精神の世界

137魂の世界 私達は私達の世界を物理的、物質的、三次元として考えています。 触って、味わって、見て、臭いがして、聞こえるという五感を通して彼らを経験します。 これらの感覚と私達が補強するために私達が考案した技術的装置で、私達は物理的な世界を探検しそしてその可能性を利用することができます。 今日、これまで以上に人類は長い道のりを歩んできました。 私たちの現代の科学的成果、私たちの技術的栄光は、私たちが物理的世界を理解し、理解し、そして利用することができるという証拠です。 霊界は、もし存在すれば、物理的な次元を超えて存在しなければならないでしょう。 それは肉体的な感覚では認識できず測定できません。 それは、その徴候が通常見られない、感じられない、臭いがする、味がされる、そして聞くことができない世界でなければならないでしょう。 それが存在するのであれば、それは通常の人間の経験を超えているべきです。 それで、そのような世界はありますか?

以前の、要求の少ない時代には、人々は目に見えない力と超自然的な存在を信じるのに問題はありませんでした。 庭には妖精、森にはノームとエルフ、お化け屋敷には幽霊がいました。 すべての木、岩、山には精神がありました。 なかには善良で親切、いたずらにいたずら、徹底的に悪というものもありました。 人間はこれらの見えない霊を非常に意識していて、いじめたり侮辱したりしないように注意していました。 しかしその後、物質的な世界の知識が増え、科学者たちは自然の力が世界を支配していることを私たちに示しました。 超自然に頼ることなくすべてを説明することができます。 いずれにせよ、科学者たちはかつてこれを全会一致で信じていました。 今日、何人かの人々はもうそれほど確信がない。 科学者があらゆる方向に知識の境界を広げれば広げるほど、すべてが物理的力や自然の力で説明できるわけではないことが明らかになりました。

私たちが超自然の世界と接触するとき、私たちは強力な力と接触するようになります、そしてそれらはただ慈悲深いものではありません。 絶望的な、冒険的な、単純な好奇心さえもがすぐに問題に巻き込まれる可能性があります。 良いガイドなしではこの国に進出してはいけません。 今日については、これについて多くのことが発表されています。 中には迷信と無意味な人もいれば、愚かで素朴な人への恐怖を利用したcharlatansの作品もあります。 しかし、霊の世界へのガイドとして彼ら自身を提供する多くの誠実で善意の人々もいます。

私たちのガイドは聖書になることです。 それは人への神の啓示です。 その中で、彼は私たちに五感では理解できない、あるいは完全に理解できないことを教えてくれます。 それは創造主が彼のクリーチャーマンに与えたマニュアルです。 したがって、それは私達が私達の自然な経験を超えて力、力、そして影響について知る必要があるすべてのもののための確実で信頼できる標準で「参考書」です。

パンフレット「精神の世界」からのテキスト