苦しみと死の恵み

私がこれらの行を書くとき、私は私の叔父の葬儀に行く準備をしています。 彼はしばらくかなり気分が悪かった。 よく知られているように、ベンジャミン・フランクリンの有名な言葉は、「この世界で安全であることは2つだけです。死と税」私の人生ですでに多くの重要な人々を失いました。 私の父を含む 病院で彼に会ったのを覚えています。 彼はひどい痛みを感じていました、そして私はそのような苦しみの中で彼を見ることに耐えられませんでした。 彼が生きているのを見たのはこれが最後だった。 今日でも、父の日に電話をかけて過ごす父親がいないのは残念です。 それにもかかわらず、私は私たちが死によって彼から受けた恵みを神に感謝します。 それから、神の優しさと思いやりはすべての人と存在にアクセス可能になります。 アダムとエバが罪を犯したとき、神は彼らが命の木から食べるのを防ぎました。 彼は彼女に彼女が死ぬことを望んだが、なぜ? 答えはこれです:彼らが罪を犯したにもかかわらず彼らがいのちの木から食べ続けたならば、彼らは永遠に罪と病気の人生を生きるでしょう。 彼らが私の父のように肝硬変を持っていたら、彼らは痛みと病気で永遠に生きるでしょう。 彼らが癌を持っていたならば、彼らは癌が彼らを殺さないであろうから、彼らは望みもなく、永遠に苦しむでしょう。 神は私たちに恵みによる死を与えてくださったので、いつの日か私たちは地上の苦痛から逃れることができます。 死は罪に対する罰ではなく、真の命につながる贈り物でした。

「しかし、神はとても思いやりがあり、私たちをとても愛してくださったので、キリストが彼を死からよみがえらせたとき、彼は私たちが罪を犯した新しい人生を通して、私たちが死んでいる人たちを私たちに与えました。 あなたは神の恵みによってのみ救われました! なぜなら、彼はキリストと共に私達を死からよみがえらせ、そして私達は今やイエスと共に彼の天国の一部となっているからです。 (エフェソス2,4:6;新しい生命。聖書)。

イエスは人を死の刑務所から解放する人間として地球に来ました。 彼が墓に入ると、彼はこれまでに生きて死んだ人、そして死ぬ人すべてに加わりました。 しかし、みんなで墓から立ち上がるのが彼の計画でした。 パウロはそれを次のように説明しています。「あなたが今キリストと共によみがえられているなら、神の右座にいる上にあるもの、キリストがいるところを探しなさい」 (コロサイ3,1)。

罪の解毒剤

私たちが罪を犯すと、世界の苦しみは悪化すると言われています。 神は創世記で、人々の寿命を短くすると述べています。 私は彼に一生として百二十年を与えたいです」 (創世記1:6,3)。 詩篇は、モーセが何年も後に人類の状態について不平を言っていることを伝えています。 たぶん私たちはXNUMX年、おそらくXNUMX年生きます-しかし、最高の年でさえハードワークです! どれだけ早くすべてが終わり、私たちはもはや存在しません」 (詩篇90,9f; GN)。 罪は増加し、人々の寿命は創世記で報告されている120年からより深い年齢に減少しています。 罪は癌のようなものです。 それに対処する唯一の効果的な方法はそれを破壊することです。 死は罪の結果です。 そのため、イエスは私たちの罪を自分の身に負わせ、この十字架で私たちの罪を滅ぼされました。 彼の死を通して、私たちは罪の解毒剤、人生の恵みとしての彼の愛を体験します。 イエス様が死に、再びよみがえられたので、もう死の傷はありません。

