私たちの本当のアイデンティティ

222は私たちの本当のアイデンティティーです 最近では、他人や自分にとって重要かつ重要になるために自分の名前を付けなければならない場合がよくあります。 人々はアイデンティティと意味のために飽くなき探求をしているようです。 しかし、イエスはすでにこう言われました。 そして私のために彼の命を失った人は誰でもそれを見つけるでしょう」 (マタイ10、39)。 教会として、私たちはこの真実から学びました。 2009年以降、Grace Communion Internationalと呼ばれ、この名前は、私たちではなく、イエスに基づいている私たちの本当のアイデンティティを指します。 この名前を詳しく見て、何が隠されているかを調べてみましょう。

優美 (恵み)

恵みは私たちの名前の最初の言葉です。なぜならそれは聖霊を通してイエス・キリストの神への私たちの個々のそして共有された旅を最もよく表すからです。 「むしろ、私たちは主イエスの恵みによって私たちが救われると信じています。 (使徒15:11)。 私たちは「キリスト・イエスによる贖いを通して彼の恵みから義となるに値しない」 (ローマ3:24)。 恵みだけで神は私たちを離れます (キリストを通して)彼自身の義を分かち合う。 聖書は、信仰のメッセージは神の恵みに関するメッセージであることを常に教えています (使徒行伝14:3、20、24、20、32を参照)。

神と人との関係の基礎は常に恵みと真実でした。 律法はこれらの価値観の表現でしたが、神の恵み自体がイエス・キリストを通して完全な表現を見いだしました。 神の恵みによって、私たちは律法を守ることによってではなく、イエス・キリストによってのみ救われるのです。 すべての人が忌避される法は私たちにとって神の最後の言葉ではありません。 私たちに対する彼の最後の言葉はイエスです。 彼は彼が自由に人類に与えた神の恵みと真実の完璧で個人的な啓示です。
法律の下での私たちの非難は正当で正当です。 神は自分の法と合法性の囚人ではないので、私たちは自分自身の外で正当な行動を達成することはありません。 私たちの中の神は、その御心に従って神の自由の中で行動します。

彼の意志は恵みと贖いによって定義されます。 使徒パウロは次のように書いています:«私は神の恵みを捨てていません。 義が律法を通してくるなら、キリストは無駄に死んだからです」 (ガラテヤ人への手紙2:21)。 パウロは神の恵みを彼が捨てたくない唯一の選択肢であると説明しています。 恵みは、評価、測定、対処できるものではありません。 恵みとは、人間の心と精神を追求し、両方を変える神の生ける善さです。

ローマの教会への手紙の中で、パウロは私たち自身の努力を通じて私たちが達成しようとする唯一のことは罪の支払い、すなわち死そのものであると書いています、それは悪い知らせです。 「神の贈り物は私たちの主であるキリスト・イエスの中での永遠の命である」ので、特に良いものもあります。 (ローマ6:24)。 イエスは神の恵みです。 すべての人々のために解放されたのは神の贖いです。

ゲマインシャフト (聖体拝領)

私たちは聖霊との交わりにおいて、子を通して父と真の関係を持っているので、交わりは私たちの名前のXNUMX番目の言葉です。 キリストにおいて、私たちは神と、そしてお互いに、真の交わりを持っています。 ジェームズ・トーランスはこのように言いました:「三位一体の神は私たちが彼と他の人々との交わりの中に私たちのアイデンティティを見つけた場合、私たちは本当の人々であるような方法で交わりを生み出します。」 

父、息子、聖霊は完全な交わりをしており、イエスは弟子たちがこの関係を共有し、彼らがこのことを世界に反映するように祈りました (ヨハネ14:20; 17、23)。 使徒ヨハネはこのコミュニティを愛に深く根ざしていると説明しています。 ジョンはこの深い愛を父、子、聖霊との永遠の交わりと表現しています。 真の関係とは、聖霊を通して父を愛し、キリストと交わりながら生きることです (1ヨハネ4:8)。

