神は…

372神はあなたが神に質問をすることができれば; どれになりますか? たぶん「大きなもの」:あなたの運命によると? なぜ人々は苦しむ必要がありますか? または小さいが緊急のもの:私が歳のときに私から逃げた私の犬はどうなりましたか? 幼馴染と結婚した場合はどうなりますか? なぜ神は空を青くしたのですか? または多分あなたは彼に尋ねたかっただけです:あなたは誰ですか? またはあなたは何ですかまたはあなたは何が欲しいですかそれに対する答えは、おそらく他のほとんどの質問に答えるでしょう。 神が誰で何であり、何を望んでいるのかは、彼の存在、彼の性質についての基本的な質問です。 他のすべてはそれによって決定されます:なぜ宇宙はそれがそうであるようであるか。 私たちが人間として誰であるか。 なぜ私たちの生活はそのようであり、私たちはそれをどのように形作るべきか。 誰もが考えてきたオリジナルの謎。 少なくとも部分的には、その答えを得ることができます。 私たちは神の性質を理解し始めることができます。 確かに、信じられないほど信じられないほど、私たちは神の性質に参加することができます。 どちらを通して? 神の自己啓示を通して。

すべての時代の思想家は、神の最も多様なイメージを作りました。 しかし、神は彼の創造を通して、彼の言葉を通して、そして彼の息子イエス・キリストを通して私たちに彼自身を明らかにされます。 彼は私たちに彼が誰であるか、彼が何であるか、彼が何をするか、ある程度まで、なぜ彼がそれをするのかを示します。 彼はまた、私たちが彼とどのような関係を持つべきか、そしてこの関係が最終的にどのような形になるかを教えてくれます。 神についての知識の基本的な前提条件は、受容的で謙虚な精神です。 私たちは神の言葉を尊重しなければなりません。 それから神は私たちに自分自身を明らかにします(イザヤ66,2)、そして私たちは神とその道を愛することを学びます。 「わたしを愛する者はだれでもわたしの言葉を守ります。わたしの父は彼を愛し、わたしたちは彼のところに来て、彼と一緒に暮らすでしょう」(ヨハネによる福音書第1章4,23)。 神は私たちと一緒に住むことを望んでおられます。 彼がそうすれば、私たちは常に私たちの質問に対するより明確な答えを得るでしょう。

1. 永遠を求めて

太古の昔から、太古の男は自分の起源、自分の存在、そして自分の人生観を明確にするのに苦労しています。 この闘争は通常、神が存在するのかどうか、そしてどちらが彼自身のものであるのかという問題に彼を導きます。 同時に、人は最も多様なイメージやアイデアにやって来ました。

エデンに戻る蛇行する道

存在の解釈に対する古代の人間の欲求は、存在する宗教的思想の多様な建物に反映されています。 多くの方向から、人間の存在の起源、ひいては人間の生活の推定ガイドに近づくことを目指しました。 残念ながら、人間が精神的な現実を完全に把握できないことは、論争とさらなる疑問を引き起こしただけです。

  • パンテイストは、神を宇宙の背後にあるすべての力と法とみなしています。 彼らは個人的な神を信じず、善を悪として神として解釈します。
  • ポリテストは多くの神​​の存在を信じています。 これらの各神々は助けたり傷つけたりすることができますが、絶対的な力を持つ人は誰もいません。 ですから、誰もが崇拝されなければなりません。 多神教は多くの部族文化の精神と先祖の信仰と同様に多くの中東とグレコローマンの信仰でした。
  • 神学者たちは個人的な神を起源、支持者そしてすべてのものの中心として信じています。 他の神々の存在が根本的に排除されるならば、それは総主教アブラハムの信仰において純粋な形でそれ自身を示すので、それは一神教です。 アブラハムは、ユダヤ教、キリスト教、イスラム教の3つの世界宗教を呼びかけています。

神はいますか?

歴史の中のあらゆる文化は、多かれ少なかれ神の存在に対する強い感覚を発達させました。 神を否定する懐疑論者はいつも苦労しています。 無神論、ニヒリズム、実存主義 - これらはすべて、何が善で何が悪であるかを決定する全能の、個人的に行動する創造主のいない世界解釈の試みです。 これらおよび類似の哲学は、最終的には満足のいく答えを提供しません。 ある意味では、それらはコアの問題を回避します。 私たちが本当に実現したいのは、創造主がどのような存在であるか、彼が何をしているのか、そして私たちが神と調和して生きるために何が必要なのかです。

2. 神はどのように私たちに自分自身を明らかにされますか?

仮説的に神の代わりに身を置いてください。 彼らは人間を含むすべてのものを作りました。 あなたはあなた自身のイメージで人を作りました(1. モーズ 1,26-27)そして彼にあなたと特別な関係を築く能力を与えました。 それなら、あなた自身についても人々に話してみませんか? 彼に何が欲しいか教えてください。 あなたが望む神の関係に入る方法を彼に示しますか? 神が知られていないと思う人は誰でも、神が何らかの理由で彼の生き物から隠れていると思い込んでいます。 しかし、神は私たちに自分自身を明らかにされます:彼の創造、歴史、聖書、そして彼の息子イエス・キリストを通して。 神が自己啓示の行為を通して私たちに示されていることを考えてみましょう。

創造は神を明らかにする

偉大な宇宙を賞賛し、神が存在すること、神がすべての力を手に持っていること、秩序と調和を勝ち取ることを許していることを認めたくないでしょうか。 ローマ人 1,20:「神の目に見えない存在、つまり神の永遠の力と神性は、世界の創造以来、神の作品から見られてきました。 ダビデ王は空を見て、神が人間と同じくらい取るに足らないものを扱っていることに驚きました。彼と人の子よ、あなたが彼の世話をするのですか?」 (詩篇 8,4-5)。

疑わしいヨブと神との間の大きな論争も有名です。 神は彼に彼の奇跡、彼の無限の権威と知恵の証拠を示します。 この出会いはヨブを謙虚に満たす。 神のスピーチは38世紀から4世紀のヨブ記で読むことができます1. 章。 ほら、ヨブはあなたがすべてをすることができると告白します、そしてあなたがやろうとしていることはあなたにとって難しすぎることは何もありません。 だから私は賢明に話さなかったのです。私には高すぎて理解できません...私はあなたから聞いたのはヒアセイからだけです。 しかし今、私の目はあなたを見ました」(ジョブ42,2-3,5)。 創造から、私たちは神が存在することを見るだけでなく、神がそこから存在するという特徴も見ることができます。 これは、宇宙での計画は計画者を前提とし、自然法は立法者を前提とし、すべての存在の保護は維持者を前提とし、物理的な生命の存在は生命を与える者を前提とすることを意味します。

人のための神の計画

神がすべてのものを創造し、私たちに命を与えてくださったとき、神は何を意図されましたか? パウロはアテナイ人に次のように説明しました。神。彼らが彼を感じて見つけることができるかどうか。そして実際、彼は私たち一人一人から遠くない。彼の中に私たちは住み、織り、そしている。一部の詩人もあなたがたの間で言ったように。 17-26)。 または単に、ヨハネスが書いているように、私たちは「彼が最初に私たちを愛していたので愛している」(1. ジョン 4,19).

歴史は神を明らかにする

懐疑論者は、「神がいるのなら、なぜ彼は世界に自分を見せないのか」と「彼が本当に全能であるなら、なぜ彼は悪を許すのか」と尋ねます。 最初の質問は、神が人類に自分自身を示したことがないことを前提としています。 そして第二に、彼は人間の苦痛に無感覚であるか、少なくともそれについて何もしていません。 歴史的に、そして聖書には多くの歴史的記録が含まれていますが、どちらの仮定も支持できません。 最初の人間の家族の時代以来、神はしばしば人々と直接接触するようになりました。 しかし、人々は通常、彼らについて何も知りたくないのです!

イザヤはこう書いています:「確かに、あなたは隠された神です...」(イザヤ45,15)。 多くの場合、神は、人々が自分の考えや行動を通して、神や神のやり方とは何の関係も望まないことを神に示すと、「隠れ」ます。 イザヤは後にこう付け加えています。あなたが聞かれないように」(イザヤ59,1-2)。

それはすべてアダムとイブから始まりました。 神はそれらを創造し、咲く庭に置きました。 そして彼は彼女に直接話しかけた。 あなたは彼がそこにいたことを知っていました。 彼は彼らに彼との関わり方を示した。 彼は彼らを彼ら自身の装置に任せませんでした。アダムとイブは選択をしなければなりませんでした。 彼らは、神を崇拝する(象徴的に:生命の木から食べる)か、神を無視する(象徴的に:善悪の知識の木から食べる)かを決定しなければなりませんでした。 あなたは間違った木を選びました(1. モーセ2と3)。 しかし、見過ごされがちなのは、アダムとエバが自分たちが神に背いたことを知っていたことです。 彼らは罪悪感を感じました。 次に創造主が彼らと話をするようになったとき、彼らは「日が涼しくなったときに主なる神が庭を歩いていた。そしてアダムと彼の妻は庭の主なる神の視界から木々の下に隠れた」と聞いた。1. モーズ 3,8).

