強奪 - イエスの帰還

一部のクリスチャンによって提唱されている「携挙説」は、イエスが戻ったときに教会に何が起こるか、それが通常「再臨」と呼ばれている「再臨」に関してです。 教えによると、信者は一種の小さな昇天を経験します。 彼らが栄光に帰るある時点で、彼らがキリストに向かって「動かされる」ことを。 基本的に、携挙信者は単一の通路として機能します。

1。 テッサロニア語4,15-17:
«私たちはこれを主からの言葉であなたに言っています、主の到着まで生き続け、私たちが眠りに落ちた人々を先んじることはないということです。 彼自身、主、コマンドが鳴るとき、大天使の声と神のトランペットが鳴るとき、天から降りてきて、最初にキリストで死んだ死者が復活します。 その後、生き残った私たちは主に向かって空中の雲の上で彼らに追いつくでしょう。 そして私達はいつも主と共にいるでしょう»

携挙は1830年頃にジョンネルソンダービーという男性に戻ったようです。 彼は二度目の時間を二つのセクションに分けました。 まず、苦難の前に、キリストは彼の聖徒に来ました («携挙»); 患難の後、彼は彼らと共に来ました、そして、ダービーが実際の帰り、輝きと栄光の中でのキリストの「再臨」を見たのは、この中でのみでした。 携挙信者は携挙がいつ「大患難」に直面しているのかについて異なる見方をします (トリビュレーション)が発生します:苦痛の前、最中、または後 (患難前、中、後)。 少数派の意見もあります。つまり、キリスト教教会内の選ばれたエリートだけが苦痛の始まりに追いついているということです。

グレイス・コミュニオン・インターナショナルはどうですか (GCI / WKG)携挙?

1テサロニケ4,15:17を見ると、使徒パウロは、「神のトランペット」が鳴ったときに、キリストで死んだ死者が最初に立ち上がって、まだ生きている信者たちと一緒に来るとだけ言っているようです。空気中の雲、主に向かって»。 教会全体、または教会の一部が、苦痛の前、最中、または後に携挙されたり、別の場所に移動されたりすることは間違いありません。

マタイ24,29:31も同様の出来事について語っているようです。 マタイでイエスは、聖徒は「その時の苦痛の直後に、しかし苦痛の後に」集まっていると述べています。 復活、集まり、またはお望みなら「携挙」は、イエスの再臨時に即座に行われます。 これらの経典から、携挙の教義の代表によってなされた区別は理解するのが難しいです。 このため、教会は上記の聖書の客観的な解釈を表しており、特別な携挙は見ていません。 問題の聖句は、イエスが栄光の中で帰ってきたときに、死んだ聖人が立ち上がってまだ生きている人々と団結するであろうと単に述べています。

イエスの帰国の前、最中、後に教会に何が起こるのかという疑問は、聖書の中で大部分は未解決のままです。 一方で、聖書が明確にそして独断的に語っていることについては確信を持っています。イエスは世界を裁くために栄光をもって戻ってくるでしょう。 彼に忠実であり続けた人々は再び立ち上がり、喜びと栄光の中で彼と共に永遠に生きるでしょう。

ポール・クロール


PDFファイル強奪 - イエスの帰還