聖霊 - 機能性か個性か?

036聖霊聖霊はしばしば以下のような機能の観点から説明されます。 神の力、存在、行動、あるいは声。 これは心を説明するのに適した方法ですか?

イエスはまた、神の力として説明されています(フィリピの信徒への手紙 4,13)、神の臨在(ガラテヤ人 2,20)、神の行動(ジョン 5,19)そして神の声(ジョン 3,34)。 しかし、私たちは人格の観点からイエスについて話します。

聖書はまた、人格の特徴を聖霊に帰し、その後、単なる機能を超えて霊のプロフィールを高めます。 聖霊には意志があります(1. コリントの信徒への手紙12,11:「しかし、これはすべて同じ精神で機能し、彼が望むようにそれぞれに割り当てます」)。 聖霊は探求し、知り、教え、そして区別します(1. コリンチャンス 2,10-13)。

聖霊には感情があります。 恵みの精神を罵倒することができます(ヘブライ人 10,29)そして悲しむ(エフェソ人への手紙 4,30)。 聖霊は私たちを慰め、イエスのように、ヘルパーと呼ばれます(ヨハネ1章4,16)。 聖書の他の箇所では、聖霊が語り、命令し、証し、嘘をつき、踏み込み、努力するなど...これらの用語はすべて人格と調和しています。

聖書的に言えば、心は何であるかではなく、誰であるかです。 心は「誰か」であり、「何か」ではありません。 ほとんどのクリスチャンサークルでは、聖霊は「彼」と呼ばれ、性別を示すものとして理解されていません。 むしろ、それは心の個性を示すために使用されます。

霊の神性

聖書は神の特質を聖霊に帰しています。 彼は本質的に天使や人間として説明されていません。 仕事33,4 注:「神の霊が私を作り、全能者の息が私に命を与えた」。 聖霊が創造します。 精神は永遠です(ヘブライ人 9,14)。 彼は遍在している(詩篇139,7).

聖典を研究すると、御霊が全能で、全能であり、命を与えることがわかります。 これらはすべて神の性質の特性です。 その結果、聖書は聖霊を神聖なものとして説明しています。