神の王国(パート5)

最後に、私たちは、すでに存在しているがまだ完成していない神の国の複雑な真実と現実、誤って凱旋をもたらした人、静かにした人を扱った。 この記事では、この複雑な真実を信じるために異なるアプローチを取ります。

神の国の奉仕におけるイエスの継続的な働きへの参加

勝利主義の代わりに (神の国をもたらすことを目的とするその活動)または静穏 (すべてを神に任せることから際立っている受動性)、私たちは皆、未来の神の国の真のしるしを形作る希望に満ちた人生を送るように呼ばれています。 もちろん、これらのしるしには限られた意味しかありません。それらは神の王国を作成するものではなく、またそれを存在させて真実にするものでもありません。 しかし、彼らは自分自身を超えて何が起こるかについて言及します。 彼らはすべてに影響を与えることができないとしても、彼らはここと今で違いを生みます。 彼らは決定的な違いではなく、親戚を作ります。 これは、教会がこの現在の邪悪な世界に関係している限り、神の意図と一致しています。 勝利主義的または静寂的な考え方を好む人はこれに矛盾し、未来の神の国のみを指す標識を使用することはほとんどまたはまったく言及する価値がないと述べます。 彼らの見解では、持続可能な変化をもたらすことができない場合、つまり世界を改善したり、少なくとも他の人に神を信じさせることができない場合、彼らはそれに値するものではありません。 しかし、これらの異論が考慮に入れていないのは、クリスチャンがここで設定できる暗黙的で暫定的な一時的な兆候であり、現在、神の国から切り離して見るべきではないという事実です。 なんで? クリスチャンの行動とは、聖霊のおかげで、イエスの絶え間ない働きへの参加を意味するからです。 聖霊を通して、私たちは王の統治にここで、そして今現在この邪悪な世界の時間-克服される時間に参加することができます。 未来の神の王国は、現代に介入し、教会の指示された暫定的かつ一時的な証言を利用することができます。 これらは、神の国の完成と密接に関連するすべての重要な変化をもたらさない場合でも、ここと現在において相対的ですが顕著な違いをもたらします。

未来の神の国の光が私たちに届き、この暗い世界で私たちの道を照らしています。 星の光が夜の闇を照らすのと同じように、言葉と行為で表されている教会のしるしは、真昼の陽光の下で神の未来の国を指し示しています。 これらの小さな光の点は、漠然としてさえ、一時的かつ一時的に違いを生みます。 全能者の優雅な働きを通して、私たちは神の言葉と聖霊の行動に導かれる、私たちのしるしと証しの道具になります。 このようにして、私たちは人々に触れ、キリストと共に彼の将来の王国に向けて同行することができます。 神はここで働いており、王国が完成する前にいます。 代わりに私たちはキリストの大使です。 神は私たちを通してお勧めします (2コリント5,20)。 説教の言葉を通して、それは聖霊によって用いられるように、神は霊への信仰を通して人々が神の未来の王国の市民としてこの王国に参加することをすでに可能にしています (ローマ1,16)。 キリストの名によって与えられたすべての単純な水は報われないわけではありません (マタイ10,42)。 したがって、私たちは神の教会の信者たちのしるしや証言を、存在しないか、まだ現実ではない何かを参照するつかの間の純粋なシンボルまたはジェスチャーとして却下してはなりません。 キリストは私たちの印をつける仕事を自分のものに加え、私たちの証言を使って人々を彼との個人的な関係に引き込みます。 ですから彼らは彼の愛する統治の存在を感じ、愛に満ちた彼の統治を通して喜び、平和、希望を経験します。 これらの兆候が未来が私たちのために保持するものの全体の真実を明らかにするのではなく、単にそれを指し示すのは明らかです。 彼らは-過去と未来の両方を指します-これは、彼の人生と地上での仕事において、すべての被造物において贖い主と王となったキリストが、これらのしるしが単なる思考、言葉、アイデアまたは個人ではないことを表している方法です、非常に独自の精神的な経験。 キリスト教の信仰の象徴は、時間と空間で、肉と血で、イエスが誰であるか、そして彼の将来の王国はどのようになるかを証明しています。 彼らは、時間とお金、労力とスキル、考慮と計画、そして個人とコミュニティの調整を必要とします。 全能者は彼の聖霊を通して彼らを利用することができ、彼らが彼らが向けられている目的を果たすことができるようにそうします:キリストの神への紹介。 そのような導入は、バスの変化という形で実を結ぶ (人生の逆転や変化)そして信仰、そして未来の神の国への希望に満ちた人生の中で。

