神の王国(パート6)

一般的に、教会と神の国の関係については三つの観点があります。 それは聖書の啓示とキリストの人と働き、そして聖霊のことを十分に考慮した神学と調和しているものです。 これは、ジョージ・ラッドの著書「新約聖書の神学」におけるコメントと一致しています。 トーマスF.トーランスはこの教義を支持するいくつかの重要な結論を付け加えました。教会と神の国は本質的に同一であると言う人もいます。 完全に互換性がないわけではないにしても、他の両者は明らかに互いに異なっています 1 .

聖書の説明を完全に理解するためには、多くの聖書の節とサブトピックを考慮に入れて、新約聖書の全範囲を検討する必要があります。 この基盤に基づいて、彼は教会と神の国は同一ではなく不可分であると主張する第三の選択肢を提案します。 それらは重なり合っています。 おそらく関係を記述するための最も簡単な方法は教会が神の民であると言うことです。 彼らを取り巻く人々は、いわば神の国の市民ですが、彼らは王国そのものと同一視することはできません。 王国は完璧ですが、教会はそうではありません。 対象は神の国の王、イエスの対象ですが、彼らは自分自身ではなく、彼と混同してはいけません。

教会は神の国ではありません

教会は新約聖書にあります (ギリシャ語:ekklesia)神の民と呼ばれる。 現在の世界の時間です (キリストが最初に来てからの時間)XNUMXつのコミュニティに集まった。 教会のメンバーは集まり、最初の使徒が教えたように福音を説教しました-イエス自身によって力を与えられ、送られた人々。 神の民は、私たちのために残されている聖書の啓示のメッセージを受け取り、悔い改めと信仰によって、この啓示によると神のある現実に従います。 使徒言行録に述べられているように、「使徒たちの教え、聖体拝領、パンを割ること、祈りを続ける」のは神の民の構成員たちです。 (使徒2,42)当初、教会は旧約からのイスラエルの忠実な信者たちで構成されていました。 彼らは、イエスが神の救世主であり救い主である彼らに対してなされた約束を果たしたと信じていました。 新しい契約の最初の五旬節が成長するのとほぼ同時に、神の民は私たちのために守られた聖書の啓示のメッセージを受け取り、現実の苦行と信仰に従って、この啓示に従って神がだれであるかをたどりました。 使徒言行録に述べられているように、「使徒たちの教え、聖体拝領、パンを割ること、祈りを続ける」のは神の民の構成員たちです。 (使徒2,42)当初、教会は旧約からのイスラエルの忠実な信者たちで構成されていました。 彼らは、イエスが神の救世主であり救い主である彼らに対してなされた約束を果たしたと信じていました。 ニューバンドでの最初のペンテコステ祭とほぼ同時に成長しました

神の恵みの民 - 完璧ではない

しかし、新約聖書は、これらの人々は完璧ではなく、模範ではないと指摘しています。 これは、特に網で捕まえられた魚のたとえ話で明らかです。 (マタイ13,47-49)。 教会の共同体はイエスの周りに集まり、彼の言葉は最終的に離婚プロセスの対象となります。 彼らがこの共同体に属していると感じた人たちが、キリストと聖霊を受け入れず、むしろ憎まれ、そうすることを拒否したことが明らかになる時が来るでしょう。 つまり、教会に属する者の中にはキリストの支配下に置かれず、悔い改めに抵抗し、神の許しの恵みと聖霊の賜物から撤退した人がいました。 他の人達は彼の言葉の下でキリストのミニストリーをしつこく受け入れました。 しかし、誰もが毎日新たな信仰の闘いに立ち向かわなければなりません。 全員が対処されます。 すべての人は、穏やかに導かれ、聖霊の働きに直面して、人間自身の形でキリストご自身が私たちのために心から購入した聖化を私たちと分かち合うべきです。 私たちの古い偽りの自分が毎日死ぬことを要求する聖化。 したがって、この教会コミュニティの生活は多面的であり、完璧で純粋ではありません。 教会は神の恵みによって継続的に支えられていると考えています。 教会のメンバーは悔い改め始めており、絶えず更新され、改革されています。新約聖書に広まった教えは、悔い改め、信仰、知識の獲得、祈りを含む、継続的な更新のプロセスを主に指しています。誘惑に抵抗することと、回復と回復、つまり神との和解は密接に関係しています。 教会がすでに完全の写真を与えていたなら、これは必要ありません。 さらなる発展によって形作られるこのダイナミックな人生が、神の国がこの世界の時代に完全な形で現れるのではないという考えで、それ自体が見事に現れます。 希望をもって待っているのは神の民であり、彼らに属するすべての人の命はキリストに隠されています (コロサイ3,3:XNUMX)そして現在は普通の土器に似ています (2コリント4,7)。 私たちは完全なる救いを待っています。

