ローマ人の10,1-15:みんなのための朗報

みんなのための437良いニュース パウロはローマ人への手紙に次のように書いています。「親愛なる兄弟姉妹、私が心からイスラエル人に願い、神から彼らに救いを求めているのです」 (ローマ10,1新しいジュネーブ翻訳)。

しかし、問題がありました。「彼らは神の大義に対する熱意を欠いていないからです。 私はそれを証明することができます。 彼らが欠けているのは正しい知識です。 彼らは神の義が何であるかを認識しておらず、自分の義を通して神の御前で生き延びようとしています。 彼らは神の義に服従する代わりに、義に反抗しています» (ローマ10,2-3新ジュネーブ翻訳)。

パウロが自分の作品を望んでいたことを知っていたイスラエル人 (律法を守ることにより)神の御前で正しい。

«キリストによって、律法が何であるかの目標が達成されるからです:彼を信じる誰もが正しいと宣言されます。 正義の方法はユダヤ人と非ユダヤ人で同じです» (ローマ10,4新しいジュネーブ翻訳)。 自分を成長させることによって神の義を達成することはできません。 神はあなたに正義を与えます。

私たちはみんな法律の下で暮らしていました。 私が男の子だったとき、私は母の律法のもとに住んでいました。 彼女のルールの1つは、庭で遊んだ後、私がアパートに入る前に靴を脱いだことでした。 私はポーチの上で水でひどく汚れた靴をきれいにしなければなりませんでした。

イエスは汚れを清めます

神は変わらない。 彼は私たちの罪の汚物が彼の家全体に広がることを望みません。 問題は、私たちは自分自身をきれいにする方法がなく、私たちがきれいになるまで入ることができないということです。 神は聖なる、罪のない、純粋な者だけを住まわせます。 誰も自分でこの純粋さを達成することはできません。

だからこそ、イエス様は私たちを清めるために彼の家から出なければなりませんでした。 彼だけが私たちを片付けることができました。 あなたがあなた自身の汚物からあなた自身を解放するのに忙しいなら、あなたは最後の日まであなた自身をきれいにすることができます、それは家に入るのに十分ではないでしょう。 しかし、イエス様があなたを清くしてくれたということを信じるなら、神の家に入って彼の食卓に座って食べることができます。

ローマ人の5の詩15-10は次の事実を扱っています:罪が取り除かれるまで神を知ることは不可能です。 神の知識は私たちの罪を取り除くことはできません。

ローマ10,5:8-5でこの点を支持するために、パウロは申命記30,11:12を引用しています:«心の中で言ってはいけない:誰が天国に上るのか? -あなたがそこからキリストを降ろしたいかのように»。 私たちは人間として神を求め、見つけることができると言われています。 事実は、神が私たちのところに来て私たちを見つけてくださるということです。

神の永遠のことばは、神と人、神の子、肉と血のイエス・キリストとして私たちにやって来ました。 私たちは天国で彼を見つけることができませんでした。 彼は神の自由の中で私たちに降りることを決心しました。 イエス様は私たちの人間を、罪の汚れを洗い流し、私たちが神の家に入るための道を開くことによって救われました。

これは疑問を投げかけます:あなたは神が言われることを信じますか? あなたはイエスがあなたを見つけ、あなたが今彼の家に入ることができるようにあなたの汚れを洗い流したと思いますか? あなたがそれを信じないならば、あなたは神の家の外にいて、入ることはできません。

パウロはローマ10,9章で話します:13–XNUMX新しいジュネーブの翻訳:「イエスが主であることを口で告白し、神が彼を死からよみがえらせたと心で信じるなら、あなたは救われるでしょう。 あなたが心で信じるなら、あなたは正しいと宣言されるからです。 口で「信仰」を告白すると救われる。 それが聖書が言っている理由です:「彼を信頼する誰もが破壊から救われるでしょう」 (イザヤ28,16)。 ユダヤ人であろうと非ユダヤ人であろうと違いはありません。誰もが同じ紳士であり、彼は「祈りの中で」彼を呼び出す富を皆に分け与えます。 「主の名を呼び求める者は救われる」 (ジョエル3,5)。

