礼拝

122崇拝

崇拝は神の栄光への神聖に創造された反応です。 それは神の愛によって動機づけられ、彼の創造に対する神の自己啓示から生じます。 信者は崇拝の念をもって、聖霊によって媒介されたイエス・キリストを通して父なる神とのコミュニケーションを始めます。 崇拝とは、私たちが謙虚にそして喜んですべてのことにおいて神を優先することも意味します。 それは、祈り、賛美、祝賀、寛大さ、積極的な憐れみ、悔い改めなどの態度と行動で表現されます。 (ヨハネ4,23:1; 4,19ヨハネ2,5:11;フィリピ1:2,9-10; 5,18ペテロ20:3,16-17;エペソ5,8:11-12,1;コロシア12,28:13,15-16;ローマXNUMX:XNUMX;;ヘブライ語XNUMX;)

神に礼拝で答える

礼拝は単に神に正しいことを神に捧げることであるからです。 彼は私たちの賞賛に値する。

神は愛であり、彼がするすべてのこと、彼は愛を持っています。 それは素晴らしいことです。 人間レベルで愛を賛美することさえありますよね。 私たちは他の人たちを助けるために自分たちの生活を送っている人々を称賛します。 彼らは自分たちの命を救うのに十分な力を持っていませんでしたが、彼らが使った力は他の人たちを助けるためにそれらを使っていました - それは称賛に値するです。 それとは対照的に、私達は助ける力を持っていたが助けを拒んだ人々を批判します。 善は力よりも賞賛に値します、そして神は善と力の両方です。

賛美は私たちと神の間の愛の絆を深めます。 私たちに対する神の愛は決して減じられませんが、彼に対する私たちの愛はしばしば減ります。 賛美して私たちは私たちに対する彼の愛を覚えており、聖霊が私たちの中に燃え上がったという彼への愛の火を燃やします。 神がキリストにおいて私たちを強化し、私たちの喜びを高める彼の善を彼のようになるという私たちの動機を高めるので、どれほど素晴らしい神であるかを覚え、実践することは良いことです。

私たちは神を賛美する目的で作られました (ペテロ第一1:2,9)栄光を彼にもたらすために、そして私たちが神と調和しているほど、私たちの喜びは大きくなります。 私たちが自分のために作られたこと、つまり神を敬うことをすれば、人生はより充実したものになります。 私たちはこれを礼拝だけでなく、私たちの生き方によっても行います。

生き方

崇拝は生き方です。 心と体を神に捧げる (ローマ12,1-2)。 福音を他の人と分かち合うとき、私たちは神を崇拝します (ローマ15,16)。 私たちは金銭的な犠牲を払うときに神を崇拝します (フィリピアン4,18)。 私たちは他の人を助けるときに神を崇拝します (ヘブライ13,16)。 私たちは、彼が私たちの時間、私たちの注意と忠誠に値する、価値があることを表明します。 私たちは私たちのために私たちの一人になることによって、彼の栄光と謙虚さを称賛します。 私たちは彼の正義と恵みをたたえます。 彼の本当の姿を称賛します。

彼はそのために私たちを創り出しました - 彼の名声を発表するためです。 私たちを助け、永遠の命を与えるために私たちを造った人、私たちのために死んだ人、そして私たちを助けてくれる人のために上昇した人、もっと似合うように。 私たちは彼に私たちの忠誠心と献身を負っています、私たちは彼に私たちの愛を負っています。

私たちは神を賛美するように作られました、そして私たちはそれを永遠に行います。 ジョンは未来のビジョンを与えられました:«そして、天と地と地と海と海にあるすべての生き物とその中にあるすべてのもの、と私は言ったのを聞いた:玉座に座っている彼とラムは、永遠に永遠に賞賛と名誉と賞賛と暴力になります!» (啓示5,13)。 これが正解です。尊敬に値する人々への敬意、信頼できる人々への敬意、忠誠心への敬意。