教会ではなく、神の国の説教

ラッドとともに、最初の使徒たちは説教において教会に焦点を合わせるのではなく、神の王国に焦点を合わせたことに注意すべきです。 その後、クリスティ・エククレシアのように教会として集まったのは、メッセージを受け入れた人々でした。 これは、神の民である教会が信仰や崇拝の対象ではないことを意味します。 父、子、聖霊のみ、三一の神はこれです。 教会の説教と教えは、それ自体を信仰の対象にすべきではなく、したがって、主にそれ自体を中心に展開すべきではありません。 そのため、パウロは「私たち自身を宣言するのではなく、主であるイエスキリストを宣言するのではなく、イエスのためにあなた自身のしもべとして宣言する」と強調しています。 (2コリント4,5;チューリッヒ聖書)。 教会のメッセージと働きは、それ自体に言及するのではなく、彼らの希望の源である三一の神の統治に言及するべきです。 神は、すべての被造物、地上での働きと聖霊の注ぎ込みによってキリストによって設立された統治をもって、その統治を繁栄させますが、いつの日か完全に輝きます。 キリストを中心に研ぎ澄まされている教会は、彼の完成した救いの働きを振り返り、彼の継続的な働きの完成における完成を先に振り返っています。 それが彼女の本当の焦点です。

神の国は教会から出てこない

神の国と教会との間の区別は、厳密に言えば、王国が神の業と賜物として話されているという事実からも見ることができます。 それは、新しい共同体を神と分かち合う人々でさえも、人間によって確立されることも引き起こされることもできません。 新約聖書によると、神の国の人々はそれに加わり、それを見つけ、それを相続することができますが、彼らはそれを破壊することも地球上にもたらすこともできません。 彼らは帝国のために何かをすることができますが、それは決して人的機関の影響を受けません。 ラッドはこの点を強調して強調している。

神の国:途中、まだ完成していない

神の王国は打ち上げられましたが、まだ完全に発展していません。 ラッドの言葉では、「それはすでに存在していますが、まだ完全ではありません。」 地上の神の国はまだ完全には実現されていません。 神の民の共同体に属しているかどうかに関係なく、すべての人々はこの時代にまだ完成されていない時代に住んでいます、そして教会自体、イエス・キリスト、彼の福音と使命を世話する人々の共同体は問題と限界を免れません罪と死に執着したままです。 したがって、それは一定の更新と活性化を必要とします。 彼女は彼の言葉に立ち、彼の慈悲深い精神によって絶え間なく養われ、更新され、育てられることによって、キリストとの交わりを継続的に維持しなければなりません。 ラッドはこれらのXNUMXつの声明で教会と神の王国の間の関係を要約しました: 2

  • 教会は神の国ではありません。
  • 神の国は教会を作り出します - その逆ではありません。
  • 教会は神の国を目撃します。
  • 教会は神の国の楽器です。
  • 教会は神の国の管理人です。

つまり、神の国には神の民が含まれていると言えるのです。 しかし、教会に加盟しているすべての人が無条件に神の国の上にキリストの治世に服従するわけではありません。 神の民は、神の国への道を見出し、キリストの導きと支配に服従した人たちで構成されています。 残念なことに、ある時点で教会に加わったことのある人たちの中には、現在と来る王国の性格を完全には反映していないかもしれません。 彼らは、キリストの教会の働きを通して与えられた神の恵みを拒み続けます。 ですから、私たちは、神の王国と教会は不可分の関係にあるが、同一ではないことを理解しています。 キリストの再臨の時に神の国が完全に明らかにされると、神の民は彼らの支配を犠牲にすることなく常に自分自身を服従させ、そしてすべての共存の中で、この真実は完全に反映されるでしょう。

教会と神の国の同時不可分性の違いは何ですか?

