救いは神の問題です

454救助は神の問題です 子供がいる私たち全員にいくつか質問します。 「あなたの子供はあなたに背いたことがありますか?」 他のすべての両親と同じように「はい」と答えた場合、XNUMX番目の質問が出されます。 罰はどのくらい続きましたか? より明確に言った:「あなたの子供に罰が終わらないことを説明しましたか?」 クレイジーですね。

弱く不完全な両親である私たちは、彼らが違反した場合、私たちの子供を許します。 ある状況において適切であると考えるならば、私たちが違法行為で処罰する状況があります。 私たちの多くは、自分の子供たちを残りの人生のために罰することが正しいと考えているのだろうか?

何人かのクリスチャンは、弱くも不完全でもない神である私たちの天の御父が、永遠に、そしてイエスについて聞いたことがない人でさえも永遠に人を罰すると信じさせたいと思っています。 彼らは、神、恵みと憐れみに満ちていると言います。

私たちがイエスから学ぶことと何人かのクリスチャンが永遠の贖罪について信じることの間に大きなギャップがあるので、これについて考えるために少し時間をかけてください。 例:イエス様は私達に私達の敵を愛し、さらに私達を憎み迫害する者たちにも善を行うように命じています。 一部のクリスチャンは、神は彼の敵を憎むだけでなく、文字通り彼らを地獄で焼かせ、そしてそれは容赦なくそして容赦なくあらゆる永遠のためになると信じています。

一方、イエスは彼を十字架につけた兵士たちのために祈りました:「父よ、彼らが何をしているのか分からないので、彼らを許してください。」 一部のクリスチャンは、世界が創造される前に神が彼らを許すように運命づけられていたごく少数だけを許すと教えています。 もしそれが本当なら、イエスの祈りはそれほど大きな違いをもたらさなかっただろうに違いないでしょうか?  

重い負荷

クリスチャンの青年指導者は、ティーンエイジャーのグループに男性との出会いに関する病的な話をしました。 彼自身、この男に福音を説教することを強いられたと感じましたが、彼らの会話の間にそうすることはできませんでした。 彼は後にその男が同じ日に交通事故で亡くなったことを知った。 「この男は今地獄にいます」と彼は若者の広い目をしたクリスチャンのティーンエイジャーに言いました、「彼は何とも言えない苦痛に苦しんでいます」。 それから、劇的な休止の後、彼は「そしてそれは今私の肩の上にあります」と付け加えました。 彼は彼の怠慢のために彼が持っていた彼の悪夢について彼らに話しました。 この貧しい男は地獄の火の試練に永遠に苦しむだろうという恐ろしい考えを考えて、彼はベッドで泣いていました。

信念をうまく巧みに調和させ、一方で神は世界を愛し、イエスを救われたと信じている人々がいるのでしょうか。 一方、彼らは信じています 神は人々を救うにはひどくぎこちなく、私たちの無能さのために彼らを地獄に送り込まなければならないことを(思いがけない思い込みで)。 「あなたは仕事によってではなく、恵みによって救われます」と彼らは言い、そうです。 彼らは、人々の永遠の運命は私たちの伝道活動の成功または失敗に依存するという福音の反対の考えを持っています。

イエスは救い主、救い主、救い主です!

私たち人間が私たちの子供たちを愛しているのと同じくらい、彼らは神によってどれだけもっと愛されていますか? これは修辞的な質問です - 神は私たちが今までにないほど無限に彼女を愛しています。

イエスは言った:「あなたの中で、魚を求めたときに息子に魚のヘビを差し出す父親はどこにいますか。 …邪悪なあなたがあなたの子供に良い贈り物を与えることができるならば、天の父は彼に尋ねる人々に聖霊をどれほど多く与えるでしょう!» (ルカ11,11:13とXNUMX)。

真実はまさにジョンが私たちに言ったことです:神は本当に世界を愛しています。 «神はそれゆえ、彼が彼の一人の生まれた息子を与えた世界を愛したので、彼を信じるすべての人は失われるのではなく、永遠の命を持っています。 神は彼の息子を世界に送り込んで世界を裁かれたのではなく、彼を通して世界を救われたからです» (ジョン3,16:17)。

この世の救済 - 神が彼らを救うために彼の息子を送ったほど神が愛している世界 - は神のみにかかっており、神だけにかかっています。 救いが私たちと、福音を人々にもたらすことにおける私たちの成功にかかっているのであれば、本当に大きな問題があるでしょう。 それは私たちに頼るのではなく、神だけに頼るのです。 神は私たちを救うためにこの任務を遂行するためにイエスを派遣されました、そして彼は彼らを満たしました。

イエスは言った:«息子を見、信じる者は永遠の命を持っているのは私の父の意志である。 そして私は最終日に彼を育てます» (ヨハネ6,40)。

救うことは神の業であり、父、子、そして聖霊はそれを上手に成し遂げます。 福音宣教の良い業に関わっていることは祝福です。 しかし、私たちは、神が私たちの無能にもかかわらずしばしば行動するということも認識しなければなりません。

彼らは人に福音を説くことに失敗したので彼らは彼ら自身に有罪の良心の責任を課しましたか? 負担をイエスに渡しなさい! 神は厄介ではありません。 誰も彼の指をすり抜けず、彼女のために地獄に行かなければなりません。 私たちの神は善良で慈悲深くそして力強い方です。 あなたは彼があなたのためにそしてすべての人々のためにそれをこのようにすることを信頼することができます。

Michael Feazell著


PDFファイル救いは神の問題です