イエス様、唯一の方法は?

060イエスが唯一の方法

一部の人々は、救いはイエス・キリストを通してのみ可能であるというキリスト教の信念を拒否します。 私たちの多元的社会では、寛容が期待され、要求されることさえあり、すべての宗教を可能にする宗教的自由の概念は、すべての宗教が最終的に平等であるように解釈されることがあります。

すべての道は同じ神に通じています。 すでに途中で、この旅の目的地から戻ってきたと言う人もいます。 そのような人々は、唯一の方法があると信じて伝道を拒絶する偏狭な人々に寛容ではありません。 結局のところ、これは他の人々の信念を変える攻撃的な試みであると彼らは主張しています。 しかし、彼ら自身が、一方向のみを信じる人々の信念を変えたいと思っています。 今はどうですか? クリスチャンの信仰は、イエスが救いにつながる唯一の方法であると教えていますか?

その他の宗教

ほとんどの宗教は独占的です。 正統派ユダヤ人は本当の道を持っていると主張している。 イスラム教徒は神の最もよい啓示を知ることを主張します。 ヒンズー教徒は彼らが正しいと信じ、仏教徒もそれを信じています。 現代の多元主義者でさえ、多元主義は他の考えよりも正しいと信じています。

したがって、すべての道が同じ神につながるわけではありません。 異なる宗教は異なる神を描写しています。 ヒンズー教徒には複数の神がいて、救いは無の帰りであると説明しています。 一方、イスラム教徒は一神教と天の報酬を強調しています。 イスラム教徒もヒンズー教徒も同意しません、彼らの方法は同じ目標につながります。 彼らはその考え方を変えるよりもむしろ戦うことを望んでいます。 西洋の多元主義者は、自分たちを下品で知識のない人々と見なすでしょう。 しかし、宗教への侮辱や攻撃でさえ、多元主義者が望んでいないことです。 私たちは、キリスト教のメッセージが正しいものであると同時に、人々がそれを信じないようにすることを信じています。 私たちが理解しているように、信念には人々がそれを信じないようにする自由が必要です。 しかし、私たちが何を信じるかを選択する人間の権利を支持したとしても、それは私たちがすべての宗教が真実であると信じているという意味ではありません。 他の人々に彼らが望むものを信じさせることは、イエスが救いへの唯一の方法であるため、私たちが信じることをやめるべきだという意味ではありません。

聖書の陳述/主張

イエスの最初の弟子たちは、彼が神への唯一の道であると主張していると私たちに話します。 彼に従わなければ神の国にいることはできないと彼は言った (マタイ7,26:27)そして私たちが彼を否定したとしても私たちは永遠に彼と一緒にいるわけではありません (マタイ10,32-33)。 イエスはまた、次のように述べました。「父はだれも裁きませんが、息子にすべての裁きを下しました。そうすれば、彼らはすべて、父を敬うように息子を敬うことができます。 息子を敬わない人は、彼を送った父を敬わない」 (ジョン5,22:23)。 イエスは、彼は真実と贖いの唯一の道であり、彼を拒否した人々も神を拒否したと主張しました。

ヨハネ8,12:14,6で彼は「私は世界の光です」と言い、ヨハネ7:XNUMXでそれは「[]私は道であり真実であり人生です。 私を通して以外、だれも父のもとに来ません。 あなたが私を知っているとき、あなたは私の父も知っているでしょう。 そして今からあなたは彼を知っていて、彼を見てきました。」 イエス自身は、他の救いの方法があると言う人々は間違っていると言いました。 ペテロは、ユダヤ人の支配者たちに話しかけたときと同じように明確でした。「そして、救いは他の誰にもありません。また、私たちが救われるべき人に天の下で与えられた他の名前もありません」 (使徒4,12)。

パウロは、キリストを知らない人々は彼らの罪と罪のために死んでいると言ったとき、再び明らかにしました (エフェソス2,1)。 彼らには希望がなく、彼らの宗教的信仰にもかかわらず、彼らには神がいませんでした  (V.12)。 彼は、仲介者はただ一人、神への道はただ一つだと言った (1テモテ2,5)。 イエスは誰もが必要とする身代金でした  (1テモテ4,10)。 救いにつながる他の道があったら、神はそれを創造したでしょう  (ガラテア3,21)。 世界はキリストを通して神と和解される (コロサイ1,20:22)。 パウロは異邦人の間で良いたよりを広めるために呼ばれました。 彼らの宗教は無価値だったと彼は言った  (使徒14,15)。 ヘブライ人への手紙には、キリストに勝る方法はないとすでに書かれています。 他のすべての方法とは対照的に、それは効果的です (ヘブライ10,11)。 これは相対的な利点ではありませんが、すべてまたは何もしない違いです。 キリスト教の排他的救いの教えは、イエスご自身の言葉と聖書の教えに基づいており、イエスとは誰であるか、そして恵みに対する私たちの必要性と密接に関連しています。

