主の到来

459主の到来 あなたの意見では、世界の舞台で起こり得る最大の出来事は何でしょうか? もう一つの世界大戦? ひどい病気の治療法の発見? 世界平和、かつては? 多分地球外知能への接触? 何百万人ものクリスチャンにとって、この質問に対する答えは簡単です。これまでに起こる最大の出来事は、イエス・キリストの再臨です。

聖書の中心的なメッセージ

旧約聖書のすべての歴史は、救い主であり王であるイエス・キリストの到来に焦点を当てています。 創世記1で説明したように、私たちの最初の両親は罪によって神との関係を壊しました。 しかし、神はこの霊的な休憩を癒す贖い主の到来を予告されました。 神はアダムとイブを罪に誘惑した蛇に、次のように言われました:«そして私はあなたと女性の間、そしてあなたの子孫と彼女の子孫の間に敵意を置きます。 彼はあなたの頭を押しつぶし、あなたは彼をかかとに刺します» (創世記1)。 これは、罪と死が人々にもたらした罪の力を打ち負かす救い主についての聖書の最初の予言です。 「彼はあなたの頭を砕くべきだ」。 これはどのように行う必要がありますか? 贖い主イエスの犠牲的な死を通して:「あなたは彼をかかとに刺すでしょう」。 彼は最初に来たときにこの予言を成し遂げました。 バプテスマのヨハネは彼を「世に罪を負う神の小羊」として認めました (ヨハネ1,29)。 聖書は、キリストが最初に来られたときの神の受肉の中心的な重要性、およびイエスが信者の生活に入っていることを明らかにしています。 彼女はまた、イエスが再び現れ、目に見えて大きな力をもって来ると確信しています。 確かに、イエスはXNUMXつの方法で来られます:

イエスはすでに来た

私たち人間は皆、罪を犯して死を私たちの上の世界にもたらしたので、神の救い-彼の救い-を必要としています。 イエスは私たちの代わりに死ぬことによってこの救いを可能にされました。 パウロはこう書いている:「豊かさはすべて彼に宿り、地上から天国まで、十字架上の血で平和を築くことによって彼とすべてを和解させたのは神にとって喜ばしいことだった」 (コロサイ人1,19-20)。 イエスはエデンの園で起こった休憩を癒されました。 人間の家族は彼の犠牲を通して神と和解します。

旧約聖書の預言は神の王国に言及しています。 新約聖書はイエスが「神の良いたより」を宣べ伝える時に始まります:「時が来て神の国が来た」と彼は言った (マーク1,14:15)。 この王国の王であるイエスは人々の間を歩き、「罪の罪悪感のために、永遠に正当な犠牲をXNUMXつ作りました」 (ヘブライ10,12ジュネーブ新訳)。 2000年ほど前の受肉、イエスの生涯と働きの重要性を過小評価してはなりません。

イエスは今来ています

キリストを信じる人には良い知らせがあります:«あなたもこの世界のように生きてきた罪と罪で死にました...しかし、憐れみに富む神はその偉大さを持っておられます彼が私たちを愛した愛、そして罪で死んだ私たちも、キリストと共に生かされた愛-恵みによってあなたは救われました» (エフェソス2,1-2; 4-5)。

«神は私たちをキリストイエスのもとで私たちを起こして天国に置いたので、来たるべき時に彼はキリストイエスの私たちに対する彼の善によって彼の恵みの豊かな富を示すようになりました» (6〜7節)。 このセクションでは、イエスキリストの信者としての私たちの現在の状態について説明します。

神の国が来たときにパリサイ人から尋ねられたとき、イエスは答えました:«神の国はそれが観察されることができるような方法では来ません。 また言うつもりもない、見よ、ここにある! または:あります! 見よ、神の国はあなたの中にある» (ルカ17,20-21)。 イエス・キリストは彼の人に神の国をもたらしました。 イエスは今私たちの中に住んでいます (ガラテア2,20)。 私たちの中のイエスを通して、彼は神の国の影響を拡大します。 彼の来臨と私たちの中での生活は、イエスの再臨における地上の神の国の最後の啓示を示しています。

