神の国

105神の国

広い意味での神の国は神の主権です。 神の統治はすでに教会で、そして彼の意志に服するすべての信者の人生で明白です。 神の国は、すべてのものがそれに服従するとき、キリストの帰国後に世界秩序として完全に確立されます。 (詩篇2,6-9; 93,1-2;ルーク17,20-21;ダニエル2,44;マーク1,14-15; 1コリント人15,24-28;黙示録11,15; 21.3.22 -27; 22,1-5)

現在と未来の神の国

天国が近づいているので、バスを利用しましょう!» 洗礼者ヨハネとイエスは神の国の近さを宣言しました (マタイ3,2; 4,17;マーク1,15)。 待望の神の支配が迫っていた。 このメッセージは福音と呼ばれ、朗報です。 何千人もの人々がヨハネとイエスからのこのメッセージを聞き、それに応じようと熱心でした。

しかし、もしあなたが「神の国はまだ2000、XNUMX年も離れている」と説教したとしたら、どのような反応があったであろうかをしばらく考えてください。 メッセージはがっかりするでしょうし、国民の反応もまたがっかりするでしょう。 イエスは人気がないかもしれないし、宗教指導者たちは嫉妬しないかもしれないし、イエスは十字架につけられなかったかもしれない。 「神の国は遠く離れている」というのは新しいニュースでも良いことでもなかったでしょう。

ヨハネとイエスは近いうちに来る神の国を宣べ伝えました。 メッセージは人々が今何をすべきかについて何かを言った。 それは即時の関連性と緊急性を持っていました。 それは興味を引き起こしました - そして嫉妬。 政府と宗教の教えの変更が必要であると宣言することによって、大使館は現状に挑戦しました。

1世紀におけるユダヤ人の期待

XNUMX世紀に住んだユダヤ人の多くは「神の国」という言葉を知っていました。 彼らは、ローマの支配を拒否し、ユダヤを再び独立国家にする正義、栄光と祝福の国家、誰もが引き寄せられる国家となるリーダーを彼らに送ることを神に願いました。

この気候に-神が決定した介入の熱心ではあるが漠然とした期待-イエスとヨハネは神の国の近さを説きました。 「神の国が近づいてきました」イエスが弟子たちに病気を治した後にイエスは言われた (マタイ10,7、ルカ19,9.11)。

しかし望みの王国は実現しませんでした。 ユダヤ人国家は回復しませんでした。 さらに悪いことに、寺院は破壊され、ユダヤ人たちは飛び散った。 ユダヤ人の希望はまだ満たされていません。 イエス様の声明は間違っていましたか。

多くのユダヤ人が彼を死なせるのが好きだったという事実から推測できるように、イエスの王国は一般的な期待ではありませんでした。 彼の王国はこの世界の外でした (ヨハネ18,36)。 彼がそれを終えたとき
「神の国」といえば、人にはよくわかる言葉を使いましたが、新しい意味を与えました。 彼はニコデモに神の王国はほとんどの人から見えないことを伝えました (ヨハネ3,3:XNUMX)-理解したり体験したりするには、誰かが神の聖霊によって新たにされなければならない (V. 6)。 神の国は霊的な王国であり、肉体的な組織ではありませんでした。

帝国の現状

オリーブ山の予言で、イエスは神の国が特定の兆候と予言的出来事の後に来ると発表しました。 しかし、イエスの教えとたとえ話のいくつかは、神の国は劇的には来ないだろうと説明しています。 種は静かに育つ (マーク4,26-29); 帝国はマスタードシードと同じくらい小さいです (V. 30-32)そしてサワー種のように隠されている (マタイ13,33)。 これらのたとえ話は、神の王国が強力で劇的な方法で登場する前の現実であることを示唆しています。 それが将来の現実であるという事実に加えて、それはすでに現実です。