ですから、私たちは時間、エネルギー、リソース、才能、そして自由な時間を主が利用できるようにします。 私たちは現在の世界で貧しい人々の必要に立ち向かいます。 私たちは、教区の内外の同じ考えを持つ人々と共有する私たちの行動と積極的な関与を支援します。 世俗的な懸念の形成は、これらのコミュニティで働く人々と協力して行われます (まだ)属していません。 姿勢に関して私たちが提供する私たちの信仰の証言は、個人的に、つまり言葉で行うことができますが、それはまた、公にそして集合的に実践されるべきです。 そうすることで、私たちは自由に使えるあらゆる手段を利用するべきです。 私たちが何を言っても、私たちが利用できるすべての方法で同じメッセージを送信します。これは、神がキリストの中に誰であり、彼の統治がいつまでも確実であることを宣言します。 私たちは今ここに、罪深い世界でさえ、キリストとの交わりの中で、そして彼の治世の完全な完成を望んで生きています。 私たちは未来の世界の時代に新しい天と地への希望に満ちて生きています。 イエスキリストの言葉と彼の介入のおかげで、本当にこのようになっているので、私たちはこの世にこの世界が過ぎ去っていることを知っています。 私たちは神の国が完全に近づいているという確信に住んでいます-それがまさにそれがそうであるので!

ですから、それ自体が世界の将来の神の王国であるにもかかわらず、私たちがクリスチャンであるという私たちの証言は、それが私たちの現在の状況とすべての私たちの関係に影響を与えるという意味で本当に不完全で、間抜け、そして時間的に限られていますここと今は完璧ではない、その全体の現実に反映されていません。 それは、神の恵みのおかげで、私たちはそれがそうであったように、マスタードの種から、全能者が聖霊を通して行っていることに参加し、人々をイエス・キリストとその将来の王国に向けるというのは事実です。 私たちは、私たちの生活の個人的および社会的枠組みの中で、キリストの統治と王国の祝福の一部において、神のご意志に参加することができます。

真実が明らかに

これを少しはっきりさせるために、私たちの行動がキリストの統治の現実を正当化したり正当化したりしないことを指摘しましょう。 神、父、子、そして聖霊様はすでにそうしています。 将来の神の国は真実であり、すでに現実のものとなっています。 彼の復帰は保証されています。 私たちはそれを頼りにすることができます。 この事実は私たちには依存しません。 それは神の御業です。 それでは、神の国が現実のものでも実現されてもいないときに、私たちの証し、私たちによって与えられたしるしで何を成し遂げるのでしょうか。 答えは、私たちが定めた私たちのしるしは、来るべき神の国の断片的な現れであるということです。 私たちの現在の仕事、つまり私たちの特権は、神の王国の現実を言葉と行いで目撃することです。

では、終わり、キリストの復活はどうなるのでしょうか? 彼の復帰は、それがそれまで必要な可能性を宿していたかのように、神の国に究極の究極の現実を与えません。 それは今日、すでに完全な現実です。 イエス・キリストはすでに主であり、私たちの贖い主であり王です。 彼が支配する。 しかし、現在、神の王国はまだ隠されています。 彼の統治の全範囲が、現在の邪悪な世界で完全に前面に出ることはありません。 キリストが復活すると、神の国はそのすべての効果をもって完全に明らかにされます。 彼の復帰または再現 (彼のparousia)は彼が誰であるか、そして彼が達成したことの真実と現実の啓示(黙示録)を伴うでしょう、その時にキリストが誰であるか、そして彼が私たちのために何をしているかの真実は私たちのものになります行った救いはすべてに明らかにされます。 最後に、イエス・キリストの人と働きを構成したものが明らかにされます。 このすべての素晴らしさはどこにでも光り、その完全な効果を展開します。 暫定的かつ限られた時間でそれをほのめかすだけの時間はそれから終わります。 神の国はもはや隠されたままではありません。 私たちは新しい天と地に入ります。 証明書は不要になりました。 私たちは皆、自分自身に現実に直面するからです。 このすべてはキリストの帰りに起こります。

