生きている水の源

549の生水源 中年の独身女性アンナは、仕事でストレスの多い日を過ごして帰宅しました。 彼女は小さな、ささやかなアパートに一人で住んでいました。 彼女はすり切れたソファに座った。 毎日同じでした。 「人生は空っぽだ」と彼女は必死に思った。 「私は一人ぼっちです。」
裕福な郊外で、成功した実業家であるゲイリーはテラスに座っていました。 すべては外から大丈夫のようでした。 それにもかかわらず、何かが欠けていました。 彼は何が欠けているのか言うことができませんでした。 彼は内面の空虚さを感じました。
異なる人々。 さまざまな状況。 同じ問題。 人々は、人々、所有物、娯楽、または喜びから真の満足を見つけることができません。 彼らにとって、人生はドーナツの中心のようなものです-空です。

ジェイコブの噴水で

イエスは、パリサイ人の抵抗のためにエルサレムを去りました。 彼がガリラヤの州に戻ったとき、彼はユダヤ人によって避けられた地域であるサマリアを通過しなければなりませんでした。 アッシリア人はエルサレムを征服し、イスラエル人はアッシリアに強制送還され、外国人は平和を維持するためにこの地域に導かれました。 神の民と異邦人が混ざり合い、「純粋なユダヤ人」によって軽deされました。

イエスはのどが渇いており、真昼の暑さが犠牲になりました。 彼は水が汲み上げられたシカルの町の外のヤコブの井戸に来ました。 イエスは噴水で女性と出会い、彼女に水を与えて彼女との会話を始めるように頼みました。 そのような行動はユダヤ人の間でタブーでした。 (ヨハネ4,7:9)これは、彼女が軽蔑されたサマリア人の女性であり、女性だったからです。 彼女は評判が悪かったので敬遠された。 彼女にはXNUMX人の夫がいて、男性と一緒に住んでいて、公共の場所で一人でした。 関係のない男女は公共の場で互いに話しませんでした。

これらはイエスが無視した文化的な制限でした。 彼は彼女には欠点があり、満たされていない空っぽがあると感じた。 彼女は人間関係の安全を探していましたが、見つかりませんでした。 何かが欠けていましたが、彼女はそれが何であるか知りませんでした。 彼女はXNUMX人の男性の腕の中で完全性を発見できておらず、おそらく一部の男性に虐待され、屈辱を受けていた。 離婚法により、男性は些細な理由で女性を「解雇」することができました。 彼女は拒否されましたが、イエスは彼女の霊的渇きを癒すと約束しました。 彼は彼女が期待されたメシアであると彼女に話しました。 イエスは彼女に答えて言った:「あなたが神の賜物を認識し、あなたに言ったのが誰なのかを私に知らせれば、私に酒を飲ませてください! この水を飲む人はだれでも再び喉が渇くでしょう。 しかし、私が彼に与える水を飲む人は、永遠に喉が渇くことは決してありませんが、私が彼に与える水は、彼の中で永遠の命に膨らむ水の源になります» (ジョン4,10:13-14)。
彼女は自分の経験を熱心に街の人々と共有し、多くの人がイエスを世界の救世主と信じていました。 彼女はこの新しい人生を理解し、体験し始めました-彼女は完全にキリストの中にいることができました。 イエスは生きている水の源です:«私の人々は二重の罪を犯します:彼らは生きている源です、私を離れて、割れて水を保持しない貯水槽を作ります» (エレミヤ2,13)。
アンナ、ゲイリー、サマリア人は世界の井戸から飲みました。 それからの水は彼女の人生の隙間を埋めることができませんでした。 信者でさえこの空虚さを体験できます。

あなたは空虚か孤独を感じますか? あなたの人生のなかに誰かがあなたの隙間を埋めようとしているのですか あなたの人生には喜びと平和が欠けていますか? これらの空虚感に対する神の答えは、あなたの人生のギャップを神の存在で埋めることです。 彼らは神との関係のために作成されました。 彼らは彼からの帰属感、受け入れ、そして感謝の気持ちを楽しむために作られました。 このギャップを彼の存在以外のもので埋めようとすると、あなたはまだ不完全だと感じるでしょう。 イエスとの継続的な親密な関係を通して、あなたはすべての人生の課題への答えを見つけるでしょう。 それはあなたを失望させません。 彼女の名前は彼の多くの約束のそれぞれにあります。 イエスは人間であり、神でもあり、あなたが他の誰かと共有する友情と同様に、関係が発展するまでには時間がかかります。 これは、一緒に時間を費やし、頭に浮かぶすべてを共有し、聞いて、話すことを意味します。 «神よ、あなたの恵みはなんて貴重なのでしょう。 人々はあなたの翼の陰に避難を求めます。 彼らはあなたの家の豊かさを楽しむことができ、あなたは彼らに喜びの流れから飲むように彼らに与えます。 あなたと共にすべての生命の源であり、あなたの光の中で私たちは光を見ます» (詩篇36,9)。

オーウェン・ビザギー