救いの確実性

616救いの確実性 Immer wieder argumentiert Paulus im Römerbrief, dass wir es Christus zu verdanken haben, dass Gott uns als gerechtfertigt betrachtet.パウロはローマ人の中で何度も何度も、神が私たちを正当であると見なしているのはキリストのおかげであると主張しています。 Obwohl wir manchmal sündigen, werden diese Sünden dem alten Ich angerechnet, das mit Christus gekreuzigt wurde.私たちは時々罪を犯しますが、それらの罪はキリストと共に十字架につけられた古い自己に数えられます。 Unsere Sünden zählen nicht gegen das, was wir in Christus sind.私たちの罪は、私たちがキリストにあることに反するものではありません。 Wir haben die Pflicht die Sünde zu bekämpfen, nicht um gerettet zu werden, sondern weil wir bereits Kinder Gottes sind.私たちには救われるためではなく、すでに神の子供であるために罪と戦う義務があります。 Im letzten Teil von Kapitel 8 richtet Paulus seine Aufmerksamkeit auf unsere glorreiche Zukunft.第XNUMX章の最後の部分で、パウロは私たちの輝かしい未来に注意を向けます。

イエスによって贖われた宇宙全体

Das christliche Leben ist nicht immer einfach.クリスチャンの生活は必ずしも簡単ではありません。 Der Kampf gegen die Sünde ist anstrengend.罪との戦いは疲れ果てています。 Anhaltende Verfolgung macht das Christsein zur Herausforderung.執拗な迫害はクリスチャンであることを困難にします。 Die Bewältigung des Alltagslebens in einer gefallenen Welt, mit gewissenlosen Menschen, macht uns das Leben schwer.堕落した世界で、悪意のある人々との日常生活に対処することは、私たちの生活を困難にします。 Dennoch sagt Paulus: «Ich bin überzeugt, dass dieser Zeit Leiden nicht ins Gewicht fallen gegenüber der Herrlichkeit, die an uns offenbart werden soll»しかし、パウロは次のように述べています。「今回の苦しみは、私たちに明らかにされる栄光に重くのしかかるものではないと私は確信しています」 (ローマ8,18)。

イエスが人間としてこの地球に住んでいたときに彼の将来を楽しみにしていたように、私たちもまた、現在の試練が取るに足らないように見えるほど素晴らしい未来を楽しみにしています。

Wir sind nicht die Einzigen, die davon profitieren werden.それから恩恵を受けるのは私たちだけではありません。 Paulus sagt, dass es eine kosmische Tragweite für Gottes Plan gibt, der in uns ausgearbeitet wird: «Denn das ängstliche Harren der Kreatur wartet darauf, dass die Kinder Gottes offenbar werden»パウロは、私たちの内で実行されている神の計画には宇宙の範囲があると言います。「生き物を待ち望んでいるのは、神の子供たちが明らかになるのを待つからです」。 (19節)。

Die Schöpfung will uns nicht nur in Herrlichkeit sehen, sondern die Schöpfung selbst wird auch mit Veränderung gesegnet sein, wenn der Plan Gottes zur Vollendung gebracht wird, wie Paulus in den nächsten Versen sagt: «Die Schöpfung ist ja unterworfen der Vergänglichkeit – ohne ihren Willen, sondern durch den, der sie unterworfen hat –, doch auf Hoffnung;パウロが次の節で述べているように、創造は私たちを栄光の中で見たいだけでなく、神の計画が完了すると、創造自体も変化に恵まれます。しかし、それらを服従させた人を通して-しかし希望に基づいて; denn auch die Schöpfung wird frei werden von der Knechtschaft der Vergänglichkeit zu der herrlichen Freiheit der Kinder Gottes»創造のためにも、神の子供たちの栄光の自由への非永続性の束縛から解放されます» (詩20-21)。