ですから、クリスチャンの人生は、神の国の可能性を効果的にすることではありません。 罪深い世界の現実と地球上の神の国の理想との間のギャップを埋めるのは私たちの仕事ではありません。 全能の私たちの努力によってではなく、彼は粉々にされ、反対する創造の現実を取り除き、それを新しい世界の理想に置き換えます。 いいえ、イエスはむしろ王の王であり、すべての王の主であり、彼の王国は-まだ隠されていますが-本当に本当に存在しています。 現在、邪悪な世界の時は過ぎ去ります。 私たちは今、非現実的に、キリストが正しい道に戻して悪の力を勝ち取り、神のよく造られた創造の堕落した、歪んだ、歪んだ現れの中に生きています。 このようにして、神の究極の計画を実現するという本来の目的を果たすことができます。 キリストのおかげで、すべての創造物は彼らの束縛から解放され、彼らのため息は終わります (ローマ8,22)。 キリストはすべてを新しくします。 それが最も重要な現実です。 しかし、この現実はまだ完全には明らかにされていません。 すでに、神の聖霊に触発されて、私たちはその未来の現実に関して人生のすべての領域で、暫定的かつ限られた期間、目撃することができます。そして、私たちは単なる可能性を証明せず、確かに私たちが実現するものではありませんが、キリストそしていつの日か完璧になる彼の王権。 私たちの現実は私たちの正当化された希望です-私たちが毎日のように今日生きているもの。

ブルジョアと政治的環境これは、キリストの支配を認め、来るべき神の国の希望に生きるクリスチャンにとって、ブルジョアと政治的レベルで何を意味するのでしょうか? 聖書の啓示は、政党、国家、教会外の機関のクリスチャンによる「乗っ取り」の考えを支持していません。 しかし、それはまた非干渉を要求しません-それは「分離主義」という言葉で表現されます。 キリストは私たちがこの罪深い腐敗した世界から離れて生きることはできないと説教しました (ヨハネ17,15)。 外国に亡命していたとき、イスラエル人は彼らが住んでいた都市の幸福を守るように命じられました (エレミヤ29,7)。 ダニエルは異教文化の真っ只中に神に仕え、神に貢献し、同時にイスラエルの神に専念しました。 パウロは私たちに当局のために祈り、善を促進し悪を防ぐ人の力を尊重するように勧めます。 彼は、真の神をまだ信じていない人々の間でも私たちの評判を保つように私たちに指示します。 これらの警告の言葉は、市民としての責任と組織の枠組みにおける責任の前提までの接触と関心を意味し、完全なカプセル化ではありません。

聖書の教えは、私たちがこの世界の時代の市民であることを指摘しています。 しかし同時に、彼女は、さらに重要なことに、私たちは神の国の市民であることを発表しました。 パウロは手紙の中でこう言っています:「あなたはもはや客や見知らぬ人ではなく、聖人と神の仲間の仲間の市民である」 (エフェソス2,191)そしてこう言います:«しかし私たちの公民権は天国にあります。 救い主、主イエス・キリストを期待するところならどこでも» (フィリピアン3,20)。 クリスチャンは、世俗的なものよりも議論の余地のない優先権を持っている新しい市民権を持っています。 しかし、それは私たちの古い公民権を消去するものではありません。 逮捕中、パウロはローマ市民権を否定しなかったが、釈放を得るためにそれを利用した。 私たちはクリスチャンとして、キリストの支配下にある私たちの古い公民権を、その意味において根本的に相対化させていると見ています。 繰り返しになりますが、複雑な問題に遭遇し、早すぎる解決や問題の簡素化につながる可能性があります。 しかし、信仰、希望、愛は、私たちの証、王国、キリストの支配の複雑さに耐えるように導きます。

二重市民権

カールバースが聖書の教えと時代を超えて教会の教えに注意を払っていることを検討した結果、現在の世界の時代にキリストと彼の王国に属している人々は、同時にXNUMXつの非常に異なる会衆に属しているようです。 私たちは二重の市民権を持っています。 この複雑な状況は避けられないように見えます。なぜなら、XNUMXつの世界時間が重なっているという事実に対応しているからです。 私たちの公民権はそれぞれに不可欠な義務をもたらし、それらが互いに対立する可能性があることは否定できません。 特に、両方へのコミットメントに関して特定の価格が支払われないという保証はありません。 イエスは弟子たちにこう指摘されています。 彼らはあなたを法廷に引き渡し、あなたは会堂でむち打ちされ、あなたは私のために知事と王の前に連れて行かれるでしょう。 (マーク13,9)。 イエスご自身に何が起こったかを反映する同様の状況は、使徒行伝の本全体を通して追跡されています。つの公民権の間に紛争が発生する可能性があり、この現在の世界で完全に解決するのは難しいとしても困難です。

