私たちは全和解を教えますか?

私たちはallversoehnungを教える348 一部の人々は、三位一体の神学は普遍主義、すなわちすべての人間が救われるという仮定を教えていると主張します。 それは、彼が善人か悪人か、悔い改めているかどうか、あるいはイエスを受け入れたか否定したかには関係ありません。 だから地獄はありません。 

この主張には2つの困難がありますが、これは誤りです。
一つには、三位一体を信じることは、すべての和解を信じることを必要としない。 有名なスイスの神学者カールバースは普遍主義を教えず、神学者のトーマスF.トーランスとジェームズB.トーランスも教えませんでした。 グレイス・コミュニオン・インターナショナル (WKG)私たちは三位一体の神学を教えますが、普遍的な和解は教えません。 私たちのアメリカのウェブサイトは次のように述べています:すべての和解は間違った仮定です、それは世界の終わりに人間、天使と悪魔の性質のすべての魂は神の恵みによって救われると主張します。 一部の普遍主義者は、神への悔い改めとイエス・キリストへの信仰は必要ではないと信じさえしています。 普遍主義者は三位一体の教義を否定し、普遍的な和解を信じる多くの人々はユニタリアンです。

強制関係なし

すべての和解とは対照的に、聖書はイエス・キリストだけがあなたを救うことができると教えています (使徒4,12)。 私たちのために神によって選ばれた彼を通して、すべての人類が選ばれます。 しかし、結局のところ、これはすべての人々がこの贈り物を神から受け入れるということではありません。 神はすべての人々が悔い改められることを切望しています。 彼は人々を創造し、キリストを通して彼との生きた関係のために彼らを贖いました。 本当の関係を強制することはできません!

私たちは、キリストによって、神はすべての人たち、たとえ死ぬまで福音を信じなかった人たちでさえも、すべての人たちに慈悲深いそしてただの糧を与えられたと信じています。 それにもかかわらず、自分の選択によって神を拒絶する人々は救われていません。 聖書の読者は、聖書研究において、すべての人が最終的に悔い改めて神の救いの賜物を受けるという可能性を排除できないことを認識しています。 しかし、聖書のテキストは決定的なものではなく、そのため私たちはこの問題について教義的ではありません。

生じる他の困難はこれです:
すべての人が救われる可能性が否定的な態度と異端の罪を引き起こすのはなぜでしょうか。 初期の教会の信条でさえ、地獄を信じることについて教義的ではありませんでした。 聖書の比喩は炎、全くの暗闇、ハウリング、そして歯のチャタリングを語ります。 それらは、人が永遠に失われ、彼が自分の環境とは一線を画す世界に住んでいるときに起こる状態を表しており、意識的にすべての愛、善、真実の源となっています。拒否します。

これらの比喩を文字通りに取ると、それらは恐ろしいものです。 ただし、比喩は文字通りに解釈されるべきではなく、トピックのさまざまな側面を表すことのみを目的としています。 しかし、それを通して、私たちは地獄が存在するかどうかにかかわらず、地獄が滞在を好む場所ではないことがわかります。 すべての人や人類が救われるという、あるいは誰も地獄の苦しみに苦しむという情熱的な欲求を大切にすることは、自動的に人を異端にすることはありません。

これまで生きてきたすべての人が悔い改め、神との和解を許すことを経験してほしくないクリスチャンは何でしょうか。 人類のすべてが聖霊によって変えられ、一緒に天国にいるという考えは望ましいものです。 そして、それはまさに神が望んでいることです! 彼は誰もが彼に頼り、彼の愛の申し出を捨てることの結果に苦しむことを望まない。 神は世界とその中のすべてを愛しているので、それを待ち望んでいます。持っている」 (ヨハネ3,16)。 神は私たちに最後の夕食時にイエス自身が彼の裏切り者であるユダ・イスカリオットとして私たちの敵を愛するように私たちに強く勧めます (ヨハネ13,1:26;)そして十字架で彼に仕えました (ルカ23,34)愛した。

内側から閉じた?

それでも聖書は、すべての人々が神の愛を受け入れることを保証していません。 一部の人々は、神の赦しの申し出とそれに関連する救いと受け入れを否定する可能性があることを警告しています。 しかし、誰かがそのような決定を下すとは信じがたい。 そして、誰かが神との愛情のある関係を提供することを拒否することはさらに想像できません。 CSルイスは彼の著書「大離婚」の中で次のように述べています。 地獄の扉が内側からロックされていること»

すべての人間に対する神の願い

普遍主義は、キリストが私たちのためになさったことの有効性の普遍的または宇宙的側面と誤解されるべきではありません。 選ばれた神であるイエス・キリストを通して、人類全体が選ばれます。 これは、すべての人が最終的にこの神の賜物を受け入れるであろうと自信を持って言うことができるという意味ではありませんが、私たちは確かにそれを望みます。

使徒ペテロは次のように書いています。 彼はあなたに忍耐強くあり、誰も失われることを望まないが、誰もがバスを見つけることを望んでいる» (2ピーター3,9)。 神は私たちを地獄の苦しみから解放するためにあらゆることをしてくださいました。

しかし結局、神は意識的に彼の愛を拒絶し、彼から背を向けさせる人々の意識的決定を傷つけません。 彼らの考え、意志、そして心を乗り越えるためには、彼は彼らの人間性を元に戻す必要があり、それらを創造しなかったでしょう。 もしそうすれば、最も貴重な神の賜物、イエス・キリストでの生活を受け入れることができる人は誰もいないでしょう。 神は人類を創造し、神との真の関係を持つためにそれらを救われました、そしてこの関係は強制されることができません。

すべてがキリストと団結しているわけではありません

聖書は信者と不信者の違いを曖昧にしておらず、私たちもそうではありません。 すべての人々が赦され、キリストによって救われ、神と和解したと言うとき、それは私たち全員がキリストに属しているが、誰もがまだ彼に関係しているわけではないことを意味します。 神はすべての人を自分と和解させましたが、すべての人がこの和解を受け入れたわけではありません。 それが使徒パウロが言った理由です。 ですから、私たちは今、キリストの大使になっています。 さて、キリストの代わりに私たちは尋ねます:私たちは神と和解しましょう! (2コリント5,19:20)。 このため、私たちは人々を裁くのではなく、神との和解はキリストによって成し遂げられ、すべての人への申し出として利用可能であると伝えます。

私たちの関心は、私たちの環境の中での、神の性格についての聖書の真理、つまり私たち人間への思いと思いやりを共有している生きた証言であるべきです。 私たちはキリストの普遍的支配を教え、すべての人々との和解を望みます。 聖書は、すべての人が悔い改めて彼のもとに来て、彼の許しを受け入れることを神がどのように望んでおられるかを私たちに語っています。

ジョセフ・トカッハ