Die Schöpfung unterliegt jetzt dem Verfall, aber das ist nicht so, wie es eigentlich sein sollte.創造は今衰退していますが、これは本来あるべき姿ではありません。 Bei der Auferstehung, wenn uns die Herrlichkeit gegeben wird, die zu Recht den Kindern Gottes gehört, wird das Universum auch von seiner Knechtschaft befreit werden.復活の時、神の子たちにふさわしい栄光が与えられると、宇宙も束縛から解放されます。 Das gesamte Universum ist durch das Werk Jesu Christi erlöst worden: «Denn es hat Gott gefallen, alle Fülle in ihm wohnen zu lassen und durch ihn alles zu versöhnen zu ihm hin, es sei auf Erden oder im Himmel, indem er Frieden machte durch sein Blut am Kreuz»宇宙全体は、イエス・キリストの働きによって贖われました。「神は、彼を通して平和を作ることによって、すべての豊かさを彼と彼を通して住まわせ、地球上であろうと天国であろうと、すべてを彼と和解させることを喜ばせました。十字架上の血» (コロサイ人1,19-20)。

患者を待っています

「この瞬間まで、すべての創造物はうめき声を上げて労働していることを私たちは知っているからです」 (22節)。

創造は、私たちが生まれる胎内を形成するので、まるで労働苦痛の中にあるかのように苦しみます。«それだけでなく、ファーストフルーツの贈り物としてスピリットを持っている私たち自身も、自分の中でうめき、それを待ち望んでいます。子供の頃、私たちの体の贖い» (23節)。
Auch wenn uns der Heilige Geist als Unterpfand für die Rettung gegeben wurde, kämpfen auch wir, denn unsere Rettung ist noch nicht vollendet.たとえ聖霊が救いの誓いとして私たちに与えられたとしても、私たちの救いはまだ完了していないので、私たちも戦います。 Wir kämpfen mit der Sünde, wir kämpfen mit körperlichen Einschränkungen, Schmerz und Leid – sogar während wir uns darüber freuen, was Christus für uns getan hat und mit uns weiterhin tut.私たちは罪に苦しみ、肉体的な限界、痛み、苦しみに苦しんでいます。キリストが私たちのためにしてくださったことを喜び、私たちと一緒に続けている間でさえ。

救いは、私たちの体がもはや腐りやすいものではなく、新しく作られ、栄光に変わることを意味します。「この腐りやすいものは腐敗を引き付けなければならず、この死すべき者は不死を引き付けなければなりません」 (1コリント15,53)。

物理的な世界は処分されるゴミではありません-神はそれを良くしました、そして彼はそれを再び更新します。 体がどのように復活するか、また新たな宇宙の物理学もわかりませんが、創造主が彼の仕​​事を完了することを信頼することはできます。 宇宙でも地球でも、私たちの体でも、私たちはまだ完璧な創造物を見ていませんが、すべてが変わると確信しています。 パウロが言ったように、「私たちは希望を持って救われているからです。 しかし、見られる希望は希望ではありません。 どうやってあなたが見ているものを期待できるのですか? しかし、私たちが見えないものを望むなら、私たちは辛抱強くそれを待ちます» (詩24-25)。

«同じように、精神も私たちの弱点を助けます。 Denn wir wissen nicht, was wir beten sollen, wie sich's gebührt, sondern der Geist selbst tritt für uns ein mit unaussprechlichem Seufzen»何を祈ればいいのかわからないのですが、言葉では言い表せないため息をつきながら、御霊そのものが私たちのために介入してくれます» (26節)。

神は私たちの限界と欲求不満を知っています。 彼は私たちの肉が弱いことを知っています。 私たちの精神が進んで進んでいても、神の霊は私たちのために、また言葉にできないニーズのために立ち上がっています。 神の御霊は私たちの弱さを取り除きませんが、私たちの弱さを助けます。 彼は古いものと新しいものの間、私たちが目にするものと彼が私たちに説明したものとの間のギャップを埋めます。 たとえば、私たちは善をしたいのに罪を犯します (ローマ7,14-25)。 私たちは私たちの生活の中に罪を見て、イエスに生きるプロセスが始まったばかりであっても、神は最終結果を見るので、私たちを正しいと宣言します。