キリストの死と復活のおかげで、私たちは自信を持って彼の追随者の復活を楽しみにしています。 「彼らはすべてアダムで死ぬので、彼らはすべてキリストで生かされるだろう」 (1コリント15,22)。 この生き返りには素晴らしい効果があります。「神は彼らの目からすべての涙を拭き取り、死はもはやなくなり、苦しみや泣き声も痛みもなくなります。 最初が通過したため」 (啓示21,4)。 復活の後、死はもはやありません! この希望のために、パウロはテサロニケに、希望のない人たちのように悲しんではならないと書いています。「親愛なる兄弟たち、私たちはあなたが他の人のように悲しくないように眠りについた人たちについて疑いを持ちたくないのです。希望のない人。 イエスが死んで復活したと私たちが信じるなら、神はまた、イエスを通して眠りについた人々を導きます。 私たちは主からの言葉で、主の到着まで生き続け、私たちが眠りに落ちた人を予期しないと言っているからです。」 (1論文。4,13-15)。

痛みの解放

私たちは恋しい家族や友人がいなくて寂しいことを嘆いていますが、天国でまた会えることを期待しています。 長い間海外に行く友人に別れを告げるようなものです。 死は終わりではありません。 彼は私たちを痛みから解放する恵みです。 イエスが帰ってきたとき、死も痛みも悲しみもありません。 愛する人が死ぬとき、私たちは神に死の恵みを感謝するかもしれません。 しかし、永遠の家に思い出される前に非常に長い間苦しまなければならない人々についてはどうですか? なぜ彼らは死の憐れみを経験することを許されなかったのでしょうか。 神は彼女を残しましたか? もちろん違います! 彼は決して去ったりあきらめたりすることはありません。 苦しみもまた神の恵みです。 神であるイエス様は30年間、人間であるという苦痛を受けました。 彼が被った最悪の苦しみは彼の十字架での死でした。

イエスの生涯を分かち合う

多くのクリスチャンは苦しみが祝福であることを知りません。 痛みと苦しみは恵みです。なぜなら、それを通して私たちはイエスの苦しい生活に参加しているからです。 、それが教会です」 (コロサイ1,24)。

ペテロはクリスチャンの生活の中で苦しみが果たす役割を理解しました。「キリストが肉で苦しみを受けた今、同じ意味で武装してください。 肉で苦しんだ人は罪をやめたからです」 (1ピーター4,1)。 パウロの苦しみの見方はピーターの見方と似ていました。 パウロはそれが何であるかについて苦しんでいるのを見ます:私たちが喜ぶべき恵み。 「私たちの主イエス・キリストの父、慈悲の父、すべての慰めの神である神を賛美しなさい。すべての苦しみの中で私たちを慰め、私たちがあらゆる種類の苦しみにいる人たちも、私たち自身が慰められている快適さで慰めることができるように。神からです。 キリストの苦しみが私たちの上に豊かに来るので、私たちはまた、キリストによって豊かに慰められます。 しかし、苦痛があれば、それはあなたの快適さと救いのためです。 私たちが慰めを持っているなら、それはあなたの慰めです、あなたが辛抱強く私たちも苦しむ同じ苦しみに耐えるなら効果的です。」 (2コリント1,3:6)。

ピーターが説明するように、すべての苦しみを見ることが重要です。 彼は私たちが正当化せずに痛みと苦しみを経験するとき、私たちはイエスの苦しみを分かち合うことを私たちに思い出させます。 「誰かが神の前で良心のために悪に耐え、不正に苦しむのは恵みだからです。 悪い行いに打ちのめされて根気よく耐えられたとき、それはどんな名声なのでしょうか。 しかし、あなたが善行のために苦しみ、それに耐えるなら、それは神への恵みです。 これはあなたがするように呼ばれているからです、なぜならキリストもあなたのために苦しみ、あなたは彼の足跡をたどるべきであるという手本を残しているからです。」 (1ピーター2,19:21)。

痛み、苦しみ、そして死において、私たちは神の恵みを喜びます。 ヨブのように、人間的に見ると、不当に病気や苦しみを経験します。神は私たちを放棄せず、私たちのそばに立って喜びます。

あなたが苦しんでいる神にあなたからそれを奪うように頼むとき、神はあなたに彼の慰めを確信してほしいと願っています:「私の恵みで十分にさせてください」 (2コリント12,9)。 あなたが他の人たちが経験した快適さを通して、他の人たちのための掛け布団になりますように。    

タカラニムセクワ


PDFファイル苦しみと死の恵み