教会と神の国との間の区別は多くの効果をもたらします。 ここでは、いくつか指摘しておくことしかできません。

来るべき王国の最愛の証人

教会と神の国の多様性と不可分性の両方の重要な効果は、教会が未来の王国の具体的に明白な現れであるべきであるということです。 Thomas F. Torranceは彼の教えで明確に指摘しました。 神の国はまだ完全には実現されていませんが、現在と現在の罪がある世界の日常生活は、まだ完成していないことを生き生きと証明することを意味しています。 神の国がまだ十分に存在していないからといって、教会がここでそして今では掴むことも経験することもできない単なる霊的現実であるという意味ではありません。 言葉と精神とキリストとの団結によって、観察の世界に関して、時間と空間において、そして肉と血によって、神の民は、来るべき神の国の性質に具体的な証しをすることができます。

教会はこれを徹底的に、完全にまたは恒久的に行うことはありません。 しかし、聖霊によって、そして主と共に、神の民は未来の王国の祝福を具体的に表現することができます、なぜならキリストは罪、悪、そして死そのものを克服したからです。そして私達は未来の王国を本当に望みます。 その最も重要なしるしは、愛の中で最高潮に達します。それは、聖霊の中での父に対する父の愛と、聖霊の中での、私たちに対するすべての創造への父の愛を反映しています。 教会は、礼拝、日常生活、そしてクリスチャン社会の一員ではない人々の共通の善への取り組みにおいて、キリストの主権を証言することができます。 教会がこの現実に直面して直面することができるユニークで最も有益な証人は、それが礼拝における神の言葉の説教で解釈されるように、聖体の提示です。 ここで、会衆の輪の中で、私たちはキリストにおける神の恵みを最も具体的で、単純で、真実で、即時で、そして効果的に目撃しているのを見ます。 祭壇で、私たちは、聖霊によって、すでに存在しているがまだ完全ではない、その人を通してのキリストの統治を学びます。 主の食卓で私たちは十字架上での彼の死を振り返り、彼の王国に目を向けます。彼との交わりを共有しながら、彼はまだ聖霊の力によって存在しています。 彼の祭壇で私たちは彼の来るべき王国の味を知る。 私たちは、主と救い主として、主が私たちに約束されたように、主のテーブルに来て、自分自身を分かち合うのです。

神は私たちのうちの誰にも終わらない

キリストの初臨から帰国までの間に生きることは、別のことを意味します。 それは、誰もが神と常に進化し続ける関係の中で、霊的な巡礼をしていることを意味します。 全能者は、彼を引き入れ、彼を信頼し、彼の恵みと彼が与えた新しい命を毎日、毎日受け入れることになると、すべての人間で終わっていません。 神がキリストにあって誰が誰であり、どのようにしてすべての人の人生に現れたのかを、最善の方法で真理を宣べ伝えることは教会の責任です。 教会は、キリストと彼の将来の王国の性質と性質を言葉と行動で証言するよう求められています。 ただし、誰が事前に知ることはできません (イエスの比喩的な言葉を拾うために)は雑草か悪い魚でしょう。 やがて善と悪を究極的に分離するのは神ご自身の責任です。 プロセスを進めるのは私たち次第ではありません (またはそれを遅らせる)。 私たちは今ここでの究極の裁判官ではありません。 むしろ、私たちは信仰に忠実であり、差別化に忍耐強くあり、神の言葉と聖霊によるすべての人の神の働きを期待するべきです。 常に注意を払い、最も重要なものを優先し、本質を最初に置き、重要度の低いものを重要度の低いものにすることは、その中間で重要です。 もちろん、重要なものとそれほど重要でないものを区別する必要があります。

教会は愛の共同体も備えています。 その主な任務は、明らかに理想的または完全に完璧な教会を保証することではありません。それは、神の民に加わったが信仰や信仰にまだ固執していない人々をコミュニティから除外することを主な目的とすることを考えることではありません。ライフスタイルはキリストの人生を全く反映していません。 この現代では、これを包括的に行うことは不可能です。 イエスが教えたように、除草の試みは (マタイ13,29:30)または良い魚と悪い魚を分ける (V. 48)、この時代に完全な交わりをもたらすのではなく、むしろキリストの体と彼の証人に害を及ぼす。 それはいつも教会の他の人たちに屈することでしょう。 それは大規模な非難する合法主義、つまり合法主義につながり、それはキリスト自身の仕事、信仰、または彼の将来の王国への希望を反映していません。

