贖われた人生

585贖われた人生 イエスに従う者とはどういう意味ですか? 神が聖霊を通してイエスに与えてくださった贖われた人生を分かち合うとはどういう意味ですか? それは私たちの例を通して本物の真のクリスチャン生活を導き、仲間の人間に無私で奉仕することを意味します。 使徒パウロはさらに進んでいきます。「あなたの体があなたの内にある聖霊の神殿であり、あなたが神から持っていて、あなた自身が自分のものではないことを知らないのですか? 心から買われているから したがって、神はあなたの体を賛美します» (1コリント6,19:20)。

イエスは救いの業を通して私たちを贖われ、私たちを彼の所有物として獲得しました。 イエス・キリストの信仰を通してこの真理を確認した後、パウロはこの真実を生きることを私たちに勧めます、新しい人生は罪から解放されました。 使徒ペテロは偽りの教師がいることを警告しました:「彼らは知らぬ間に、破壊につながる宗派の教えを回覧し、それゆえそれらを財産のために購入した領主と支配者を放棄します。」 (2ピーター2,1)。 幸いにも、これらの偽りの教師には、イエスが誰であるか、イエスが私たちのために何をしたかという現実を逆転させる力はまったくありません。 «イエス・キリストは私たちにすべての不正から私たちを贖い、善い行いをすることを熱望するであろう人々に財産を清めるために私たちのために自分を与えました» (タイタス2,14)。 聖霊の継続的な奉仕を通してイエスからもたらされるこの浄化は、イエス・キリストの贖われた人生を生きることを可能にします。

ピーターは次のように説明しています。「あなた方は、父親のように無益な変化からの一時的な銀や金ではなく、無垢で汚れのない子羊としての高価なキリストの血で贖われていることを知っています」 (1ピーター1,18:19)。

この知識により、イエスの受肉の重要性を完全に理解することができます。 神の永遠の子は、私たちの人間の本性を受け入れた後、人間の形で私たちのところに来ました。 彼は私たちが贖われた人生を本当に生きることを可能にします。

イエスによる和解は神の人類計画の中心です。 生まれ変わる、または「上から生まれる」とは、イエスが行われた贖いの働きであり、それは聖霊によって私たちの中で解決されます。

«しかし、私たちの救い主である神の民の親切と愛が現れたとき、彼は私たちを幸せにしました-私たちが義で行ったであろう業のためにではなく、彼の憐れみの後に-復活と聖霊の再生によって、彼は私たちの救い主であるイエス・キリストを通して私たちを豊かに注ぎ出したので、彼の恵みによって、私たちは永遠の命の希望の後に相続人になることができます» (タイタス3,4-7)。

固有の精神を通して、私たちはイエスの人間性を共有することができます。 それは私たちが彼の息子と交わりと聖霊を通して父と交わりを分かち合うことを意味します。 初期の教会の父親たちはこのように言いました:「本来、神の子であったイエスは人の子になりました。その結果、本来、自然の人の息子である私たちは、恵みによって神の子になることができます」。

イエスと聖霊の働きに身をゆだね、私たちにイエスの命を捧げると、私たちはイエスの人類の中ですでに私たちのために練られた新しい命に生まれます。 この再生は、私たちを法的な意味で神の家族に紹介するだけでなく、私たちの霊的な再生を通じて、キリストの人間性を共有します。 私たちは聖霊の継続的な奉仕を通してこれを行います。 パウロはこのように言いました:«したがって、誰かがキリストの中にいるなら、彼は新しい生き物です。 古いものは過ぎ去り、見て、新しいものは» (2コリント5,17)。
私たちはキリストの中で新たに創造され、新しいアイデンティティを与えられます。 私たちは内在の精神の奉仕を受け、それに応えるとき、私たちは上から生まれます。 このようにして、私たちは聖霊を通してキリストご自身の人間性を分かち合う神の子供になります。 ヨハネは福音書にこう書いています。「しかし、彼を受け入れて彼を信じた人々は、神の子になる権利を彼らに与えました。 彼らは選ばれた人々に属していたので、彼らは人間の世代と誕生を通してさえそうでなかったので、彼らはそうなりませんでした。 神は彼らに一人でこの新しい命を与えました» (ジョン1,12:13すべての希望)。

上から生まれ、神の子どもとして受け入れられることで、私たちは神との新たな和解された関係、キリストの贖われた人生を生きることができます。 神の子と人の子としてイエスが私たちのために行われたことは私たちの内で機能し、恵みを通して私たちは私たちの存在の状態で神の子供になります。 神は、信者をこの新たな関係と自分自身の中に根づかせている私たちに影響を与える関係において、自分自身との関係を信じる人です。 これが、パウロがこの驚くべき真実をどのように定式化したかです。「あなたは再び恐れるべき束縛の精神を受けたことがないからです。 しかし、あなたは私たちが呼んでいる子供の頃の精神を受けました:アバ、親愛なる父! スピリット自体は、私たちが神の子供であることを私たちのスピリットに証明します» (ローマ8,15-16)。

これが真実、贖われた人生の現実です。 彼の栄光ある救いの計画を祝福し、三位一体の神、父、子、聖霊を喜んで賛美しましょう。

ジョセフ・トカッハ