クリスチャンであることはイエスとの個人的な関係であるとよく言われます。 聖書はこの関係を説明するためにいくつかのアナロジーを使用しています。 主人と奴隷の関係について話します。 これに由来して、私たちは主イエス・キリストを尊敬し従うべきであるということになります。 イエスは追随者たちにさらにこう言われました:«これから私はあなたがしもべであるとは言っていません。 しもべは主人が何をしているのか知りません。 しかし、私はあなたが友達だと言った。 私があなたに知らせた父から聞いたすべてのものだから» (ヨハネ15:15)。 別の絵は、父親と彼の子供たちとの関係について語っています (ジョン1:12-13)。 イエスは新約聖書と旧約聖書にすでに見られる彼の花嫁の画像さえ使用します (マタイ9:15)そしてポールは夫婦の関係について書いています (エフェソス5)。 実際、ヘブライ人への手紙には、私たちクリスチャンはイエスの兄弟姉妹であると記載されています (ヘブライ2、11)。 これらすべての写真 (奴隷、友人、子供、配偶者、姉妹、兄弟)は、互いに深く、前向きで、個人的なコミュニティの考えを含んでいます。 しかし、これらはすべて単なる写真です。 私たちの三位一体の神は、この関係とコミュニティの源であり真実です。 彼が親切に寛大に私たちと共有するのはコミュニティです。

イエスは私たちが永遠に彼と一緒にいて、この良さを喜ぶようにと祈りました (ヨハネ17:24)。 この祈りの中で、彼は私たちを共同体の一部として互いにそして父親と一緒に住むように勧めました。 イエスが天に昇られたとき、彼は私たち、彼の友達を父と聖霊の共同体に連れて行きました。 パウロは、聖霊を通して私たちがキリストの隣に座り、父の前に座る方法があると言います (エフェソス2、6)。 キリストが戻って統治を確立したときにのみ、この関係の完全さが見えるようになっても、私たちはすでに神との交わりを体験することができます。 だからこそ、コミュニティは私たちの信仰コミュニティの不可欠な部分です。 私たちのアイデンティティは、今も永遠に、キリストと、神が私たちと父、子、聖霊として私たちと共有する共同体に築かれています。

世界全体 (国際)

私たちの教会は非常に国際的なコミュニティであるため、インターナショナルは私たちの名前の3番目の単語です。 私たちはさまざまな文化的、言語的、そして国境を越えて人々に働きかけます - 私たちは世界中の人々に働きかけます。 私たちは統計的には小さなコミュニティですが、カナダ、メキシコ、カリブ海、南アメリカ、ヨーロッパ、アジア、オーストラリア、アフリカ、そして太平洋諸島の各州にもコミュニティがあります。 私たちは、50.000以上のコミュニティで家を見つけた70以上の国で900以上のメンバーを持っています。

神は私たちをこの国際社会に結集させました。 私たちが一緒に仕事をするのに十分な大きさでありながら、個人的に個人的なものとなるのに十分小さいことは、祝福です。 私たちのコミュニティでは、友情は常に国境や文化の境界を越えて築かれています。今日では、この世界はしばしば分裂し、築かれ、育まれています。 それは確かに神の恵みのしるしです!

教会として、神が私たちの心に置かれた福音を生き、伝えていくことが私たちにとって重要です。 神の恵みと愛の豊かさを体験することでさえも、私たちは他の人々に良いたよりを伝えたいと思います。 私たちは他の人々がイエス・キリストとの関係に入り、その喜びを分かち合うことを望みます。 私たちは福音を秘密にしておくことはできません。なぜなら、私たちは世界中の誰もが神の恵みを体験し、三一の共同体の一員になることを望んでいるからです。 それが、神が世界と共有するために私たちに与えてくださったメッセージです。

ジョセフ・トカッハ