私たちの恵みの必要性

聖書は、イエスは特別な方法で神の子であると言っています。 彼は人間の形の神です。 彼は私たちの救いのために命を捧げました。 イエスは別の方法を祈ったが、それはなかった (マタイ26,39)。 私たちが救われるのは、神ご自身が罪の結果に耐え、私たちを罪から解放するために人間の世界に入ったからです。 これは私たちへの彼の贈り物です。 ほとんどの宗教は、救いへの道として、ある種の仕事や行動を教えています。正しい祈りを言い、正しいことをし、それで十分であることを願っています。 彼らは、彼らが十分に努力すれば人々は十分に良くなることができると教えています。 しかし、クリスチャンの信仰は、どんなに一生懸命努力しても、決して十分に良くなることはないので、私たち全員に恵みが必要であると教えています。
これらのXNUMXつのアイデアは同時に真実である可能性があるため、不可能です。 恵みの教義は、私たちがそれを好むかどうかにかかわらず、救いへの道は他にないことを教えています。

未来の恵み

イエスのことを聞く前に死んだ人々はどうですか? イエスが生きる前に生まれた人々はどうですか? あなたにも希望はありますか? はい、彼らがやります。 クリスチャンの信仰が恵みの信仰だからです。 人々は、イエスという名前を言ったり、特別なウィーンを持ったりすることによってではなく、神の恵みによって救われます。 あなたがそれらについて知っているかどうかにかかわらず、イエスは全世界の罪のために死にました (2コリント5,14:1; 2,2ヨハネXNUMX:XNUMX)。 彼の死は、パレスチナ人であろうとペルー人であろうと、過去、現在、そして未来のすべての人への償いの犠牲者でした。 「神はあなたに忍耐強く、誰もが失われることを望まないが、誰もが悔い改めを見つけることを望んでいる」と書かれているので、神は彼の言葉に忠実であると確信できます。 (2ピーター3,9)。 彼のやり方や時代はしばしば計り知れないものですが、彼が創造した人々を愛しているので、私たちはそれらを信頼しています。 イエスは次のように述べています。「神はこの世をとても愛していたので、彼が独り子を与えたとき、彼を信じる者は皆、滅びることなく永遠の命を持つべきです。 なぜなら、神は彼が世界を裁いていたので、彼の息子を世界に送りませんでしたが、世界は彼を通して救われるからです。」 (ジョン3,16:17)。

復活したキリストが死を征服したと私たちは信じています。 したがって、死でさえ神と人間の境界ではありません。 神は人々を動かして彼らの救いを彼に委ねることができます。 いつ、どのように行うかはわかりませんが、彼の言葉は信頼できます。 したがって、私たちはそれを信じることができます。彼は、死ぬ前、死ぬ前、または死ぬ前に、これまで生きてきた、またはこれから生きるすべての人を愛情を込めて着実に導き、救いを信じるように導きます。彼女の死後。 何人かの人々が最後の裁きの日に信じてキリストに立ち返る、あるいは少なくとも彼が彼らのためにしたことを知るならば、彼は確かに彼らから背を向けることはありません。

しかし、人々がいつ救われるか、そして彼らが彼らの救いをどれほどよく理解しているかにかかわらず、彼らが救われるのはキリストだけです。 善意の行為や仕事は、たとえ人々がそれらを正直に信じていたとしても、誰も救うことは決してありません。なぜなら、彼らが十分に良ければ、彼らは救われるからです。 恵みの原則とイエスの犠牲は、善行や宗教的活動が誰をも救うことができないことを意味します。 もしそのような方法があったなら、神は私たちにもそれを可能にしていたでしょう (ガラテア3,21)。 人々が労働、瞑想、鞭打ち、自己犠牲、または他の手段を通して真摯に救いを得ようと試みたならば、彼らは彼らの仕事と行為が神と共に彼らに利益をもたらさないことを学ぶでしょう。 救いは恵みによるものであり、恵みだけによるものです。 クリスチャンの信仰は、恵みは当然のことではなく、それでも誰もが利用できることを教えています。

人々がどの宗教的な道をたどったとしても、キリストは彼らを間違った道から導き、彼の道を進むことができます。 彼は誰もが必要とする唯一の贖いの犠牲を払った唯一の神の子です。 彼は神の恵みと救いを証明するユニークなメッセンジャーであり道です。 イエス自身がそれを証言しました。 イエスは排他的であると同時に包括的です。 彼は狭い道であり、全世界の贖い主です。 それは救いへの唯一の方法ですが、それでも誰もがアクセスできます。 イエス・キリストに完全に表現されている神の恵みは、まさにすべての人が必要としているものであり、すべての人が自由に利用できるのは良い知らせです。 それはただ良いメッセージではありませんが、広める価値のある素晴らしいニュースです。 D それは本当に考える価値があります。

ジョセフ・トカッハ


PDFファイルイエス様、唯一の方法は?