として、私たちは律法の下ではなく恵みの下にいます (ローマ6,14およびエフェソス2,8)。 ジャンプするタイヤやハードルから解放されるなんて素晴らしいことだ。 私たちは私たちの罪と罪深い性質が常に神の恵みに覆われていることを知っています。 私たちは神のためにデモンストレーションをする必要はありません、私たちは救いを得る必要はありません。 すべての道は神に通じていますか? パスはたくさんありますが、パスはXNUMXつだけです-そしてそれは恵みに基づいています。

Tammy Tkachによって


PDFファイル慈悲に基づいて設立