王国を理解する

498は王国を理解する イエスは彼の王国が来るように祈るように彼の弟子たちに言いました。 しかし、この領域は正確には何であり、どのように正確に実現するのでしょうか。 天国の秘密を知って (マタイ13,11)イエスは弟子たちに天国を絵で描いて説明しました。 彼はこう言うでしょう:「天国は…のようです」そしてそれから、初めは小さいマスタードの種、畑で宝物を見つけた男、種をまき散らす農夫や貴族などを比較しました非常に特別な真珠を手に入れるために彼のすべてのハバククと品物を売る人。 これらの比較を通じて、イエスは弟子たちに、神の王国は「この世から離れている」ことを教えようとしました (ヨハネ18:36)。 それにもかかわらず、弟子たちは彼の説明を誤解し続け、イエスが彼らの抑圧された人々を彼らが政治的な自由、権力と威信を持っている世俗的な王国に導くであろうと仮定しました。 今日、多くのクリスチャンは天国が未来にもっと関心を持ち、現在では私たちにあまり影響を与えないことを理解しています。

三段ロケットのように

一つのイラストで天国の完全な範囲まで正義を説明することはできませんが、次のことが私たちの文脈に役立つかもしれません。天国は三段ロケットのようなものです。 最初の2つの段階は天の王国の現在の現実を指し、3番目の段階は未来にある完璧な天国を扱います。

レベル1:始まり

天国は私たちの世界で最初の段階から始まります。 これはイエス・キリストの化身を通して起こります。 全神であり全人であることによって、イエスは私たちに天国をもたらします。 王の王として、神がどこにいようと、天国はどこにでも存在します。

レベル2:現在の現実

第二段階は、イエスの死、復活、昇天、そして聖霊の送りによって私たちのためにされたことから始まりました。 彼はもはや肉体的には存在していませんが、私たちを一つの体として結びつける、聖霊を通して私たちのうちに住んでいます。 天国が今存在しています。 それは創造を通して存在しています。 どの国が私たちの地上の家であるかにかかわらず、私たちはすでに神の支配下にあり、したがって神の国に住んでいるので、私たちはすでに空の市民です。

イエスに従う者は神の国の一部となります。 イエスが弟子たちに祈るように教えたとき、「あなたの王国が来ます。 天国のように、あなたは地上で行われます» (マタイ6,10)、彼は彼らに祈りの現在と未来の両方の懸念に慣れさせました。 イエスの追随者として、私たちはすでに始まっている彼の王国における私たちの天の市民権について証言するよう求められています。 私たちは天国を未来にのみ影響するものと考えるべきではありません。この王国の市民として、私たちはすでに仲間の人間にもこの王国に参加するように要請するよう求められているからです。 神の王国のために働くということは、貧しい人々や貧しい人々の世話をし、創造の保護にも気を配ることを意味します。 私たちは神の国を代表しており、仲間の人間は私たちを通してそれを認めることができるので、そのような行為を通して私たちは十字架の良い知らせを共有します。

レベル3:将来の充実

天国の第三段階は未来にあります。 それからイエスが再び来て、新しい地球と新しい天国を始めるとき、それはその満ちることを達成するでしょう。

その時、誰もが神を認め、彼は彼が本当に誰であるかについて認められるでしょう-「すべて」 (1コリント15,28)。 この時点ですべてが復旧することを強く望んでいます。 この状態を想像し、それがどうなるかを考えることは励まされます。たとえそれを完全に理解することができないポールの言葉を思い出す必要があるとしても (1コリント2,9)。 しかし、天国の第XNUMXステージを夢見る一方で、最初のXNUMXつのステージを忘れてはなりません。 私たちの目標は将来にありますが、王国はすでに存在しているため、それに応じて生活し、イエス・キリストと神の国にいる仲間の人間の良いたよりを共有することが求められています (現在と未来)の部分を持つこと。

ジョセフ・トカッハ


PDFファイル王国を理解する