神の王国がすでに働いていることを示すいくつかの節を見てみましょう。 マルコ1,15で、イエスは「時が来た…神の国が来た」と告げられました。 どちらの動詞も過去形になっています。これは、何かが発生し、その結果が進行中であることを示しています。 発表の時だけでなく、神の国そのものの時も来ていました。

悪霊を追い出した後、イエスは言われた:「しかし、私が神の霊を通して悪霊を追い出すなら、神の王国があなたに来た」 (マタイ12,2、ルカ11,20)。 領域はここにあり、証拠は悪霊の追放にあると彼は言った。 この証拠は今日の教会でも続いています (ヨハネ14,12)。 「神の御霊を通して悪霊を追い出すなら、神の国はここで今日も機能するでしょう」と言うこともできます。 神の御霊を通して、神の王国はサタンの王国に対するその命令的な力を示し続けます。

サタンはまだ影響力を持っていますが、彼は敗北し、判決を受けました (ヨハネ16,11)。 彼は部分的に制限されていました (マーク3,27)。 イエスはサタンの世界を征服しました (ヨハネ16,33)そして、神の助けがあれば私たちも彼らを克服することができます (1ヨハネ5,4)。 しかし、誰もがそれらを克服するわけではありません。 この時代、神の国には善悪の両方が含まれています (マタイ13,24-30。36-43。47-50; 24,45-51; 25,1-12。14-30)。 サタンはまだ影響力があります。 神の国の輝かしい未来を待ち望んでいます。

神の国、生き生きとした教え

「天国は依然として暴力に苦しんでおり、暴力はそれを奪う」 (マタイ11,12)。 これらの動詞は現在の形です-神の国はイエスの時代に存在しました。 並行する文章であるルカ16,16でも、現在形で動詞を使用しています。 私たちはこれらの暴力的な人々が誰であるか、なぜ彼らが暴力を使うのかを知る必要はありません-ここで重要なことは、これらの節が神の王国を現在の現実として語っているということです。

ルカ16,16は、詩の最初の部分を「...福音は神の国によって宣べ伝えられている」と置き換えています。 この変化は、この時代の帝国の進歩がその宣言と事実上同等であることを示唆しています。 神の王国は-それはすでに存在しています-そして、その宣言を通して進んでいます。

マーク10,15で、イエスは、この世で明らかに、神の国は私たちがどうにかして受けなければならないものであると指摘しています。 神の国はどのように存在していますか。 詳細はまだ明らかではありませんが、私たちが見た詩はそれが存在すると言っています。

神の国は私たちのうちにあります

一部のパリサイ人は、神の国がいつ来るのかをイエスに尋ねました (ルカ17,20)。 見えない、とイエスは答えた。 しかし、イエスはまたこう言われました:«神の国はあなたの内にあります[a。 Ü。 あなたの真ん中に]» (ルカ17,21)。 イエスは王であり、彼らの間で奇跡を教えて働いたので、王国はパリサイ人の中にありました。 イエスは今日私たちの中にいて、神の国がイエスの御業にあったように、それは彼の教会の奉仕にもありました。 王は私たちの中にいます。 神の国がまだ全力で働いていなくても、その霊的な力は私たちの内にあります。

私たちはすでに神の国に移されました (コロサイ1,13)。 私たちはすでに王国を受け入れており、それに対する正しい答えは崇拝と畏敬の念です (ヘブライ12,28)。 キリストは«私たち[過去形]を司祭の王国にした» (啓示1,6)。 私たちは神聖な人々です-現在そして今-私たちがどうなるかはまだ明らかにされていません。 神は私たちを罪の支配から解放し、彼の支配下にある彼の王国に私たちを置いてくださいました。

神の国はここにあります、とイエスは言いました。 彼の聞き手はメシアを征服するのを待つ必要はありませんでした - 神はすでに支配しています、そして今私たちは彼の道を生きるべきです。 私たちはまだ領土を所有していませんが、私たちは神の支配下にあります。

