和解 - それは何ですか?

私たちの説教者は、多くの人、特に新しいクリスチャンや訪問者が単に理解できないという言葉を時々使う習慣を持っています。 私が最近与えた説教の後、誰かが私に来たときに用語を定義する必要があることを思い出し、「和解」という言葉を説明するように頼まれました。 それは良い質問です、そしてもしその人がその質問を持っていれば、それは他の人に関連があるかもしれません。 ですから、私はこのプログラムを「和解」という聖書の概念に捧げたいと思います。

多くの人類の歴史を通して、大多数の人々は神から疎外された状態にありました。 私たちは人間の失敗の報告に十分な証拠を持っています。それは単に神からの疎外の反映です。

使徒パウロがコロサイ人への手紙1,21-22に書いているように、「悪の業に奇妙かつ敵対的であったあなたにとってさえ、彼は今や彼の死体によって死に至らしめられたのです。 。 "

私たちと和解しなければならなかったのは神ではありませんでしたが、私たちは神と和解しなければなりませんでした。 パウロが言ったように、疎外は人間の心の中にあり、神の心の中にはありませんでした。 人間の疎外に対する神の答えは愛でした。 私たちが彼の敵だったとき、神は私たちを愛しさえしました。
 
パウロはローマの教会に次のように書いています。「私たちがまだ敵であるときに息子の死によって神と和解した場合、和解した今、彼の命によってどれだけ救われるでしょうか」 (ローマ5,10)。
パウロは私たちにそれだけではないことを語っています。 神はキリストの中にいて、世界を自分と和解させ、彼らに対する罪を数えなかったので…」 (2コリント5,18:19)。
 
数節後、パウロはキリストの神が全世界をどのようにして自分と和解させたかを書いています。十字架上の血で平和をつくることで天国」 (コロサイ人1,19-20)。
神はすべての人間をイエスを通して和解させました。つまり、神の愛と力から誰も除外されないということです。 今まで住んでいたすべての人のために、席は神の宴会のタブレットに予約されていました。 しかし、すべてが神の愛と赦しの言葉を信じたわけではなく、すべてがキリストでの新しい人生を受け入れ、キリストが彼らのために用意した結婚式のガウンを着け、テーブルに彼らの場所を取ったわけではありません。

それが、和解のミニストリーが危機に瀕している理由です - 神がキリストの血によってすでに自分自身に和解されたこと、そしてすべての人間がしなければならないことは良いニュースを広めることは私たちの仕事ですそれは、良いたよりを信じ、悔い改めて神に向かい、あなたの十字架を取り、イエスに従うことです。

そして、なんと素晴らしいメッセージなのでしょうか。

ジョセフ・トカッハ


PDFファイル和解 - それは何ですか?