なぜイエスは今私たちの中に住んでいるのですか? 私たちは次のように注意します。«あなたは恵みのゆえに、あなたからではなく、信仰によって救われました。それは、作品からではなく、神からの贈り物です。 私たちは彼の作品であり、神が前に歩むべきであるように神が前もって準備しておいた良い作品のためにキリスト・イエスで造られました» (エフェソス2,8:10)。 神は私たち自身の努力のためではなく、恵みによって私たちを救われました。 わたしたちは業によって救いを得ることができませんが、イエスは私たちの中に住んでいるので、私たちは今、良い業を行い、それによって神を栄光を現すことができます。

イエスはまた来る

イエスの復活の後、若者がイエスの復活を見て、XNUMX人の天使が彼らに尋ねました。 あなたが天国に連れて行かれたこのイエスは、あなたが彼が天国に行くのを見たときに戻ってきます» (使徒1,11)。 はい、イエスは再び来ています。

彼が最初に来たとき、イエスはいくつかの救世主の予言を満たされないままにしていました。 それが多くのユダヤ人が彼を拒否した理由の一つでした。 彼らは、ローマの支配から彼らを解放する国民的英雄としてメシアを期待していました。 しかし、救世主はすべての人類のために死ぬために最初に来なければなりませんでした。 後になって彼は勝利した王として戻ってイスラエルを昇格させるだけでなく、世界のすべての王国の上に彼の永遠の王国を設定しました。 «私たちの主と彼のキリストの世界の領域がなりました、そして彼は永遠に支配します» (啓示11,15)。

イエスは言った:「そしてあなたのためにその場所を準備するために行くとき、私は再びあなたを連れて行き、あなたが私がいるところにいるようにします」 (ヨハネ14,3)。 その後、使徒パウロは会衆に手紙を書きました:「命令が鳴ったとき、大天使の声と神のトランペットが鳴ったとき、主ご自身が天から降りてくるでしょう」。 (1テス4,16:XNUMX)。 イエスの再臨、死んだ義人、イエスに命を委ねた信者は不死に引き上げられ、イエスが戻ったときまだ生きている信者は不死に変えられます。 誰もが雲の中で彼に会いに行きます (Vv。16-17; 1コリント15,51:54)。

しかし、いつ?

何世紀にもわたって、キリストの再臨についての憶測がさまざまな論争を引き起こしました-予測者のさまざまなシナリオが間違っていることが証明されているので、無数の失望。 「イエスがいつ帰るのか」を強調しすぎると、福音の中心に集中できなくなります。 これはイエスのすべての人々のための救いの業であり、彼の生涯、死、復活、そして天の大祭司としての恵み、愛と赦しを注ぐことによって成し遂げられました。 私たちは預言的な憶測に深く入り込むことができるので、世界の証人としてのクリスチャンの正当な役割を果たせません。 私たちはむしろ、愛情深く、慈悲深く、イエス志向の生き方を説明し、救いの良いたよりを宣言するべきです。

私達の焦点

キリストがいつ再臨されるかを知ることは不可能であり、したがって聖書が言っていることと比較しても重要ではありません。 何に焦点を当てるべきですか? 最善のことは、これが起こったときはいつでも、イエスが再び来るときの準備をすることです! 「だからこそ、いつでも準備ができている」とイエスは言った。 (マタイ24,44新ジュネーブ訳)。 「しかし、最後まで不動のままでいる人は救われるでしょう。」 (マタイ24,13新ジュネーブ訳)。 聖書の焦点は常にイエス・キリストにあります。 したがって、キリストの追随者としての私たちの生活は彼を中心に展開する必要があります。 イエスは人と神として地上に来られました。 彼は今、聖霊の内在を通して信者たちのところに来ています。 イエス・キリストは再び栄光のうちに来ます「私たちの無駄な体を変えるために、彼が彼の美化された体になるために」 (フィリピアン3,21)。 そうすると、«創造はまた、神の子供たちの素晴らしい自由への無常の束縛から自由になります» (ローマ8,21)。 はい、私はすぐに来ます、と私たちの救い主は言います。 キリストの弟子として、私たちは皆、「アーメン、はい、来てください、主イエス!」 (啓示22,20)。

ノーマンL.ショアフ


PDFファイル主の到来