神の国はまだ未来にあります

神の王国がすでに存在していることを理解することは、私たちが周りの人に仕えることにもっと注意を払うのに役立ちます。 しかし、神の国の完成はまだ未来であることを忘れないでください。 この時代に私たちの希望が一人でいると、私たちはあまり希望を持っていません (1コリント15,19)。 私たちは神の国が
恥ずべき努力をもたらすために。 ほとんどの人が福音を拒絶していることに気づいたときに私たちが挫折や迫害に苦しんでいるとき、私たちは王国の充実が将来の時代にあるという認識から力を引き出します。

私たちが神とその王国を反映した方法でいくら生きようとしても、その世界を神の王国に変えることはできません。 これは劇的な介入によってもたらされるに違いありません。 黙示録的な出来事は、新しい時代を迎えるために必要です。

数多くの聖句から、神の国は素晴らしい未来の現実となることがわかります。 私たちはキリストが王であることを知っており、私たちが彼が彼の力を偉大で劇的な方法で人間の苦しみを終わらせるために使用する日を待ち望んでいます。 ダニエル書は地球全体を支配する神の国を予言する (ダニエル2,44; 7,13-14。22)。 新約聖書の啓示の書は彼の到着を説明しています (啓示11,15:19,11; 16)。

王国が来ることを祈ります (ルカ11,2)。 精神の貧しい人々と迫害された人々は、彼らの将来の「天国での報酬」を待っています (マタイ5,3.10.12)。 人々は将来の裁きの「日」に神の国に来る (マタイ7,21:23-13,22;ルカ30:XNUMX)。 イエスはたとえ話をしました、なぜなら神の国はすぐに権力を握ると信じていたからです (ルカ19,11)。

オリーブ山の予言では、イエスは権力と栄光に戻る前に起こる劇的な出来事について説明しました。 彼のはりつけの直前に、イエスは未来の王国を楽しみにしていた (マタイ26,29)。

パウロは将来の経験として「王国を継承する」ことを何度か話します (1コリント6,9:10;
15,50; ガラテヤ5,21; エフェソス5,5)そして、その一方で、彼は彼の言葉を通して彼が
神の国を時代の終わりにのみ実現するものと見なした (2テサロニケ2,12:2;テハ
1,5; コロサイ4,11:2; 4,1.18テモテXNUMX:XNUMX、XNUMX)。
パウロが現在の王国の出現に焦点を合わせると、「神の王国」と共に「正義」という言葉を導入する傾向があります。 (ローマ14,17)または代わりに使用 (ローマ1,17)。 神の王国と神の義との密接な関係については、マタイ6,33を参照してください。 またはポールは (あるいは)王国を父なる神の代わりにキリストと結びつける (コロサイ1,13)。 (J.ラムジーマイケルズ、「神の王国と歴史的なイエス」、第8章、20世紀の解釈における神の王国、ウェンデルウィリス編集[ヘンドリクソン、1987]、112ページ)。

多くの「神の王国」の聖典は現在の神の王国と将来の成就について言及することができます。 天国では法を破る者は最も少なく呼ばれる (マタイ5,19-20)。 私たちは神の国のために家族を離れます (ルカ18,29)。 私たちは苦難を通して神の国に入ります (使徒14,22)。 この記事で最も重要なことは、いくつかの詩は現在形で明確であり、いくつかは明確に未来形で書かれているということです。

イエスの復活の後、弟子たちはイエスに尋ねました、「主よ、今、イスラエルのために王国を再建しますか」。 (使徒1,6)。 イエスはそのような質問にどのように答えるべきですか。 弟子たちが「帝国」によって意味したことは、イエスが教えられたものではありませんでした。 弟子たちは、すべての民族グループで構成されたゆっくりと発展する人々というよりは、依然として国家の王国の観点から考えていました。 異教徒が新しい王国で歓迎されたことを彼らが認識するのに何年もかかりました。 キリストの王国はまだこの世のものではありませんでしたが、この時代に活躍するはずです。 それでイエスはイエスかノーと言われませんでした-彼は彼らに彼らのための仕事とその仕事をする強さがあると彼らに話しました (Vv。7-8)。