崇拝の5つの原則

詩篇33,1:3で私たちは次のように書いています。 敬虔な者は彼を正しく賞賛すべきである。 ハープで主に感謝します。弦の詩編で彼をたたえよ! 彼に新しい歌を歌ってください。 ハッピーなサウンドでストリングスを美しく演奏します!» 聖書は私たちに主に新しい歌を歌うように、喜びを応援するように、ハープ、フルート、タンバリン、トロンボーン、シンバルを使うように、そしてダンスで崇拝するようにさえ教えています (詩編149:150)。 その絵は、抑制なしに表現された、活力、抑制されていない喜び、幸せの一つです。

聖書は私たちに自発的な崇拝の例を与えています。 それはまた、何世紀にもわたって変わらないステレオタイプの礼拝を伴う、非常に形式的な礼拝の例を私たちに与えています。 どちらの形式の崇拝も合法的であることができます、そしてどちらも神を賛美する唯一の本物の方法であると主張することができません。 私は崇拝に関連するいくつかの一般的な原則を繰り返したいと思います。

1。 私たちは崇拝するように召されます

最初に、神は私たちに彼を崇拝することを望んでいます。 これは、聖書の最初から最後まで見られる定数です (創世記1:4,4;ヨハネ4,23:22,9;黙示録XNUMX:XNUMX)。 崇拝は私たちが呼ばれた理由のXNUMXつです:彼の栄光ある行為を宣言するため (1ピーター2,9)。 神の民は神を愛し従うだけでなく、特定の崇拝行為も実践しています。 彼らは犠牲を払い、賛美を歌い、祈ります。

聖書の中で私達は非常に多様な形態の崇拝を見ます。 モーセの律法では多くの詳細が定められていました。 特定の人々は特定の場所で特定の時間に特定のタスクを割り当てられました。 誰、何、いつ、どこでそしてどのように詳細に指定されました。 対照的に、我々は1で見ます。 モーセ書は、家父長たちが崇拝していたように、ごくわずかな規則でした。 彼らは任命された神権を持たず、特定の場所に限定されず、そして彼らが犠牲にするものと犠牲にすべき時にはほとんど与えられませんでした。

新約聖書の中で、私たちは再び礼拝の方法と時期についてほとんど見ていません。 崇拝活動は特定のグループや場所に限定されませんでした。 キリストはモザイクの必要条件と制限を廃止しました。 すべての信者は祭司であり、絶えず自分自身を生ける犠牲として与えています。

2。 神のみが崇拝されるべきです

崇拝の様式は非常に多様であるにもかかわらず、聖書の至るところに定数があります。神だけが崇拝されるべきです。 それが受け入れられるべきであるならば、崇拝は排他的でなければなりません。 神はすべての私たちの愛、すべての私たちの忠実さを求めています。 二人の神に仕えることはできません。 私たちはさまざまな方法で主を礼拝することができますが、私たちの一致は主が私たちが礼拝する者であるという事実に基づいています。

古代イスラエルでは、対立する神はバアルでした。 イエスの時代には、それは宗教的伝統、自己正義、そして偽善でした。 事実、私たちと神の間にあるすべてのもの - 私たちを神に従わないものすべて - は偽の神、偶像です。 今日の何人かの人々にとってそれはお金です。 他の人にとってはセックスです。 ある人たちは誇りに関してもっと大きな問題を抱えているか、他の人たちが彼らについてどう思うか心配しています。 ジョンは次のように書いているとき、いくつかの一般的な偽の神に言及しています。

«世界や世界にあるものを愛してはいけません。 誰かが世界を愛しているなら、それは父親の愛ではありません。 世界にあるすべてのもの、肉の欲望と目の欲望と希望に満ちた人生は、父親からではなく、世界からのものだからです。 そして、世界はその欲望とともに過ぎ去ります。 しかし、神の御心を行う者は永遠にとどまります» (1ヨハネ2,15:17)。

私たちの弱さが何であれ、私たちは十字架につけ、殺さなければなりません、私たちはすべての偽りの神々を脇に置いておかなければなりません。 何かが神に従うことを妨げるのであれば、それを取り除かなければなりません。 神は一人で彼を崇拝する人々を持つことを望んでおられます。