では、誰が隠れていたのでしょうか。 神じゃない! しかし、神の前の人々。 彼らは距離、彼自身と彼の間の分離を望んでいました。 そしてそれはそれ以来それが残っている方法です。 聖書は、神が人類に救いの手を差し伸べ、人類がその手を差し伸べている例でいっぱいです。 ノア、「義の説教者」(2. ペテロ2:5)、神の来るべき裁きの世界に警告するために一世紀を費やしました。 世界は耳を貸さず、洪水に溺れました。 罪深いソドムとゴモラの神は火の嵐によって破壊され、その煙は「オーブンからの煙のように」ビーコンとして上昇しました(1. モーセ19,28)。 この超自然的な修正でさえ、世界を良くしませんでした。 旧約聖書のほとんどは、イスラエルの選民に対する神の行動を説明しています。 イスラエルも神に耳を傾けたくありませんでした。 「……神に話させないでください」と人々は叫んだ(2. モーセ20,19)。

神はまた、エジプト、ニネベ、バビオン、ペルシャなどの大国の財産に介入しました。 彼はしばしば最高の支配者と直接話しました。 しかし、世界は全体として頑固なままでした。 さらに悪いことに、神の僕たちの多くは、神のメッセージを伝えたいと思っていた人々によって残酷に殺害されました。 ヘブライ人1:1-2はついに私たちに告げています:「神が預言者を通して何度もそして多くの方法で父親に語られた後、この終わりの日に彼は息子を通して私たちに語られました...」イエス・キリストは説教するためにこの世に来られました救いの福音と神の国。 結果? 「彼は世界にいて、世界は彼を通して作られましたが、世界は彼を知りませんでした」(ジョン 1,10)。 彼の世界との出会いは彼を死に至らしめた。

神の化身であるイエスは、神の創造に対する神の愛と思いやりを次のように表現しました。そして、あなたは望んでいませんでした!」 (マタイ23,37)。 いいえ、神は遠ざかりません。 彼は歴史の中で自分自身を明らかにした。 しかし、ほとんどの人は彼に目を閉じています。

聖書の証人

聖書は私たちに神を次のように示しています。

  • 彼の性質についての神の自己声明
    だから彼は 2. モーズ 3,14 モーセへの彼の名前:「私は私になる​​だろう」。 モーセは火によって消費されなかった燃える茨を見ました。 この名前で、彼は自分自身が自分自身の存在であり、生き物であることを明らかにします。 彼の存在のさらなる側面は、彼の他の聖書の名前で明らかにされています。 神はイスラエル人に命じられました:「それゆえ、あなたは聖なる者となるでしょう。わたしは聖なる者だからです」(3. モーズ 11,45)。 神は聖なる方です。 イザヤ55章8節で神ははっきりと私たちに言われます:「...私の考えはあなたの考えではなく、あなたの道は私の道ではありません...」神は私たちよりも高い次元で生き、行動します。 イエス・キリストは人間の形の神でした。 彼は自分自身を「世界の光」(ヨハネ8:12)、アブラハムの前に住んでいた「私は」(58節)、「扉」(ヨハネ)と表現しています。 10,9)、「善き羊飼い」(11節)として、そして「道と真理と命」(ヨハネ1章)として4,6).
  • 彼の働きについての神の自己陳述
    行うことは本質に属します、あるいはむしろそれはそれから生じます。 したがって、行うことについての声明は、存在についての声明を補完します。 私は「光を…そして闇を創り出す」とイザヤ4で神は自分自身について語っています5,7; 私は「平和を…そして災いを生み出します。私はこれらすべてを行う主です」と言います。 神はすべてのものを創造されました。 そして彼は創造されたものをマスターします。 神はまた未来を予言します:「私は神であり、もはや誰も似ていない神です。私は最初から、その後に何が来るのか、そしてその前にまだ何が起こっていないのかを宣言しました。起こることを決心しました、そして私がやろうとしていたことは何でも、私はします」(イザヤ46,9-10)。 神は世界を愛し、救いをもたらすために息子を遣わされました。 「神は世界をとても愛していたので、彼は彼の独り子を与えたので、彼を信じるすべての人は滅びることはなく、永遠の命を持っているでしょう」(ジョン 3,16)。 神はイエスを通して子供たちを家族に連れて来られます。 黙示録2で1,7 「克服した者はそれをすべて受け継ぎ、わたしは彼の神となり、彼はわたしの息子となる」と私たちは読みます。 将来について、イエスは次のように述べています。2,12).
  • 神の性質についての人々の声明
    神はいつも自分の意志を実行するために選んだ人々と接触してきました。 これらの僕たちの多くは、聖書にある神の性質の詳細を私たちに残してくれました。 「...主は私たちの神であり、主だけです」とモーセは言います(5. モーズ 6,4)。 神はただ一人です。 聖書は一神教を提唱しています。 (詳細については、第1章を参照してください)。 詩編作者が神について行った多くの言葉のうち、「主でなければ神は誰なのか、私たちの神でなければ岩は誰なのか」ということだけです。 (詩篇8,32)。 神のみが崇拝の対象であり、神は彼を崇拝する人々を強めます。 詩篇には神の性質についての洞察が豊富にあります。 聖書の中で最も慰めとなる聖句の一つは 1. ジョン 4,16:「神は愛です...」神の愛と人々に対する神の高い意志についての重要な洞察は、 2. ペテロ3:9:「主は……だれもが失われることを望まないが、だれもが悔い改めを見いだすべきである」。 私たち、彼の生き物、彼の子供たちに対する神の最大の願いは何ですか? 私たちが救われること。 そして、神の言葉は空のままではなく、意図したことを成し遂げます(イザヤ55,11)。 神の目的が私たちを救うことであり、それが可能であることを知ることは、私たちに大きな希望を与えるはずです。
  • 聖書は神の行動についての人々の声明を含んでいます
    神は「地球を何よりも上に吊るす」とヨブ2は言います6,7 終わり。 彼は地球の軌道と自転を決定する力を指揮します。 彼の手には、地球の住民の生と死があります。「あなたが顔を隠すと、彼らはおびえます。あなたが彼らの息を奪うと、彼らは亡くなり、再びほこりになります。あなたが息を吐き出すと、彼らは創造されます。そして、あなたは地球の形をした新しいものを創造します」(詩篇104,29-30)。 それにもかかわらず、神は全能ではありますが、愛情深い創造主として、彼自身のイメージで人を作り、彼に地球上の支配権を与えました(1. モーズ 1,26)。 邪悪が地上に広がっているのを見たとき、「地上に人を作ったことを後悔し、心に悲しみました」(1. モーズ 6,6)。 彼は、ノアと彼の家族を除くすべての人類を食い尽くす洪水を送ることによって、世界の邪悪さに応えました(1. モーズ 7,23)。 神は後に家長アブラハムを呼び、「地球のすべての家族」が祝福されるべきであるという契約を彼と結ばれました(1. モーセ12,1-3)アブラハムの子孫であるイエス・キリストへの言及。 彼がイスラエルの人々を形成したとき、神は奇跡的に彼らを紅海に導き、エジプトの軍隊を破壊しました:「...彼が海に投げ込んだ馬と人」(2. モーセ15,1)。 イスラエルは神との合意を破り、暴力と不公正が崩壊するのを許しました。 したがって、神は国が外国人に襲われることを許され、最終的には約束の地から奴隷制に導かれました(エゼキエル22,23-31)。 しかし、憐れみ深い神は、罪を悔い改めたすべての人、イスラエル人、非イスラエル人と、永遠の義の契約を結ぶために救い主を世に送ると約束されました。9,20-21)。 そして最後に、神は実際に彼の息子イエス・キリストを送られました。 イエスは次のように宣言されました。 神は保証されました:「...主の名を呼び求める者は誰でも救われる」(ローマ人 10,13).
  • 今日、神は彼の教会が「すべての人々の証のために」王国の福音を宣べ伝えることを許可されています。4,14)。 イエス・キリストの復活後のペンテコストの日に、神は聖霊を次のように送られました:教会をキリストの体に統合し、神の奥義をクリスチャンに明らかにする(使徒言行録) 2,1-4)。

聖書は神と人類と神との関係についての本です。 あなたのメッセージは私たちを生涯にわたる探求へと誘い、神について、神が何であるか、何をするか、何を望んでいるか、何を計画しているかについてもっと学びます。 しかし、誰も神の現実の完全な絵を把握することはできません。 ヨハネは、神の完全さを理解できないことに少し落胆し、「イエスがしたことは他にもたくさんあります。しかし、次々と書き留めておかなければならないので、私はイエスの生涯についての説明を締めくくります。世界は書かれる本を理解しないだろうと思う」(ヨハネ2章1,25).