過去の神の国

マタイ25,34は、神の王国は世界の創設以来準備ができていると私たちに告げています。 形はさまざまですが、常に存在していました。 神はアダムとイブの王でした。 彼は彼らに支配と支配権を与えた。 彼らはエデンの園で彼の副大統領だった。 「王国」という言葉は使われていませんが、アダムとイブは神の王国にありました-彼の支配と財産のもとに。

神がアブラハムに彼の子孫が偉大な民族となり、王が彼らから来るという約束を与えたとき (創世記1:17,5-6)、彼は彼らに神の国を約束しました。 しかし、それは打者のサワー種のように小さく始まり、その約束を見るのに数百年かかりました。

神がイスラエル人をエジプトから連れ出し、彼らと契約を結ぶと、彼らは祭司たちの王国になりました (出エジプト記2:19,6)、神に属し、神の王国と呼ぶことができる王国。 彼が彼らと結んだ契約は、強力な王たちが小さな国々と結んだ契約と似ていました。 彼は彼らを救い、イスラエル人はそれに応じました-彼らは彼の民族であることに同意しました。 神は彼らの王でした (サムエル記上1:12,12; 8,7:XNUMX)。 ダビデとソロモンは神の王座に座り、彼の名において支配した (1Chr 29,23)。 イスラエルは神の国でした。

しかし、人々は彼らの神に従いませんでした。 神は彼らを送り出されました、しかし彼は新しい心で国を回復することを約束しました (エレミヤ31,31-33)、新しい契約を共有する教会で今日成就した預言。 聖霊が与えられた私たちは、古代イスラエルができなかった王権と聖なる国です (1ピーター2,9;出エジプト記2)。 私たちは神の国にいますが、今では作物の間に雑草が生えています。 時代の終わりに、メシアは権力と栄光に戻り、神の国は再び姿を変えます。 誰もが完璧でスピリチュアルであるミレニアムに続く帝国は、ミレニアムとは大きく異なります。

王国には歴史的な連続性があるので、過去、現在、未来の時制でそれを話すのは正しいことです。 その歴史的な発展において、それは主要なマイルストーンを持っていました、そして新しいフェーズが始まるのでそうし続けます。 帝国はシナイ山に設立されました。 それはイエスの働きによって、そしてイエスの働きを通して育てられました。 判決後の復帰時に設置します。 すべての段階で、神の民は自分の持っているものを喜ぶでしょう、そして彼らはこれから起こることをさらに喜ぶでしょう。 私たちは今、神の国のいくつかの限られた側面を経験しているので、私たちは将来の神の国も現実になると確信しています。 聖霊はより大きな祝福の保証です (2コリント5,5;エフェソ1,14)。

神の国と福音

私たちが王国または王国という言葉を聞くとき、私たちはこの世界の王国を思い出します。 この世界では、王国は権威と権力に関連していますが、調和と愛には関連していません。 王国は彼の家族における神の権威を説明することができますが、それは神が私たちのために持っているすべての祝福を説明するものではありません。 それが、家族の言葉で子どものように他のイメージが使われている理由です。それは神の愛と権威を強調しています。

すべての用語は正確ですが不完全です。 救いを完全に説明できる用語がある場合、聖書はその用語を全体を通して使用します。 しかし、それらはすべて絵であり、それぞれが救いの特定の側面を説明していますが、これらの用語のどれも全体像を説明していません。 神が福音を説教するように教会に指示したとき、彼は私たちに「神の国」という言葉だけを使うことを制限しませんでした。 使徒たちはイエスのスピーチをアラム語からギリシャ語に翻訳し、それらを他の画像、特に非ユダヤ人の聴衆にとって重要な比喩に翻訳しました。 Matthäus、Markus、Lukasは「帝国」という用語をよく使用します。 ジョンと使徒的な手紙も私たちの将来を説明していますが、彼らはこれを説明するために他の画像を使用しています。

