救いの確信

118安心

聖書は、イエス・キリストを信じ続けるすべての人が救われ、キリストの手から彼らを引き裂くことは決してないだろうと断言しています。 聖書は、主の無限の忠実さと私たちの救いのためのイエス・キリストの絶対的な充足を強調しています。 彼女はまた、すべての人々に対する神の永遠の愛を強調し、福音を信じるすべての人の救いのための神の力として説明しています。 この救いの保証を持って、信者は信仰を堅持し、私たちの主であり救い主であるイエス・キリストの恵みと知識の中で成長することが求められます。 (ヨハネ10,27:29-2; 1,20コリント22:2-1,9; 1テモテ15,2:6,4; 6コリント3,16:1,16;ヘブライ4,14:2-3,18;ヨハネXNUMX;ローマXNUMX;ヘブライXNUMX 、XNUMX;ペテロXNUMX)

「永遠の安全」についてはどうですか?

「永遠の安全」の教義は、神学的言語では「聖徒の忍耐」と呼ばれています。 一般的な言い方をすれば、「一度保存されると常に保存される」または「一度クリスチャンになると常にクリスチャン」というフレーズで説明されます。

復活がようやく永遠の命と神の国を受け継ぐのを待たなければなりませんが、多くの聖書は私たちにすでに救いがあるという確信を与えています。 これが新約聖書で使用されている用語の一部です。

永遠の命を持っていると考えている誰も 息子を見て、彼は永遠の命を持っていることを信じている(ヨハネ6,47)...。 そして私は最後の日に彼を上げます (ヨハネ6,40時XNUMX分)...と私は彼らに永遠の命を与え、彼らが滅びることはないものとし、誰も私の手のそれらを奪うしません (ヨハネ午前10,28時XNUMX分)...キリスト・イエスにあるそれらへの非難は今のでありません (ローマ人への手紙8,1)... [何も]私たちは私たちの主キリスト・イエスにある神の愛から私たちを分離することができます (ローマ人への手紙8,39時XNUMX分)... [キリスト]も最後まであなたを確認します (1本のコリント1,8)...しかし、神はあなたの強さに試すことができない人、忠実です (1コリント10,13)...あなたの中で良い仕事を始めた人、彼もそれを完成させます (ピリピ1,6)...私たちは死から命に合格していることを知っています (1ヨハネ3,14)。

永遠の安全保障の教義はそのような保証に基づいています。 しかし、救いに関するもう一つの側面があります。 クリスチャンは神の憐れみに落ちるかもしれないという警告もあるようです。

クリスチャンは警告されています:「彼が立っていると思う人は誰も彼が落ちないことに気付くかもしれません」 (1コリント10,12)。 イエスは言われた:「誘惑されないように見守り、祈りなさい!」 (マルコ14,28)そして、«愛は多くの人にクールになるでしょう» (マタイ24,12)。 使徒パウロは、教会の何人かは「信じる

難破船は「苦しみました (1テモテ1,19)。 エフェソスの教会は、キリストがローソク足を外し、ぬるいラオス人を口から吐き出すと警告されました。 特にひどい10,26にヘブル31で訓戒は、次のとおりです。

«真実の知識を受け取ってから故意に罪を犯したとしても、罪のために他に犠牲を払うことはできませんが、裁きを待つのは恐ろしく、敵が消費する貪欲な火だけです。 誰かがモーセの律法を破った場合、彼はXNUMX人またはXNUMX人の証人を容赦なく死ななければなりません。 神の御子を踏みにじり、契約の血が汚れており、彼が聖化され、恵みの霊をよみがえらせると思う人は、どれほど厳しい罰を受けると思いますか? 私達が言った彼を知っているので:復讐は私のものです、私は返済したいと思います、そして再び:主は彼の民を裁かれます。 生きている神の手に落ちるのは恐ろしいことです»

また、ヘブライ語6,4-6は私達に考慮を与えてくれます:
«かつて悟り、味わったことがある天国からの贈り物を与えられ、聖霊を分かち合い、神の良い言葉と未来の世界の力を味わった後、立ち直って悔い改めのために再びリフレッシュすることは不可能だから、彼らは自分のために再び神の子を十字架につけ、それをからかうので。»

ですから、新約聖書には二元性があります。 私たちがキリストにある永遠の救いについては、多くの聖句が前向きです。 この救いは安全なようです。 しかし、そのような聖句は、クリスチャンが永続的な不信によって救いを失う可能性があると述べているように見えるいくつかの警告によって和らげられています。

永遠の救いやクリスチャンが安全であるかどうか、つまり救われたら常に救われるかどうかという質問は、通常、ヘブライ10,26:31のような経典のために生じます。この節を詳しく見てみましょう。 問題は、これらの聖句をどのように解釈すべきかです。 著者は誰に書いていますか、そして人々の「不信仰」の性質は何ですか?彼らは何を採用していますか?