結局のところ、聖体拝領の矛盾した性格は、誰もが彼らのリーダーシップに参加できるという意味ではありません。 教会は本質的に本質的に民主的ではありませんが、実際にはいくつかの協議が行われています。 教会の指導部は明確な基準を満たさなければなりません。例えば、使徒言行録に記されているように、新約聖書や初期のクリスチャン共同体の多くの聖書箇所に記載されています。 教会の指導者は精神的な成熟と知恵の表現です。 それは鎧を必要とし、そして聖書に基づいて、キリストを通して神との関係の成熟を広めなければなりません。信仰、希望、愛に基づいて奉仕する。

最後に、そして何よりも最も重要なことに、教会の指導者は、聖霊の上でキリストから発せられた召命と、この召しか特別のミニストリーへの任命をたどるための他者による確認に基づいています。 ある人が呼ばれ、他の人が呼ばれない理由は、必ずしも正確に言えない。 ですから、恵みによって礼儀正しい霊的成熟を受けた人たちの中には、教会の指導者たちの中で正式に定められた奉仕を行うために呼ばれたのではないかもしれません。 神によるこのような、あるいはされていない呼びかけは、その神の受け入れとは何の関係もありません。 むしろ、それは神のしばしば隠された知恵についてのものです。 しかし、新約聖書に定められた基準に基づく彼女の召命の確認は、とりわけ、彼女の性格、評判、そして彼女の意欲と幸運への感謝にかかっています。装備し、励ますために。

希望する教会のしつけと判断

キリストの再臨の間の人生は、適切な教会の規律の必要性を排除するものではありませんが、それは、賢く、忍耐強く、思いやりがあり、長く苦しむ規律でなければなりません (愛情があり、強く、教育的)な行為であり、すべての人に対する神の愛を与えられたとしても、すべての人の希望によって支えられています。 ただし、教会のメンバーが仲間の信者に嫌がらせをすることはできません (エゼキエル34)、しかしそれらを保護することを求めなさい。 それは他人にホスピタリティ、交わり、時間と空間を与えるので、彼らは神を求め、彼の王国の本質を求め、悔い改める時間を見つけ、キリストを受け入れ、信仰において彼にますます傾くようになります。 しかし、会衆の他のメンバーに対する不正の調査と封じ込めを含む場合、許可されるものには限界があります。新約聖書に記録されているように、私たちはこのダイナミックさを、教会の初期の生活の中で見ています。 使徒言行録と新約聖書の手紙は、この教会の規律の国際的な実践を証明しています。 それには、賢明で敏感なリーダーシップが必要です。 しかし、それで完璧を達成することはできません。 それにもかかわらず、代替案は規律のない、または執拗に非難しているため、自尊心のある理想主義は間違った方向であり、キリストの正義を行わないので、それは努力されなければなりません。 むしろ、彼は彼女に彼に従うように指示しました。 一部は応答したが、他は応答しなかった。 キリストは私たちがどこにいても私たちを受け入れますが、彼は私たちに従うように説得します。 教会の仕事は、受け入れ、歓迎することだけでなく、滞在する人々を導き、懲らしめること、彼らが悔い改め、キリストを信頼し、彼の性質において彼に従うことについてです。 言うまでもなく、最後の選択肢は破門ですが、 (教会からの除外)新約聖書の例があるので、教会への将来の再入会の希望によってそれがサポートされる場合、必要になるかもしれません(1コリント人5,5; 2コリント人2,5-7 ;ガラテヤ人6,1)。

キリストの継続的な働きに対する教会の希望のメッセージ

教会と神の王国との間の区別と関係のもう一つの結果は、教会のメッセージが、彼の完璧なワーカークロスだけでなく、キリストの継続的な働きにも対処しなければならないということです。 つまり、私たちのメッセージは、キリストが彼の救いの働きによってなされたすべてのことが、歴史におけるその完全な効果をまだ明らかにしていないことを指摘すべきです。 教会は神の理想の実現を表すものではなく、教会が神の国であると信じるように人々を導くべきではありません。 、彼の理想 私たちのメッセージと実例は、将来のキリストの王国への希望の言葉を含むべきです。 教会が多様な人々で構成されていることは明らかです。 自分の道を進んでいる人、自分の人生を悔い改めて新たにする人、そして信仰、希望、そして愛に強くなっている人。 それによって教会はその未来の王国の宣言、つまりキリスト、十字架につけられた人、そして復活された人から確信されているその果実です。 教会は、将来のキリストの支配の完成を期待して、全能者の恵みのおかげで、現在の神の国に住んでいる人々で構成されています。