これが現実です。神はイエス・キリストを通して自分の創造を贖いました。 彼は私たちの助けを求めずに、私たちの罪を洗い流し、私たちの犠牲によって私たちを清くしました。 もし私たちがイエスを信じて、彼が主であると告白すれば、私たちはすでにこの現実の中に生きています。

奴隷制の例

1について 1月1863はアブラハムリンカーン大統領への解放宣言に署名しました。 この執行命令は、米国政府に対する反乱の中ですべての州のすべての奴隷が今自由であると言いました。 この自由の知らせはテキサス州ガルベストンの奴隷達に19でしか届かなかった。 6月の1865。 2年半の間、これらの奴隷は自由を知らず、米陸軍の兵士たちが彼らに言うまで現実を体験しませんでした。

イエスは私たちの救い主です

私たちの告白は私たちを救いませんが、イエスは私たちの救い主です。 私たちは神に私たちのために何かをするように強制することはできません。 私たちの良い業は私たちを罪のないものにすることはできません。 それがどんな種類の活動かは関係ありません。 ルールに従うこと-聖なる日を守ることやアルコールを避けること-それが「私は信じている」と言う仕事なのかどうか。 パウロはそれを明確に言います:「再び:あなたは神の恵みによって救われます、そしてそれはあなたの信仰のためです。 あなたは自分の救いを自分に負うものではありません。 いいえ、それは神の贈り物です» (エフェソス2,8新しいジュネーブ翻訳)。 信仰でさえ神からの贈り物です!

神は告白を期待していない

契約と告白の違いを理解するのに役立ちます。 契約は、交換が行われる法的契約です。 各当事者は、何かを他のものと交換する義務があります。 私たちが神と契約を結んでいるならば、私たちのイエスへの献身は私たちを救うでしょう。 しかし、私たちは私たちのために行動するように神を誓うことはできません。 恵みはキリストであり、彼は私たちに降りるために彼の神の自由の中で決定します。

公開法廷で、人は事実が存在することを告白します。 犯罪者は次のように言うことができます:«私は商品を盗んだことを認めます。 彼は人生の現実を受け入れた。 同様に、イエスの追随者はこう言っています。

自由と呼ばれる

テキサスで1865が必要としていたのは、彼らの自由を買うための契約ではありませんでした。 彼らは自分たちがすでに自由であることを知り、告白しなければなりませんでした。 彼らの自由はすでに確立されています。 リンカーン大統領は彼女を解放することができた、そして彼は彼の命令によって彼女を解放した。 神は私たちを救う権利があり、彼は息子の命を通して私たちを救った。 テキサスで奴隷が必要としていたのは、それが真実であると信じ、それに従って生きる彼らの自由について聞いたことでした。 奴隷は誰かが来て彼らに自由であることを伝える必要があります。

これは、ローマ人へのパウロのメッセージ10:14新しいジュネーブの翻訳です。«しかし、そうです。主を信じる場合にのみ、主を呼ぶことができます。 彼のことを聞いた場合にのみ、彼を信じることができます。 誰かが彼のメッセージを宣言するためにそこにいる場合にのみ、あなたは彼から聞くことができます»。

その40月の日にテキサスの10,15度の暑さの中で綿を切り刻み、彼らの自由の良い知らせを聞いた奴隷たちにとって、どのようなものだったか想像できますか? あなたは人生で最も美しい日を経験しました! ローマ人への手紙第XNUMX章XNUMX節で、パウロはイザヤから次のように引用しています。「良いたよりをもたらす人々の足はどれほど美しいか」 (イザヤ52,7)。

私たちの役割は何ですか?

神の救いの計画における私たちの役割は何ですか? 私たちは彼の喜びのメッセンジャーであり、彼らの自由について聞いたことがない人々に自由の良い知らせを伝えます。 一人を救うことはできません。 私たちはメッセンジャーであり、良いたよりのニュースのアンカーであり、良いたよりをもたらします:「イエスはすべてを成し遂げました、あなたは自由です!」

イスラエル人パウロはその良い知らせを聞いたことを知っていました。 彼らはパウロが彼らにもたらした言葉を信じませんでした。 あなたはあなたの奴隷制からの解放を信じ、新しい自由の中で生きますか?

ジョナサン・ステップ


PDFファイルローマ人の10,1-15:みんなのための朗報