一言で言えば、聖書は神を次のように示しています。

•自分自身であること

•制限時間なし

•空間的境界に拘束されない

•全能の

•全知

•超越(宇宙の上に立つ)

•内在的(宇宙に関係する)。

しかし、神は正確には何ですか?

宗教の教授はかつて彼の聴衆に神のより近い考えを与えようとしました。 彼は生徒たちに大きな輪になって手をつないで目を閉じるように頼んだ。 「今、リラックスして神に自己紹介してください」と彼は言いました。 「彼がどのように見えるか、彼の王位がどのように見えるか、彼の声がどのように聞こえるか、彼の周りで何が起こっているかを想像してみてください。」 目を閉じて手をつないで、生徒たちは長い間椅子に座って神の像を夢見ていました。 "そう?" 教授に尋ねた。 「あなたは彼を見ますか?あなた方一人一人は今、いくつかの絵を念頭に置いているべきです。しかし、」教授は続けました、それは神ではありません! 番号! 彼は彼女の考えから彼女を引き裂いた。 「それは神ではありません!私たちの知性で彼を完全に把握することはできません!神は神であり、私たちは肉体的で限られた存在であるため、誰も神を完全に把握することはできません。」 非常に深い洞察。 神が誰で何であるかを定義するのがとても難しいのはなぜですか? 主な障害は、その教授が述べた制限にあります。人間は五感を通してすべての経験をし、私たちの言語理解全体はこれに合わせて調整されています。 一方、神は永遠です。 彼は無限です。 彼は見えない。 それでも、私たちは肉体的な感覚によって制限されていても、神について意味のある発言をすることができます。

スピリチュアルリアリティ、人間の言葉

神は創造において間接的に自分自身を明らかにします。 彼はしばしば世界史に介入してきました。 彼のことば、聖書は私達に彼についてもっと教えています。 彼はまた聖書の何人かの人々に多くの点で現れました。 それにもかかわらず、神は霊です、彼の全体の充満は、匂いによって知覚されて、触れられて、考慮されることができません。 聖書は、肉体的な存在が自分の肉体的な世界で把握することができるという概念によって、私たちに神の概念についての真実を与えています。 しかし、これらの言葉は神を完全に表すことはできません。

たとえば、聖書は神を「岩」と「城」と呼んでいます(詩篇18,3)、「盾」(詩篇14篇4,2)、「火を消費する」(ヘブライ語12,29)。 私たちは、神がこれらの物理的なものに文字通り対応していないことを知っています。 それらは、人間が観察し理解できることに基づいて、私たちを神の重要な側面に近づけるシンボルです。

聖書は人間の形を神に帰することさえあり、それは彼の性格と人間との関係の側面を明らかにしています。 パッセージは神を体で描写します(ピリピ3:21)。 つの頭とつの髪(黙示録 1,14); 顔(1. モーセ32,31; 2. モーセ33,23; 黙示録1:16); 目と耳(5. モーズ 11,12; 詩篇3篇4,16; 悟り 1,14); 鼻 (1. モーズ 8,21; 2. モーセ15,8); 口(マシュー 4,4; 悟り 1,16); 唇(仕事 11,5); 声(詩篇68,34; 悟り 1,15); 舌と呼吸(イザヤ30,27:28-4); 腕、手、指(詩篇4,3-4; 89,14; ヘブライ人 1,3; 2. 歴代誌18,18; 2. モーセ31,18; 5. モーズ 9,10; 詩篇8:4; 悟り 1,16); 肩(イザヤ 9,5); 胸(啓示 1,13); 動く (2. モーセ33,23); ヒップ(エゼキエル 1,27); 足(詩篇1篇8,10; 悟り 1,15).

私たちと神との関係について話すとき、聖書はしばしば人間の家庭生活から取られた言葉を使用します。 イエスは私たちに祈るように教えています:「天国の私たちの父!」 (マシュー 6,9)。 母親が子供たちを慰めるように、神はご自分の民を慰めたいと願っておられます(イザヤ66,13)。 イエスは、神によって選ばれた人々を彼の兄弟と呼ぶことを恥じません(ヘブライ人 2,11); 彼は彼女の兄、長男です(ローマ人 8,29)。 黙示録2で1,7 神は約束されます:「克服する者はすべてを受け継ぎ、私は彼の神となり、彼は私の息子となるでしょう。」 そうです、神はクリスチャンに子供たちとの家族の絆を呼びかけます。 聖書は、人間が理解できる理解の中でこの絆を説明しています。 彼女は印象主義と呼ぶことができる最高の精神的な現実の絵を描きます。 これは私たちに将来の輝かしい霊的現実の全範囲を与えるものではありません。 神の子供たちとしての神との究極の関係の喜びと栄光は、私たちの限られた語彙が表現できるよりもはるかに大きいです。 教えてください 1. ジョン 3,2:「親愛なる皆さん、私たちはすでに神の子供です。しかし、私たちがどうなるかはまだ明らかにされていません。しかし、私たちは知っています。それが明らかになると、私たちは彼のようになります。私たちは彼をそのまま見るからです。」 復活において、救いの充満と神の国が到来したとき、私たちはついに神を「完全に」知るようになるでしょう。 「私たちは今、鏡を通して暗い画像を見ています。しかし、それから顔を合わせます。今、私は少しずつ知っています。しかし、私は私がどのように知られているかを見るでしょう」(1. コリントの信徒への手紙13,12).

「誰が私を見ているのか、父を見ているのか」

私たちが見てきたように、神の自己啓示は、創造、歴史、そして聖書を通してです。 さらに、神は彼自身が人間になったという事実を通して人間に彼自身を明らかにしました。 彼は私たちのようになり、私たちの間で生活し、奉仕し、教えました。 イエスの到来は、神の最大の自己啓示の行為でした。 「そしてその言葉は肉体にされた(ジョン 1,14)。 イエスは神の特権から解放され、完全に人間である人間になりました。 彼は私たちの罪のために死に、死からよみがえり、そして彼の教会を組織しました。 キリストの到来は、彼の時代の人々に衝撃を与えました。 どうして? 次の14つの章で見るように、彼らの神の像は十分ではなかったからです。 それにもかかわらず、イエスは弟子たちに、「わたしを見る者はだれでも父を見る」と言われました。 (ヨハネ9:)。 要するに、神はイエス・キリストの中で自分自身を明らかにされました。

3. 私以外に神はいない

ユダヤ教、キリスト教、イスラム教。 つの世界の宗教はすべて、アブラハムを父と呼んでいます。 アブラハムは、つの重要な点で同時代の人々とは異なりました。彼は、唯一の神、つまり真の神を崇拝していました。 神はただ一人であるという信念である一神教は、真の宗教の出発点を示しています。

アブラハムは真の神を崇拝しましたアブラハムは一神教の文化に生まれていませんでした。 数世紀後、神は古代イスラエルに次のように忠告します。カナンのそしてより多くの性別... "(ジョシュア24,2-3)。

神に召される前、アブラハムはウルに住んでいました。 彼の先祖はおそらくハランに住んでいた。 多くの神々が両方の場所で崇拝されていました。 たとえば、ウルには、シュメールの月の神ナンナに捧げられた大きなジッグラトがありました。 ウルの他の寺院は、アン、エンリル、エンキ、ニンガルのカルトに仕えました。神アブラハムは、この多神教の信仰の世界を使い果たしました。あなた。そして私はあなたを素晴らしい人々にしたいと思っています... "(1. モーセ12,1-2)。

アブラハムは神に従い、去りました(4節)。 ある意味で、神とイスラエルとの関係はこの時点で始まりました。彼がアブラハムに身を明かしたときです。 神はアブラハムと契約を結ばれました。 彼は後にアブラハムの息子イサクとの契約を更新し、その後もイサクの息子ヤコブとの契約を更新しました。 アブラハム、イサク、ヤコブは唯一のまことの神を崇拝しました。 これはまた彼らを彼らの近親者とは異なったものにしました。 アブラハムの兄弟であるナホルの孫であるラバンは、今でも家神(偶像)を知っていました(1. モーセ31,30-35)。

神はイスラエルをエジプトの偶像崇拝から救う

数十年後、ヤコブ(イスラエルに改名)は子供たちと一緒にエジプトに定住しました。 イスラエルの子供たちは数世紀の間エジプトにとどまりました。 エジプトでも、顕著な多神教がありました。 聖書の語彙集(Eltville 1990)は、次のように書いています。生まれたさまざまなアイデア...地球上では、神々は特定の兆候によって認識できる動物に自分自身を組み込んでいます」(p.17-18)。

エジプトでは、イスラエルの子供たちの数は増えましたが、エジプト人の束縛に陥りました。 神は、イスラエルのエジプトからの救出につながった一連の行為の中でご自身を明らかにされました。 それから彼はイスラエルの国と契約を結びました。 これらの出来事が示すように、人間に対する神の自己啓示は常に一神教でした。 彼はモーセにアブラハム、イサク、ヤコブの神であることを明かします。 彼が自分に付けた名前(「私はなる」または「私は」、 2. モーズ 3,14)、他の神々は神のようには存在しないことを示唆しています。 神は。 あなたは違う!

