比較、評価、判断

605評価と判断の比較 私たちは主に「私たちは善であり、他の人はすべて悪い」というモットーに従って生きる世界に住んでいます。 毎日、政治的、宗教的、人種的、社会経済的理由で他の人々に対して叫ぶグループの話を耳にします。 ソーシャルメディアはこれをさらに悪化させているようです。 私たちの声明は、私たちが言葉を再考し、それに応答する機会を得るずっと前に、私たちが望むよりも何千人も利用できるようにすることができます。 これまでに、さまざまなグループがそれほど迅速かつ大声で互いに叫ぶことができたことはありません。

イエスは、パリサイ人と神殿で祈る収税者の話を語ります。「XNUMX人が神殿に上って、一人はパリサイ人で、もう一人は収税人でした」 (ルカ18,10)。 それは「私たちと他の人たち」の典型的なたとえです。 パリサイ人は誇らしげに次のように説明しています。 私は週にXNUMX回断食し、取るすべてのものに什分の一を与えます。 しかし、徴税人は遠くに立ち、天国にも目を上げたくありませんでしたが、彼の胸を叩いて言いました:神よ、私を憐れんでください!» (ルカ18,11-13)。

ここで、イエスは彼の時代の卓越した「私たちは他者に対して」シナリオを説明します。 パリサイ人は教育を受けており、清潔で敬虔で、彼の目に正しいことをします。 彼はパーティーやお祝いに招待したい「私たち」のタイプのようで、娘と結婚することを夢見ています。 一方、徴税人は「その他」の一人であり、ローマの占領権のために自分の国民から税金を徴収し、憎まれた。 しかし、イエスは彼の物語を次のフレーズで終わらせます。 自分を育てる者は謙虚になるでしょう。 そして、自分を謙虚にする者は誰でも高く評価されるでしょう» (ルカ18,14)。 結果は彼の聴衆に衝撃を与えた。 ここの明らかな罪人であるこの人は、どうして正当化されるのでしょうか? イエスは奥深くで起こっていることを明らかにするのが大好きです。 イエスについては、「私たちと他の人たち」との比較はありません。 パリサイ人は、徴税人と同じくらい罪人です。 彼の罪はそれほど明白ではなく、他の人はそれらを見ることができないので、あなたの指を「他の人」に向けることは簡単です。

この物語のパリサイ人は、彼の自己正義、罪深さ、およびプライドを認めたくないが、税収取り担当者は彼の罪悪感を認めている。 事実は、私たち全員が失敗し、同じヒーラーを必要としていることです。 「しかし私は神の前での義について話している。それは信じるすべての人へのイエス・キリストへの信仰を通してもたらされる。 ここには違いがないので、彼らはすべて罪人であり、神の前にいるはずの栄光に欠けています。そして、キリストイエスを通して来た救いを通して、恵みを正当化することはできません» (ローマ3,22-24)。

癒しと神聖化は、信じるすべての人、つまりこの問題についてイエスに同意し、それによって彼が彼の中に住むことを可能にするすべての人に、イエス・キリストへの信仰を通してもたらされます。 それは「私たちが他の人に反対する」ことではなく、私たち全員のことです。 他の人を判断するのは私たちの仕事ではありません。 私たち全員が救いを必要としていることを理解するだけで十分です。 私たちは皆、神の憐れみを受けています。 私たちは皆同じ救い主を持っています。 私たちが神に他の人を見るのを手伝ってくれるように頼むとき、私たちはイエスには私たちも他の人もいないことをすぐに理解します。 聖霊は私たちがこれを理解することを可能にします。

グレッグウィリアムズ発の