Trotz der Diskrepanz zwischen dem, was wir sehen und dem, was wir denken, wie wir sein sollten, können wir darauf vertrauen, dass der Heilige Geist das tut, was wir nicht zu tun vermögen.私たちが見ているものと私たちがすべきだと思うものとの間に食い違いがあるにもかかわらず、私たちは聖霊が私たちができないことをすることを信頼することができます。 Gott wird uns durchbringen: «Der aber die Herzen erforscht, der weiss, worauf der Sinn des Geistes gerichtet ist;神は私たちを次のように導きます。「しかし、心を探求する者は、霊の心が何に向けられているかを知っています。 denn er tritt für die Heiligen ein, wie Gott es will»彼は神の意志に従って聖人のために立ち上がるからです» (27節)。 Der Heilige Geist ist auf unserer Seite und hilft uns, damit wir zuversichtlich sein dürfen.聖霊は私たちが自信を持てるように私たちを助けてくれます。 Trotz unserer Prüfungen, unserer Schwäche und unserer Sünden: «Wir wissen aber, dass denen, die Gott lieben, alle Dinge zum Besten dienen, denen, die nach seinem Ratschluss berufen sind»私たちの試練、弱点、そして罪にもかかわらず、「しかし、すべてのものは神を愛する人々、神の助言に従って召された人々のためのものであることを私たちは知っています」 (28節)。

「あなたの中で良い仕事を始めた彼も、キリスト・イエスの日までそれを終えると確信しています」 (フィリピアン1,6)。

So berief er uns durch das Evangelium, rechtfertigte uns durch seinen Sohn und vereinte uns mit ihm in seiner Herrlichkeit: «Denn die er ausersehen hat, die hat er auch vorherbestimmt, dass sie gleich sein sollten dem Bild seines Sohnes, damit dieser der Erstgeborene sei unter vielen Brüdern.それで彼は福音を通して私たちを呼び、彼の息子を通して私たちを正当化し、彼の栄光の中で私たちを彼と団結させました:«彼が選んだ人々のために、彼はまた彼らが彼の息子のイメージのようであるべきであると運命づけました多くの兄弟の間で。 Die er aber vorherbestimmt hat, die hat er auch berufen;しかし、彼が事前に決めた人々、彼はまた呼びました。 die er aber berufen hat, die hat er auch gerecht gemacht;しかし、彼が呼んだ人々は、彼も正当化した。 die er aber gerecht gemacht hat, die hat er auch verherrlicht»しかし、彼はそれを正当化したが、彼はまた栄光を与えた」 (詩29-30)。

選挙と目的地の重要性 (目的地)は熱く議論されています。 Paulus konzentriert sich hier nicht auf diese Begriffe, sondern redet von einer Erwählung zur Rettung und zum ewigen Leben.パウロはここではこれらの用語に焦点を当てていませんが、救いと永遠の命のための選挙について語っています。 Er will hier, während er sich dem Höhepunkt seiner Verkündigung des Evangeliums nähert, den Lesern versichern, dass sie sich um ihr Heil keine Sorgen machen müssen.ここで、彼は福音の説教のクライマックスに近づくにつれて、彼らが彼らの救いについて心配する必要がないことを読者に安心させたいと思っています。 Wenn sie es annehmen, wird es ihnen auch zuteil.彼らがそれを受け入れるならば、彼らもそれを手に入れるでしょう。 Zur rhetorischen Verdeutlichung spricht Paulus sogar davon, dass Gott sie bereits verherrlicht hat, indem er die Vergangenheitsform verwendet.修辞的な明快さのために、パウロは過去の緊張を使ってすでに彼らを賛美した神についてさえ話します。 Es ist so gut wie geschehen.それは起こったのと同じくらい良いです。 Auch wenn wir in diesem Leben zu kämpfen haben, dürfen wir im nächsten Leben mit der Verherrlichung rechnen.この人生で苦労しても、次の栄光を期待することができます。