救いはより一般的な用語です。 パウロは私たちが救われたと言いました (エフェソス2,8:XNUMX)、私たちは救われました (2コリント2,15)そして私たちは救われます (ローマ5,9)。 神は私たちに救いをお与えになりました。 ジョンは救いと永遠の命を現在の現実、所有物として書きました (1ヨハネ5,11:12)そして将来の祝福。

救いや神の家族、そして神の国のような隠喩は、たとえそれらが私たちのための神の計画の部分的な説明にすぎないとしても、合法的です。 キリストの福音は、王国の福音、救いの福音、恵みの福音、神の福音、永遠の命の福音などと呼ぶことができます。 福音は、私たちが永遠に神と共に生きることができるという発表であり、それは私たちの救い主であるイエス・キリストを通して可能になるという情報を含んでいます。

イエスが神の王国について語られたとき、彼は肉体的な祝福を強調したり、年表を明確にしたりしませんでした。 代わりに、彼はそれに参加するために人々が何をすべきかに焦点を当てました。 収税人と売春婦は神の国に来るとイエスは言った (マタイ21,31)そして彼らは福音を信じることによってそうします (V. 32)そして父親の意志を実行する (Vv。28-31)。 信仰と忠実さをもって神に答えるとき、私たちは神の国に入ります。

マーク10では、人は永遠の命を受け継ぐことを望んでおり、イエスは戒めを守る必要があると述べました (マーク10,17:19)。 イエスは別の戒めを追加しました:彼は天国の宝物のために自分の持ち物をすべて放棄するように命じました (V. 21)。 イエスは弟子たちにこう言われました:「金持ちが神の国に入るのはどれほど難しいことでしょう!」 (V. 23)。 弟子たちは尋ねました:「だれが救われるのですか?」 (V. 26)。 このセクションとルカ18,18章30〜XNUMX節の同じ箇所では、同じことを指すいくつかの用語が使用されています。王国を受け取り、永遠の命を受け継ぎ、天国の宝物を集め、神の国に入り、救われるのです。 イエス様が言われたとき「わたしに従ってください」 (V. 22)、彼は同じことを示すために別の表現を使用します:私たちはイエスと私たちの生活を一致させることによって神の国に入る。

ルカ12,31-34では、いくつかの表現は似ていると指摘しています。神の国を求め、王国を受け取り、天国に宝を持っていて、物的所有物への自信を捨てている。 私たちはイエスの教えに答えることによって神の国を求めます。 ルカ21,28と30では、神の国は救いと同等です。 行為20,22で。 24-25。 32は、パウロが王国の福音を宣べ伝え、そして彼が神の恵みと信仰の福音を宣べ伝えたことを私たちに教えています。 王国は救いと密接に結びついています - 私たちがそれに加わることができないならば、その王国は説教する価値がないでしょう。 救いは現在の現実であり、将来の祝福の約束です。

コリントでパウロはキリストと彼のはりつけだけを説いた (1コリント2,2)。 使徒言行録28,23.29.31:XNUMX、XNUMX:XNUMXで、ルカはローマでパウロが神の国を説き、イエスと救いについて説いたと語っています。 これらは同じキリスト教のメッセージの異なる側面です。

神の国は、それが私たちの将来の報酬であるという理由だけでなく、この時代の私たちの生き方や考え方に影響を与えるという理由でも関係があります。 私達は私達の王の教えに従って、今そこに住むことによって未来の神の王国に備えています。 私たちは信仰をもって生きているので、私たち自身の経験の中で神の支配を現在の現実として認め、そして王国が成就するとき、地球が主の知識でいっぱいになるとき、信仰を望み続けます。

マイケルモリソン


PDFファイル神の国