ファラオはイスラエル人を解放したくないので、神は10のペストでエジプトを侮辱します。 これらのペストの多くはすぐにエジプトの神々の無力を示しています。 例えば、エジプトの神々の一人はカエルの頭を持っています。 神のカエルペストはこの神のカルトをばかげたものにします。

の災いの悲惨な結果を見た後でも、ファラオはイスラエル人を手放すことを拒否します。 それから神は海でエジプト軍を破壊します(2. モーセ14,27)。 この行為は、エジプトの海の神の無力さを示しています。 勝利の歌を歌う(2. モーセ15,1-21)、イスラエルの子供たちは彼らの全能の神をたたえます。

真の神が見いだされ再び失われる

神はエジプトからイスラエル人をシナイに導き、そこで彼らは契約を結びます。 十戒の最初の部分で、神は礼拝は彼だけによるものであると強調しています:「あなたは私以外に他の神はいないでしょう」(2. モーセ20,3:4)。 第二の戒めでは、彼はイメージと偶像崇拝を禁じています(5節)。 モーセは何度も何度もイスラエル人に偶像崇拝に屈しないように忠告しています(5. モーズ 4,23-26; 7,5; 12,2-3; 29,15-20)。 彼は、イスラエル人が約束の地に来ると、カナン神話の神々に従うように誘惑されることを知っています。

祈りの名前Sh'ma(ヘブライ語、「聞く!」、この祈りの最初の言葉の後)は、イスラエルの神への献身を表しています。 「聞いてください、イスラエル、主は私たちの神であり、主だけです。そして、あなたは心を尽くし、魂を尽くし、力を尽くしてあなたの神、主を愛するでしょう」(5. モーズ 6,4-5)。 しかし、イスラエルは、EI(真の神にも適用できる標準的な名前)、バアル、ダゴン、アストレス(女神アスタルトまたはイシュタルの別名)を含むカナン神話の神々に繰り返し当てはまります。 特にバアルのカルトはイスラエル人にとって魅惑的な魅力を持っています。 彼らがカナンの土地に植民地化したとき、彼らは豊作に依存しています。 嵐の神バアルは豊穣儀礼で崇拝されています。 国際標準聖書百科事典:「土地と動物の豊穣に焦点を当てているので、豊穣の崇拝は、経済が主に地方であった古代イスラエルのような社会に常に魅力的な影響を及ぼしたに違いありません」(第4巻、101ページ)。

神の預言者はイスラエル人に背教から悔い改めるように忠告しています。 エリヤは人々に尋ねます:「あなたはどちらの側でどれくらい足を引きずりますか?主が神であるならば、彼に従ってください、しかし、それがバアルであるならば、彼に従ってください」(1. キングス18,21)。 神はエリヤの祈りに答えて、彼が神だけであることを証明します。 人々は、「主は神であり、主は神である」と認識しています。 (39節)。

神は自分自身をすべての神の中で最も偉大なものとして明らかにするだけでなく、唯一の神として、「私は主であり、他の誰も、神は外にいない」(イザヤ45,5)。 そして、「わたしの前には神がいないので、わたしの後には誰もいない。わたしは主であり、わたし以外には救い主はいない」(イザヤ43,10-11)。

ユダヤ教 - 厳密に一神教

イエスの時代のユダヤ教は、単一神教(多くの神を想定しているが、3つが最大であると見なしている)でも、一神教(98つの神の崇拝のみを許可し、他の神の存在を考慮している)でもありませんでしたが、厳密に一神教でした(唯一の神)。 新約聖書の神学辞典によると、ユダヤ人はただ一人の神を信じることで団結しました(第巻、ページ)。

今日まで、シュマを暗唱することはユダヤ教の不可欠な部分です。 ラビ・アキバ(殉教者が亡くなりました 2. シュマを祈っている間に処刑されたと言われるセンチュリーAD)は、彼の苦しみを続けたと言われています 5. モーズ 6,4 と言って、「一人で」という言葉で最後の息を呑んだ。

一神教へのイエス

律法学者がイエスに最大の戒めは何であるかを尋ねると、イエスはシュマの言葉で答えます。すべてのあなたの魂、すべての心、そしてすべての力をもって。」(マルコ12:29-30)筆記者は同意します、「マスター、あなたは本当に正しく話しました! 彼はたった一人であり、彼以外に他に誰もいない…」(32節)。

次の章では、イエスの到来が新約聖書の教会の神の像を深め、広げるのを見るでしょう。 イエスは神の子であると同時に父との子であると主張しています。 イエスは一神教を断言します。 新約聖書の神学辞典は次のように強調しています。「[新約聖書]キリスト論を通して、初期のキリスト教の一神教は揺るがずに統合されます...福音書によれば、イエスは一神教の信条を強めさえします」(第3巻、102ページ)。

キリストの敵でさえ彼を証言します:「マスター、私たちはあなたが真実であり、誰についても尋ねないことを知っています。あなたは人の評判を尊重しませんが、あなたは神の道を正しく教えます」(14節)。 聖書が示すように、イエスは「神のキリスト」です(ルカ 9,20)、「キリスト、神が選ばれた者」(ルカ23:35)。 彼は「神の子羊」(ジョン 1,29)と「神のパン」(ヨハネス 6,33)。 みことばであるイエスは神でした(ヨハネ 1,1)。 おそらく、イエスの最も明確な一神教の声明は、マークで見つけることができます 10,17-18。 誰かが彼に「良い主人」と呼びかけると、イエスは「あなたは私を何と呼んでいますか?誰も良い人はいないが、神だけです」と答えます。

初代教会の説教

イエスは教会に福音を宣べ伝え、すべての国の弟子を作るように命じました(マタイ28,18-20)。 したがって、彼女はすぐに多神教の文化に影響を受けた人々に説教しました。 パウロとバルナバがリストラで奇跡を説教し、働いたとき、住民の反応は彼らの厳密な多神教的思考を裏切った。そして彼らはバルナバゼウスとパウルスエルメスを呼びました... "(使徒14,11-12)。 エルメスとゼウスはギリシャのパンテオンの15人の神でした。 ギリシャとローマのパンテオンはどちらも新約聖書の世界でよく知られており、ギリシャローマの神々の崇拝が栄えました。 パウロとバルナバは情熱的に一神教的であると答えました。 (節)。 それでも、彼らは人々が彼らに犠牲を払うのを防ぐことはほとんどできませんでした。

アテネでパウロは多くの異なる神々の祭壇を見つけました-「未知の神へ」の献身的な祭壇でさえ(使徒17,23)。 彼はこの祭壇をアテナイ人への一神教に関する説教の「フック」として使用しました。 エフェソスでは、アルテミス(ダイアナ)のカルトは偶像の活発な取引を伴っていました。 パウロが唯一のまことの神を説教した後、その交易はおさまりました。 その結果、損失を被った金細工職人デメトリウスは、「このパウロは中絶し、説得し、こう言います。手で作られたものは神ではありません」(使徒19:26)。 もう一度、神の僕は人工の偶像の無益さを説きます。 古いもののように、新約聖書はただ一つの真の神を宣言しています。 他の神々はそうではありません。

他の神はいない

明らかに、パウロはコリントのクリスチャンに、「この世には偶像はなく、神はただ一人である」ことを知っていると語っています(1. コリンチャンス 8,4).