一つの真の中心と二重の義務を組み合わせる

これら2組の責任がどのように適切に関連しているかを認識することが重要です。 たとえ彼らが時々互いに矛盾するようになったとしても、それらを競合していると考えることは通常役に立ちません。 また、優先順位を1つに設定してから重み付けをして階層的に並べて表示しても、2つ目または3つ目のアクションまたは優先順位が十分に認識された後にのみ有効になるという決定にはなりません。持っています。 この場合、二次責任の大部分ではないにしても、その多くが最終的に無視され無視されるという事実に帰着します。

その上、優先度から切り離された二次的手順に従って、わずかに修正され、階層的に順序付けられた手順を選択することは意味がありません。 この制度によると、私たちは教区内の一次職務を受け入れるように注意を払います。彼らが比較的独立していて、自分たちの規範や基準、目的や目的に従って目的を達成するためです。教会の外の地域ではのように見えます。 そのようなアプローチは、神の国がすでにこの世に入ったという事実を正当化しない細分化につながります。 教会を目撃することの優先的義務の認識は、私たちが二次的な私たちの世俗的なコミュニティにどのように近づくかに常に影響を与えます。 二組の義務は、将来の神の王国への望みと、私たちの行いのすべてが、もはや私たちから隠されたままではなくなっているという二次的な性質としての私たちの証しと重なり合っています。 キリストの統治と神がすべての被造物に帰せられる運命の統一、そして王の王および領主の主としてのキリストの下にあるすべてのものの完成に直面して、全能の決定の決心はすべての現実の中心、すなわち私たちが属する両方の共同体の中心にあります。 2すべての人間の行動は、この中心点に奉仕するべきであり、構造化され、そして設計され、彼にも適用されるべきです。 すべて同じ中心を共有する一連の円の焦点にある三一の神を考えてみましょう。 未来の王国を持つイエス・キリストはこの中心です。 キリストに属している教会は一人で彼を知って崇拝し、中心を囲む円の中心に立っています。 教会はこの中心を知っています。 彼女は将来の帝国の特徴について知っています。 彼女の希望は確実に根拠があり、義からキリストの人々の真の交わりに至るまで、愛の本質についてよく考えています。 彼らの奉仕は、この中心点を見えるようにし、それが彼らの生活と彼らの希望の源であるので、他の人々にその中心の輪に入るよう呼びかけることです。 誰もが両方のコミュニティのメンバーになるべきです! 彼らの存在の中心は同時に彼らの誠実さがより広い意味で市民コミュニティにのみあてはまるとしても、教会の存在の中心でもある。 キリストの神は、その目的によれば、すべての被造物の中心、したがって両方の共同体の中心です。 イエス・キリストは、それを知っているかどうかにかかわらず、すべての創造物 - すべての力と権威の主と救い主 - です。

教会の外側の市民教区は、教会の教区の内側の円からより遠くにある周囲の円と考えることができます。 彼女は中心について知らず、それを認識しておらず、神から与えられた使命はそれを明らかにすることではありません。 その目的は、教区の役割を引き受けたり、それを置き換えることではありません (ナチスドイツで試みられ、ドイツ国家教会の指導者たちによって承認された)。 教会はまた、より大きな共同体としての機能を引き受けるべきではありません。 しかし、周囲のサークルに位置する市民コミュニティは、それと同じ焦点を共有し、その運命は完全にイエスに縛られており、主は、すべての時間と空間、すべての歴史とすべての権威にあります。 私たちが知っているコミュニティは、共通の中心から独立しておらず、教会が認識しているのと同じ生活の現実であり、それが忠実性の究極の義務であるため、両方のサークルに住んでいるメンバーとともに、教会次第です。常に、イエスの中心的現実と彼の将来の支配についてのより広く、より大きなグループを思い出させ、思い出させるために。 そして、そのより広いコミュニティ内で行動パターン、存在の形態、および相互に対処する方法を形作るように努めることにより、このタスクを正当化します。間接的ではありますが、その共通の中心的現実を指します。 これらのライフスタイルの反映は、より広い職務の範囲で機能し、教会の行動に反映されるか、それに対応します。 しかし、彼らはそれらを間接的に、不明瞭に、おそらくまだ確定的に、そして曖昧さなしに表現することはできません。 ただし、これは予想されることです。 より広いコミュニティは教会ではなく、決してそうであってはなりません。 しかし、彼女のメンバーは彼女だけでなく主にも責任を負うことを求めているので、彼女は常に彼女から利益を得るべきです。