最初に、全体としてのヘブライ人への手紙のメッセージを見てみましょう。 この本の本質は、罪を完全に十分に犠牲としてキリストを信じる必要性です。 競合他社はありません。 信仰はそれだけに基づいているに違いありません。 この章の最後の節は、26節が呼び起こす救いの損失の可能性についての質問を明確にします。「しかし、私たちは後退して非難された人々ではなく、魂を信じて救う人々のものです」 (V. 26)。 一部の人々は後退しますが、キリストにとどまっている人々は失われることはありません。

忠実な人々に対する同じ保証は、ヘブライ10,26の前の節にもあります。 クリスチャンは、神の存在下でのイエスの血によってであることを自信を持っています (V. 19)。 私たちは完全な信仰で神に近づくことができます (V. 22)。 著者は次の言葉でクリスチャンに勧めています:「私たちは希望の告白を堅持し、揺らぐのではありません。 彼は彼女を約束した忠実だから» (V. 23)。

ヘブライ6巻と10巻の「脱落」についてのこれらの聖句を理解する10,19つの方法は、読者に仮説のシナリオを提供して、信念に固執するように促すことです。 たとえば、ヘブル39:XNUMXを見てみましょう。 キリストを通して、彼が話す人々は「聖域に入る自由」を持っている (V. 19)。 あなたは「神に近づく」ことができます (V. 22)。 著者はこれらの人々を「希望の告白を握っている」と見ている (V. 23)。 彼は彼らをさらに愛し、信じるように彼らを励ますことを望んでいます (V. 24)。

この励ましの一環として、彼は何が起こるかを絵に描いています-仮定された理論によれば-誰が「故意に罪を主張する」 (V. 26)。 それでも、彼が言及している人々は、「啓発された」人々であり、迫害の最中に忠実であり続けた人々です (Vv。32-33)。 彼らはキリストに彼らの「信頼」を置き、著者は彼らに信仰を忍耐するよう勧めます (Vv。35-36)。 最後に彼は、私たちが後退して非難された人々ではなく、魂を信じて救った人々であると書いている人々について語っています» (V. 39)。

ヘブライ人への手紙6,1:8で「信仰からの脱落」について著者がどのように警告を終わらせたかにも注目しましょう。 。 神はあなたの仕事と、聖人に仕え、今もなお仕えることによって彼の名において示した愛を忘れてはならないからです» (Vv。9-10)。 作者は、彼らがこれらのことを彼らに言ったので、彼らは「最後まで希望を保ちたいという同じ熱意を示す」と続けました (V. 11)。

仮説的に言えば、イエスに真の信仰を持っていた人がそれを失うことができる状況について話すことは可能です。 しかし、それが不可能であれば、警告は適切かつ効果的でしょうか。

クリスチャンは現実世界への信仰を失うことができますか? クリスチャンは罪を犯すという意味で「逃げる」ことができます (1ヨハネ1,8:2,2)。 特定の状況では、精神的に鈍くなる可能性があります。 しかし、これは時々、キリストへの真の信仰を持っている人々にとっての「脱落」につながるのでしょうか? これは聖書から完全に明確ではありません。 実際、私たちは、誰かがどのようにしてキリストの中で「本物」であり、同時に「堕落」することができるのかを尋ねることができます。

信仰に表明されているように、教会の立場は、神がキリストに与えられた永続的な信仰を持っている人々が彼の手から引き裂かれることは決してできないということです。 言い換えれば、ある人の信仰がキリストに集中しているとき、その人は失われることができません。 クリスチャンがこの希望を告白している限り、彼らの救いは安全です。