3。 誠意

聖書に見られる崇拝に関するXNUMX番目の定数は、崇拝は誠実でなければならないということです。 私たちが心の中で神を本当に愛していないなら、正しいことを歌ったり、正しい日に歌ったり、正しい日に集まったり、正しい言葉を言ったりすることに意味はありません。 イエスは彼らの唇で神を敬ったが、彼らの心が神に近くなかったので彼を無駄に崇拝した人々を批判しました。 あなたの伝統 (もともとは彼らの愛と崇拝を表現するために設計された)は、真の愛と崇拝の障害になりました。

イエスはまた、私たちが霊と真理で彼を崇拝する必要があると述べたとき、誠実さの必要性を強調しました (ヨハネ4,24)。 私たちが神を愛しているが、彼の指示に実際に悩まされていると言うとき、私たちは偽善者です。 彼の権威よりも自由を尊重するならば、彼を真に崇拝することはできません。 私たちは彼の契約を口に入れて彼の言葉を私たちの後ろに投げることはできません (詩編50,16:17)。 私たちは彼を主と呼んで彼の言うことを無視することはできません。

4。 従順

聖書を通して、真の崇拝には従順が含まれているはずです。 この従順は、私たちがお互いを扱う方法で神の言葉を含まなければなりません。

神様の子供を尊重しないと、神様を敬うことはできません。 «誰かが言ったとき:私は神を愛し、嘘つきである彼の兄弟を憎みます。 彼が見る彼の兄弟を愛していない人のために、彼は彼が見ていない神をどのように愛することができますか?» (1ヨハネ4,20:21)。 それは、社会的不公正を実践しながら崇拝の儀式を実践する人々に対するイザヤの執拗な批判を思い出させます。

«私はあなたの犠牲者の量をどうしますか? 主は言った。 私は、羊の焼けた犠牲と肥育した子牛の脂肪にうんざりしていて、雄牛、子羊、山羊の血は好きではありません。 あなたが私の前に現れるようになったとき、私の前庭を粉砕することを誰が要求しますか? もはやそのような無駄な食べ物を提供しません! お香は私には嫌悪です! 新月と安息日、あなたが集まるとき、私は怒りとお祝いの集まりが好きではありません! 私の魂はあなたの新月と毎年恒例のお祭りに敵対しています。 それらは私にとって負担であり、私はそれらを運ぶのに疲れています。 そしてあなたが手を広げたとしても、私はあなたから私の目を隠します。 そして、あなたがたくさん祈っても、私はあなたの言うことを聞きません。 手が血だらけだから» (イザヤ1,11:15)。

私たちの知る限り、これらの人々が開催した日、お香の種類、または彼らが犠牲にした動物について文句を言うことは何もありませんでした。 問題は、残りの時間の暮らし方でした。 「あなたの手は血にまみれている」と彼は言った-とはいえ、問題は実際に殺人を犯した人たちだけのものではなかったと確信しています。

彼は包括的な解決策を求めました:「悪を手放し、善を行うことを学び、正義を求め、抑圧された人を助け、孤児を正し、未亡人を導きなさい!」 (Vv。16-17)。 彼らは対人関係を整理しなければなりませんでした。 彼らは人種的偏見、社会階級の固定観念、不公正な経済慣行を排除しなければなりませんでした。

5。 一生

崇拝は、それが現実のものであるならば、私たちが週7日お互いを扱う方法に違いを生むに違いありません。 これは聖書に見られるもう一つの原則です。

どのように私たちは崇拝すべきですか? Michaはこの質問をして、私たちに答えを与えます:
「私は主に何をもってアプローチし、高位の神の前でお辞儀をしますか? 私は火傷の犠牲者と一年中の子牛で彼に近づくべきですか? 主は何千もの雄羊、無数の油の流れを喜ばれるでしょうか? 私は自分の罪のために自分の初犯に罪を犯すべきですか? あなたは、人に、何が良いのか、そして主があなたに何を要求するのか、つまり、神の言葉を守り、愛を実践し、あなたの神の前で謙遜になるように言われたのです» (水6,6-8)。