保存と保護の同等の兆候

私たちがこの現在の、邪悪な世界の時代に動いているという事実は、将来の世界の時間に希望を与え、生活の中心を知って崇拝する、このより広いブルジョア存在の領域の人々にとって特に明白になります。 神の基盤と、イエスのキリストを通じた神との開かれた交わりの霊的な源は、周囲の教会の奉仕の中で行われているこれらのブルジョア活動によってはっきりとも意図的にも利用されていません。 しかし、より広い領域における実践、標準、規則、法律、法律、そしてマナーは、神と対になっていたように、キリストが私たちのために持っている人生と多かれ少なかれ調和することができます。 キリスト教の影響は、現時点で可能な限り、神の目的と方法に最もよく適合する組織パターン、行動規範、そして実践を探求しながら、より広い範囲の責任に知的に関わるように設計されています。ある日、全世界が明らかにされるでしょう。 教会、より広い共同体は一種の良心として機能すると言えます。 それは周囲の共同体が神の人類に対する目的と彼の計画からのさらなる脱落を防ぐことを目的としています。 そして彼女は自分の宣言だけでなく個人的な参加によってもこれを行います。それは間違いなくそれに対して代償を払う必要がないわけではありません。 言葉と行動によって、彼女は、保護者と保護者としての役割を果たす。たとえ彼女の知恵、彼女の警告、そして彼女のコミットメントが無視されたり拒絶されたりしたとしても。

希望の流れの間接的なしるし

教会のメンバーは、キリスト教の福音を養う組織的および生産的構造を通じてだけでなく、物質的な社会的利益によって、一種の原動力または輝かしい例として、文化的環境を豊かにすることができます。 しかし、そのような証言は、直接の精神的な働きと教会のメッセージ、キリストにある神、そして彼の王国の存在と到来だけをサポートできる間接的な参照としてのみ役立つことができます。 間接的な兆候として機能するこれらの創造的な介入は、教会の生活やその中心的なメッセージと働きに取って代わるべきではありません。 イエス、神、または聖書さえも、おそらくまったく言及されないでしょう。 これらの活動の源はほとんどありません (もしあれば)言及されますが、キリストのオーラは行動または達成に結びついています。 このような間接証明書には制限があります。 それらは教会の直接の証言や働きに比べてもっと曖昧になるでしょう。 結果はおそらく、基本的な教会の言葉や証言の結果よりも一貫性がなくなるでしょう。 時々、共通の利益に関係するクリスチャンによって提案された提案は、公的または私的な権力機関、影響範囲と実例によって受け入れられないか、またはそれらが実現するだけです。 次に、それらは、神の王国に広範な影響を与えるような方法で実装されます。 チャック・コルソンによって設立された囚人援助の促進のための協会の精神的な仕事 (刑務所フェローシップ)は、州または連邦の刑務所に関与しており、これの良い例ですが、どれほどの影響力を及ぼすことができるかを見積もることはできません。 一部の成功は残念ながら短命です。 失敗もあります。 しかし、これらの間接的な証言が与えられた人々は、遠隔ではありますが、神の意志と性質を反映しているので、このように教会が提供しなければならないものの本質に言及しています。 したがって、証書は一種の福音主義前の武装として機能します。

周囲の市民の共同体の主な義務は、教会がいかなる場合でも信仰の共同体としての本質的な霊的使命を果たし、そのメンバーを生かすことができるように善と公正な秩序を確実にすることです。 それは主に法の支配、公法を確実にすることになるでしょう。 目標は共通の利益になります。 このようにして、弱者が強者から恩恵を受けないことが保証されます。

ローマ13章で読むことができるように、パウロが世俗の権威に対する正しい義務を述べたとき、パウロはこれを心に留めていたようです。 それはまた、イエスが言ったときの意味を反映しているかもしれません:「それで、皇帝に天皇を、神に神を与えなさい!」 (マタイ22,21)、そしてペテロが手紙で表現したかったこと:«主のためにすべての人間の秩序に従わなければなりません。悪者を罰するために彼から送られたのと同じように、支配者または総督としての王にしてください。善を行う者の称賛へ» (1ピーター2,13:14)。

Gary Deddoによって


PDFファイル 神の国 (テール5)