「一度救われ、常に救われた」という教義についての質問は、私たちがキリストへの信仰を失うことができるかどうかに関係しています。 先に述べたように、ヘブライ人への手紙は、少なくとも最初の「信仰」を持っていたが、それを失う危険にさらされている可能性がある人々を説明しているようです。

しかし、これは前の段落で述べたことを証明しています。 救いを失う唯一の方法は救いへの唯一の方法を拒絶することです - イエス・キリストへの信仰。

ヘブライ人への手紙は主に神の救いの業に対する不信仰の罪を扱っており、彼はイエス・キリストを通してそれを成し遂げました (1,2、2,1から4; 3,12-14、3,19 4,3。例えばヘブライ語4,14を参照)。 ヘブライ人の第10章は、19節でこの質問に劇的に対処しており、イエスキリストを通して私たちには自由と完全な自信があることを指摘しています。

詩23は私達に私達の希望の告白を固守するように勧めます。 私たちは確かに次のことを知っています。私たちが希望を告白し続ける限り、私たちは確信を持っており、救いを失うことはできません。 この告白には、私達の罪に対するキリストの和解に対する私達の信仰、彼の中での新たな人生への私達の希望、そしてこの人生における彼への私達の継続的な忠実が含まれています。

多くの場合、「一度保存したら、常に保存する」というスローガンを使用する人には、その意味が明確ではありません。 この言葉遣いは、人がキリストについていくつかの言葉を言ったからといって、人が救われたという意味ではありません。 人々は、聖霊を受けたとき、キリストの新しい人生に生まれ変わったときに救われます。 真の信仰はキリストへの忠実さによって示されます。つまり、私たちはもはや自分のために生きておらず、贖い主のために生きています。

最終結果は、我々は長い間私たちがイエスに住み続けているとして、キリストに安全であるということです (ヘブライ10,19:23)。 私たちを救うのは彼だからです。 心配して質問する必要はありません。 「作れるの?」 キリストには私たちには安全があります-私たちは彼に属し、私たちは救われます、そして彼の手から何も取ることができません。

私たちが道に迷うことができる唯一の方法は、私たちの血を蹴り、それを最後にそれを必要としないこと、そして私たちが自給自足であることを決めることです。 もしそうであれば、とにかく私たちの救いについて心配することはないでしょう。 私達がキリストに忠実であり続ける限り、私達は彼が私達の中で始めた仕事を完成するであろうという確信を持っています。

慰めとなるのはこれです。私たちの救いを心配して、「失敗したらどうなりますか」と言う必要はありません。 すでに失敗しています。 私たちを救うのはイエスであり、彼は失敗しません。 それを受け入れられないのでしょうか? はい、しかし私たちは霊主導のクリスチャンとしてそれを受け入れることに失敗していません。 イエスを受け入れると、聖霊が私たちの内に住み、私たちをイエスの姿に変えます。 私たちは恐怖ではなく喜びを持っています。 私たちは恐れることなく平和にいる。

イエス・キリストを信じるなら、私たちが「それができる」かどうか心配するのをやめます。 彼は私たちのために「作りました」。 休んでいます。 私たちは心配するのをやめます。 私たちは彼ではなく、彼を信頼し信頼しています。 したがって、救いを失うことができるかどうかという問題はもはや私たちを悩ませません。 なんで? 私たちはイエスの十字架上の働きと彼の復活が私たちに必要なすべてであると信じているからです。

神は私たちの完成を必要としません。 私たちは彼を必要としています、そして彼はキリストへの信仰を通して無料の賜物として私たちにそれを与えました。 私たちの救いは私たちにかかっていないので、私たちは失敗しません。

要約すると、教会はキリストに留まっている人たちは失われることはないと信じています。 あなたは「永遠に安全」です。 しかし、それは人々が「一度救われた、常に救われた」と言うときの意味に依存します。

先取りの教義に関する限り、教会の立場を簡単にまとめることができます。 私たちは、誰が失われるのか、そしてされないのかを神が常に決心したとは信じていません。 この世で福音を受けていないすべての人たちに対して、神は公平に公正に定められるであろうというのが教会の見解です。 そのような人々は私達と同じ根拠、すなわち彼らが彼らの忠実さと信仰をイエス・キリストに置くかどうかで判断されるでしょう。

ポールクロール


PDFファイル救いの確信