神の将来の王国を期待して、理想主義の悔い改め

あまりにも多くの人が、イエスが今ここで完璧な人々または完璧な世界をもたらすようになったと信じています。 教会それ自体がイエスの意図したものであると信じることによってこの印象を生み出したのかもしれません。 教会が完全な共同体や世界を実現できなかったため、信じられない世界の大部分が福音を拒否するかもしれません。 多くの人は、キリスト教はある種の理想主義を表していると考えているようであり、そのような理想主義は実現されていないことに気づくだけです。 結果として、キリストと彼の福音を拒否している人もいます。なぜなら、彼らはすでに実施されている理想または少なくとも実施される予定の理想を探していて、教会がその理想を提供できないことに気付いているからです。 一部は今これを望んでいるか、まったく望んでいない。 他の人たちは、キリストと彼の福音を完全にあきらめ、教会を含むすべての人とすべての人にすでに希望を失ったので、それを拒否するかもしれません。 教会は彼らが神が彼の人々を成し遂げるのを助けると信じていたという彼らの理想を実現できなかったので、信仰の共同体を去ったかもしれません。 したがって、これを受け入れる人は、教会を神の王国と同一視することに相当します。したがって、どちらかの神が失敗したと結論付けます。 (彼は彼の人々を十分に助けなかったかもしれないので)または彼の人々 (それは十分な努力をしなかったかもしれないので)。 いずれにせよ、どちらの場合も理想は達成されておらず、多くの人がこのコミュニティに所属し続ける理由はないようです。

しかしキリスト教は、全能者の助けを借りて、完全な共同体や世界を実現する神の完全な人々になることではありません。 このキリスト教化された形の理想主義は、もし私たちが真実で、誠実で、献身的で、急進的で、あるいは私たちの目標を追求するのに十分賢いなら、神が彼の民に達成してほしい理想を達成できると主張しています。 これは教会の歴史全体では決して当てはまらないので、理想主義者は誰が責任を負うべきかを正確に知っています-他のいわゆる「キリスト教徒」。 しかし、結局のところ、責任は理想主義者自身にしばしばあります。 これが起こると、理想主義は絶望と自己非難に陥ります。 福音主義の真実は、全能者の恵みのおかげで、未来の神の国の祝福がすでにこの現在の邪悪な世界の時代に入っていることを約束しています。 このため、私たちはキリストが私たちのためにしてくださったことからすでに利益を得て、彼の王国が完全に実現する前に祝福を受け入れて楽しむことができます。 この来るべき王国が来るという確実性の最も重要な証は、生きている主の生、死、復活、そして昇天です。 彼は彼の将来の帝国の到来を約束し、今現在、邪悪な世界の時代に、予見、進歩、最初の実、その到来する帝国の遺産を期待することだけを私たちに教えました。 私たちはキリストと彼の完成された継続された働きに希望を伝え、クリスチャンの理想主義ではありません。 私たちはこれを、教会と神の国の違いを強調し、聖霊と私たちの参加を通して、キリストにおける彼らの関係を証人としての彼の未来の王国の生きたしるしと寓話として認めながら行います。

要約すると、教会と神の国の違い、それにもかかわらずそれらの既存のつながりは、教会が崇拝または信仰の対象であるべきではないことを意味すると解釈することができます。 むしろ、彼女は自分自身からキリストと彼の宣教師の働きを指し示しています。 それはその使命の一部です。言葉と行いによって、私たちのミニストリーを導き、私たちを新しい生き物にしてくれるキリストを指し、現実になるだけの新しい天と新しい地球を望みます私たちの宇宙の主であり救い主であるキリストご自身が戻ってきたとき。

上昇と再来

私たちが神の国とキリストの支配との関係を理解するのを助ける最後の要素は、私たちの主の昇天です。 イエスの地上での活動は、復活ではなく、天の旅で終わりました。 彼は地上のギルドと現在の世界を別の方法で私たちに影響を与える時間を残しました - 聖霊。 彼は聖霊のおかげで遠くにはいません。 彼はある意味で存在していますが、ある意味では存在していません。