一神教は新約聖書と新約聖書の両方を決定します。 信者の父であるアブラハムは、多神教社会から神を呼びました。 神はモーセとイスラエルに身を明かし、自己崇拝だけで古い契約を結ばれ、一神教のメッセージを強調するために預言者を遣わされました。 そして最後に、イエス自身も一神教を確認しました。 彼が設立した新約聖書教会は、純粋な一神教を表していない信念と絶えず戦いました。 新約聖書の時代以来、教会は一貫して、神がずっと前に明らかにされたことを説教してきました。ただ一人が神、「主のみ」です。

4. 神はイエス・キリストで明らかにされました

聖書は「神はただ一人」と教えています。 、、またはではありません。 神だけがあります。 第三章で見たように、キリスト教は一神教です。 ですから、キリストの到来は、そのようなセンセーションを引き起こしました。

ユダヤ人への迷惑

イエス・キリストを通して、「彼の栄光の素晴らしさと彼の存在の似姿」を通して、神は人に自分自身を明らかにされました(ヘブライ人 1,3)。 イエスは神を彼の父と呼びました(マタイ 10,32-33; ルカ23,34; ジョン 10,15)そして言った:「私を見る人は誰でも父を見る!」 (ヨハネ14:9)。 彼は大胆な主張をしました:「私と父は一つです」(ヨハネ10:30)。 復活後、トーマスは「私の主と私の神!」と彼に話しかけました。 (ヨハネ20:28)。 イエス・キリストは神でした。

ユダヤ教はこれを受け入れることができませんでした。 「主は私たちの神であり、主だけです」(5. モーズ 6,4); シュマからのこの文は、長い間ユダヤ人の信仰の基礎を形成してきました。 しかし、ここに、神の子であると主張する経典と奇跡的な力を深く理解している人が来ました。 一部のユダヤ人指導者は、彼を神から来た教師として認めました(ジョン 3,2).

しかし、神の息子? どうして一人の神だけが同時に父と息子になることができるでしょうか? 「それが、ユダヤ人が彼を殺そうとさらに試みた理由です」とヨハネスは言います 5,18「彼は安息日を破っただけでなく、神は彼の父であると言ったからです。」結局、ユダヤ人は彼が彼らの目を冒涜したので彼を死刑に処しました。あなたは祝福された方の息子であるキリストですか? しかし、イエスは言われた、それは私です。 そして、あなたは人の子が力の右手に座って、天の雲と共にやって来るのを見るでしょう。 それから大祭司は服を引き裂いて言った、「他にどんな証人が必要ですか? あなたは冒涜を聞いた。 あなたの判断は何ですか? しかし、彼らは皆、彼が死の罪を犯したと彼を非難しました」(マルコ1章4,61-64)。

ギリシャ人への愚かさ

しかし、イエスの時代のギリシャ人でさえ、イエスの主張を受け入れることができませんでした。 彼らの信念は、永遠に変わらないものと一時的なものとの間のギャップを埋めることができるものは何もありませんでした。 それでギリシャ人はヨハネの次の深遠な言葉を嘲笑しました。 、恵みと真実に満ちた、父からの独り子としての栄光」(ヨハネ 1,1、14)。 それは不信者にとって信じられないほどのことではありません。 神は人間になって死んだだけでなく、死からよみがえり、かつての栄光を取り戻しました。7,5)。 使徒パウロはエペソ人に、神は「キリストを死からよみがえらせ、天国の右手にキリストを立てた」と書いています(エペソ人への手紙第1章20節)。

パウロは、イエス・キリストがユダヤ人とギリシャ人に引き起こした驚愕について次のようにはっきりと語っています。それは、ユダヤ人がしるしを要求し、ギリシャ人が知恵を求めるからです。しかし、私たちは十字架につけられたキリスト、ユダヤ人への罪、ギリシャ人への愚かさを説教します。1. コリンチャンス 1,21-23)。 召された人だけが福音のすばらしいたよりを理解し、受け入れることができます、とパウロは言います。 「ユダヤ人とギリシャ人と呼ばれる人々に、私たちはキリストを神の力と神の知恵として説教します。神の愚かさは人よりも賢く、神の弱さは人よりも強いからです」(24-25節)。 そしてローマ人への手紙 1,16 パウロは次のように述べています。「...私は福音を恥じていません。それを信じるすべての人、最初にユダヤ人、そしてギリシャ人を救うのは神の力だからです。」

「私はドアだ」

彼の地上生活の間に、イエス、肉体神は、神が何であるか、神がどのように生きているのか、そして神が望んでいるのかについての多くの古くて大事にされた - しかし虚偽の - 考えを爆発させた。 彼は旧約聖書がほのめかしていたという真実に光を当てました。 そして彼は発表したばかりです。
彼は救いの可能性があります。

「私は道であり、真実であり、人生である」と彼は宣言した、「だれも父に来るのは私を通してである」(ヨハネ1章4,6)。 そして、「私はぶどうの木であり、あなたは枝です。私と彼の中にいる者は、多くの飛行をもたらします。私なしでは何もできないからです。私にとどまらない者は、枝のように捨てられ、枯れ、彼らは集まって火の中に投げ込まれ、燃やさなければならない」(ヨハネによる福音書第1章5,5-6)。 以前、彼は言った:「私はドアです。誰かが私を通して入るならば、彼は救われるでしょう...」(ジョン 10,9).

イエスは神です

イエスは一神教の命令を持っています 5. モーズ 6,4 話し、旧約聖書のいたるところに響き渡る、オーバーライドされません。 それどころか、彼が法を廃止するのではなく、むしろそれを拡大するのと同じように(マタイ5、17、21-22、27-28)、彼は今や完全に予想外の方法で「一つの」神の概念を拡大します。 彼は次のように説明しています。神はただ一人ですが、その言葉は永遠に神と共にありました(ジョン 1,1-2)。 その言葉は肉体になり、完全に人間であると同時に完全に神となり、それ自体がすべての神の特権を放棄しました。 「神の姿をしたイエスは、強盗が神と同等であるとは考えていませんでしたが、自分を空にしてしもべの姿をとったので、人のようになりました。
人間として認識される外観。 彼は謙虚になり、十字架で死ぬことさえも、死に従順でした」(フィリピの信徒への手紙 2,6-8)。

イエスは完全に人間であり、完全に神でした。 彼は神のすべての力と権威を指揮しましたが、私たちのために人間の存在の限界に服従しました。 この化身の期間中、息子である彼は父親と「一体」のままでした。 「私を見る人は誰でも父を見る!」 イエスは言った(ヨハネ1章4,9)。 「私は自分の意志で何もすることができません。聞いているように、私は判断します、そして私の判断は正しいです。私は私の意志を求めませんが、私を送った彼の意志を求めます」(ジョン 5,30)。 彼は自分自身については何もしていないが、父親が彼に教えたように話していたと言った(ジョン 8,28).

はりつけの少し前に、彼は弟子たちに次のように説明しました。「私は父から出て世界に入った。私は再び世界を離れて父に行く」(ヨハネ1章6,28)。 イエスは私たちの罪のために死ぬために地上に来られました。 彼は教会を始めるようになりました。 彼は福音の世界的な説教を始めるようになりました。 そして彼はまた人々に神を明らかにするようになりました。 特に、彼は人々に神に存在する父と息子の関係を認識させました。

たとえば、ヨハネの福音書は、イエスがどのように父を人類に明らかにしたかを主にたどっています。 イエスの過越の祭りの会話(ヨハネ13-17)は、この点で特に興味深いものです。 神の性質についてのなんと驚くべき洞察でしょう。 神と人との間の神の意志の関係についてのイエスのさらなる啓示は、さらに驚くべきものです。 人は神の性質に参加することができます! イエスは弟子たちに言われた、「わたしの戒めを持ち、それを守る者はわたしを愛する者です。しかし、わたしを愛する者はわたしの父に愛され、わたしは彼を愛し、彼に自分を明らかにします」(ヨハネによる福音書第1章4,21)。 神は愛の関係、つまり父と子の間に存在する種類の愛を通して、人と自分を結びつけたいと願っておられます。 神はこの愛が働く人々に自分自身を明らかにされます。 イエスは続けます。「わたしを愛する者はわたしの言葉を守ります。わたしの父は彼を愛し、わたしたちは彼のところに来て、彼と一緒に住みます。しかし、わたしを愛さない者はわたしの言葉を守りません。聞くのは私の言葉ではなく、私を遣わした父の言葉です
「」(23-24節)があります。

イエス・キリストへの信仰を通して神に来て、神に忠実に命を捧げる者は誰でも、神は彼の中に住んでおられます。 ペテロは次のように説教しました。「悔い改めなさい。あなた方一人一人は、あなたの罪の赦しのためにイエス・キリストの名によってバプテスマを受けます。そうすれば、あなた方は聖霊の賜物を受け取るでしょう」(使徒言行録) 2,38)。 次の章で見るように、聖霊も神です。 パウロは、神が彼の中に住んでおられることを知っていました。私。」私を愛し、私のために自分自身をあきらめた」(ガラテヤ人 2,20).