単なる勝者以上のもの

«今何を言いたいですか? 神は私たちのためにあり、誰が私たちに反対することができますか? 誰が自分の息子を惜しまなかったが、私たち全員のために彼をあきらめた-どのようにして彼は私たちにすべてを与えることができなかったのか?» (詩31-32)。

私たちが罪人であったとき、神は御子を私たちのために与えるために遠くに行ったので、私たちがそれを行うために必要なものは何でも神が私たちに与えると確信できます。 私たちは彼が私たちに腹を立てず、彼の贈り物を奪うことはないと確信しています。 «神の選民を非難したいのは誰ですか? 神は義人をここにいます» (33節)。 Am Tag des Gerichts kann uns niemand beschuldigen, denn Gott hat uns für unschuldig erklärt.神が私たちを無実と宣言したので、誰も私たちを裁きの日に非難することはできません。 Niemand kann uns verurteilen, denn Christus, unser Erlöser, tritt für uns ein: «Wer will verdammen?私たちの贖い主であるキリストが私たちを支持しているので、だれも私たちを非難することはできません。 Christus Jesus ist hier, der gestorben ist, ja mehr noch, der auch auferweckt ist, der zur Rechten Gottes ist und für uns eintritt»キリスト・イエスがここにいます。死んだ人、さらには育てられた人であり、神の右座にあり、私たちのために介入します» (34節)。 私たちは罪のために犠牲を払うだけでなく、栄光への道をいつも私たちと共に歩んでいる生きている救い主もいます。

Paulus rhetorisches Geschick zeigt sich im bewegenden Höhepunkt des Kapitels: «Wer will uns scheiden von der Liebe Christi?パウロの修辞的スキルは、この章の感動的なクライマックスに示されています。「誰が私たちをキリストの愛から引き離しますか? Trübsal oder Angst oder Verfolgung oder Hunger oder Blösse oder Gefahr oder Schwert?苦難または恐れまたは迫害または飢餓または裸または危険または剣? Wie geschrieben steht: Um deinetwillen werden wir getötet den ganzen Tag;それが書かれているように:あなたのために、私たちは一日中殺されます。 wir sind geachtet wie Schlachtschafe»私たちは虐殺のために羊のように尊敬されています» (35〜36節)。 Können Umstände uns von Gott trennen?状況は私たちを神から引き離すことができますか? Wenn wir für den Glauben getötet werden, haben wir dann den Kampf verloren?私たちが信仰のために殺された場合、私たちは戦いに負けましたか? Auf keinen Fall sagt Paulus: «Aber in dem allen überwinden wir weit durch den, der uns geliebt hat»パウロは決してこう言っていません。「しかし、このすべてにおいて、私たちは私たちを愛してくれた人を通してはるかに克服します」 (37節)。

私たちは痛みや苦しみの敗者ではありません-イエス・キリストの勝利を分かち合うので、私たちは克服者よりも優れています。 私たちの勝利賞-私たちの相続-は神の永遠の栄光です! この価格は、コストよりもはるかに高くなります。
「死も生も、天使も力も力も、現在も未来も、高くも深くもなく、他の生き物も、私たちの主であるキリスト・イエスにある神の愛から私たちを引き離すことはできないと私は確信しています。」 (38〜39節)。

Nichts kann Gott von dem Plan abhalten, den er für Sie hat.神があなたのために持っている計画から神を止めることはできません。 Absolut nichts kann Sie von seiner Liebe trennen!絶対にあなたを彼の愛から引き離すことはできません! Absolut nichts kann Sie von seiner Liebe trennen!絶対にあなたを彼の愛から引き離すことはできません! Sie können auf das Heil, die wunderbare Zukunft in der Gemeinschaft mit Gott vertrauen, das er Ihnen geschenkt hat, durch Jesus Christus!あなたは救い、神がイエス・キリストを通してあなたに与えてくださった神との交わりの素晴らしい未来を信頼することができます!

マイケル・モリソン