ヨハネス・カルヴィンはかつて、キリストは「ある方法で存在し、ある方法では存在しなかった」と言っていました。 3 イエスは彼が不在であることを示します。これは、弟子たちに、彼らがまだ彼に従うことができない場所を準備するために去るつもりであることを伝えることによって、彼をある方法で私たちから引き離します。 彼は彼が地球上の彼の時間の間にできなかった方法で父親と一緒にいたでしょう (ヨハネ8,21:14,28、XNUMX:XNUMX)。 彼は彼の弟子達がこれが後退であると思うかもしれないことを知っています、しかしそれが進歩としてそれゆえ彼らに役立つように彼らに指示します。 彼らに存在していた聖霊は、彼らと共にいて、彼らに内在し続けるでしょう (ヨハネ14,17)。 しかし、イエスはまた、彼が世界を去ったのと同じ方法で、人間の形で、肉体的に、目に見える形で戻ると約束しています (使徒1,11)。 彼の現在の欠如は神の不完全な王国であり、それゆえ、まだ完全には存在していません。 現在、邪悪な世界の時は過ぎ去り、停止の状態にあります (1コリ7,31; 1.ジョン2,8; 1.ジョン2,1)。すべては現在、与党の王に権力を譲渡するプロセスの対象となっています。 イエスが進行中の霊的活動のその段階を終えると、イエスは戻って来て、彼の世界支配は完全になります。 そうすれば、彼のすべてと彼がしたことは誰にでも開かれるでしょう。 すべてが彼にお辞儀をし、誰もが彼が誰であるかの真実と現実を認識するでしょう (フィリピアン2,10)。 そうして初めて彼の作品は完全に明らかになるので、彼の携挙は他の教えと一致する重要なことを指し示しています。 地上にいなくても、神の国はどこでも認められません。 キリストの治世も完全には明らかにされませんが、大部分は隠されたままです。 現在の罪深い世界の時間の多くの側面は、自分自身をキリストのものと見なし、彼の王国と王権を認める人々の不利益にも適用され続けます。 苦しみ、迫害、悪-両方の道徳 (人間の手で行います)そして自然な (すべての存在自体の罪深さのため)-継続します。 悪は、キリストが勝っておらず、彼の王国が何よりも上でなかったかのように多くに見えるかもしれない塊に残ります。

神の国についてのイエス自身のたとえ話は、私たちが今ここで生きて、書かれ、説教された言葉に対して異なる反応をすることを示しています。 言葉の種は時々現れないが、他の場所では肥沃な土壌に落ちる。 世界の畑には小麦と雑草の両方が生えています。 網には良い魚と悪い魚があります。 教会は迫害され、正義と平和、そして神の明確なビジョンを切望するその真中で祝福されています。 彼の進歩の後、イエスは完全な世界の出現に直面しません。 むしろ、彼は彼の勝利と救いの働きが将来的に完全に明らかになるように、彼に続く人々を準備するための措置を講じます。これはつまり、教会生活の本質的な特徴は希望です。 しかし、見当違いの希望ではありません (実際には理想主義)もう少しだけ使用している 少数の(または多くの)努力 (または多くの)神の国を有効にする、または徐々にそれを実現させるという理想をもたらすため。 むしろ、良い知らせは、キリストが適切なタイミングで-正確に適切なタイミングで-あらゆる栄光と力をもって復活することです。 それから私たちの希望が叶います。 イエス・キリストは天と地を新たによみがえらせ、すべてを新しくするでしょう。 最後に、アセンションデーは、彼と彼の治世が完全に明らかにされることを期待するのではなく、少し離れたところに隠されたままであることを私たちに思い出させます。 彼の昇天は、キリストと、彼が地上での彼の仕事で成し遂げた事柄の将来の実施を希望し続ける必要があることを思い出させます。 それは私たちに、すべての創造主の贖い主としてのすべての主の王および王の王としての贖いの業の充実の現れと連動するキリストの復活を楽しみに待って喜びの自信をもって耐えられることを思い出させます。

博士から。 ゲイリーデッド

1 私達は主に、新約聖書の神学、p。105-119のテーマについてのLaddの議論に次の発言を負っています。
2 S.111〜119と書いてください。
3 2に関するカルバンのコメント。 コリント2,5。


PDFファイル 神の国 (テール6)