イエスがヨハネによる福音書第3章3節で説明されているように、人間における神の生活は「新生」のようなものです。 この霊的な誕生によって、人は神の中で新しい生活を始め、神の聖徒と家族の市民になります(エペソ2:19)。 パウロは、神が「私たちを闇の力から救われ」、「私たちが贖い、すなわち罪の赦しを持っている彼の愛する息子の王国に私たちを移した」と書いています(コロサイ人への手紙 1,13-14)。 クリスチャンは神の国の市民です。 「親愛なる皆さん、私たちはすでに神の子供です」(1. ヨハネ3:2)。 イエス・キリストにおいて、神は完全に明らかにされました。 「彼の中には、神の頭のすべてが肉体的に宿っているからです」(コロサイ2:9)。 この啓示は私たちにとって何を意味しますか? 私たちは神の性質の参加者になることができます!

ピーターは結論を導き出します。「人生と信心深さに役立つすべてのものは、彼の栄光と力を通して私たちを呼んだ彼の知識を通して私たちにその神の力を与えました。 それらを通して、あなたは私たちに最愛のそして最大の約束が与えられます、それによってあなたはそれによってあなたが世界の有害な欲望から逃れた神の性質を分かち合うことができます」(2. ピーター 1,3-4)。

キリスト - 神の完璧な啓示

どのような方法で、神はイエス・キリストの中で具体的に自分自身を明らかにされましたか? 彼が考え、実行したすべてにおいて、イエスは神の性格を明らかにされました。 イエスは死んで死からよみがえられたので、人は救われ、神と和解し、永遠の命を得ることができました。 ローマ人の5:10-11は、「私たちが彼の息子の死によって神と和解したのなら、私たちが敵であったとき、和解したのです。しかし、私たちはまた、私たちの贖罪を受けた私たちのヘン・イエス・キリストを通して、神を賛美します。」

イエスは、新しい異民族的で国家的な精神的共同体を設立するという神の計画を明らかにしました-教会(エフェソ人への手紙 2,14-22)。 イエスは、キリストにおいて新たに生まれたすべての人の父として神を明らかにされました。 イエスは、神がご自分の民に約束された輝かしい運命を明らかにされました。 私たちの中に神の御霊が存在することは、すでにその未来の栄光を味わうことができます。 御霊は「私たちの相続の誓約」です(エペソ人への手紙 1,14).

イエスはまた、父と子が一つの神として存在していること、そしてその一つには永遠の神であることが異なる本質を表していることを証言しました。 新約聖書の作家は、旧約聖書の神がキリストに命名されたことを何度も繰り返し用いました。 そうすることで、彼らは、キリストがそうであるようにだけでなく、神がそうであるようにも私たちに証言したのです。 キリストがどのようなものであるかを調べるとき、私たちは神についてもっと学びます。

5. 3人に1人、3人に1人

私たちが見てきたように、聖書は妥協することなく一人の神の教義を表しています。 イエスの受肉と働きは、神の一体性の「方法」についてのより深い洞察を私たちに与えてくれました。 新約聖書は、イエス・キリストが神であり、父が神であることを証しています。 しかし、私たちが見るように、それはまた、聖霊を神として、神として、永遠として表しています。 つまり、聖書は、父、子、聖霊として永遠に存在する神を明らかにしています。 このため、クリスチャンは「父と子と聖霊の名において」バプテスマを受けるべきです(マタイ2章8,19).

何世紀にもわたって、一見してこれらの聖書の事実をより明確にすることができる多くの説明的なモデルが現れました。 しかし、私たちは聖書の教えに対して「裏口で」という説明を受け入れることには用心しなければなりません。 説明の多くは、より壮大でより鮮明な神のイメージを私たちに与えてくれる限り、事柄を単純化するかもしれません。 しかし何よりもまず第一に、それは説明が聖書と一致しているかどうかによるが、それが自己完結していて一貫しているかどうかではない。 聖書は、ただ一人の神が存在することを示していますが、同時に私達に父、子、そして聖霊を提示します。

「3つに1つ」、「3つに1つ」、これらはヒューマンロジックに抵抗するアイデアです。 例えば、ゴスが父、子、聖霊に「分裂する」ことなく、「一体」であることを想像するのは比較的簡単です。 しかしそれは聖書の神ではありません。 もう1つの単純なイメージは、「神の家族」です。これは複数のメンバーで構成されています。 しかし、聖書の神は、私たちが自分自身の思考で啓示なしに開くことができるものとはまったく異なります。

神は主について多くのことを明らかにされています、そして私たちはそれらすべてを説明することができなくてもそれらを信じます。 例えば、私たちは、始めなければ神がどうあることができるかを十分に説明することはできません。 そのような考えは私達の限られた範囲を超えて行きます。 私たちは彼らを説明することはできませんが、神に始まりがないのは事実だということを知っています。 同様に、聖書は、神はただ一人の神であることを明らかにしていますが、同時に父、子、そして聖霊でもあります。

聖霊は神です

使徒言行録 5,3-4は聖霊を「神」と呼んでいます。それを持っていましたか?そして、それが売られたとき、あなたはまだあなたが望むことをすることができませんでしたか?なぜあなたはこれをあなたの心の中で計画しましたか?あなたは人々にではなく神に嘘をつきました。」 聖霊の前のアナニアの嘘は、ペテロによれば、神の前の嘘でした。 新約聖書は、神だけが所有できる聖霊に特性を帰しています。 たとえば、聖霊は全知です。 「しかし、神は彼の霊を通してそれを私たちに明らかにされました。霊は神の頭の深さを含むすべてのものを捜し求めているからです」(1. コリンチャンス 2,10).

さらに、聖霊は遍在していて、いかなる空間的限界にも縛られていません。 「あるいは、あなたの体があなたの中にあり、あなたが神から持っている聖霊の神殿であり、あなたが自分のものではないことを知らないのですか?」 ((1. コリンチャンス 6,19)。 聖霊はすべての信者に宿っているので、一箇所にとどまりません。 聖霊はクリスチャンを新たにします。 「人は水と御霊から生まれなければ、神の国に入ることはできません。肉から生まれるのは肉であり、御霊から生まれるのは霊です...風は彼が望むところならどこでも吹く、そしてあなたは彼のざわめきは聞こえますが、彼がどこから来たのか、どこに向かっているのかはわかりません。ですから、それは御霊から生まれたすべての人と一緒です」(ジョン 3,5-6、8)。 彼は未来を予測している。 「しかし、スピリットは、終わりの日には、信仰から離れて、魅惑的なスピリットと悪魔的な教義に固執する人がいるとはっきりと言っています」(1. ティモテウス 4,1)。 バプテスマの公式では、聖霊は父と子と同じレベルに置かれます。クリスチャンは「父と子と聖霊の名において」バプテスマを受けることになっています(マタイ28,19)。 霊は何もないところから創造することができます(詩篇104,30)。 神だけがそのような創造的な賜物を持っています。 ヘブライ人 9,14 形容詞を精神に「永遠」にします。 神だけが永遠です。

イエスは使徒たちに、彼の出発後、彼らと一緒に「永遠に」とどまるべき「慰め」(援助)、「真実の精神」を送ると約束しました。彼を知ってください。彼はあなたと一緒にいて、あなたの中にいるからです」(ヨハネ14:16-17)。 イエスはこの「慰め者」を聖霊として具体的に特定されています。 慰め者は世界にその罪を示し、私たちをすべての真実に導きます。 神だけができるすべての行為。 パウロはこれを次のように確認しています。 、スピリットによって教えられ、スピリチュアルによってスピリチュアルを解釈する "(1. コリンチャンス 2,13、エルバーフェルト聖書)。

父、子、聖霊:神

父が神であり、子が神であるように、神がただ一人であり、聖霊が神であることに気づいたとき、使徒1章のような箇所を見つけることは難しくありません。3,2 理解するために:「しかし、彼らが主に仕え、断食しているとき、聖霊は言った:私をバルナバとサウルから、私が彼らを呼んだ仕事に引き離しなさい。」ルカによると、聖霊は言った。私が彼女と呼んだ仕事にサウル。「聖霊の働きにおいて、ルカは神の働きを直接見ています。

