キリスト、律法の終わり

私がパウロの手紙を読むたびに、イエスの誕生、生涯、死、復活、そして昇天によって、神が成し遂げられたことの真実を大胆に宣言したことがわかります。 他の多くの手紙で、パウロは、希望が律法に基づいていたために、イエスを信頼できなかった人々の和解にかなりの時間を費やしました。 神がイスラエルに与えた律法は一時的なものであることに注意することは重要です。 それは一時的なものとして計画されただけであり、キリストが来るまで有効であり続けるべきでした。

イスラエルにとって、律法は彼らに罪と正義と救い主の必要性について教えた教師でした。 約束されたメシアが来るまで彼らを導きました。それを通して神はすべての国を祝福します。 しかし、その法律はイスラエルに正義も救済も与えない可能性があります。 彼らは彼らが有罪であること、彼らが救い主を必要としていることを告げることしかできませんでした。

クリスチャン教会にとって、律法はちょうど旧約聖書のように、神であることを私たちに教えています。 それはまた、神がどのようにして救い主が彼らの罪を取り除くために出て来る人々を創造されたかを教えています - イスラエルの神の人々だけでなく、全世界の罪。

律法は、神との関係に代わるものとしてではなく、イスラエルをその贖い主に導くための手段として計画されたことはありません。 Galatian 3,19で、パウロは次のように書いています。 それは、罪のために、子孫が約束がなされているところに来るまで加えられました。」

言い換えれば、神は律法の始まりと終わりを持ち、終わりはメシアと救い主イエス・キリストの死と復活でした。
パウロは21-26の詩で続けました。 それでは、法は神の約束に反するのでしょうか。 それは遠かった! 命を与えることができる法律があった場合に限り、正義は本当に法律から出てくるでしょう。 しかし、聖書には、罪の下にあるすべてのものが含まれています。それは、イエス・キリストに対する信仰の約束が信じる人々に与えられるかもしれないということです。 しかし、信仰が来る前は、私たちは律法の下に置かれ、信仰に閉じ込められていました。 ですから、私たちは信仰によって正当化されるかもしれないということで、律法は私たちのキリストに対する規律でした。 しかし、信仰が来た後、私たちはもはや規律の下にいません。 信仰によって、あなた方はみんなイエス・キリストの子供たちです。」

神がこの理解に目を向ける前、パウロは律法がどこに向かっているのかを見ていませんでした - 律法が明らかにした罪から私たちを贖うであろう愛、慈悲深く寛容な神に向かって。 代わりに、彼は法律をそれ自体の目的として捉え、そして厄介で空っぽで破壊的な宗教になってしまいました。

「それで、命が与えられたにもかかわらず、戒めが私に死をもたらしたことは当然のこととなりました」と彼はローマ人の7,10に書いています、そして24の節で彼は質問をしました。 だれがこの致命的な肉体から私を償還するのでしょうか。」彼が見つけた答えは救いは神の恵みを通してのみ来てそしてイエス・キリストへの信仰を通してだけ経験されることができるということです。

これらすべてのことから、義への道は律法によってもたらされるものではないことが分かります。 義への唯一の道は、私たちの罪がすべて赦され、無条件に私たちを愛し、私たちを決して放さないであろう私たちの忠実な神と和解する、イエスへの信仰を通してです。

ジョセフ・トカッハ


PDFファイルキリスト、律法の終わり