ホセアはまた、崇拝の仕組みよりも対人関係が重要であることを強調しました。 「私は犠牲を払うのではなく愛を楽しむので、焼かれた犠牲者ではなく神の知識を。」 私たちは賞賛だけでなく良い作品にも呼ばれます (エフェソス2,10)。

私たちの崇拝の概念は、音楽や日々をはるかに超えたものでなければなりません。 これらの詳細は、私たちのライフスタイルほど重要ではありません。 安息日を守ると同時に兄弟同士の分裂を蒔くのは偽善的です。 詩篇だけを歌って、彼らが説明する方法で崇拝することを拒否するのは偽善的です。 謙虚さの例となる受肉の祭典を誇りに思うことは偽善的です。 私たちがイエスの義と憐れみを求めないのであれば、イエス様を呼ぶことは偽善的です。

崇拝は単なる外的な行動以上のものです - それは私たちの内の聖霊によってもたらされた変化、心の完全な変化から生じる私たちの行動の完全な変化を含みます。 この変化をもたらすためには、祈り、勉強、そして他の霊的分野で神と過ごす意欲が必要です。 この変容は魔法の言葉や魔法の水を通しては起こりません - それは神との交わりに時間を費やすことによって起こります。

パウロの崇拝観の拡大

崇拝は私たちの人生全体に及びます。 これは特にパウロの言葉で見られます。 パウロは犠牲と崇拝の用語を使いました (崇拝)このように:«親愛なる兄弟、神の憐れみを通して、私はあなたの体を神に喜ばしく生き生きとした聖なる犠牲として捧げることをお勧めします。 それはあなたの賢明な礼拝です» (ローマ12,1)。 毎週数時間だけではなく、すべての人生が崇拝であるべきです。 もちろん、私たちの人生が崇拝に捧げられるなら、それは確かに毎週他のクリスチャンと一緒に数時間を含むでしょう!

パウロは、ローマ15,16で神が彼に与えられた恵みについて語るとき、ローマXNUMXで犠牲と礼拝のために別の言葉を使用します«私が異邦人の間でキリストイエスのしもべになるために、異邦人が神に喜ばれる犠牲者になり、聖霊によって聖別されます。» ここで、福音の説教は崇拝の形式であることがわかります。

私たちはすべて司祭であるため、私たち全員に、私たちを招いた人々の利益を宣言する司祭の役割があります (ペテロ第一1:2,9)-他の人が福音を説教するのを助けることによって、すべてのメンバーが参加できる、または少なくとも参加できる礼拝。

パウロがフィリピ人に経済的支援を送ってくれたことに感謝したとき、彼は礼拝の用語を使用しました。 (フィリピアン4,18)。

私たちが他のクリスチャンに与える金銭的援助は、崇拝の一形態になり得ます。 ヘブル13章は、言葉と作品の中で行われる礼拝について述べています。「それでは、常に神に賛美を捧げましょう。彼の名前を告白するのは唇の実です。 善を行い、他の人と共有することを忘れないでください。 そのような犠牲のために神を喜ばせてください» (Vv。15-16)。

私たちが礼拝を日々の従順、祈り、そして勉強を含む生き方として理解しているならば、私たちは音楽と日々の問題を見るときより良い見方を持っていると思います。 音楽は少なくともDavidの時代から崇拝の重要な部分でしたが、音楽はサービスの最も重要な部分ではありません。

同様に、旧約聖書でさえ、礼拝の日は隣人を扱うほど重要ではないと認識しています。 新しい契約は礼拝のために特定の日を必要としませんが、それは互いのための愛の実用的な作品を必要とします。 彼は私たちが集まることを要求します、しかし彼は私たちが集まるべき時を決めません。

友人よ、私たちは神を崇拝し、祝い、そして賛美するよう求められています。 彼の恩恵を宣言し、彼が私たちのためにそして私たちの主と救い主イエス・キリストを通して私たちのためにしてくださった良い知らせを他の人々と分かち合うことが私たちの喜びです。

ジョセフ・トカッハ


PDFファイル礼拝