私達が私達の言葉で神の本質の聖書の啓示を取るとき、それは素晴らしいです。 聖霊が賜物を話す、送る、鼓舞する、導く、聖化する、力を与える、または贈り物をするとき、そうするのは神です。 しかし、神は一つであって三つの別の存在ではないので、聖霊は独立した神ではなく、自らの行動に基づいて行動します。

神には、御子と御霊の意志である御父の御こころがあります。 これは、互いに完全に調和していると決心している2人か3人の別々の神の存在ではありません。 それはむしろ神です
そして意志。 御子は御父の御心を表現するそれゆえに、地上で御父の御こころを成し遂げることは聖霊の性質と働きです。

パウロによれば、「主は……霊である」と彼は「霊である主」について書いています(2. コリンチャンス 3,17-18)。 6節には「御霊が命を与える」とさえ書かれていますが、それは神だけができることです。 御霊によってイエスが神の子であると信じることができるので、私たちは父を知っているだけです。 イエスと父は私たちの中に住んでいますが、それは御霊が私たちの中に住んでいるからです(ヨハネ14,16-17; ローマ人 8,9-11)。 神は一つなので、御霊が私たちの中にあるとき、父と子も私たちの中にいます。

In 1. コリントの信徒への手紙12,4-11パウロは御霊、主、そして神と同一視しています。 「すべてにおいて働く一人の神」がいる、と彼は6節に書いています。しかし、さらにいくつかの節は、「これはすべて同じ霊によって行われる」、すなわち「彼(霊)が望むように」と述べています。 心はどうやって何かを欲しがるのだろうか? 神であることによって。 そして、神はただ一人なので、父の意志は子と聖霊の意志でもあります。

神を崇拝することは、父、子、そして聖霊を崇拝することです。彼らは唯一無二の神だからです。 私たちは聖霊と崇拝を独立した存在として公開してはなりません。 聖霊そのものではなく、神、父、子、聖
一つに精神があれば、私たちの礼拝はそうあるべきです。 私たちの中の神(聖霊)は私たちを神を崇拝するように動かします。 慰め者(息子のように)は「自分のこと」を話しません(ヨハネ1章6,13)、しかし、父が彼に言うことを言います。 彼は私たちを自分自身に言及するのではなく、息子を通して父に言及します。 また、私たちは聖霊そのものに祈ることもありません-私たちが祈るのを助け、私たちのために介入するのを助けるのは私たちの内にある霊です(ローマ人 8,26).

神ご自身が私たちの中にいなければ、私たちは決して神に回心することはありません。 神ご自身が私たちの中にいなかったら、私たちは神も息子(彼)も知りません。 ですから、私たちが救いを負うのは、私たちではなく、神だけにあるのです。 私たちが実を結ぶのは、私たちのものではなく、霊の実である神の実です。 それでも、私たちが望むのであれば、私たちは神の働きに協力できるという大きな特権を享受しています。

父はすべてのものの創造者そして源です。 御子はあがない人、救い主、それを通して神がすべてを創造された執行機関です。 聖霊は慰め人であり擁護者です。 聖霊は私たちの内の神であり、私たちを御子を通して御父に導きます。 私達が御子と御父との交わりを持つことができるように、私達は御子を通して清められ、救われます。 聖霊は私たちの心と思いに働きかけ、私たちを道と門であるイエス・キリストへの信仰へと導きます。 御霊は私たちに賜物、神の賜物を与えます。その中に信仰、希望、そして愛は少なくともありません。

これらはすべて、神が父、子、そして聖霊として私たちに明らかにされた人の働きです。 彼は旧約聖書の神以外の神ではないが、新約聖書には彼についてもっと多くのことが明らかにされている。彼は私たちの罪のために死に、栄光に育てるために彼の子を人として送った。 - 誰が私たちのうちに住んでいて、私たちをすべての真理へと導き、私たちに贈り物を与え、そしてキリストの見た目に従うのです。

私たちが祈るとき、私たちの目標は神に私たちの祈りに答えてもらうことです。 しかし、神は私たちをこの目標に導く必要があり、神は私たちがこの目標に導かれる道でさえあります。 言い換えれば、私たちは神(父)に祈ります。 私たちを祈るように動かすのは私たちの中の神(聖霊)です。 そして神は私たちがその目標に導かれる道(息子)でもあります。

父は救いの計画を始めます。 御子は人類のための和解と救いの計画を具体化し、そしてそれを自分で実行します。 聖霊は救いの祝福 - 賜物 - をもたらし、それが忠実な信者の救いをもたらします。 これが一つの神、聖書の神の働きです。

パウロはコリントの信徒への第二の手紙を祝福で締めくくります。「私たちの主イエス・キリストの恵みと神の愛と聖霊の交わりがあなた方全員と共にありますように!」 ((2. コリントの信徒への手紙13,13)。 パウロは、神がイエス・キリストを通して与えてくださる恵みによって私たちに授けられる神の愛と、神と聖霊を通して与えられる神との一致と交わりに焦点を合わせています。

神は何人の「人」ですか。

多くの人々は、聖書が神の一致について語っていることについて漠然とした考えしか持っていません。 ほとんどはそれについて深く考えていません。 3人の独立した存在を想像する人もいます。 三頭のある存在。 他の人は、父、子、そして聖霊に自由に変えることができます。 これは、人気のある画像のほんの一部としてのみです。

神についての聖書の教えを「三位一体」、「三位一体」、「三位一体」という言葉で表現しようとする人はたくさんいますが、聖書がそれについて何を言っているのかと尋ねると、通常は説明をしなければなりません。トリニティの多くの人々のイメージは聖書的に粘土質の足に基づいており、明確さの欠如の重要な理由は「人」という用語の使用にあります。

三位一体のほとんどのドイツ語の定義で使用されている「人」という言葉は、1961つの存在を示唆しています。 例:「79つの神は人の中にあります... つの神の性質です...これらの人は互いに(実際に)異なります」(Rahner / Vorgrimler、IQeinesTheologischesWörterbuch、フライブルク、p。) 。 神に関して、「人」という言葉の一般的な意味は、歪んだ絵を伝えます。つまり、神は限られているという印象と、神の三位一体は、神がつの独立した存在で構成されているという事実から生じているという印象です。 そうではありません。

ドイツ語の "person"はラテン語のペルソナから来ています。 ラテン神学言語ペルソナは、父、息子、聖霊の名前として使われていましたが、今日のドイツ語の「人」とは違う意味で使われています。 ペルソナの基本的な意味は「マスク」でした。 当時、俳優はいくつかの役割の中で1つの作品で演じ、そしてそれぞれの役割のために彼は特定のマスクを身に着けていました。 しかし、この言葉でさえ、それは3人の存在の誤解を引き起こすことはありませんが、それでも神に対して弱くて誤解を招くものです。 父、子、聖霊は神が担う役割以上のものであり、俳優は一度に一つの役割しか果たせないが、神は常に父、子、聖霊であるため、誤解を招く。 ラテン神学者がペルソナという言葉を使ったときに正しいことを意味していたのかもしれません。 素人が彼を正しく理解していたであろうことは、ありそうもないです。 今日でさえ、神に関して「人」という言葉は、神の中の「人」を「人」の下とは全く異なるものと想像しなければならないという説明を伴わなければ、容易に間違った道を進んでいく。人間の感覚

3人で私たちの神の言葉で話す人はだれでも、3人の独立した神を想像すること以外に、本当にできます。 言い換えれば、彼は「人」という用語と「ある」という用語を区別しません。 しかし、それは神が聖書の中で明らかにされている方法ではありません。 3人ではなく1人の神だけがいます。 聖書は、父、子、そして聖霊が相互に浸透していることは、聖書の真の神であるという唯一の永遠の方法として理解されるべきであることを明らかにしています。

一人の神:3つのhypostases

神は「一」と「三」であるという聖書の真理を同時に表現したいのであれば、神が三人、独立した神が三人いるという印象を与えない言葉を探さなければなりません。 聖書は、神の一体性について妥協することを求めていません。 問題は次のとおりです。作成されたものを指すすべての単語で、誤解を招く可能性のある意味の一部が冒とく的な言葉から共鳴します。 「人」という言葉を含むほとんどの言葉は、神の性質を創造された秩序に関連付ける傾向があります。 一方、私たちの言葉はすべて、作成された順序と何らかの関係があります。 したがって、人間の言葉で神について話すとき、私たちが何を意味し、何を意味しないのかを正確に明確にすることが重要です。 役立つ言葉-ギリシャ語を話すクリスチャンが神の一致と三位一体を把握した言葉の絵は、ヘブライ語1にあります。3. この一節はいくつかの点で有益です。 「彼(息子)は彼の(神の)栄光と彼の存在の似姿の反映であり、彼の力強い言葉ですべてのものを担っています...」「彼の栄光の反映(または放射)」というフレーズから私たちはいくつかの洞察を推測することができます:息子は父親とは別の存在ではありません。 息子は父と同じくらい神聖です。 そして、父がそうであるように、息子は永遠です。 言い換えれば、息子は、反射または放射線が栄光に関連しているので、父親に関係しています。放射源がなければ、放射線はなく、放射線がなければ、放射源はありません。 しかし、私たちは神の栄光とその栄光の発散を区別しなければなりません。 それらは異なりますが、別々ではありません。 同様に有益なのは、「彼の存在のイメージ[またはインプリント、インプリント、イメージ]」というフレーズです。 父親は息子に完全に表現されています。
さて、ここで「エッセンス」の後ろに立っている派手な言葉を見てみましょう。 それは止血です。 それはhypo = "under"とstasis = "stand"から成り、 "何かの下に立つ"という基本的な意味を持ちます。 それが意味することは、私達が言うように、それがそれが何であるかそれを作ること、一つのことの「背後にある」ことです。 止血は「それがなければ別のものがあり得ない何か」として定義することができる。 あなたはそれらを「本質的な理由」、「存在の根拠」として説明することができます。

神は個人的です

「位位」(複数形:「位位」)は、父、子、聖霊を表す良い言葉です。 それは聖書の用語であり、神の性質と創造された秩序との間のより鋭い概念的な分離を提供します。 ただし、(必須の)要件は、単語が人間と個人の意味で理解されないことであるという条件で、「人」も適しています。

「人」も適切である(正しく理解されている)理由の11つは、神が私たちに個人的な方法で関わっているからです。 したがって、それが非人称であると言うのは間違いです。 私たちは岩や植物を崇拝するのではなく、「宇宙の背後にある」非人格的な力でさえも崇拝しませんが、「生きている人」を崇拝します。 神は個人的ですが、私たちが「人である」という意味で人ではありません。 「私は神であり、人ではなく、あなたのうちの聖なる方です」(ホセア9:)。神は創造主であり、創造された者の一部ではありません。人々は人生の始まりを持ち、体を持ち、成長し、個人的に異なり、年齢が異なり、最終的には死にます。何よりも、神は高められていますが、それでも彼は人々との関係において個人的に行動します。

神はその言葉が無限に生まれることができるすべてを超えています。 それにもかかわらず、彼は個人的であり、私たちを心から愛しています。 彼には多くのことを公開する必要がありますが、人間の知識の限界を超えたすべてのものではない、と彼は隠しています。 有限の存在として、私たちは無限を把握することはできません。 ウーは啓示の中で神を認識することができますが、私たちは有限で無限であるので、私たちは彼を網羅的に理解することはできません。 神が自分自身について私たちに明らかにされたことは本物です。 それは本当です。 それは重要です。

神は私たちを「しかし、私たちの主であり救い主であるイエス・キリストの恵みと知識の中で成長する」と呼ばれます(2. ピーター 3,18)。 イエスはこう言われました。「これは永遠のいのちです。彼らはあなたを知ることができます。あなただけがまことの神であり、あなたが遣わしたのはイエス・キリストです」(ヨハネ17:3)。 私たちが神を知れば知るほど、私たちがどれほど小さく、神がどれほど大きいかがはっきりします。

6。 人類と神との関係

このパンフレットの紹介として、私たちは人間が神に尋ねる可能性のある基本的な質問、つまり尊厳を定式化しようとしました。 そのような質問を自由にできるとしたら、私たちは何を尋ねますか? 私たちの手探りの質問「あなたは誰ですか?」 宇宙の創造者であり支配者である人は、「私は私になる​​だろう」と答えます(2. モーズ 3,14)または「私は私です」(群衆の翻訳者)。 神は創造において私たちに自分自身を説明します(詩篇19,2)。 彼が私たちを作った時から、彼は私たち人間と関わってきました。 雷や稲妻のように、嵐のように、地震や火のように、時には「静かで穏やかな気まぐれ」のように(2. モーセ20,18; 1. キングス19,11-12)。 彼は笑うことさえします(詩篇2:4)。 聖書の記録では、神は自分自身について語り、直接直面した人々に対する彼の印象を説明しています。 神はイエス・キリストと聖霊を通してご自身を明らかにされます。

今、私たちは神が誰であるかを知りたいだけではありません。 彼が私たちを何のために作ったのかも知りたいです。 彼の計画が私たちにとって何であるかを知りたい。 私たちは、私たちのためにどんな未来が待ち受けているのか知りたいのです。 私たちと神との関係は何ですか? どの「すべき」か? そして、私たちは将来どれを持っていますか? 神は私たちを彼自身のイメージで造られました(1. モーズ 1,26-27)。 そして、私たちの将来のために、聖書は、限られた存在が夢見ることができるように、現在よりもはるかに高いことを-時には非常に明確に-明らかにしています。

私たちが今いるところ

ヘブライ人 2,6-11は、私たちが現在、天使よりも少し「低い」ことを示しています。 しかし、神は「賛美と名誉をもって私たちを戴冠させ」、すべての被造物を私たちの支配下に置かれました。 将来のために、「彼は彼の対象ではないものを除外していません。しかし、すべてが彼の対象であるとはまだわかりません。」 神は私たちのために永遠の輝かしい未来を用意してくださいました。 しかし、まだ何かが邪魔になっています。 私たちは罪悪感の状態にあり、私たちの罪は私たちを神から切り離します(イザヤ59:1-2)。 罪は、神と私たちの間に乗り越えられないハードルを生み出しました。それは私たちだけでは克服できない障壁です。

しかし、基本的には、休憩はすでに癒されています。 イエスは私たちのために死を味わいました(ヘブライ人 2,9)。 彼は私たちの罪によって被った死刑を「多くの息子を栄光に導く」ために支払いました(10節)。 黙示録21:7によると、神は私たちが父子関係で彼と一緒にいることを望んでおられます。 彼は私たちを愛し、私たちのためにすべてをしてくれたので-そして私たちの救いの著者として今でもそうしています-イエスは私たちを写真と呼ぶことを恥じていません(ヘブライ人 2,10-11)。

今必要なもの

使徒言行録 2,38 罪を悔い改め、バプテスマを受け、比喩的に埋葬されるようにと私たちに呼びかけます。 神は、イエス・キリストが彼らの救い主、主、そして王であると信じる人々に聖霊をお与えになります(ガラテヤ人 3,2-5)。 私たちが悔い改めるとき、私たちがかつて歩いていた利己的で世俗的な罪深い道から離れて、私たちは信仰をもって彼との新しい関係に足を踏み入れます。 私たちは新たに生まれました(ヨハネス 3,3)、キリストの新しい命は聖霊を通して私たちに与えられ、神の恵みと憐れみを通して、そしてキリストの贖いの働きを通して聖霊によって変えられました。 その後? それから私たちは「私たちの主であり救い主であるイエス・キリストの恵みと知識の中で」成長します(2. ペテロ3:18)人生の終わりまで。 私たちは最初の復活に参加する運命にあり、その後は「常に主と共にいる」(1. テサロニケ人 4,13-17)。

私たちの計り知れない遺産

神は「私たちを再び生まれました...死からのイエス・キリストの復活を通して生きた希望に、不滅で真っ白で不滅の相続に」、「神の力によって...最後の日々" (1. ピーター 1,3-5)。 復活で私たちは不滅になります(1. コリント15:54)そして「霊的な体」(44節)を達成します。 「そして、私たちが地上の[人-アダム]の像を生んだので、私たちも天の像を生むでしょう」と49節は述べています。 「復活の子供たち」として、私たちはもはや死の対象ではありません(ルカ20,36)。

聖書が神と私たちの将来の神との関係について述べていることよりも輝かしいものはありますか? 私たちは「彼のようになります。私たちは彼をそのまま見るでしょう」(1. ジョン 3,2)。 黙示録21:3は、新しい天と新しい地の時代を約束します。彼らの神になります...」

私たちは神と一体になります - 聖、愛、完全、正義そして精神において。 彼の不滅の子供たちとして、最大限の意味で私たちは神の家族を形成します。 私たちは永遠の喜びにおいて、完全な交わりを主と共有します。 なんと素晴らしいそして感動的なもの
神は、自分を信じるすべての人のために、希望と永遠の救いのメッセージを準備してくださいました!

WKGのパンフレット